« オーロラ紀行 その26(再掲) | トップページ | メダカ »

2014年9月11日 (木)

オーロラ紀行 その27(再掲)

14:00過ぎ、駅へ戻り、歩き疲れたのでやや休憩。

14:50発のバスで空港へ向かう。15:20すぎ空港へ。しかし、間違えて国内線ターミナル前で降りてしまったため、国際線ターミナルまで歩くハメに。

そして空港内にあるホテルのレセプションで泊まれるかどうか交渉すると、部屋はツインしか空いてなくて、料金が189ユーロ(2万5000円以上)もする。仕方なく、ここで泊まるのは断念し、インフォメーションで近くのホテルを紹介してもらうことにする。

そして予約が取れた。Holiday Inn Garden Court で80ユーロだ。そこへは空港より無料のシャトルバスで行くことができる。16:15のシャトルバスに乗り、空港近辺のホテルを何軒か立ち寄って行く。

16:25、ホテルへ到着しチェックイン。荷物を解き、整理し直す。

17:30、サウナで1時間ほど汗を流す。部屋でシャワーを浴び、19:00、夕食へ。

Turkey のステーキ(サフランライス付き)とビール。21ユーロほどする。でもホテルの中で食べるから仕方がないか。うん、味は悪くはない。

食事を終え部屋へ。明日はいよいよ帰国。5:30には起きなければならない。部屋のミニバーでビールを1本だけ飲んで、眠ることにする。

ヘルシンキ・バンター、ホテル・ホリデーインガーデンコートにて

*この旅日記は2004年のものです。

|

« オーロラ紀行 その26(再掲) | トップページ | メダカ »

コメント

サンタクロースエキスプレスは赤と白でサンタクロースなのですね。こんな電車に乗ったら乗り降りの時楽しそうです。
雪で覆われたヘルシンキの町は初めて見ました。銅像も多いのですね。
行ったことがありますが、大聖堂は見た覚えがありません。素敵ですね。
季節によってこんなに違うことがわかって面白かったです。
ありがとうございました。


tona様

コメントいただいて初めて気が付きました (^_^;;
機関車は途中で付け替えられたと思うのですが、確かにサンタクロースカラーですね!
個室(?)3段ベッドの車両でしたが、出入りはカードキー、洗面台とフェイスタオル、小さなミネラルウォーターが備えてありました。
ヘルシンキの街、あちこちに銅像がありました。
まるで町中が彫刻の美術館?!
大聖堂も素晴らしかったです。
真っ青な空と真っ白な雪、見事に調和していました。

投稿: tona | 2014年9月11日 (木) 20時44分

お早うございます
そうですか いよいよ帰国ですね
今回のオーロラ紀行は実りの多い旅でしたね
ほぼ満足の旅だったのではないでしょうか
良かったですね


古都人様

ドイツの友人宅で過ごした日々を含め、およそ3週間の旅。
消化しきれなかった有給休暇が会社に買い取られる前に強引に実現させた旅でした (^_^;;!
おっしゃるように本当に『実り多い旅』でした。
最大目標は「オーロラを見ること」でした。
オーロラだけでなくサンタクロース村やスノーモービル、犬ぞり・・・本当に満足できた旅でした。

投稿: 古都人 | 2014年9月12日 (金) 05時56分

ヘルシンキは近年行きましたのにここに紹介してある中で
訪ねたのは、ヘルシンキ大聖堂だけでした。私のブログにも
取り上げましたが、その時もコメント頂きましたね~
オーロラを見るためには更に一週間も滞在しなければならない
のですね。


matsubara様

ヘルシンキの街の観光スポットは他にもあるでしょうが、私は歩いて行ける範囲内だけでの行動でした。
しかし脇道を歩いてもあちこちに銅像があり、町中がちょっとした彫刻美術館のようでした。
私の場合、個人旅行ですからそれなりの日程を組みましたが、ツアーでは効率良いスケジュールで旅することができると思います。

投稿: matsubara | 2014年9月12日 (金) 08時07分

フィンランドだけはいかないまま終わりました。寒さは苦手なのですが、素敵なとこですね。やっぱりいけば良かったなあ。


agewisdom様

これが最初で最後のフィンランドになりそうですが、オーロラを見ることができ、サンタクロースにも会え、スノーモービルに犬ぞり。
ヘルシンキの街も本当に素敵でした。
歴史を感じさせる建物、至るところにある銅像・・・まるで美術館のような街でした。
冬ではなく夏に訪れてみてはいかがですか?
もっとも夏ではオーロラは見られませんが・・・、その代わり白夜が体験できるでしょう!

投稿: agewisdom | 2014年9月12日 (金) 22時42分

慕辺未行さん今日は
やっと秋がやって来ましたね・・嬉しい・・なのに風邪を
ひいて少ししんどい状態です
あのローソク橋ライトが灯る美しいですね・・そして列車
長・・く連なって、私の大好きな色で・・ヘルシンキへ
これで北極圏さようなら・・ちょっと心残りですか
ヘルシンキの街は建物が立派ですね・・そんな中に
マクドも入って似合って居ます
それからブロンズ像が色々有って、此方も美しい
ホテル上手に見付けられてよかったね
お手頃で空港へ行くバスもホテルから出ていて
ラッキーでしたね・・・いよいよ帰国
一杯の思い出とお土産を詰めて
次回は何処の旅かな・・・楽しみ・・・


咲子様

こちらもすっかり涼しくなりました。
半袖で寝ていたら明け方寒くて・・・私も少し風邪気味です。
ろうそく橋、ライトアップされると、その名の由来も分かるでしょ?!
キレイでしたヨ (^_^)ニコッ!
そして北極圏に別れを告げ、ヘルシンキへと向かいました。
サンタクロースエクスプレス、もっと豪華な車両もあるようですが、私は安い寝台を予約しました (^_^;;ヘヘッ!
それでもフェイスタオルに洗面台がありましたから、私がかつて乗った日本のブルートレインよりは豪華でした。
ヘルシンキの街は本当に素敵でした。
どの建物も重厚で歴史を感じさせられました。
もちろん、近代的なビルもありましたが、これらの素敵な建物の前では目立ちません。
ブロンズ像もたくさんあって、街中が美術館のようでした。
翌朝の飛行機が早いので空港内のホテルに泊まるつもりが、あまりに高くて・・・!
でも何とか手頃なところが見つかりました。
帰国までもうあと3話、お付き合いくださいね。

投稿: 咲子 | 2014年9月13日 (土) 10時57分

ヘルシンキ、楽しい旅でしたね。帰り道はホッとするような、後ろ髪引かれるような、なんとも言えないひと時です。 長い冬や瞬間的な夏の一時期を 北国の人たちは いろいろ工夫するのでしょうね。
屋外の美術品たちも 冬も夏も人々を楽しませそうです!
またいつの日か、北欧に行かれる時が来ますように!


bella様

ヘルシンキの街をはじめ冬のフィンランド、本当にステキな旅でした。

>帰り道はホッとするような、後ろ髪引かれるような・・・

うんうん、おっしゃる意味、すごく良く分かります。
もう今夜の宿の心配をしなくていい安心感、しかし旅を終えなければならない寂しさ・・・。
夏よりも冬がはるかに長いところですから、いろいろな工夫をして暮らしていると思います。
もしもう一度訪れることができるとしたら・・・それでもやはり”冬”を選ぶと思います。

投稿: bella | 2014年9月13日 (土) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーロラ紀行 その26(再掲) | トップページ | メダカ »