« 母73才、初めての海外へ 3日目その2 『龍の岩とライン川』(再掲) | トップページ | 母73才、初めての海外へ 3日目その3 『ロコモービル』(再掲) »

2014年10月19日 (日)

世界の絵葉書 その51 北欧・ラップランド

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

10月も半ばを過ぎ、朝晩はすっかり寒くなってきました。
お風邪などひいておられませんか?
季節の変わり目、皆さま重々お気をつけ下さい。

今回は久々に海外の絵葉書を紹介します。
現在連載している旅日記の前、フィンランドの旅日記を紹介しました。
その際に私自身が現地で買い求めた絵葉書を紹介します。

Img038

Img039

Img040

Img041

Img042

どの絵葉書も北欧北部、フィンランドに限らずスウェーデンやノルウェーでもこの北限の地域で暮らす『サミ族』の人々、俗に”ラップランド”と呼ばれる地方です。

冬が長く夏は白夜の世界・・・。
そんな地域の人々の様子を描いた絵葉書です。
ブルーを基調にした衣装に赤い帽子やストール・・・、オシャレですネ (^_^)ニコッ!
最後の絵葉書の子供が・・・カワイィ~!lovely

|

« 母73才、初めての海外へ 3日目その2 『龍の岩とライン川』(再掲) | トップページ | 母73才、初めての海外へ 3日目その3 『ロコモービル』(再掲) »

コメント

3年前の2011.11.6にフィンランドのことを書いていますので
なつかしく記録を見ています。この間のように思っているのに
もう3年も経ってしまったとは・・・

絵葉書も旅先で買うのですが、使ってしまいます。
葉書や手紙をよく書きますので・・・
よいものから使うので残るものはダメなものばかり・・・


matsubara様

今回紹介した絵葉書は、フィンランドでも北極圏のさらに北の地域です。
自分自身もそこまで行っていながら、このようなシーンに出会えず写真代わりに買った絵葉書です。
海外で絵葉書を買うことはよくあるのですが、現地から書いて出したもの以外はすべて自分への”安いお土産”です。
ですから、あくまで『保存用』なのです。

投稿: matsubara | 2014年10月20日 (月) 14時39分

綺麗で素敵な絵ハガキですね~
北欧・ラップランドは何も知識が無い
未知の地です。
壮大な地での犬ぞりも珍しくて素敵ですが、
背景の雪景色の素晴らしい事!
魅入ってしまいそうです。
民族衣装、本当にお洒落で素敵ですね。
可愛い帽子、お土産に買い求めたく成りそうです。


すみれ様

ラップランドの民族衣装を着た人々の姿は全く見たことがなく、せめて絵葉書を買い求めました。
男たちはカッコいいし、女性はキレイ、子供はなんて可愛いの?!って思いますよネェ!
犬ぞりは私も実際に体験しましたが、楽しかったです。
西田敏行さん演じる映画”植村直己物語”で犬ぞりの操縦法を少しだけ知っていました。
絵葉書の子供たちとそっくりの小さな人形、お土産に買って今も飾ってあります。

投稿: すみれ | 2014年10月20日 (月) 23時00分

民族衣装が華やかですね。
アハハ、トナカイのお尻思いだす1枚も。
坊やは可愛いな。


agewisdom様

このラップランドのサミ族の人々の衣装、カラフルで素敵ですよネェ!
かつて訪れたネパール奥地のチベット系民族の人々の衣装と相通じるものがありました。
私もトナカイのお尻が写っている絵葉書をアップしながら、agewisdom様のご主人様の話を思い出しました (^_^;;ヘヘッ!

投稿: agewisdom | 2014年10月20日 (月) 23時35分

お早うございます
これが北方に住む人達の様子なんですね
民族衣装はカラフルで美しいですね
白一色の世界では良く目立つことでしょう
やはり極寒の地ですから皆さん結構着込んで
いますね


古都人様

私が旅した時、このような民族衣装の人はついぞ見かけませんでしたが、それは日本でも着物姿の女性を滅多に見かけないのと同じことですね。
実際に見てみたかったです。
地球温暖化が進んだとはいえ、北極に近い土地!寒さは半端ないでしょう!
私が訪れた時もおそらく氷点下20℃から30℃ほどまで下がっていたと思います。

投稿: 古都人 | 2014年10月21日 (火) 06時00分

おはようございます。
サミ族の人々は白人系なのでしょうか?
子供も可愛く、婦人も美しいです。男性は勇壮で。
素晴らしいブルーと赤の民族衣装が美しい雪景色の中に映えますね。
このような絵葉書が手元にあると、訪れた当時が懐かしく思い出されることでしょう。
犬ぞりやトナカイのいる風景もいいですね。


tona様

詳しくは私も知らないのですが、おそらく”白人系”の人々ではないかと思います。
tona様のコメント同様の感想を私も持ちました。
子供は可愛いし、女性は綺麗だし男たちは勇壮で・・・!
それに民族衣装が本当にカラフル!
日本の着物もそうですが、民族衣装ってどれも本当に綺麗ですよね。
実際にこのような人々を目にする機会がなく、あえて買い求めた絵葉書です。
それでもやはり当時の旅を思い出します。

投稿: tona | 2014年10月22日 (水) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母73才、初めての海外へ 3日目その2 『龍の岩とライン川』(再掲) | トップページ | 母73才、初めての海外へ 3日目その3 『ロコモービル』(再掲) »