2018年7月24日 (火)

母、ついに特養へ

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/!

連日”殺人的猛暑”の日々、いかがお過ごしでしょうか?
こちら名古屋も最高気温が40℃近い日々が続いています。

1ヶ月前のブログ記事で私の現状をお知らせした際、たくさんのアドバイスや励ましをいただき、誠にありがとうございました。しかし母が受け取る年金額の都合上、生活保護を受けることは無理と分かりました。「いつまで続くのかな~?この生活・・・」と、半ば諦めていました。

実は2ヶ月前ケアマネージャーさんが訪れた時、当時の私の精神状態を話しました。そして申し込んである特養に連絡し、私自身も「もう無理!このままでは母を殺すことになるかもしれない」と”SOS”を伝えました。それでも特養の受け入れ担当者(昨年お会いした方とは違う人)は「優先順位を上げることはできません」との返事でした。

先月、ケアマネージャーさんと支援センターの方が訪れた後、ケアマネージャーさんが再び「1日でも早く」と連絡してくれたそうです。姉も窮状を電話で訴えたそうですが、それでも返事は「基準がありますので・・・」と冷たいものだったそうです。

10日ほど前、姉が母のことを知っている方と偶然会い、母のことを訊かれたそうです。姉は現状を話したらしく、それを聞いた方はすぐにその方の勤務先の責任者を教えてくれたのだそうです。偶々会ったその方は、ある特養に勤めているそうで姉の話から「急を要する」と感じたのかもしれません。後日姉が教えていただいた方に連絡すると、ちょうど時間があったのかすぐに姉と会い、ある特養へと案内されたそうです。姉自身も母の介護の限界を感じていましたから、その場で即入所申し込みをしてきたそうです。

先週金曜日(20日)に特養から3人、母の面談にやって来ました。そして母の日ごろの様子などを尋ねました。しかし私に訊くのではなくほとんど姉に尋ね姉が答えていました。最終的に「最初はショートステイで、そして引き続き正式入所」という形で、入所日はまた連絡する、とのことでした。が、その日の夕方に「24日火曜日の入所で、午前10時に迎えに行きます」と姉のところに連絡が入りました。

そして今日、母は特養へ入所しました。昨夜、母は最後に我が家の仏壇に手を合わせ、姉宅へ。そして今朝、姉宅から姉に付き添われ特養へと向かいました。私は特養へ向かう車に乗った母に「達者でな!今日からは介護のプロに任せて・・・元気でな!」と声かけました。母は、黙って小さく頷くだけでした。

母が「要介護1」の認定を受けてから5年半強。それ以前を含めると、7年ほど介護に専念してきました。何百回と憎まれ口をたたき何百回と悪態をつかれ、それでも我慢して耐えてきました。しかしもう終わりました。明日からは母に対する近年の憎しみの感情も少しずつ和らいでいくでしょう。ホッとする半面、少しは寂しさも感じました。

今回の特養入所に関しては、姉がほとんど話を進め、入所契約も姉に任せました。私自身はこの特養がどのようなところなのか全く知らないままです。どの辺りにあるのかだけは聞きましたが、面談に来た3人は名刺すら渡すことなく、姉は1枚だけ名刺をもらっているそうですが、私は面談に来たスタッフの名前さえ知らない。新たなケアマネージャーの名前も知りません。

とんとん拍子に話が進み過ぎて、唖然としてしまいましたが、入所した以上任せるほかありません。ただ、本来の保護者であり責任者であるのは私です。母の住所を見れば明らかです。姉が話を進めたせいか姉がそのような立場と思っているのでしょう。私に名刺も渡さない、施設についての説明もしていかなかった彼らの対応に「本当に大丈夫か?」と一抹の不安が残る入所でした。

| | コメント (7)

2018年7月 1日 (日)

アーティチョークの花

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

西日本では大雨に警戒と言うニュースが流れる一方で、関東では梅雨明け宣言が出たり、梅雨がないはずの北海道で連日雨が降ったり、おかしな気候になっていますがいかがお過ごしでしょうか?

