« 母のデーサービス・その後 | トップページ | 混血オシロイバナ咲きました »

2015年6月13日 (土)

世界の絵葉書 その53 ガラパゴスより

皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ

「ブログに書くネタがない」と言いながら、すっかり『世界の絵葉書』を紹介するのを忘れていました。
とはいえ、紹介していないのはほんの数枚だけです。

今回はガラパゴスからの絵葉書です。
ところでガラパゴスって、聞いたことはあるかと思いますが、世界地図のどのあたりにあるかご存知ですか?
かくいう私は・・・分かりません (^_^;;ヘヘッ!
絵葉書を見ると、”GALAPAGOS-ECUADOR”とありますのでエクアドル、つまりは南米か、と思った次第です。

調べてみましたら、南米エクアドル沖の太平洋上に大小たくさんの島からなるガラパゴス諸島がありました。
いや、それよりもガラパゴスといえば、ダーウィンの進化論で有名ですよね。

と、前置きが長くなりましたが、ガラパゴスからの絵葉書、ご覧下さい。

Img072

ガラパゴスペンギンでしょうか?可愛らしいですね。

送り主は日本での古い旅仲間のGさん。
2003~2004年の年末年始に旅したようです。
「ペンギンはガラパゴスでは珍しい!赤道直下ですから・・・」とありました。
そして最後に『何日で着くかな?』ともありました。
いつごろ届いたかはもう覚えていませんが、一応1月中には届いていたようです。

|

« 母のデーサービス・その後 | トップページ | 混血オシロイバナ咲きました »

コメント

ワ~私もどこにあるのかわかりません。調べてみなくちゃ。ペンギンがいるのは南極だと思っていた。世界は広いですね。


agewisdom様

でしょ?!名前は知っていても場所は知らないところって、たくさんありますよね。
私もこんな赤道直下の地域にペンギンがいるとは、ビックリです。
ホント、世界は広いです。

投稿: agewisdom | 2015年6月13日 (土) 21時51分

お早うございます
私も名前は良く耳にしていましたが
実際にどこにあるのかは知りませんでした
早速地図を見ました
正に赤道直下ですね
ここには特有の動物がいることも知って
いましたが深くは知りません
この機会にちょっと勉強したいと思いました
ご教示有難うございました


古都人様

一つの国であればまだしても、島などになりますと、詳しい場所はなかなか覚えられないですよね。
私はガラパゴスが実際にエクアドル国内であることも、この絵葉書を見て知った次第です。
ダーウィンがこの島々を訪れて進化論を唱えたことぐらいの知識しかありませんでしたから。
しかし「勉強したい」とはさすが好奇心旺盛な古都人様です。

投稿: 古都人 | 2015年6月14日 (日) 06時09分

ガラパゴスは、世界遺産に認定されていますね。
よくテレビでその自然が写るので名前は知っていました。
そんな珍しいところからの葉書は嬉しいですね。
このペンギンも固有種で世界で三番目に小さい
ペンギンだそうです。

郵便局は無人で、観光客は投函する時自分の国の
ものは持ち帰り送ってあげるのだそうです。
よく届きましたね。


matsubara様

やはり世界遺産に認定されているのですね。それは知りませんでした。
最近はTVよりもPCと向き合ってる時間が長くなって、旅番組もこのところ見てません。
送り主のGさんはかつて毎年2~3回は海外へ出かけていました。メジャーなところからマイナーなところへもあちこち行っていました。
郵便局が無人だとは驚きました。
この絵葉書、どこで投函しどのようにして届いたのでしょうね。

投稿: matsubara | 2015年6月14日 (日) 08時45分

ペルーからポリネシアまで漂流した、コンティキ号探検記という本を子どもの頃読み、
長じて映画も観ましたが、そこにガラパゴスが出てくるのです。
だから私は場所は知っていました。
しかし実際、周りにそこに行ったことがあるという人はまだいませんね。


zooey様

さすが博学のzooey様です。
子供の頃に読んだ本や映画でご存じだったとは?!
Gさんは初め「海外は嫌い、だって英語できないから・・・」なんて言っていたのに、気がつけばあちこち海外旅行しまくっていました。
まさかガラパゴスにまで足を延ばすとは・・・です。

投稿: zooey | 2015年6月14日 (日) 20時35分

本当に 正確な場所は 全くわかりません~!
でもTVなどでは やはり観光客による汚染から自然を守る
には相当努力が要るみたいですね・・


bella様

やはりbellaさんも場所まではご存じありませんでしたか (^_^)!
観光客が押し寄せるほど自然環境も変わるでしょうから、大変でしょうね。
かといって、観光客による財源も島にとっては必要でしょうし、ジレンマですね。

投稿: bella | 2015年6月15日 (月) 22時41分

もう一度ダーウィンの航海記を読みたくなりました。
以前旅先で、これからガラパゴス諸島とイースター島に行くという人がいました。どれだけ時間をかけて行ったのだろうと時々思うほど、二つの島は遠いし、南米大陸からも遠いのですね。
昔は船で行ったのですから本当に大変だっただろうと、美しい景色をテレビで見るだけで思ってしまいます。
ガラパゴスにペンギン、考えられないです。


tona様

ダーウィンの航海記という本があるのですか?!
古のヨーロッパの人々はコロンブスをはじめ皆、命の危険を冒してまで航海の旅に出たのでしょうね。
ガラパゴスにイースター島、どちらも素晴らしい島々でしょうね。
私も行ってみたい気持ちはありますが、若かりし頃ならまだしても、今では儚い夢です (。_。)!
赤道直下の島なのにペンギン・・・、たしかに考えられないですよね。

投稿: tona | 2015年6月24日 (水) 17時13分

本の名前はダーウィン著『ビーグル号航海記』です。
昔は岩波版で字が小さかったです。
その後は2.3の出版社が出しています。


tona様

教えていただき、ありがとうございます。
近頃は本屋や図書館へ行く時間も取れないし、本を読む時間もなかなか取れなくて・・・(^_^;;
機会あれば読んでみます。

投稿: tona | 2015年6月25日 (木) 08時43分

「ガラバゴス」耳にした事は有っても
どのあたりに存在するのか全く見当が付きませんでした。
南米エクアドル沖の太平洋上の
大小の島々なのですね。
勉強に成りました。
それにしてもお出かけに成ったGさんの旅は
興味深く、楽しいお話が聞けそうですね。
ペンギン、大好きです。可愛いですね。


すみれ様

ほとんどの方が同じ意見です。
耳にしたことはあるけれど、どこにあるのかは・・・?
私自身も絵葉書の文字を見て『エクアドル』と分かったものの、実際の場所はよく分からない始末でした (^_^;;
Gさん、かつては日本地図の全都道府県を旅し、さらに世界地図の塗りつぶしを目指していました。
とうてい難しいことですが、このようなところへも行くバイタリティが彼にあったとは、驚くばかりです。

投稿: すみれ | 2015年6月26日 (金) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母のデーサービス・その後 | トップページ | 混血オシロイバナ咲きました »