« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 2016 謹賀新年 »

2015年11月22日 (日)

要介護2

皆様、おはこんにちばんは happy01

前回ブログを更新してから、3か月以上も更新していませんでした coldsweats01
「書くネタがない」と言うか、書こうと言う気にならなかったです。
母のことだけでなく、今の自分の生活すべてにストレスを感じています。
ほんの些細なことで『カチン』ときて、暴言や嫌みなことを言ったり・・・。
「それではいけない・・・」と分かっていても、どうしようもありません。
母が介護認定を受けて3年。9月に再度認定調査が実施され、結果が出ました。

                『要介護2』

ケアマネージャーさんから言われていたので、予測していましたが・・・。
デーサービスから”トイレ誘導の際、座られる直前より排尿されてしまわれるため・・・”と報告がありました。昼食時では普段自宅で食べているものなのに”○○は「嫌い」だからと、残されました”と連絡ノートに記載されていたり・・・。
先日朝6時、「晩御飯食べるか?」と言ってきたときは堪りませんでした。
昼夜逆転はよくあるので仕方がないとしても、やらなくてもいいことまでやって、どれほど手間がかかったことか?!
徘徊することがないだけ、まだ良いと思うのですが、それでも私の精神的な負担はかなりのところまで来ています。

昨日、母の介護計画に関する担当者会議を行いました。
ケアマネージャーと前担当のケアマネージャーさん、デーサービスの所長さん、福祉用具サービスの担当者の計4名が来宅されました。
生活全般の解決すべき課題やニーズ、それぞれの長期目標と短期目標を確認しました。
例えば、「自分で起き上がりなどの動作ができるようになりたい ⇒ 補助具を使いながら、安定して動作ができる ⇒ 起き上がりや歩行維持が安定する」。
「下肢筋力が低下しているため、移動時に転倒する危険性がある ⇒ 介助を受けて安全に移動ができる」などなど・・・。
入浴はデーサービスのみにしていて、「適切な介助のもと浴室内を誘導し、本人のできないところのみ入浴援助させていただきます。体調が悪い時には中止し、清拭や部分浴をさせていただきます。また、入浴前後の様子を観察し、必要に応じて看護職員より処置をさせていただきます。」と、具体的対応を示されました。

母にはもう1年以上リハビリパンツだけしか着用させていないのですが、最近になってやっと”使い捨て”のものだと理解できるようになりました。つい先日まではパッド部分に尿を十分吸い込んだリハビリパンツをハンガーに干していて、私がそれをたしなめると「これは(デーサービスに)返さないかんのだ」と言っていたものです。
しかし”長時間安心”と謳っているリハビリパンツでさえ吸収しきれないほど、漏らしているようで、デーサービス滞在中に使用している”尿とりパッド”を自宅でも使わせるかどうか相談したところ、最も心配なのは、トイレに流してしまう(配水管が詰まってしまう ⇒ トイレ使用不能)ことなので、さすがにこれは「ある程度の訓練も必要である」とのことで、自宅での尿とりパッドの使用は諦めました。

グチグチと書き綴りましたが、かといって母の症状が改善されるわけもなく、私のイライラやストレスが解消されることもありません。
心の中は「荒野に一人立ち尽くす」ような状態です。
まだまだ当分は、この状態が続きそうです。

|

« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 2016 謹賀新年 »

コメント

大変ですね。おひとりでみていらっしゃるからなお大変。愚痴をこぼす相手がいればいいのですが。特養などに入る方法はないのでしょうか。最も要介護2では順番がなかなか回ってこないかもしれませんね。母にとっては特養で過ごした日々は最高だったのですが、そこから入院して要介護4に最後はもう特養に戻す選択もないまま亡くなりました。介護の専門家に囲まれているとずっと本人も楽なようですね。素人にはなかなかうまく対応できませんから無駄な労力ばかり費やしてへとへとになりますものね。ご自分が体を壊されぬようにお気をつけてくださいね。


agewisdom様

かつて叔父が祖母の介護をしているのを見て「大変だなぁ!」と思っていましたが、精神的な負担がこれほどとは思いもしませんでした。
特養に入れればそれが一番だと思うのですが、しかし母はきっと入りたがらないと思います。
週3日通っているデーサービスには、とても満足しているようです。
トイレのことに関しては、認知症でも自尊心や羞恥心はあるそうなので、たとえ親子といえども男の私では世話するのに限界があります。
母が寝静まった後のこの時間、皆様のブログを読んだり(読み逃げがほとんどですが ^^;;アセッ)ニコッとタウンで交流を楽しむのが気分転換になっています。

