« オーロラ紀行 その14(再掲) | トップページ | オーロラ紀行 その16(再掲) »

2014年8月14日 (木)

オーロラ紀行 その15(再掲)

2月28日(土)晴れ

イナリ1日滞在

 未明の3:00、一度起きて外を眺めてみたが、オーロラは姿を見せていなかった。風邪気味なので、無理せず体を休める。

9:00起床し、9:20より朝食。バイキングにはなっているものの、種類は少ない。ヘルシンキのホテルに比べ、3分の1から4分の1の料金なので、仕方がないといえばそれまでだ。

10:20より外出する。

SIIDAまでゆっくり歩いて15分。ここはラップランド地方に住むSAMI(サミ)族の民族博物館。この季節、野外展示は見ることができず、屋内のみの入館だ。

068siida
SIIDAの正面入り口

075siida4_2
屋外展示物。積雪のため見ることができない (>_<)クヤシイ!

069
サミ族の子供の写真

この地方の生活ぶりがうかがえる。ビデオなどによる紹介もあり、言葉が堪能ならば、理解できたのだろうが・・・。

12:00より、オーロラの映画が12分間上映される。あまりにも美しい。あんなオーロラを見てみたい。残すは今夜と、ロヴァニエミでの2晩のみ。

お土産に、映画と同じオーロラのCD-ROM(15ユーロ)を購入する。パソコンがないと見られないから、お金に余裕ができたらパソコンを買わなければ・・・。

12:30、SIIDAを出てホテルへ戻る。ホテルでビール(0.9ユーロ)とチップスで軽く食事とする。そして夕方まで一休み。

*この旅日記は2004年のものです。

|

« オーロラ紀行 その14(再掲) | トップページ | オーロラ紀行 その16(再掲) »

コメント

遂にオーロラを見ましたね。
何といってもこの色です。素晴らしいです。
よく撮れました。
さあ、あと二晩、楽しみですね。
寒かったでしょう。風邪も引いちゃったのですか。
サウナ体験もされたのですね。


tona様

はい、ついに見ることができました w(^o^)w!
北極圏内をさらに北上して良かったです。
外はものすごく冷え込んでいましたが、とにかくオーロラに、そして撮影することに夢中でした。
「寒い」よりも「痛い」ほどの冷え込みでした。
一息するだけで喉が凍り付きそうなほど?!
サウナもとても良かったですヨォ (^_^)ニコッ!

投稿: tona | 2014年8月14日 (木) 13時52分

こんにちわ
遂に念願が達成されましたね
行かれた甲斐がありましたね
感動されたことでしょう
大空にこんなカーテンみたいなものが
動いているのですね
不気味な感じさえすることでしょう
一生の忘れられない思い出ですね


古都人様

念願が・・・夢が・・・ついに叶いました。
イヴァロの街からさらに北上して、ここまで来た甲斐がありました。
何しろ、オーロラを見るために計画した旅でしたから、見られなかったら・・・帰るに帰れず悔しさだけが残ったでしょう。
それまでは映像でしか見たことがなかったオーロラ・・・、自分自身の目で見ることができた感動・・・いや、それよりもこの美しくも神秘的な光景を写そうと、夢中だったような気がします。

投稿: 古都人 | 2014年8月14日 (木) 15時59分

ついにオーロラに遭遇され本当によかったです。
寒い中をいつまでも待たれて・・・
この記事を拝見し、やはり私は北欧だけでオーロラは
諦めることにしました。
見ることがこんなに大変とは思わなかったです。
よい思い出ができてよかったですね~


matsubara様

ついに、見ることができました!
イヴァロでの3泊、見られなかったので気持ち的には「無理なのかなぁ」と考えていたと思います。
それにしても油断大敵・・・です。煙草を吸いにベッドルームを出て、違う方角の窓を見たら・・・でしたから!
オーロラは天候次第ですから、運も必要でしょうし、確かに大変です。しかしあの神秘的な光の帯・・・一見の価値は十分すぎるほどあります。
諦めるなんて、matsubara様らしくないです。機会あれば、ぜひ訪れてみてください。