先日の朝刊に近所にある公園で”アーティチョークの花が咲いた”との記事を見て、スーパーへの買い物途中、見てきました。この公園では数年前からアーティチョークの花を育てていて、私自身もこの公園で何度もお目にかかっています。しかしここ数日の気温が高かったせいか、すでに枯れてしまった花も多かったです。

Dscn1109
              アーティチョークの花

Dscn1111
まだこれから咲く花、枯れてしまった花、色々です。

アーティチョークの花以外にも、季節の花が目を楽しませてくれました。

Dscn1112
                ロシアンセージ

Dscn1115
                ききょう

Dscn1117
                アガパンサス

Dscn1119
               アルストロメリア

Dscn1125
               アジサイ

Dscn1128
                ユリ

Dscn1124
             そして、ヒマワリ!

連日30℃を超える暑さの中、時には雨が降ったりしてお花たちも元気なのかバテ気味なのか・・・それでも可憐な姿にホッと癒されます。

| | コメント (6)

2018年6月24日 (日)

私もその一人だ!

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/!

梅雨の季節、いかがお過ごしでしょうか?

メールボックスに届いていたメルマガで、こんな記事を見ました。
「親の介護が原因で社会復帰できぬ103万人の衝撃」

http://www.mag2.com/p/news/361531?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000015_thu&utm_campaign=mag_9999_0621&l=khn01711f3

私はこの記事を読んで、「正に俺のことじゃないか?!」と思いました。
しかし、同じ立場の人がまだ100万人以上もいるのかと思うと驚愕であり、日本の社会や雇用側の認識不足を痛感せずにはいられません。

この記事の2ページの「親の年金は図らずも自分が生きていくためにも必要なお金」の言葉は”グサッ!”と胸に刺さりました。母の介護のために離職して何年経っただろうか?離職前は毎月10万円を”生活費”の一部と母に渡していました。母の痴呆症が日に日にひどくなり、「いつガス漏れなどによる事故が起きても不思議ではない」と感じ、とても安心して仕事ができず、離職を決意。介護離職した後も毎月10万円貯金を下ろして母に”生活費”として渡していました。私としては少なくとも百万から二百万円ほどは残っていると思っていました。しかし全く残っていませんでした。母は「そんなものない」と一言。何に使ったのか問い質しても答えない。おそらくは私が月に半分以上夜勤で留守にしていた日にカラオケで使いまくったのだと思います。それから私はさらに貯金を削り生命保険を解約しマイカーをも手放しました。今では、母が受け取る年金だけが今の私の生活に必要な唯一のお金です。

3ページにも気になることが書かれていました。
「外出する用事がなく、お客がくる予定がないと、とたんに、身だしなみも掃除も手抜きになります」
幸い私は身だしなみに関しては、用事や外出の有無に関わらずいつも同じです。何しろ週3回デーサービスに通う母を迎えに来る人がいますから!

そして先日、ケアマネージャーさんが地域の福祉施設である”いきいき支援センター”の方とともに訪問されました。
私だけでなく2週間交代で母の介護をしている姉も、介護の限界に近付いているとケアマネージャーさんが感じたようです。「特養の入所待ちしている状況ではない」と。
支援センターの方は、デーサービスを今のところに変更する際お世話になった方で、それ以降しばしば私のことを気にしてくれていたそうです。そして今回初めて訪問されました(支援センターは”要支援”レベルの方が対象で”要介護”レベルは地域のケアマネージャーに委任)。
支援センターの方は「お気を悪くするかもしれませんが・・・」と前置きをして、「生活保護を受けてみてはいかがでしょうか?」と。私自身、介護離職してかなりの年月が経ちます。マイカーを手放し、自分自身も頸椎ヘルニアの後遺症で障害がある(のですが、治療を中断せざるを得ず障害者手帳は持っていません)ものの医者へ通う費用もなくギリギリの生活を強いられています。2ヶ月に1回受け取っている母の年金で私が生活保護を受けられるかどうか分かりませんが、しかし受けることができれば母の特養入所に対しても「生活保護家庭を優先的に受け入れる」特養もあるそうで、さらに自宅での介護にしても介護に必要な物品(リハビリパンツや尿取りパッドなど)も、領収書を取っておいて申請すれば、後日全額返金されるそうです。
いずれにしても、現状を少しでも良くするために、ダメもとで”生活保護”の申請をするべきなんだ、と感じました。

もし生活保護を受けられることができれば、母の特養への入所も進展するでしょうし、私自身の持病の治療を再開することができるかもしれません。食事の際、箸を使えない・・書類などにきちんと文字を書けない今の私・・・、障害者の認定を受けることができるかもしれません。
私自身は生活保護も障害者手帳も決して望んではいませんが、生きるためには恥も外聞もプライドも何もかも捨てて、申請してみるべき・・・なのでしょうが、今だそれらを捨てきれない自分自身と葛藤しています。

どうかブロ友の皆様、良きアドバイスをお願いいたします。

| | コメント (8)

2018年5月 6日 (日)

松坂投手、復活勝利に感動!

