« 精神(こころ)が・・・ | トップページ | 十五夜お月様とオシロイバナ »

2016年5月14日 (土)

介護うつ・・・

皆様、おはこんにちばんは (^o^)/
ついに・・・、とうとう・・・、母に対してブチ切れてしまいました。
やってはいけないこと(リハビリパンツの吸水ジェルを剥がしてトイレットペーパーを詰める)をしたり、やらなくてもいいことをやろうとしたりで注意すると、その度に口答えや減らず口、ついには「出てくわ」などと立て続けに言うので、完全にブチ切れてしまいました。
そして姉に電話し「母をしばらく預かってくれ」と頼みました。
急なことだったので、すぐには無理でしたが、2日後姉が母を迎えに来て、しばらく面倒見てくれることになりました。
その時の私があまりに異常に見えたのか、兄にメールしたようで、心配した兄は翌日すぐに私のところへやって来ました。
今の自分の精神(こころ)が「尋常ではない」と感じ、
ネットで無料の”うつ病診断チェック”を受けてみました。
結果は・・・
『あなたのうつ状態は10段階中7です
 重いうつ状態になっているようで、専門家による治療が必要です。
 このまま放置してしまうとより症状が重くなっていく恐れがあります。
 うつ病は「治療できる病気」です。
 悩みや問題をひとりで解決しようとせず、出来る限り早く精神科、
 心療内科で相談してみることをお勧めします。』
でした。
「やっぱり!」です。
母に対してブチ切れし、姉のところへ預け、その姉が、母の薬のことで理解不能なことをし、またしてもブチ切れ!もう、心のやり場が・・・!
このような診断を受けたこと自体『うつ病』の証拠!
しかし、医者へ行って相談したり、治療したところで、現状の生活が変わらなければ、つまり、母の世話をし続けなければならない以上、何の効果もないでしょう!
それでも幸い、姉が「2週間交代で母の世話をする」と言ってくれましたので、少しは私の負担も軽くなり、ストレスも軽減されるでしょう。
母を姉のところへ預けている間は、少しでも気晴らししたいと思います。

Dscn0024

Dscn0041

写真は、前回姉のところへ母を預けた間に見に行った『ウコン桜』です。

|

« 精神(こころ)が・・・ | トップページ | 十五夜お月様とオシロイバナ »

コメント

大変なことですね。でも、害はないけれどお医者様でいただく精神安定剤落ち着くかもしれませんよ。お医者様は話を聞いてくれるだけかもしれませんが洗いざらい不満をぶちまけることもいいかもしれませんね。お母様は赤ちゃんに戻っておいでだから理屈は通じませんから、おひとりで対応されていたら大変ですものね。私なんか夜中に何度も尋ねてきたという人を探すふりして机の下や、押し入れをのぞき込んで納得させたりしていましたもの。お姉さまに預けたときはお姉さまに任せておしまいになるといいですよ。私は一人っ子ですからそうはいきませんけれど、娘に頼んで出かけると10時過ぎても朝食食べさせていなかったり、でも目をつぶってました。


agewisdom様

早々とコメント、ありがとうございます。
母が認知症になり、デーサービスに通うようになって3年・・・。それまで私一人で世話をしてきましたが、さすがにストレスが限界に!
2週間、姉に預かってもらい再び我が家へ。
病院の通院日の都合で、3週間私が世話をし、来週から2週間、再び姉が見てくれます。
”うつ”に関しては、『ニコッとタウン』での友達(介護職の方や同じように介護に悩む方)にも、心療内科など医者に行くことを勧められました。
しかし経済的なことを考えると、とても医者に通うわけにはいかないのです。
姉に預けている間は、私自身ものんびりできますし、夜、湯上りのお酒とネットのゲームサイトでのコミュニケーションが、今の私にとって『百薬の長』であり『精神安定剤』でもあります。

投稿: agewisdom | 2016年5月14日 (土) 22時07分

おはようございます
 そうですか
お姉さまの協力が得られて何よりでした
一時的にしろお母さまから特に精神的に開放されて良かったと心底思います
ゆっくりお湯に浸かって・・と、当たり前の生活が少しでも長く続くことを念願します
介護者の苦労は一緒に暮らしてみないと理解できない事ですね
外に出かけて季節の移ろいを目と心で感じて写真に
ウコン桜を拝見しながらつくづく良かったと思います

お医者さんと話されるだけでも精神的に落ち着かれると思いますが
そして軽い精神安定剤を服用されるだけでも効果はあると思いますが
やはり環境の変化(好転)、これに勝る特効薬はないのではと思います

当方、コメントは閉じさせて頂いていますが
時々覗かせて頂いています


古都人様

このところ月に一度更新するかどうかのブログに、いつも訪問してくださり、かたじけなく思います。
実は姉は、若い時に旦那に先立たれ、今は肩や手の痛みなどで医者通いを続けており生活保護を受けています。
それゆえ姉に頼らず私一人で頑張ってきたのですが、さすがにもうストレスが限界でした。
母を預けている間は、すべてマイペースで好きなようにできますから、それだけで気分が楽になります。
母が家にいると何をするかわからないので、常に注意していなければなりませんでしたから、安心して過ごすことができます。
少しは『心の洗濯』ができそうです。