投稿: matsubara | 2014年8月14日 (木) 19時25分

良かったですね~
オーロラ、遂に見れたのですね。
折角出かけても見れない方も多いかと思いますのに
観れた事は幸運なのではないでしょうか?
神秘的な光のオーロラ、目にされた時の感動は
凄かったのではと思います。
羨ましいです。
イナリ村の教会、素敵ですね~
クリスチャンでは有りませんが、祈りを捧げたくなります。


すみれ様

フィンランドへやって来て7回目の夜でした。
ついにこの旅の目的であったオーロラを見ることができました。
北極圏を越え数百キロ、イヴァロの街では3泊するもオーロラを見ることはできず、さらに北上しました。
オーロラは天候次第ですから、オーロラ目的で出かけても果たせずに帰ってきた人も多いでしょう!
それを考えれば、本当に幸運だったと思います。
氷点下の星空ならぬオーロラ空の下、無我夢中で撮影していました。

投稿: すみれ | 2014年8月14日 (木) 23時09分

ついに自分の目で見たオーロラ幻想的でしたね。いいなあ。私がかすかに上空から垣間見た紫でした。不思議なものですね。両極に同時に現れるというオーロラのメカニズム。理解不能でしたが神秘は神秘のままででいいですね。


agewisdom様

ドイツの友人宅からフィンランドへ。そしてヘルシンキから夜行列車で北極圏の街へ。さらにバスで北極圏を北上し3泊するもオーロラは見られず・・・。
しかし、ついに見ることができました!
あの感動は忘れられません。
agewisdomさんも飛行機の中から偶然にも見たことがあるのですよね。
その時もきっとすごく感動したことでしょう!

投稿: agewisdom | 2014年8月15日 (金) 13時44分

慕辺未行さん今日は
イナリの街、こじんまりして美しい町ですね
教会も民家も何か心が安らぎます(*^-^)
しかし寒そう・・サウナの貸切ラッキーですね
今夜は北の空が明るく月も星もよく見える・・期待できそう
そして、その空に何か出ている
服装、カメラ準備万端出掛ける・・
オーロラ見られましたね・・ヽ(´▽`)/
良かった・・空からカーテンが下りて来るよう・・
光の龍が舞う・・何と表現したらいいのでしょう
ともかく感動ですね・・・おめでとう・・待った甲斐が有りましたね
誰でもが見れるものではなく素敵な一生の思いでです
良かったハッピー


咲子様

イナリの街、街というより村と呼ぶほうが良いほどのところでした。
しかし湖があり、近くにはこの辺りに住むサミ族の民族博物館も有り、わりと大きなお土産屋もありましたから、シーズン中はかなりの人で賑わうところでは?と思います。
ここまで来て・・・ついにオーロラを見ることができました。
ホテルでは自分の部屋の窓からだけでなく、廊下に出ては違う方角の空を見てみたり・・・
で、慌てて部屋へ戻って準備!です。
外は「寒い」を通り越して「痛い」ほどの冷え込みでしたが、とにかく一枚でも多くの写真を!と思って撮影に挑みました。
撮影しながらも、刻一刻と姿を変えるオーロラに目を奪われていたことは言うまでもありません。
本当に素晴らしい経験でした。

投稿: 咲子 | 2014年8月16日 (土) 18時03分

次の週分のお写真も拝見しました。 出ましたね オーロラ!
自分の目で見た感動が写真でちゃんと伝わるかは、いつも私も
ハラハラです。 でもちゃんと動きもわかる素敵な写真が撮れましたね

テレビのクルーなどが 何日も粘って、オーロラとか動物の生態を撮る、
そんな苦労が少し味わえたのではありませんかー


bella様

ここに来る前に滞在したイヴァロでは3夜とも見られなかったのですが、ここイナリでは2夜続けて見ることができました。
この旅以降ですが、ある旅番組でこの地方を訪れていました。 その番組でもオーロラを見られたのはこのイナリ湖畔でした。
私は間違っても報道関係ではないので、その辺のところは考えたことはありませんが、「来た甲斐があった」「待った甲斐があった」というのは事実です (^_^)ニコッ!

投稿: bella | 2014年8月20日 (水) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーロラ紀行 その14(再掲) | トップページ | オーロラ紀行 その16(再掲) »