皆様、おはこんにちばんは!

今年も早や4ヶ月が過ぎもう5月。いかがお過ごしでしょうか?

プロ野球が開幕して1ヶ月。名古屋生まれ・名古屋育ちの私は子供のころから”中日ドラゴンズ”ファンです。小・中学生のころは当時の中日球場(現:ナゴヤ球場)へ何度も足を運んだものでした。1974年の優勝を決めた試合も見に行っていました。

その後は強かったり弱かったり・・・のチームでしたが、落合監督時代は8年間で4度のリーグ優勝と1度の日本一!あの頃はTVで野球中継を見るのが楽しみでした。しかし、落合監督解任後は低迷。ここ数年はBクラスに甘んじ応援熱はすっかり萎んでしまいました。
今年も戦力的には「Bクラスは否めないなぁ!」と落胆していましたが、チーム成績とは別に楽しみができました。それは・・・

あの”平成の怪物”こと、松坂投手がテストを経て入団しました。私は「戦力になるのか?」と思いつつも「将来性が高い若い投手が多い中、松坂投手の入団は彼らにとって大いにプラスになる」と思いました。何しろコーチよりも実績・経験共に豊富な元メジャーリーガーですから。

2月のキャンプ、3月のオープン戦、報道を見る限りでは肩の様子を見ながら決して無理することなく順調に調整してきたようでしたが、オープン戦の結果を見る限り、野球ファンとしては不安が残る内容でした。しかしそれは杞憂でした。

公式戦が始まり、そしてついに松坂投手が4月5日ナゴヤドームで先発のマウンドに立ちました。相手はジャイアンツ。このゲームは試合開始と同時にTV中継があり、私は松坂投手がどんなピッチングをするのか興味津々で見ていました。結果は5回を投げ3失点(自責点は2)。しかし野手が緊張していたのか、まずい守備がいくつかあったので私としては5回を失点なしで抑えられた内容に映りました。Yahooニュースの記事にも「今日の松坂投手のピッチングを見た限り、肩の故障が再発しなければ十分に戦力になります。日本復帰後初勝利はそう遠くはないでしょう。」と書き込みました。

そして2度目の登板、7回2失点(自責点1)で粘りと気迫のピッチングを見せたものの、味方の援護なく、またも敗戦投手に。しかしこの日、私は確信しました。「次は絶対勝てる!」と。あの気迫あふれるピッチング、それを見殺しにした打者陣の奮起を期待して!

4月30日、松坂投手は3度目の先発マウンドに立ちました。相手は今シーズン5戦5敗のDeNAベイスターズ。チームも4連敗中で連敗ストッパーにと期待がかかります。が、コントロールが定まらず再三フォアボールでランナーを出し毎回ピンチの連続。それでも要所は締めて得点を与えません。味方打線はこの日は初回に爆発し3点を先行し松坂投手の勝利に期待が高まります。しかし5回に満塁から押し出しのフォアボールを与え1点を失います。それでも失点はこの1点だけに抑え6回まで投げ切り後はリリーフ投手に託しました。

ドラゴンズは初回の3点だけで3-1のまま逃げ切り、ついに松坂投手に勝利がつきました \(^o^)/バンザーイ! オメデトウ!
勝利の瞬間、満面の笑みで喜ぶ松坂投手!とても印象的でした。ヒーローインタビューを聞いて驚いたのは、押し出しで与えた1点、あれは「打たれて2~3点取られるなら、押し出しで1点やってもいい」と、計算ずくのことだったこと。しかしそれは次の打者を抑えられるかどうか・・・?なのですが、更に驚いたことに、次打者を「1球で仕留める」つもりで投げたチェンジアップで目論見通りに1球でファーストゴロに打ち取りました。
いやはや・・・こんなピッチャーが他にいますか?!若いピッチャーに「真似をしろ」と言っても無理でしょう!?