投稿: 古都人 | 2016年5月15日 (日) 07時54分

慕辺未行さん今日は
時々寄せて頂いては心配していました
やっぱりお母様のお世話大変ですね・・
慕辺未行さんの心もボロボロに成ってお察し致します
今回はお姉さまが暫く交代して下さる事に成り
本当に良かったですね
此の間に心を休めて何か好きな事をして少しでも
心休まる、日々を過ごして下さいね
そして出来る事なら一度、慕辺未行もお医者さまに
見てもらわれて心を楽にする方法を
試して見られては如何でしよぅか・・少しでも
心も体も楽に成れるかもしれませんョ
私は一番に慕辺未行さんが心配です・・お願い
致します


咲子様

認知症の介護が、これほどまで精神的負担になるとは思いもしていませんでした。
母にはもう何年も家事をさせていないのですが、それでも本人は今だに自分でやっていると思いこんでいるので、なおさら注意が必要です。
水の出しっぱなし、電気のつけっぱなし、ガス漏れの危険・・・、母が何かしようとするたびに、こちらも気が気でなりませんでした。
2週間交代で姉が母を預かってくれることになりましたので、母がいない時はのんびりできます。
少しでも心を落ち着けようと思います。

投稿: 咲子 | 2016年5月18日 (水) 17時32分

慕辺未行さん、こんにちは。
ひとまずはお姉さまの協力が得られたようで、少しホッとしています。
いろいろ事情はおありでしょうが、まずはご自身の心身の
健康が第一かと思いますので、場合によっては、お医者様に
会ってみられてはいかがでしょう。
精神科や心療内科の先生でなくても、カウンセラーのような方に
ゆっくり話を聞いてもらうだけでも、少し心が軽くなるかもしれませんよ。
私は先月から数週間アメリカにいて、先日帰国しました。
大切な家族が、長い闘病の末、旅立ちました。
この世に残された私たちは、どんなことがあっても、
前を向いて生きていかねばなりません。
慕辺未行さんも、どうぞご自分を大切になさってください。

hanano様

お帰りなさい。
ブログにて、しばらく日本を離れていることは、存じておりました。
大切なご家族の旅立ち、心よりお悔やみ申し上げます。
帰国後のhananoさんのブログも拝見させていただきました。
彼はきっと🎵Ave Maria♪のメロディーとともに神様のもとへと旅だったのだと、そう感じました。

私のほう、姉が2週間交代でも母の世話をしてくれることになりましたので、少しは精神的負担もストレスも軽減されます。
が、我が家に戻ってくると何かとやろうとし、そしてその度に後々私が大迷惑。
洗濯物や食器などの片付けは、所定の場所がもうわかっていないし、わずか数分後にはどこへ片付けたか覚えていないし・・・(-_-)ウーン...
気分転換や癒しで利用している”ニコッとタウン”で、しばしば愚痴をこぼしています。
お付き合いのある友達の中には、介護職の人もいてアドバイスいただいたり、「どんどん愚痴っていいよ」「自分で良ければ話聞きますよ」と言ってくれる友達もいて、ホント少し気が楽になります。
医者へ通わずとも、壊れそうな自分をまだ抑えられる余力はあります。

投稿: hanano | 2016年6月 5日 (日) 12時57分

お姉さまが手伝ってくださることになったのですね。
簡単によかったですね!と言えるようなことではないですが、
少しでもご負担が減って、気晴らしのできる時間ができるのは
いいことだと思います。

ウコン桜、きれいですね。
どうぞご自分の時間を大切になさってください。


みーこ様

私にとっても母にとっても、住み慣れた我が家である以上、私が面倒みてきましたが、さすがにストレス限界で爆発してしまいました。
その時の私がよほど尋常でなかったと感じたのか、姉が交代で世話してくれることになりました。
母がいる2週間は、相変わらずの日々ですが、姉が見てくれている期間ができたことで、少しは気持ちが落ち着くようになりました。

ウコン桜、本当にキレイです。
まだまだ知らない人も多いのですが、ぜひとももっと知ってもらいたい桜です。

投稿: みーこ | 2016年6月11日 (土) 13時52分

こんばんは。 慕辺未行さんお久しぶりです。 フッガーライがドイツ語講座に出たのですね! 教材としても やはり打ってつけの気がします。 それに ドイツ語をしっかり学ばれて 慕辺未行さんは本当に偉い!😊 エルマー達とも立派にコミュニケーションが取れるし 本当に凄いですね。
語学だけでなく これまで身につけられてきた様々な体験が 活かされる時期がまたきっと来るのではないでしょうか。 お身体お大切になさってくださいね。 また。


bella様

フッガーライは、『ドイツ語会話』の番組の中の文化コーナーのようなところで紹介されたと記憶しています。
ドイツ語はほんの2~3年、教育TVで学んだだけでしたが、当時ちょうどサッカーのワールドカップ・ドイツ大会をひかえていたせいか、旅行会話中心でそれがとても役立ちました。
海外の旅先でその国の言葉が少しでもできると、旅が本当に楽しいものになりますよネ!
アウクスブルクでのことも、本当に楽しい思い出の一つとして覚えています。

投稿: bella | 2016年8月13日 (土) 22時09分

お久しぶりです。
どうされているか心配していました。
お姉さまが介護を替わって下さることになり
よかったですね。花に癒されようやく本来の
あなたさまに戻られましたね。

何の力添えもできないことをお許し下さい。

ときどき訪問致しますね。


matsubara様

母の世話を姉と2週間交代ですることにして半年。それ以前は何をするにも心荒んで、生活するのに最低限必要なこと以外は何もやる気がしませんでした。
やっと少し落ち着きを取り戻したところで、まだまだ本来の私には遠いですが、徐々に自分を取り戻していけたらと思います。

投稿: matsubara | 2016年11月16日 (水) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 精神(こころ)が・・・ | トップページ | 十五夜お月様とオシロイバナ »