« 混血オシロイバナ咲きました | トップページ | 心が荒れ荒んでます »

2015年6月28日 (日)

遠き旅の日々・偶然の再会の旅の思い出

皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ

6月も間もなく終わり、もう少しで夏本番ですね。いかがお過ごしでしょうか?

母の認知症は日に日に進んでいるようで最近は尿失禁が多く、男の私では世話できる限界を超えているように感じています。そんな状態なので、とても旅行へ行ったり日帰りのドライヴさえままなりません。
ですが、リンクしているブロ友様たちのブログを拝見し、国内、ときには海外をバーチャル旅行させていただいてます。

ふと考えてみたら、私のブログタイトル、『古い旅日記』でした。で、ここ最近、北海道を旅された方がいらっしゃいますので、私も久々に思い出してみました。

私が初めて北海道を旅したのは1981年の夏、当時まだ19歳、大学2年でした。
今でこそ付き合いはありませんが、この旅の途中で1か月前に信州を1週間旅した時に出会った仲間と偶然再会したのです。しかも3人!

まずはHSさん。安曇野のユースホステル(以下YHと略します)で出会い、スワコYHから清里へと同じルートで、京都住まいの彼と結局名古屋まで一緒に帰ってきました。
その時お互いに「来月、北海道へ行く」と話していて「もしかしたら偶然会うかも?!」と冗談交じりに話していました。
ところが冗談ではなく、本当に再会しました。
ある夜、札幌駅の待合室で夜行列車に乗るために時間をつぶしていたところ、彼がそこに現れたのです。思わず声をかけると、彼も驚いて再会を喜び合いました。さらに彼は私と同じ夜行列車に乗る予定で、お互いに連れができ、列車の中では乾杯しあっていました。

Img024
後列左がHSさん。私に山の楽しさを教えてくれた方でもあります。

彼とは稚内で別れ私は礼文島へ、彼は利尻島へ旅しました。
そして礼文島に到着しYHへ行くと、台風接近で海が荒れたため船が欠航し、仕方なく連泊する人がずいぶんいました。その中に見覚えがある顔が・・・。声をかけると、その人としゃべっていた人にも見覚えが!
ナント!やはり1か月前、信州で同じ日同じYHに泊まっていた人が二人もいたのです。さすがにこれにはビックリ!

Img019
信州スワコYHにて。後列左から3人目Fさんと一番右Hさん、最前列中央は私です。

Img023
礼文島にて。上の写真の後列の二人、分かりますか?

その後も私は北海道を20日間ほど旅しました。
知床にはガイドブックにさえ載っていない穴場の小さな滝『乙女の涙』や『男の涙』へも行きました。

Img021
知床・『乙女の涙』


女性との素敵な出会いもありました。
オホーツク海側の紋別のYHで出会い、その後浜頓別YHから札幌、函館・・・東京まで一緒に戻ってきました。6日ほど一緒だったでしょうか、この北海道の旅の10日後、京都で2泊3日YHを利用し一緒に歩いた思い出があります。
大原・三千院、音無しの滝、詩仙堂、曼殊院、哲学の道・・・夏の夕暮れ、鴨川沿いを並んで歩いたり・・・楽しい思い出をたくさん作ってくれた女性でした。

Img025
浜頓別町のクッチャロ湖畔にて!
Img022
初めて見る函館の夜景も上の女性と二人でデート気分で見に行きました。


今から30年以上昔の我が青春時代の思い出の一コマ!
皆様のブログのおかげで久々に振り返ってみました (^_^)!

*写真、あえて目線を隠さずそのまま掲載しました。万が一、写真の人々がご覧になった場合でも、どうか古い写真だとお許しください。

|

« 混血オシロイバナ咲きました | トップページ | 心が荒れ荒んでます »

コメント

私の偶然。層雲峡のリフトの乗り換え地点でその年お互いに転勤した同僚とばったり。しかも私が卒業生の高校の子供たちと居たら彼女「修学旅行?」って間抜けな質問を。夏休みに北海道に修学旅行はあり得ない。生徒たちもびっくりしたり笑ったり。でも生徒に頼まれて保護者を務める中学担任も珍しいかな?転校した生徒との約束を果たすべく男子4人女子2人が女の子の家にいきました。すごいでしょう!!
イタリア、アシジでフランシスコ教会の中、「アラ先生」知り合いの先生とばったり。あちら大きな団体じゃなかったら一緒に昼食食べたかったけど。
この二つくらいかな?