入団前は賛否両論あり、入団後は”客寄せパンダ”と揶揄されたりしていましたが、それらの言葉を吹き飛ばすほどのピッチング内容です。「”平成の怪物”完全復活!」と言ってもいいかもしれませんね。
松坂投手。、本当におめでとうございます。今後も益々の活躍を期待しています。

0430_1

松坂投手。写真はネットからお借りしました。

*もっと早くこのブログを公開したかったのですが、皆様に伝えたい思いや印象が数々あって記事が長くなり、ブログアップが遅くなりました。

| | コメント (8)

2018年4月 8日 (日)

もう4月・・でしたね..

皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ!

気がつけば・・・今さらながら、昨年末に書いて以来今年初ブログです (^-^;!

姉と2週間交代とはいえ、このところ便失禁が止まらない母の介護に心身ともに疲弊しています。先日もこんなことがありました。

デーサービスの方が迎えに来た時トイレに入っていたのですが、ドアを閉めていても臭ってくる・・・デーサービスのスタッフの方がトイレを開けて様子を見ると・・・「ワッ!これは最大級(に大変)だ・・・」と。ウエットティッシュを渡し、ゴミ袋を用意する私。
そしてスタッフの方は、母を浴室へと誘導したのですが、どうやら便失禁が止まらずトイレ内はもちろん、穿いていたズボン、母の足も便にまみれていたのでスタッフがシャワーで洗うのですが便失禁が止まらない・・・。ある程度止まったところで下半身を拭き新しいリハビリパンツとパッド・ズボンを穿かせデーサービスへ。
さて、私はトイレの床や壁・便器、浴室の床を見て溜息しか出なかった。母の便を拭きとり、洗剤を使って床を拭く。便座はウエットティッシュできれいに拭き、便器もトイレ用洗剤であちこち拭きまくる。べっとりと便(軟便)が付着したズボンは、浴室でシャワーで流し、浴室の床の軟便もシャワーで流す。そして洗剤を使って床をゴシゴシ。ズボンは即洗濯。
正直言って心の中では号泣していました。こんな後始末をしなければならない自分が悔しくて!情けなくて!
しかしデーサービスのスタッフの方々は週3回、こんな母のトイレ介助や入浴介助をしているのですよね。全く頭が下がります。

こんな落ち込んだ気分を少しは癒そうと先日、スーパーへの買い物途中、公園のお花を見てきました。冬の間は寂しげだったのですが、春らしくいろんなお花が目を楽しませてくれました lovely

Dscn1084
”赤ちゃんの青い瞳”と言われるネモフィラ。

Dscn1086
甘い香りを漂わせるムスカリ。

Dscn1088
シャガも咲いていました。

Dscn1102
もちろん、チューリップも咲いていましたヨ (^_^)ニコッ!

Dscn1104
可愛らしいスノーフレークもたくさん w(^o^)w!左上に見えている木は・・・

Dscn1105

ハナミズキです。桜(ソメイヨシノ)はもう葉桜になってしまって・・・

Dscn1108
けれど、八重桜が満開でした happy01

マイカーを手放してしまいましたので、ごくごく近場しか出かけられませんが、こんな光景を目にするだけでホッ!と癒されます。

| | コメント (11)

2017年12月31日 (日)

今年もお世話になりました

皆様、おはこんにちばんは!

気がつけば、今年ももう大晦日!
母のことで日々ストレスがたまり、「もうこれ以上は無理!」と思うほど、
母の介護に限界を感じています。
直接手を上げることは決してしないですが、「言葉の暴力」が止まりません。

一日も早く特養に入所でき、この介護ストレスから解放されたいです。
自分自身”鬱”と自覚していても、医者へ行けないほど経済的にも切羽詰まっています。
精神的に本当に疲れました。年齢とともに気力もなくなり・・・
「どう・・なるのかなぁ・・・俺?」と思います。
それでもわずかな希望を持って、新しい年を迎えようと思います。

毎々私のブログを見に来てくださっている皆様、今年も本当にお世話になりました。
「読み逃げ」することが多い私ですが、どうぞこれからもよろしくお願いします。

Dscn1050

来たる年は、私の心に桜が咲いてくれるように・・・m(u_u)mオネガイ!

| | コメント (18)

2017年11月 2日 (木)

母が「要介護3」に (その2)

皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ!

