« メダカ | トップページ | オーロラ紀行 その28(再掲) »

2014年9月15日 (月)

どこへも出かけられない・・・

皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

3連休・・・どこかお出かけされましたか?
私は・・・3日間ともすごく良い天気にもかかわらず・・・
どこへも出かけられませんでした。

認知症の母・・・もう何もできないくせに・・・
まだ何でもできると思い込んでる。
それだけに性質(たち)が悪い・・・(-_-)ウーン...

ガス湯沸器やガステーブル・・・点けたつもりが点いてなく・・・
その結果・・・ガス漏れ!
お風呂を沸かしたまま、それを忘れて沸騰して、もう少しで空焚きに!

他にも・・・書き出したらきりがない!
ので・・・デイサービスに行く日はまだしてもそうでない日は・・・
とても出かけられない!
連れて出かけるにしても、いつどこで粗相するか・・・?!
マイカーの中でされたら・・・最悪 (>_<)!
普段はリハビリパンツ(要は、紙おむつ)穿こうとしないし・・・
デイサービスで粗相した時は・・・穿くくせに!

とにかく・・・
こんな厄介な母親ですから、もうとても自由がききません!
自宅ではイライラとストレスが募るだけ!

今日、敬老の日・・・
しかし、こんな母に誰も会いに来ません!
悲しいかな・・・これが現実!

そして誰も私の気苦労を理解してくれない・・・これも現実!

夜、この時間・・・私にとって・・・
やっとホッとできる癒しの時間!

あーぁあ・・・つい・・・愚痴ってしまった・・・

聞き流してください。

|

« メダカ | トップページ | オーロラ紀行 その28(再掲) »

コメント

有吉佐和子『恍惚の人』で衝撃を受け、それが認知症を知った初めでした。そして友人のお母さんが徘徊老人になったり下の世話に明け暮れたりを知ってもし自分の親がなったら・・。幸いそれはありませんでした。次は自分が子供にそんな迷惑かけたらというのが今の心配事です。
慕辺未行さまがまさにその地獄の中にいらっしゃるのですね。
デイケア以外の365日全部の時間がお世話だけ。
なんてお慰めしたらよいか言葉が見つかりません。
頑張るという言葉を使うのは良くないとこの頃盛んに聞きますが、でも頑張って下さい。


tona様

私はその本は読んでいませんが、十数年前に亡くなった祖母がやはり認知症でした。
叔父が介護している姿を見て、その大変さは分かっていました。いや、”分かっているつもり”だけだったのでしょう。
叔父に比べれば私の場合、母がまだ自力でトイレに行けるのでマシです。
祖母は寝たきりで、叔父が簡易トイレを備えたベッドを手作りしたほどですから!
姉や兄がいますが、それぞれの生活を考えるとやはり私が頑張るしかないのです。
今まで姉兄と違い自由な生活をしてきましたから、仕方がありません。

投稿: tona | 2014年9月16日 (火) 08時13分

大変ですが、頑張って下さいとしか言えないです。
お姉さまに大変さを常時訴えてみてはいかがでしょうか。
1人で背負い込むのはどんなに大変かということを・・・

ガスは危険ですから、いつも元栓を切り自衛されては
いかがかと思います。風呂のガスなど触らせないことです。

私は92の母にはその都度沸かしてあげて一人で
入浴しますから、すぐ排水しておきます。
ガスは触らせません。


matsubara様

姉自身も最近腰や腕を痛め、母の世話をするどころかすでに独立した子供たち(私の甥)に時々手助けを頼むほどなのです。
ですから、とても言えません。
ガスに関しては、私が留守の時は「元栓を切るようにしたら・・・」と、ケアマネさんに言われました。
お風呂についてもケアマネさんと相談し、自宅ではもう入らない、週3回デーサービスで清潔を保つよう連絡していただきました。
それでもまだ自宅でお風呂に入ろうとするので、厄介です。

投稿: matsubara | 2014年9月16日 (火) 08時43分

ひとりで抱え込まないで血縁のかたたちに
或はデイサービスのケアマネージャーに
相談なさってください。

心配です。
男には無理なこともあります。


Saas-Feeの風様

姉兄たちには彼らの現状を知っているだけに、あまり無理は言えないのです。
すぐ近所に住んでいる姉は今、腰や腕などを痛め休職を余儀なくされ通院していますから!
『要介護1』ではまだ特養への入所はできませんが、それ以上になった場合、すぐに入所の手続きをしたほうが私のためにも良いと勧めてくれています。
自分の親ですから、できるところまで頑張ってみます。