投稿: agewisdom | 2015年11月22日 (日) 23時51分

お久しぶりです
 多分お母上の事で大変な日々を過ごしておられるのだろうとは思っていましたが、お一人で何もかも背負って・・・
心身共にお疲れとお察しします
 特に身内となるとどうしても客観的に見られなくて、冷静に受け止められなくて
施設の職員さんの数倍もお疲れになると思います。
精神的にも肉体的にも余裕は無いと思いますが
どうかご自分の身体の事も考えて
どこかで割り切って(難しい事だと思いますが)下さる事を願っています


古都人様

二十歳の頃に夢を抱いて北海道へと飛び出していったのですが、半年後に父が脳溢血で倒れ、兄弟の中で唯一独身だった私は呼び戻されました。
以来、両親の面倒を末っ子の私が見る羽目になり、今日に至っています。
介護職の方がデーサービスで世話をするのと、自宅で家族が世話をするのとでは、意味合いが違いますし、精神的に疲れます。
最近は母の姿を見るだけでイライラしたり、母に話す言葉もキツイ言い回しばかりになっています。
しかし、介護職をしているネット上の友達からのアドバイスで、私よりも母のほうが辛いのかもしれないと思うようになりました。

投稿: 古都人 | 2015年11月23日 (月) 07時44分

そうですね
 確かに介護されている方の方が辛いのかも・・・・
私の亡母も長くは無かったですが、自宅で一人で介護し
情けない想いも腹立たしい思いも何度となくしましたが
そう思っていた分、亡母も辛く悲しく、情けなく思っていたかも知れませんね
 亡くなった時に従兄弟たちが「お母さんと最後まで一緒に居られて幸せやったね」と言われましたが
当時はそうは思えなかったのですが
今となって少しは思えるようになりました


古都人様

この記事と同じ内容のブログを気分転換に利用しているサイト”ニコッとタウン”にも載せたのですが、そちらでの友達に介護職の方が数名いて、彼女たちからのコメントを読み「ハッ!」とさせられました。
「認知症だから、どうせすぐに忘れる」と思って暴言吐いたとして、言われた瞬間は本人はすごく傷ついているはず。
尿漏れにしても母の立場になれば「知られたくない、恥ずかしい」という気持ちがあるのだと思います。
そうは言っても、やはり身内のせいか、どうしても酷いことを言ってしまいがちです。
少しずつでも改善できるよう、私自身も自覚しなければ!と思います。

投稿: 古都人 | 2015年11月24日 (火) 06時58分

慕辺未行さん今晩は
永い事ご無沙汰いたしておりました
毎日のお母様のお世話大変ですね・・私も蔭ながら
ずぅっと心配していました。女性が女性を介護するのでも
大変なのに慕辺未行さんは男性で、苦しい事も
多いと思います
とうぞ体に気を付けて下さいね・・そして心の中も心配です
ネットのお友達・・介護職の方、良い事教えて下さいましたね
なかなか疲れている状態で優しく接するのは大変ですが
慕辺未行さんの心の中に小さな明かりが見えて来ましたね
とは言っても毎日が厳しいのには変わりがなく心配です
どうかお体に気を付けて下さいませ。