先月、母が「要介護3」になり先週、今後のケアプランを話し合う担当者会議を開きました。
そして先日、ある特養の副施設長さんが来てくださいました。
実はこの方、母が通っているデーサービスの元所長さんで私とも面識があり、ケアマネージャーさんが段取りしてくださいました。

話を伺うと、「いきなり特養に預けるより、まず1泊2日などのショートステイを利用して段階を踏みながら、慣れさせていく・・・ そのほうが本人のために良い。」とのアドバイスをいただきました。
いきなりの入所だと、人によっては認知症の症状が一気に進むこともあるようです。
しかしこれから年末、その方の施設はほとんど空きがないらしく、3ヶ月前から予約できるそうなので来年1月末か2月にショートステイ体験させようかと思います。
もしくは他の特養を探して、体験させるか・・・です。

特養に預けられるほとんどの人は、特養が「終の住処」になってしまうそうです。
私の母も特養に入所することになれば、自宅で過ごすことはなく特養が「終の住処」になるでしょう。
母はもちろん私自身も安心して預けられるような、そんな特養がみつかれば・・・ と思います。

*実はこの日、前の晩から風邪気味で当日も朝食後、風邪薬を服用しました。そのせいか、頭がボーッ!としていて、”聞きたいこと(特養では1日をどのように過ごすのか)、聞いておきたいこと(面会にほとんど行けない家族がいるのか)、聞かねばならないこと(利用料金他こちらで負担するもの)” をことごとく忘れてしまい、何のために来ていただいたのか、後悔するというより自己嫌悪・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

| | コメント (13)

2017年7月26日 (水)

最近の母

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/!

梅雨が明け、今年は厳しい暑さになりそうです。
いかがお過ごしでしょうか?

母が介護認定を受け「要介護1」と判定が出たのは、5年前の12月。
2年前の認定調査で「要介護2」に。
この秋、3度目の認定調査があります。

最近の母は、排泄コントロールが全くできず、吸収回数5回分のリハビリパンツが、一晩のうちに吸収しきれないほど漏らしている。
それだけではない。ときとしてう〇こも (;д;)!

パジャマやズボンを履き替えさせようとすると、脱いでいる途中で・・漏らす!
母の布団や部屋の畳は、大変な状態に!それ以上に臭いが・・・

母がデーサービスに行っている間は、常に窓も扉も全開にして、部屋の空気を入れ替え、臭いを飛ばす!
2週間交代で姉のところに預けている間に、排泄物で汚れきった布団カバー、タオルケットを洗濯。
まず漂白剤と洗剤を入れて「洗い」、排水して再び漂白剤と洗剤を入れて「洗い」、数時間つけ置きし、排水から脱水。
そして3たび漂白剤と洗剤を入れて全自動コースで洗濯。
水の使用量が多くなるけど、ここまでしても、汚れは落ちない。

布団は、天気の良い日に、表裏2~3回は干しておく。
そしてファブリーズを吹きかけて、もう一度干す。
ここまでしないと、臭いの素が落ちないかも!

昨年春までは一人で介護してきた私ですが、男で介護の知識がないので、やはり姉の協力は助かります。
その姉も最近はさすがに、かなりのストレスを感じているようで、私の大変さが理解できたようです。

それにしても、排泄コントロールができず、自分で着替えることもできず、何を言っても無反応になってきている母・・・
次の認定調査、「要介護2」で済むものなのだろうか・・・?

| | コメント (12)

2017年7月16日 (日)

たまには寄り道

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/!

今年は空梅雨というか、梅雨そのものがあるのかと思うほどの天気で、
”梅雨明け宣言”もないまま、猛暑日や時には酷暑日の日も!
かと思いきや、先週は九州北部で台風による災害、
2~3日前はこちら愛知県北部でも、局地的な大雨が降りました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?!