投稿: Saas-Feeの風 | 2014年9月16日 (火) 14時19分

こんにちわ
前にも一度書いたかと思いますが
私も98才の母の最期の一時期介護しました
人には言えない色んなことがありました
しかし割合短期間であの世に行ってくれましたので
助かりました 殆ど一人で遣りました
しかし長期間になると一人では大変です
デーサービスの回数を増やして貰うか
近親者の方との交代制にするかしないと
持ちませんよ
ご自宅に来て貰って介護して貰うのが良いかと
思いますね
早く手を打たれた方が良いと思いますね
他人事とは思えません


古都人様

ここに書いた以外にも、私にとってさまざまな弊害があります。
月一回訪問してくださるベテランのケアマネージャーさんからも、デーサービスの回数を増やすとか、介護レベルが上がったらすぐに特養への入所の申し込みをしたほうが良い・・・など、いろいろアドバイスをいただいてます。
もちろん、ヘルパーさんの派遣も!
しかし、そのことごとくを母が「嫌だ!」と拒否!
特養への入所も見知らぬ人(ヘルパー)が自宅へ出入りしたりするのも、「嫌!」の一言。
姉や兄たちもそれぞれの生活や体のことがあるゆえ、とても頼めません。
現状のまま、私が頑張るしかないのです。

投稿: 古都人 | 2014年9月16日 (火) 15時51分

心身ともに、大変な日々をお過ごしだと思います。
何でも自分で出来るとの思いは
皆同じの様で、私の母も同じようです。
先日母の様子を見に出かけましたが、
お仕事とはいえ職員の方のご苦労に
感謝の言葉一杯でした。
慕辺未行さんのためにもディサービスの
回数を増やせたら良いですね。


すみれ様

人間誰しも「老いを感じたくない」思いは同じで、やはり何でも「自分でできる」と思いたいのでしょう。
それでも最近少しは家事に手を出さなくなりました。
ディサービスの回数については、ケアマネさんからもそう言われています。
すぐには決められず、経済的な状況を踏まえて決めようと思います。

投稿: すみれ | 2014年9月16日 (火) 23時58分

連休中はお天気がよかったのに、出かけられないのはつらいですね。
ずっとおひとりで頑張っていらっしゃって、本当にすごいなぁと感心しておりました。
大変さは周りの人間にはなかなかわからないですよね。

たまには愚痴って大丈夫ですよ!
私も何もお手伝いできませんが、ブログなどが少しでもストレス解消に役立っているといいなと思います。


みーこ様

3連休、この地方は3日間とも暑すぎることもなく爽やかな晴天でしたね。
出かけたくてうずうず・・・しかし今の母の現状を考えると、連れて行くにしろ留守番させるにしろ、私にはどちらも不安でしかありません。
結局、雲一つない青空をベランダから見上げながらため息ひとつ・・・です (。_。)ショボーン!
みーこさんのブログでは、いつもバーチャル旅行させていただいてます (^_^)ニコッ!
これもブログの楽しみ方ですよネ!
おかげさまで、本当に気分転換させていただいてます。

投稿: みーこ | 2014年9月17日 (水) 13時24分

ご無沙汰しています。
お母さまとの日々、おかけする言葉が見つかりません。

広場でお別れになったきりのバーチャルお嫁さん…思い出す事おありでしょうか。そのユキちゃんを一生懸命作ってみました。そして今、お2人に私の庭で逢瀬を楽しんでもらっています。

http://dq9suki.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-a810.html

少しでも癒しになれば幸いです^^


はづ希様

本当はこのようなこと、愚痴りたくなかったのですが、いつかどこかで吐き出さないと自分がおかしくなりそうで・・・。
お気持ち、とても嬉しいです。
先ほど、はづ希さんのブログ拝見してきました。
もう懐かしくて嬉しくて、ずっと笑顔がこぼれていました。
実はニコタで先月、ユキちゃんという名のキャラが登場し、「消されたサイトのアバ嫁と同じ名前だ」ってつぶやいてました (^_^;;ヘヘッ!
そのせいかすっかり思い出してしまい、一人盛り上がっていました(笑)!
久々にIPでの分身とユキちゃん、そしてちろ姉たんにもお会いでき、気分はすっかりハッピーです (^_^)ニコッ!

投稿: はづ希 | 2014年9月18日 (木) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メダカ | トップページ | オーロラ紀行 その28(再掲) »