« Leverkusen へ(再掲) | トップページ | お別れ(再掲) »

2014年7月 9日 (水)

最後の夜(再掲)

いったんアンジュラの実家 house へ行き、レックス dog の散歩。今回レックスとは何度もこうして散歩し、すっかり私にも懐いてくれた happy02 。そしてアンジュラのご両親にも、お礼 confident を言い別れ weep を告げる。お二人とも80歳以上のご高齢だが、来るたびにいつもコーヒー cafe 、時にはビール beer をご馳走していただいた。本当に嬉しかった happy01

そして帰宅し夕食 restaurant 。スペイン風のパンにオリーブオイルをつけて食べる。オリーブオイルといっても、種類が色々あるのかな?エルマーはこうして食べるのが大好きだそうだ coldsweats02ヘェーッ 。そして赤ワイン wine 。BGMに先ほど買ってきた die PRINZEN のCD cd をかける。「chronisch pleite 」、直訳すると、「慢性的に破産=いつもお金がない」という意味だ scissors 。歌詞の内容は、決してネガティブではなく、むしろ楽観的だ good 。歌詞カードを見ながら歌ってみると、アンジュラとエルマーにバカ受け smile sign03

♪ Ich bin chronisch pleite♪ notes と歌うと、エルマーが、♪pleite♪ notes と実際の歌同様に間の手を入れる happy01 。アンジュラはもう大笑い happy01 sign03 私が「これは僕のテーマソング notes だよ」と言うと、「私たちのテーマソングよ」とアンジュラも笑いながら話す wink 。そしてCD cd のタイトル「MONARCHIE IN GERMANY」の MONARCHIE の意味が分からずにいると、エルマーが「Kaiser (カイザー)」と教えてくれた。が、私は「Kaiser ?・・・wobbly 」。すると「dsching ,Beckenbauer!(ベッケンバウアー) wink 」・・・、なるほど flair 、「皇帝」という意味か happy01 sign03 ベッケンバウアーと言えば、ドイツサッカー界 soccer で、かつて「皇帝」と呼ばれたほどの名選手。知らないわけがない wink

私は、できるだけドイツ語を覚えたいと思い think 、食事の時にも常に辞書を持って来ていた。彼らは気を使って英語でも話してくれるのだが、ドイツ語で話した後、ときどき私が辞書を使って調べよう book とすると、このように分かりやすいヒントで教えてくれたりする happy01

せっかくサッカーの話題が出たので、私が「今、日本でいちばん有名なドイツ人は誰だかわかるかい? catface 」と尋ねると、彼らは「誰だろう? wobbly 」と考えたものの、答えは出ない。「オリバー・カーンだよ」と言うと、彼らは「あ~ flair sign03coldsweats01 と言いながら納得 thinkフムフム の笑顔 happy01 。そう、2002年サッカー soccer ・ワールドカップ日韓大会で、キャプテンとしてドイツチームを準優勝に導き、自らもMVPを獲得したゴールキーパーのオリバー・カーンである good 。この大会以降、色々なTVコマーシャルで彼の姿をよく見たものだ。するとエルマーが「もしかしたらカーンは、日本でプレーする可能性もあるんじゃないか?」と話し始めた coldsweats02エッsign02 。理由は「スキャンダルもあったし、年齢的にもバイエルン・ミュンヘン(ドイツのプロサッカーチーム)では出場の機会が少なくなる」からだそうだ。「ヨーロッパの他のチームに移籍したとしても、スキャンダルの噂は聞こえてくるだろう。しかし日本ならば、言われないだろうからね」とも付け加えた confidentナットク 。もし実現すれば、日本のJリーグが大いに盛り上がること間違いないだろう。私としても、楽しみである confident

この夜 night が最後とあって、話は尽きない。12:00近くまでずっと話をしていた。そして、彼らは私にお土産、プレゼント present まで用意していてくれた happy01 。先日、エルマーと一緒に本屋で見た Bergischland の写真集、そして Karneval の音楽CD。どちらも欲しいな、買おうかどうしようかと迷っていたものだった(が、買わなかった)だけに、とても嬉しい happy02 sign03 カーニバルの時に借りて行った海賊キャップのようなバンダナも欲しかったけど、それじゃエルマーが困るだろうし。それにしても、本当にたくさんの想い出ができた confident

010
エルマー・アンジュラの自宅です。屋根裏部屋を含めると3階建て・・・?

016
実は、裏から見ると、半地下構造です。つまり4階建て!

019
借りていたゲストルームは、一番下にあります。素敵な部屋でした。

020
ベッドはもちろん、テーブルにキッチンまでありました。冷蔵庫もありましたよ!

021
シャワーです。お風呂ではないところが日本との違い・・・!

022
シャワーの隣には、このトイレ。便座カバーがとってもおしゃれ!

*この旅日記は2004年のものです。

|

« Leverkusen へ(再掲) | トップページ | お別れ(再掲) »