マイカーを手放して1ヶ月半が過ぎました。
やはり、この地域に住む者としては、車がないのは不便です。
最寄りのスーパーは、どこも1km以上ありますし、
自転車ではまとめ買いができません。
特に、トイレットペーパーや母のリハビリパンツなどは、
かさばる故、それだけを買うために出かけなければなりません。
天気にも左右されますし、車だったら、そんなこと気にしなくて済んだのですが・・・。

そんなある日、以前も買い物途中で立ち寄ったことがある公園へ、
久しぶりに寄り道してみました。
ここ数日の暑さで、元気を失ってるお花もありましたが、
珍しいアーティチョークの花も見ることができました。

Dscn1073
アーティチョークの花。たくさん咲いていました。

Dscn1076
アルストロメリアの花。こちらもたくさん咲いていました。

Dscn1070
これは・・・オニユリ・・かな?

Dscn1075
まだまだユリの花、頑張って咲いています。

Dscn1067
もうすでに見頃が過ぎてしまったヒマワリ。お顔が愉快です (゚▽゚*)

Dscn1078
ヒマワリのすぐそばに、コスモスがもう咲いていました。

Dscn1079
ムクゲかな?直径20cmほどありそうな大輪の花でした。

たまにはこんなお花たちを見ながら、自転車でゆっくり買い物に出かけるのも楽しいものだと、ふと感じました。

| | コメント (7)

2017年6月14日 (水)

30数年ぶりの再会

皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ!

梅雨入りしたというのに、連日良い天気ですね。
今年は『空梅雨』でしょうか?

先日の日曜日、 冷蔵庫の冷凍室が 異常なほど高い温度になっていました。
レベルを「強」にして3~4時間、様子を見ていましたが、 冷凍室温度は、-4℃から下がらず!
以前からモーターがしばしば異音を出していました。
「そろそろ限界かな?もう17~8年使ってるし・・・」

この季節、食品のことを考えれば、 悠長なことは言ってられない。
自転車でE○○○Nへ行き、冷蔵庫を購入。配達は2日後の火曜日。
冷食などの傷みが心配だったが、月曜日には冷凍室温が-10~14℃まで戻り、 配達日当日の朝もなんとか-10℃をキープ。
冷食の被害は免れたかな・・・?

そして昨日の午前中、新しい冷蔵庫が届きました!
事前に電話連絡いただき、冷蔵庫の中の食品や野菜などをすべて出しておいた!
すぐに、今まで使っていた冷蔵庫を外へ、そして、新しい冷蔵庫が我が家へ。
配達員たちの搬出や搬入を見て、丁寧な仕事ぶりに感心!
実は私も若い時、バイトでしたが 同じ仕事をしていたのですヨ (^_^)!

設置を終えた年配の配達員の方に 「30数年前ですが、私も同じ仕事をしていたんですよ」と、そして「かつてのエ○○ンの配送センターにいて・・・」と話しました。
すると、その年配の方も同じセンターにいたと。
話を続けているうちに、彼は思い出したのか 「もしかして、バイトで来ていた○○君?」
私も「そう、バイトで配達の助手をやってました」と答えると、 「Nです」と年配の配達員。
私も、思い出しました。
当時彼は、社員ではなく運送会社から傭車で来ていた運転手。
そして当時、彼にこの仕事を教えたのがバイトとしてはベテランの私でした。
その後、私は諸事情のためバイトを辞めました。
彼は所属していた運送会社が倒産し、それまでの経験を買われ、エ○○ンに正社員として雇われることになりました。

そして30年以上の年月が経ち、お互いに気づかないほど風貌が変わり、年齢を重ねていました。
しかしお互いに分かった瞬間、あの当時の思い出がよみがえってきました。
かつてのエ○○ンから E○○○Nへと経営規模を広げ、 かつての仲間たちもほとんど辞めて行ってしまったそうだ。
彼も「ついていけない・・・」と思ったと!
それでも彼はあれから30年以上も、この仕事を続けている。
スゴイ大ベテランだ!

私自身は、若かりし頃の仕事仲間に会えたこと。
そして、私のほうが年下ながらも、 仕事を教えた人が、今もその仕事を続けていることに、 本当に嬉しくて、感動しました。
しかも、頂いた名刺には『宅配部門長』という肩書きが!

次の配達があるだろう彼とあまり長話もできない。
別れるとき 「まさか知っている人が配達してくれるとは・・・、 お互い元気で何より・・・」と言うと、
「ホント、会えて嬉しかった。今日は良い日だ!」と答えてくれた。
冷蔵庫が壊れたことで若かりし頃の仕事仲間との再会。
お互いに年取ったけど、本当に嬉しくて感動しました。

| | コメント (7)

より以前の記事一覧