« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月24日 (日)

私もその一人だ!

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/!

梅雨の季節、いかがお過ごしでしょうか?

メールボックスに届いていたメルマガで、こんな記事を見ました。
「親の介護が原因で社会復帰できぬ103万人の衝撃」

http://www.mag2.com/p/news/361531?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000015_thu&utm_campaign=mag_9999_0621&l=khn01711f3

私はこの記事を読んで、「正に俺のことじゃないか?!」と思いました。
しかし、同じ立場の人がまだ100万人以上もいるのかと思うと驚愕であり、日本の社会や雇用側の認識不足を痛感せずにはいられません。

この記事の2ページの「親の年金は図らずも自分が生きていくためにも必要なお金」の言葉は”グサッ!”と胸に刺さりました。母の介護のために離職して何年経っただろうか?離職前は毎月10万円を”生活費”の一部と母に渡していました。母の痴呆症が日に日にひどくなり、「いつガス漏れなどによる事故が起きても不思議ではない」と感じ、とても安心して仕事ができず、離職を決意。介護離職した後も毎月10万円貯金を下ろして母に”生活費”として渡していました。私としては少なくとも百万から二百万円ほどは残っていると思っていました。しかし全く残っていませんでした。母は「そんなものない」と一言。何に使ったのか問い質しても答えない。おそらくは私が月に半分以上夜勤で留守にしていた日にカラオケで使いまくったのだと思います。それから私はさらに貯金を削り生命保険を解約しマイカーをも手放しました。今では、母が受け取る年金だけが今の私の生活に必要な唯一のお金です。

3ページにも気になることが書かれていました。
「外出する用事がなく、お客がくる予定がないと、とたんに、身だしなみも掃除も手抜きになります」
幸い私は身だしなみに関しては、用事や外出の有無に関わらずいつも同じです。何しろ週3回デーサービスに通う母を迎えに来る人がいますから!

そして先日、ケアマネージャーさんが地域の福祉施設である”いきいき支援センター”の方とともに訪問されました。
私だけでなく2週間交代で母の介護をしている姉も、介護の限界に近付いているとケアマネージャーさんが感じたようです。「特養の入所待ちしている状況ではない」と。
支援センターの方は、デーサービスを今のところに変更する際お世話になった方で、それ以降しばしば私のことを気にしてくれていたそうです。そして今回初めて訪問されました(支援センターは”要支援”レベルの方が対象で”要介護”レベルは地域のケアマネージャーに委任)。
支援センターの方は「お気を悪くするかもしれませんが・・・」と前置きをして、「生活保護を受けてみてはいかがでしょうか?」と。私自身、介護離職してかなりの年月が経ちます。マイカーを手放し、自分自身も頸椎ヘルニアの後遺症で障害がある(のですが、治療を中断せざるを得ず障害者手帳は持っていません)ものの医者へ通う費用もなくギリギリの生活を強いられています。2ヶ月に1回受け取っている母の年金で私が生活保護を受けられるかどうか分かりませんが、しかし受けることができれば母の特養入所に対しても「生活保護家庭を優先的に受け入れる」特養もあるそうで、さらに自宅での介護にしても介護に必要な物品(リハビリパンツや尿取りパッドなど)も、領収書を取っておいて申請すれば、後日全額返金されるそうです。
いずれにしても、現状を少しでも良くするために、ダメもとで”生活保護”の申請をするべきなんだ、と感じました。

もし生活保護を受けられることができれば、母の特養への入所も進展するでしょうし、私自身の持病の治療を再開することができるかもしれません。食事の際、箸を使えない・・書類などにきちんと文字を書けない今の私・・・、障害者の認定を受けることができるかもしれません。
私自身は生活保護も障害者手帳も決して望んではいませんが、生きるためには恥も外聞もプライドも何もかも捨てて、申請してみるべき・・・なのでしょうが、今だそれらを捨てきれない自分自身と葛藤しています。

どうかブロ友の皆様、良きアドバイスをお願いいたします。

| | コメント (8)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »