« オーロラ紀行 その20(再掲) | トップページ | ”鳥”と”高山植物”の切手 »

2014年8月28日 (木)

オーロラ紀行 その21(再掲)

14:00発のバスで街へ戻り、いったんホテルへ。少し休憩し街を散歩する。デパートなどをうろつく。中心街はそれほど広くないので、すぐに歩き回れてしまう。

132_2
ロヴァニエミ中心街。人はそれほど多くない。

133_2
 巨大な雪だるま。鼻の高さがヨーロッパらしい。

134_2
街で見かけた可愛らしいトナカイ。

135_3
ろうそく橋。ロヴァニエミの象徴。

17:30ごろホテルへ戻り、一眼レフカメラを持ってろうそく橋へ。ライトアップされた橋を撮る。

ホテルへ戻り、レストランで夕食にしようとするのだが、ウェイターがなかなか注文を取りに来ない。「ハロー」と呼んでもなかなか来ない。あまりにもひどかったので、しびれを切らし外へ行くことにした。

19:00ごろ、ピザ屋(HARUNO PIZZA&KEBAB)で、ケパブピザとサラダ、コーラで夕食。6.8ユーロと安くすんだ。肉も野菜もあり、ボリュームたっぷりだ。そして何よりもおいしい。

ホテルへと戻り、しばし休憩してからサウナへ。その後部屋でシャワーを浴びるとすでに21:00。今夜はオーロラが見られるかもしれない最後のチャンス。さて、どうなることやら・・・。

22:00、23:00と外へ出てみるも、夜空に星はほんのわずかしか見えず、霞んでいる様子。どうやらもう、諦めざるを得ない様相だ。

結局、北極圏滞在7日で2日のみだ。しかも、あらかじめ描いていたイメージとはずいぶんかけ離れたもの。せっかくここまで来たのだが、運が今一つ足りなかった、というよりほかない。次のチャンスはそうはないだろう、もしかしたら最後かもしれないので、残念なことこの上ない。

しかし、たとえそうであったとしても、オーロラを見たということに変わりはないし、事実、初めて見た時は本当に感動した。

「運が足りない」なんて考えたら「なんとぜいたくな・・・」と思われるだろう。むしろ、一生のうちで、ここまで来られる時間が取れたことに感謝しなければならない。まして、1週間も滞在できたのだから。

このことは、他の多くの人々に比べれば「運がいい」のだ。オーロラを見られたのだから「本当に運がいい」のだ。

明日は犬ぞりが待っている。どんな感じなのだろうか?思い切り楽しみたい!

ロヴァニエミ、シティ・ホテルにて

*この旅日記は2004年のものです。

|

« オーロラ紀行 その20(再掲) | トップページ | ”鳥”と”高山植物”の切手 »

コメント

慕辺未行さん今日は
翌日もオーロラ見る事が出来ラッキーでしたね
慕辺未行さんの想像と私の思いと同じかも・・・しかし自然は
そう甘くない、その時の自然の状況で又は場所で
オーロラの出方は色々変わるでしょう・・・
それでも実際のオーロラを見る事が出来た事が私は
最高だと思います・・・そしてサンタクロース村
入口可愛い・・そしてサンタさんに合えて良かったですね
クリスマスカードも予約していい思い出に・・・
お土産にオルゴールそしてお母様へも・・喜ばれたでしょう
郵便局の可愛らしいサンタさん、さすがだな・・・
そしてライトアップの、ろうそく橋美しいですね
そして最後のロヴァ二エミの街、意外とこじんまりした街で
すね・・サンタクロース村が有るので
もっと賑わって華やかな街かと思っていました


咲子様

北極圏内をさらに北上して良かったです。
おかげで再びオーロラを見ることができ、本当にラッキーでした。
その時その時によってオーロラは姿を変えますから、二度と同じ姿を見ることはできない不思議な現象!
それでもこの肉眼で見られたこと、一生の思い出です。
サンタクロース村は、クリスマスが近くなるとNHKなどニュース番組内でも取り上げられることがありますから、TVで目にする機会があると思います。
子供たちにとっては、サンタクロースとの出会いは何よりの宝物になる、そんな夢のある場所です。
サンタクロースからの手紙、自分あてに届いたものを見ると、内容は完全に子供向け!でも、とても素敵な内容でした。
ロヴァニエミの街とサンタクロース村はやや離れていて、街はご覧の通りでした。
もっとも、寒くてあまり外へは出たくないほどでしたが・・・。

投稿: 咲子 | 2014年8月28日 (木) 14時39分

百聞は一見に如かずで2日もオーロラを見られて良かったです。
サンタクロース村は雪があってとてもよく雰囲気が出ていますね。
ふふふ、サンタさんの鼻が高い!そして目も青いですね。白人サンタさんです。
サンタさんとの思い出もできましたね。
殆どの人が体験できないので貴重です。
そして犬ぞり、わくわくしますね。


tona様

イヴァロの街で3夜とも見られなかったので、ここへ来て2夜続けて見られて本当にラッキーでした。
これで目的が達成でき、一安心です。
サンタクロース村、クリスマスが近づくとTVでも紹介される機会があると思います。
子供たちは、ある年齢になると「サンタクロースなんて、本当はいないんだ」と思うようになりますが、ここには本当にいます。
子供たちにはいつまでも信じさせてあげたいですね。
次は犬ぞり。どんなアドベンチャーになったことやら・・・。

投稿: tona | 2014年8月28日 (木) 19時19分

それにしてもすごいおひげのサンタさんでしたね。
重そうな・・・威厳のある・・・
サンタさんは、多言語を話せる人でないと務まりませんね。
ただヒゲだけでは・・・

2度も見られたのですから一週間滞在されていた
価値がありましたね。


matsubara様

いかにも「サンタクロース」という風貌に立派な髭!
見た瞬間にサンタクロースのオーラが・・・!っていうぐらい、サンタクロースそのものでした。
以前、NHKのニュースの中で、このサンタクロース村から中継があり、その際もこのサンタクロースが映っていました。
オーロラ、2度も見られて本当にラッキーでした。
はるばる北極圏をバスで超えて行った甲斐がありました。

投稿: matsubara | 2014年8月29日 (金) 12時03分

こんにちわ
お久し振りです 京都市内ですが転宅しまして
転宅の大変さを思い知りましたが漸くその煩雑さからも
解放されてほっとしているところです
そうですね 遠くまで出掛けられもっと見たいと言うお気持ち
良く判りますが2回もご覧になったのですから
ラッキーと言えると思いますよ
一生の感動の思い出になったことでしょう
私はテレビなどでしか見たことはありませんが
不気味な神秘的な印象を持ちました
それの本物をご覧になったのですから
申し分なしと言えますね
遡って拝見しました 50回目の「世界の絵葉書」
シリーズ おめでとうございます よくぞ50回も
続きましたね 慕辺未行さんの国際的なお付き合いの
広さを感じます
未だ未だあるのでしょう 楽しみにしています


古都人様

少しの間、ご無沙汰でした。
もしかしたら海外旅行へ・・・と思っていたのですが、お引越しでしたか?!
荷物をまとめたり収納したり何かと大変でしたでしょう!お疲れ様でした。

北極圏を超えイヴァロの街で3泊するもオーロラは現れず、さらに3~40km北上したイナリの街で2夜続けて見ることができました。
たとえ1夜だけでも見られたことがすごく嬉しかったのですが、再び見られたときはもう「ラッキー」としか言いようがありませんでした。
本当に大満足でした。

日曜日のブログ記事もご覧いただき、ありがとうございます。
しかし、そろそろこの『世界の絵葉書』も終わりそうです。
近年、海外から絵葉書が届くことがなく、そろそろ底をつきますので!

投稿: 古都人 | 2014年8月29日 (金) 17時06分

北国に真冬に行く、何て素晴らしいことでしょう。
サンタクロース村までお出かけで、本当に幸せでしたね。
いつもお写真出されているのに、サンタさんと一緒のは恥ずかしい
ですかー 拝見したかったですよ(^O^)
オーロラもご一緒に拝見させていただいて こちらもラッキーでした!


bella様

若いころ、冬の北海道を好んで旅していました。
冬が厳しいところへあえて真冬に旅するからこそ、その土地の真の姿が見えてくるような気がします。
サンタクロースとの写真、外ではダウンジャケットのフードを被っていたので、髪がぺちゃんこで・・・ちょっと恥ずかしくて (^_^;;
bellaさんはオーロラは?ご覧になったことは?

投稿: bella | 2014年8月30日 (土) 20時59分

サンタクロース村、何だか夢が有りますね。
サンタクロースオフイスは、可愛いです。
日本語も話せるサンタさんなのですね。
記念写真は高いなぁ~と思いましたが、お会いしたら
やはり撮りたくなるでしょうね。
サンタさんのお髭は自前でしょうか?凄いです。

オーロラを二回もご覧に成れ、幸運な旅だと思います。
見れなくとも1週間も滞在できるご旅行へ
お出かけ出来る慕辺未行さんは幸運だと思います。


すみれ様

サンタクロース村は子供たちにとってはもちろん、私のような大人でも”夢”のあるところでした。
日本から訪れる人も多いでしょうから、さすがに「こんにちは」はご存知でした (^_^)ニコッ!
記念写真・・・さすがにここで断る勇気はありませんでした。
自前のカメラでは一切撮影できませんので、お高くても記念写真撮っておかねば!です。
長~いお髭・・・自前かな?考えたこともありませんでした。
イヴァロの街で3夜見られなかったときは、「見られないまま帰ることになるかな?」と不安でしたが、イナリの街で2夜続けて見ることができて、本当に良かったです。
休暇は、最大限まで溜まった有給休暇を消化すべく、当時の上司に「有給消化は社員の権利だ」とばかりに噛みつき、強引に取って出かけました。

投稿: すみれ | 2014年8月31日 (日) 00時03分

サンタクロース村、なつかしかったです。
北極圏のラインをまたいで写真を撮ったことを思い出しました。

サンタクロース村から送る手紙を前もって用意されるなんてさすがですね。
私なんてそんなこと思いつきもしませんでしたから。

オーロラが2回もご覧になれて思い出深い旅になりましたね。


みーこ様

みーこさんもサンタクロース村、訪れたことがおありなのですね (^_^)ニコッ!
>北極圏のラインをまたいで写真を・・・
分かる分かる (^_^)!それ、やりたくなりますよネ!
ヘルシンキで友達に絵葉書を書いていたのですが、やはりここから投函しようと思いました。
切手や消印を見て、きっと喜ばれるだろうと!
そしてサンタクロースからの手紙も!その年のクリスマスのころ、届きましたヨ!
オーロラにサンタクロース・・・とてもファンタスティックな旅になりました。

投稿: みーこ | 2014年8月31日 (日) 08時19分

m(_ _)m お久しぶりです~。
PCよりタブレットのほうが繋がりやすいせいで、
農園ゲーム2種類にはまっています。
(猫のほうはちょっと飽きてきましたが)

本日より石川に滞在。
なのでPCにもちょこちょこ復帰です ^-^
貯まっていた慕辺未行さんの記事をまとめ読みさせて頂きます


MOCHA様

長野滞在時はPCが繋がり難いようですね。
MOCHAさんのブログ更新時で、どちらにいるのか少しは分かるようになりましたヨ (^_^)ニコッ!
私のブログ、トップページを下へ下へとスクロールするだけで済むようあえて古い順に並べています。
今から10年も昔の旅ですが、どうぞ楽しんでくださいませ!

投稿: MOCHA | 2014年8月31日 (日) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーロラ紀行 その20(再掲) | トップページ | ”鳥”と”高山植物”の切手 »