咲子様

こちらこそ、毎回読み逃げしてご無沙汰していました。
親子とはいっても、やはり男の私では”下の世話”は難しく、どうしようもありません。
着替えは母一人でもできますが、しかし私が言わないと同じ服を何日も着続けています。
下着とリハビリパンツはデーサービスで入浴時に着替えるよう、毎々持たせていますが服やズボンは・・・ (-_-)ウーン...!
気分転換に利用している”ニコッとタウン”の女性友達に、介護職の方や元・介護職と言う方もいて、皆それぞれに理解してくれます。
ありがたいことと思います。

投稿: 咲子 | 2015年11月24日 (火) 19時52分

母もデイさえ行きたがらなかったのですが、入ってみれば特養時代は楽しくていつもニコニコしてましたよ。なんせ介護のベテランがついているだけに上手に対応してくださるのでしょう。いざというときはそのほうがいいかもしれませんよ。


agewisdom様

母からすれば、「家を追い出される」感覚なのかもしれません。
正直に言えば、特養に入るほうが私にとっても母にとっても安心なはずなのですが・・・。
しかし”要介護2”では、順番待ちがかなり長そうです。

投稿: agewisdom | 2015年11月25日 (水) 21時46分

お久しぶりです。
お母様のお世話、おひとりでよく頑張っていらっしゃると思います。

これだけ大変な状態でも(ごめんなさい)要介護2なのですね。
介護する家族の負担というのは本当に大変なんだなぁと感じます。
介護保険といってもなかなか思うようなお手伝いは期待できないのですね。

これからますます大変だと思いますが、どうか体調を崩されませんように。


みーこ様

ブログ更新もままならず、と言うよりネタがありません (^_^;;ヘヘッ!
そんなわけで、久々の更新でした。
母がこのような状態にもかかわらず、長年の主婦のキャリアからか、今でも炊事や風呂の準備をしようとすることがあります。それが私には一番怖いのです。
不完全燃焼やガス漏れの危険が常に考えられますので。
このような時代、需要が多い介護職を目指す方も多いでしょうが、現場での仕事は厳しく辞められる方も多いようです。
私が男であるが故、介護できる範囲にも限界があり、それが辛いところです。

投稿: みーこ | 2015年12月 1日 (火) 14時29分

まいどおおきに。
ずっと気にかけておりました。
ちなみにわがブログもしばらくほったらかしですけどね。
色々あるのです。

さてさて、あれこれこれこれ、それそれどれどれ、と色々ありますが、まずは、ストレスの解消をされて下さい。
年下の私がいうのもなんですが、「己の時間」を作る。わずかでもいいです。こうやってブログにまとめて綴るという時間も撮れないでしょう。でもメモする、それをつなぎ合わせて記事にするというのも手ですね。

これは考えようですが、お母様の介護を楽しむという考えをすでにお持ちであれば、再認識、それが無ければ「楽しい」と思うようにすれば、お互いによくなるでしょう。

私が勤めている会社のメンバーはアホばかりですが、それをなんとか使っていかないといけないのですよね~それをどのように、采配するかは私次第なのです。

諦めるのは簡単、生かすも殺すも己次第です。

そちら様が落ち着いたら一度名古屋に行きますよ。三重のおじさんも誘います~

え~本日は珍しくトリスのウィスキーを飲んでいます


青龍○段様

コメレスが遅くなって申し訳ありません (^_^;;
青龍さんも忙しいながら、山歩きやオフ会楽しまれているようで何よりです。
母がこのような状態になり、私自身、外出の機会が取れずブログのネタがない有様です (^_^;;
母が寝静まったであろう夜9時以降は、ネット上で自分なりに気分転換しています。
>お母様の介護を楽しむ
とてもそんな状況ではありません。楽しいと思うように・・・なんてとても無理です。
母が何かするたびに必ず確認が必要なのです。
でないと、水は出しっぱなし、電気も消し忘れたまま・・・なんてのはしょっちゅうです。
炊飯器のスイッチも間違って押して、お米が台無しになったり・・・。
それよりも、ガス漏れが一番怖い!
とても落ち着きそうにないのが現実です (。_。)!

投稿: 青龍〇段 | 2015年12月 2日 (水) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 2016 謹賀新年 »