agewisdom様

層雲峡のリフトというと、大雪山・黒岳へのリフトですね。私もこの時の旅で訪れました。
転校した生徒との約束で北海道旅行とは?!生徒にとっても素敵で思い出深い経験になったでしょうね。
こんなに固い絆で結ばれた友達同士ならば、『イジメ問題』なんてなかったでしょうね。
若かりし頃のYHを利用しての旅では、こんな偶然の再会が何度もありました。
偶然にしろ約束してにしろ、旅先で出会った人と再会できた人数は100人を超えるかもしれません!

投稿: agewisdom | 2015年6月28日 (日) 23時44分

お早うございます
多くの青春時代の旅の様子 良く判りました
お若い時から旅大好き人間だったのですね
慕辺未行さん程では無いですが
お写真や記事の場所 私にとっても思い出の
場所でした
そうですか お母上様のご様子 少しずつ進行
されているのですね
私も母を介護の時のことを思い出して
切なく思いました
気長に付き合って行くしか無いですね
時々気持ちが萎える時があっても・・・


古都人様

ここに紹介したのは、若いころの旅のほんのごくわずかな時にすぎません。
この時の偶然の再会、実はその後、何十人もの旅仲間たちと偶然の再会を果たしています。
YHをメインに旅している人、北海道の魅力にはまって毎年夏・冬と旅する人が多く、こうなると同じ人と再会どころか再々会することもありました。
母の尿失禁に関しては、母自身も羞恥心やプライドのようなものがあり、私がそのようなことを言っても否定するばかり。
デーさビスへ通う曜日も決まっているのに、それもわからないようで、本当にイライラさせられます。

投稿: 古都人 | 2015年6月29日 (月) 06時21分

こんな偶然ってあるものなのですね。
私の頃は北海道17日間2万円、九州2週間12000円でした。
今から思うと考えられない貧乏旅行でしたが、YHでの歌った思い出が蘇ってきます。その後会うことなく、このような素敵な出会いはありませんでしたが。
国内でも3人くらいには会いましたが、驚いたのはイタリアミラノで前に勤めていた時の同僚夫妻と、その時に勤めていた同僚夫妻に同時に大聖堂で会ったことです。最初の方の夫妻はその後ずっとローマまで一緒で、ホテルがローマで一緒という楽しい体験でした。
こう思いますといたる所で時間差などもありますが、知人とすれ違っているのかもしれませんね。
思い出というのはいろいろ引き出されてきて楽しいです。楽しくないのもありますが。


tona様

この時はこんな偶然に驚いたものでしたが、その後何度も北海道を旅し、たいていYHを利用していたので、このような偶然の再会はたくさんありました。
夏に出会い次の冬に偶然再会し、次の夏にまた再々会なんて人もいました。
アルバムに残してある当時の国鉄周遊券を見ましたら、名古屋から九州20日間で16900円。東京から北海道20日間で23600円でした。
もちろんこれは周遊券代のみで、YHの宿泊料は当時1泊2食付きで2500円ぐらいではなかったかと思います。
海外では、初めてネパールを旅したときに北海道で知り合った旅仲間2人と偶然再会したことがあります。
しかし海外で同僚ご夫妻と会うというのも、奇妙なご縁ですね。

投稿: tona | 2015年6月29日 (月) 08時52分

国内も数多くご旅行されているのですね。
ユースホステルでの宿泊は
素敵な出会いが沢山有りそうです。
偶然の再会は感動も大きいでしょうね。
旅大好きの若者の出会いは、偶然も重なりそうですね。
北海道を20回もご旅行とは羨ましく思います。
素敵な女性との6日間、その後の素敵な
出会いは叶わなかったのでしょうね。
叶っていたら、ひょっとして・・・

