« 間に合わなかったウコン桜 | トップページ | 30数年ぶりの再会 »

2017年5月28日 (日)

アリガトウ!そしてサヨナラ!フォード・フォーカス!

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

先日まで連日のように気温が30℃以上まで上がったと思いきや、20℃そこそこの日もあり、体調管理が難しいですね。
いかがお過ごしでしょうか?

16年半乗り続けてきた私の愛車、フォード・フォーカス1600GHIA・・・
ついに廃車する決心をしました。
私自身にとっては、苦渋の選択でした。

理由は・・・
エンジンの不具合、助手席窓の不良、
これらを修理するだけで20万円ほどはかかりそう・・・
直さなければ車検は通らない・・・
パワーウィンドウの修理は、部品そのものがあるかどうか?
もしかしたら海外から取り寄せなければならないかも・・・
とのことで、車検費用も考えると手放さざるを得ませんでした。

それと、自動車税の問題。
自動車を持っている以上、これは支払わなければならない。
このフォーカスにかかる自動車税は45000円。
しかし、5月中に廃車すれば4・5月の2ヶ月分(7500円)だけで済むそうだ。
(それ以上になると1年分支払いしなければならない。)

ここ数年は介護に専念し、私自身の収入も途絶えました。
それでも何とか車だけは必要と維持してきましたが、
もう限界でした。
4週間おきに掛かっている病院へは、タクシーで。
食料品や日用品などの買い物は、新たに自転車を買いそれで行くことにします。

インターネットで車の売却一括査定を申し込んだのですが、
ほとんどの会社は「年式からしても査定は難しい」とのこと。
せいぜい1万円つけられるかどうか・・・らしい。
実際に見に来た業者も、やはりそれぐらいしかつけられない。 
エンジンや窓の不具合だけでなく、塗装や傷などの修繕を考えると、
中古車として売りに出すためには、少なくとも30万円はかかるらしい。
すでに17年近く走っている車に、販売価格30万円以上は、とてもつけられないだろう。

私の気持ちとは裏腹に、この愛車は私の手元を離れた後、
きっとスクラップにされてしまうだろう・・・。
悲しいことだが、今となっては仕方があるまい。

買取業者の引き取り時間が迫り、運転席に座り、
フォーカスと最後の時間を持ちました。
16年半もの長きにわたって、マイカーとして活躍してくれたフォーカス!
本当にアリガトウ!そして、お疲れさまでした。
楽しいドライヴの思い出、決して忘れないから!

Dscn1054
16年半乗ったフォード・フォーカスです。

Dscn1059
車内の様子です。中のデザインも素敵でした。

|

« 間に合わなかったウコン桜 | トップページ | 30数年ぶりの再会 »

コメント

こんにちわ
そうですね 1日の気温差が大きくて体調管理が大変ですね
京都は昨日と今日の最高気温差が5度以上ありそうです
高齢になるとより大きく体に応えます
そうだったのですか 外車に乗っておられたのですね
車のことは良く知りませんが16年半は長かったのでしょうね
それだけに愛着も深く別れ難い想い 良く判ります
これからはタクシーと自転車ですか
くれぐれもお気を付けて
私は初めから車には乗っていません
バイクと今は電動付き自転車です


古都人様

30℃を超える日があるかと思ったら、20℃そこそこの日があったり、服装にも困りますよね。
当時、インターネットのあるサイトでこのフォーカスを見て、そのデザインが気に入り、お店へと見に行きました。
しかも、外車だというのにとてもリーズナブルな価格。
買った当初、日本で販売されたばかりで、とても珍しがられました。
初めて買った外車、とにかく乗れるところまで乗ろうと決めて16年半経ちました。
手放すのは本当に辛く、喪失感が半端ないです。
しかし手放した以上、もう戻りません。
これからは自転車と公共交通機関、タクシーを利用して動きます。

投稿: 古都人 | 2017年5月29日 (月) 11時46分

慕辺未行さん今日は
此方は今日、凄く暑くて寒がりの私も・・暑い・・暑いの
連発を言っています
16年半乗り続けた、フォード・フォーカス手放されるのは
淋しいですね・・・何か自動車って自分の一部の様な
所があり・・思い出もあって・・ましてや外車
買われた時のワクワク感は忘れられませんね

でもお話聞いていると色々費用掛かりそうで、仕方ない選択
かな・・とも思います・・しかし今後の
慕辺未行さんの不便さを思うと私は心配しています
身ひとつでも不便な事一杯・・お母様を介護して、では心が
沈まないかな・・と・・

実は私も小さな軽ですがボンネットも天井も色が剥げて
真っ白に成り、恥ずかしくて・・修理して乗る事にしました
三週間程、車無・・すごく不便でした・・・18年も使った車
ですが、やっぱり車は便利です

