« 世界の絵葉書 その49 エヴェレスト | トップページ | 最後の夜(再掲) »

2014年7月 8日 (火)

Leverkusen へ(再掲)

13:00過ぎ、エルマーたちも仕事より帰宅して、ご両親宅で昼食 restaurant 。先ほどビールを飲んだばかりで、あまり食べられない wobbly 。この日の昼食は、豆と肉が入ったシチューとパン、ビール beer

15:00ごろよりエルマーとドライブ car に出かける。Wipperfürth (ヴィッパーフュルト)から Kürten (キュルテン)、そして Leverkusen (リーバークーゼン)へ。この辺りを Bergischland (バーギッシュラント)という。なだらかな牧草地が続く。街・牧草地・街・・・のくりかえし。

Leverkusen は工業都市。ここには日本庭園もあるそうで、訪れてみる。が、到着したのは17:20。すでに閉まっていて、外から見るだけとなった despair 。神社とお寺が合体・融合したような感じだ。エルマーに「狛犬」「鯉」「しだれ柳」など、日本語で教える。そして、夏の生暖かい夜、柳の木の下に幽霊が出ると言われる怪談話をジェスチャーしながら教えた。

*2006年サッカー・ワールドカップ・ドイツ大会で、大会前、日本代表チームがドイツ代表チームと親善試合を行ったのが、この Leverkusen の街です。

105
日本庭園の案内板。夏ならばもっと遅くまで開いているようです。

106
庭園入り口。目の前には鳥居、橋の下には鯉が泳いでいました。

107入口には鳥居があったのですが、中は金閣寺や銀閣寺を思わせる建物が!

108
全体は、こんな感じになっています。

109
庭園の周囲には水仙が咲いていました。

110
さらに、梅の花も・・・!

日本庭園から商店街へ行き、ウインドーショッピングを楽しむ。SATURN があったので店の中へ入って見る。エルマーはパソコンコーナーで色々なパソコンを見ている。値段を見ると、日本よりやや高いように感じた think 。そしてCDショップへ。先日見つけられなかった die PRINZEN (ディー・プリンツェン)のCD cd を探すと、「chronisch pleite  note (クローニッシュ・プライテ)」が入っているCD「MONARCHIE IN GERMANY」(17.99ユーロ)をついに見つけた happy01 。エルマーにこのCDを見せ、「この曲が好きなんだよ wink 」と話すと、「どうしてこのCDを探していたか、よく分ったよ。これは俺も好きな曲だよ good 」とエルマーも嬉しそうに話していた。さらに、Yvonne のスター伝説というCDを11.99ユーロで。合計30ユーロ。

18:30ごろ、Leverkusen を出て帰宅する。19:00だ。

*この旅日記は2004年のものです。

|

« 世界の絵葉書 その49 エヴェレスト | トップページ | 最後の夜(再掲) »