お母様のお世話、よく頑張っておいでだと感心しています。
お母様の言動も理解できます。
娘さんのお世話だったら、又違っている事でしょうね。


すみれ様

国内も海外同様、訪れる旅先にずいぶん偏りがありますが、若いころは北海道を中心にYHを利用しながら旅していました。
とくにYHと北海道の魅力に取りつかれた旅人も多く、そのような人同士、何度も何人も再会しました。
彼女とはその後、東京で一度だけ会った記憶があります。
彼女に限らず他にも素敵な女性との出会い、たくさんありました。
旅先だからこそ、お互い気さくにツーショットの写真、撮ったりしていました。
女性だからできる世話・・・男には無理!とは決して思わないのですが、やはり立ち入ることができない領域があるように感じます。
母も辛いでしょうが、私も辛いです。

投稿: すみれ | 2015年6月29日 (月) 23時03分

慕辺未行さんのブログを拝見して、私も若いころのなつかしい
思い出がよみがえってきました。

私も旅行が好きで、YHを利用してあちこちに出かけていました。
慕辺未行さんほどの経験はありませんが、金沢からの電車で
一緒になった人たちと、宮崎でばったり再会したことがあります。

北海道では、違うルートで回っていてもYHで再会ということがありました。
久しぶりにいろいろ思い出せてうれしいです。
ありがとうございました。


みーこ様

みーこさんもYHを利用してよく旅されていたのですね。
北海道はルートが似ていると、その旅の間何度も会う人っていますよね。
旅先で知り合った名古屋の人と、通学途中に偶然会ったり、地下鉄でばったり、なんてこともありました。
あちこち旅していると、こう言うことって結構ありますよね。
アルバムを見ていたら、いろいろ懐かしくて面白い話がたくさん出てきましたので、また古い旅のことでも書いてみます。
こちらこそこんなブログでいろいろ思い出してくださって、嬉しく思います。

投稿: みーこ | 2015年6月30日 (火) 07時31分

私の函館旅行はごく普通で、劇的な出会いもありませんでした。
そんなによく会われたということは何度も旅された証拠ですね。
YHはいつも利用したのですが、まず再会はありませんでした。

わくわくした旅が多くて、すてきな思い出が残っていますね。

お母様のことは我が家も93歳の老母をかかえていますので
いつそうなるかは分かりません。


matsubara様

matsubara様と風様の北海道旅行を拝見して、つい思い出した次第です (^_^)!
ここに紹介したのは、YHを利用しての旅でもまだ初めのほうです。その後、このような偶然の再会が何十回とありました。
YHだけでも宿泊数は100を超えていました。
お互いに連絡を取り合っての再会も随分ありましたし、本当に若いころの旅を通してたくさんの仲間や友達ができました。

投稿: matsubara | 2015年7月 1日 (水) 20時58分

慕辺未行さん今日は
若い時の旅のお話は懐かしく楽しく
語り続けても尽きる事はないでしょうね・・・o(*^▽^*)o
そして旅で出会ったお友達は色々なお話が有り
心も合うでしょう
慕辺未行さんも沢山旅をしていらしゃいますね
楽しい思い出が沢山、有っていい人生で良かったですね
之からもとは行かないと思いますが
楽しい思い出は心が豊かに成り思い残す事も無く
振り返れば心ハッピーです・・良い事だと思います(*^-^)
私なんか思い残す事一杯・・・(笑)
京都の思い出場所、いい所ですね・・しかもデート気分で
私の知っている所ばかりですが・・・でも今でも、いいな・・と
思いますョ・・・
お母様の病状、少し辛いですね、それでもお母様も
きっと辛いと思います・・又慕辺未行さんの気持ちも
よく解ります・・ディーサービスの所でいい方法を
教えて頂く事は出来ないのでしょうか・・
上手なお答が出来ずに済みません