慕辺未行さんは最近やっと小さな明かりが見えて来て私も
良かったと喜んだ、ばかりです・・・どうぞ気を付けて下さいね
心配しています


咲子様

こちらは今日、30℃以上の暑さになりました。
自転車で買い物に行くだけで、汗が出てきます。
正直に言えば、走らなくなるまで乗りたかったのですが、窓を修理する部品がなかなか見つからないのでは車検も通りませんし、諦めるしかありませんでした。
手放してまだほんの日ほどですが、喪失感は半端なく大きく、今まで車でなければ行けなかったところへ、もう行くことができないと思うと、自分自身の気持ちのコントロールも難しくなりそうです。
しかし手放してしまった愛車は帰って来ません。
現実を受け止め、その生活に慣れていくしかありません。
ご心配かけて、申し訳ありません。

投稿: 咲子 | 2017年5月30日 (火) 14時05分

それだけ長く乗っていらっしゃると自分の体の一部のようで、しばらくは寂しい。そして実際ご不便でしょうね。
夫も免許返納する決意が娘の病気で結局昼間だけということで安全運転であと2,3年頑張らざるを得なくなりました。孫たちは慣れてきてどこまでもバスで行きますが、あればつい頼ります。大変でしょうがなれれば大丈夫、頑張ってください。私は頼らずになるべく歩いています。


agewisdom様

完全に私の足の一部であり、この車のおかげで、カーライフが本当に楽しかったです。
母の認知症が酷くなってからは、思うようにドライヴもできなくなりましたが、それでもこのフォーカスとは、あちこち走りました。
「もう車はないんだ」と割り切って、買ったばかりの自転車で買い物や銀行へ行ったりしています。
御主人様、年齢的には免許証返納したほうが良いのでしょうが、お嬢様の病気がありましたから、仕方がありませんね。

投稿: agewisdom | 2017年5月30日 (火) 23時06分

写真で拝見する限り新車のようにきれいですね。
さぞかし残念な思いでしょう。
介護をされていらっしゃると必要ですよね。
我が家は15年前くらいにやめました。
自転車がまだ乗れるからいいですが、今は殆どリュックを背負って買い物です。そのうちカートを引かないとダメになるかもしれません。
自転車も手入れが良ければ長持ちします。
最初安いのを買ったらしょっちゅうパンクばかりしてかえって高いものなりました。
介護頑張ってください。


tona様

いえいえ (^_^;;アセッ!塗装はかなり剥げています。
しかし内装は綺麗なままですよ。
月一回の病院、さらにデーサービスからの連絡で中耳炎の疑いがあるらしく、耳鼻科へも連れて行かねばならなくなりました。
85歳の母、杖をついて歩かないと危ない年寄りですから、マイカーがないのは不便極まりないのですが、もう仕方がありません。
維持費を考えればタクシー利用のほうが安く済みそうですし、そうするしかありません。
自転車、広告を見て安売りしていたのを買ってきましたけど、大丈夫かなぁ・・・?

投稿: tona | 2017年5月31日 (水) 16時49分

長年愛用された車を手放すときの寂しいお気持ち、よくわかります。
また、車のない生活に慣れるまで、かなり不便に感じられるのではないかと思います。

我が家も今の車が最後かな。
今はまだ車のない生活は考えられないのですが、車を手放したら
どうしても必要な時はタクシーがレンタカーを利用することになると
思います。
いずれにしても大変ですね、


みーこ様

母がまだ認知症になる前は、このフォーカスで、あちこちドライヴに行きました。太平洋フェリーで北海道へドライヴしに行ったこともありましたし、思い出は尽きないです。
しかしもう開き直るしかありません。
新たな愛車(?)となった自転車で、買い物へ行ったり銀行へ行ったりしています。
しかしこれからの梅雨時に、不便さを実感することになるでしょう。
車がない生活なんて考えられなかったのですが、母の介護のため職を退いてからは、いつかは来るものと覚悟はしていました。
現実を受け止め、何とか頑張ります。

投稿: みーこ | 2017年5月31日 (水) 20時00分

お久しぶりです。
tonaさんのところにコメントされていましたので
訪問しています。

このフォードに私も乗せていただきましたね。
あのときはありがとうございます。
長く大切に乗られていたのですね。
我が家も今の車の前のギャランは13年ほど乗りました。
でも5万キロ乗っただけでした。


matsubara様

matsubara様のブログも毎々訪問しているのですが、いつも読み逃げで申し訳ありません。
Saas-Feeの風様と3人でお会いした時、私のこのフォーカスに乗っていただきましたね。
各務原の航空博物館とくすり博物館へご一緒させていただきました。あの時お二人が「外車に乗せてもらって・・・」と喜んでくださったことを、今でも覚えています。

投稿: matsubara | 2017年6月17日 (土) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 間に合わなかったウコン桜 | トップページ | 30数年ぶりの再会 »