咲子様

旅のアルバムだけでも20冊以上はあるかと思います。
というよりも、旅に出た時ぐらいしか写真を撮る機会はほとんどありませんでした。
若いころの旅の日々、非日常的でどれもとてもよく覚えています。
東京や横浜、大阪などでは旅で出会った友達の家に泊めていただいたことも何度かあります。
逆に我が家に泊まりに来た旅仲間もいます。
京都へは実は女性からの誘いで行ったのですよ。
「ゼミの研修旅行が京都で現地解散だから、名古屋からなら近いから来ない?」と。
冗談だと思っていたのですが、本当に電話がかかってきて、京都へ再会の旅でした。
デーサービスの方とも時々そのような話をしたりしているのですが、母自身のプライドが邪魔をしているように思うのです。
男では立ち入ることができない部分もありますから。
デーの方たちもそれは理解してくださり、デーではとてもよくお世話してくださっています。それだけでもずいぶん助かります。

投稿: 咲子 | 2015年7月 2日 (木) 11時51分

素敵な旅と素晴らしい青春の思い出ですね。多分、好みと言うより
透き通った魂が似た方たちだったから 同じような場に ご旅行なさった
のでしょうか。 熟年過ぎてからまた会ったらすごいですよね。
でも皆さんそれぞれの人生を過ごして来たんですよねー
いいお話をありがとうございました!


bella様

旅に出る=YHに泊まる、というような図式が、あのころの旅仲間にはあったように感じます。
YHをメインに利用しての旅ですと、夏や冬の休みの度に旅に出て、かつて会った人との再会が何度もありました。
この年齢になって偶然どこかでばったり・・・なんてことがあったら、それこそ奇跡かも?!
しかし決してありえないことではないかもしれません。
その日がいつか来るかも・・・と楽しみにしています。

投稿: bella | 2015年7月 2日 (木) 21時07分

私はYHに泊まった経験はありませんが
若い頃の旅行の思い出は、精神的な財産となっています。
何しろ今の自分とは感受性が違いますものね。
悩みもその分大きかったように思いますが
喜びも今よりずっと大きかったように思います。


zooey様

私の場合、行く旅先に偏りがあり過ぎるのが欠点ですが、しかしその時その時で旅は違いますし、思い出すだけで幸せな気分に浸れます。
基本的にいつも一人旅でしたから、他の旅人によく声かけたりかけられたりで、男女問わずたくさんの仲間ができました。
今ではみんな親になって、子育ても終わってひと段落・・・何だろうと思っています。

投稿: zooey | 2015年7月 4日 (土) 09時50分

ほお~~そんなことがあるのですねえ。
Saas-Feeの風もあちこち旅をしましたが、同じ地域で再び会うことはあっても
まったく違うエリア(例えば」北海道と九州のような)での再会の記憶はありません。
北海道なら北海道で、九州なら九州でという再会は何度もありましたけどね。


Saas-Feeの風様

他にも、ポートピアを見に泊まった神戸のYHで知り合った人と北海道で会ったこともありました。
初めて九州へ行ったとき、長崎で小・中学時代の同級生ともバッタリ会いました。
YHの魅力は、このような偶然の再会もあるのでは?と思いました。
本当にたくさんの人と再会しましたヨ (^_^)!

投稿: Saas-Feeの風 | 2015年7月 5日 (日) 13時39分

こんにちは。
慕辺未行さんは、ほんとにお若いころから旅がお好きだったのですね♪スゴイですね!だから、海外もあんなにあちらこちらに行かれてられるのですね~~shine
楽しそうなお写真に、青春時代がいっぱい詰まっていて羨ましくなりましたshinehappy01


ポエポエ様

子供の頃、家族で旅行へ行ったことがなくて、その反動かあちこち一人で行くようになりました。
特に学生時代は旅に出ることで仲間や友達が増え、本当に楽しかったです。
あれからもう30年以上も経っているのが信じられません。

投稿: ポエポエ | 2015年7月 9日 (木) 12時30分

残暑お見舞い申し上げます

その後いかがお過ごしでしょうか。
心穏やかに過ごされますよう念じています。

メアドが変わりましたのでお知らせします。
もともと二つありましたがcommufaの方を解約しました。
返信は要りません。


matsubara様

残暑見舞い、ご丁寧にありがとうございます。
母のことで日々ストレスを感じるだけでなく、他にも多々あって、まだまだ心穏やかになれない私です。
メアドの連絡、ありがとうございます。
早速書き直しました。

投稿: matsubara | 2015年8月15日 (土) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 混血オシロイバナ咲きました | トップページ | 心が荒れ荒んでます »