« 2002 ドイツ・スイスの旅 その42(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その43(再掲) »

2014年6月 1日 (日)

母のこと、PCのこと、そして・・・

皆さま、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

毎々私の拙いブログへ訪問いただき、誠にありがとうございます。

一昨年の暮れからデーサービスに通うようになった母、少しでも症状が改善されるかと期待していたのですが、認知症は進むことはあっても改善されることはないようです。
今では粗相することもあり、ついにリハビリパンツ(ようは”紙おむつ”)を使うようになる始末!まだ82才なのに・・・(-_-)ウーン...(。_。)!

こんな母ですから休みの日にどこかへ連れて行くのもままならず、かといって一人で留守番させるのは短時間ならまだしても2時間いや3時間以上はとても無理!
ですから、もうとても遠出はできません (>_<)!

ただでさえ母のことでイライラさせられストレスがたまる日々、その上出かけることさえままならない私は、それこそ破壊しそうです。
そんな日々の中、交流があるプロ友様のブログへの訪問、そしてこのブログへ訪問して下さったプロ友様方々からのコメント、とても楽しくもあり嬉しくて少しでも心安らぐ時間です。

しかしこの安らぐ時間も、PCがそろそろ壊れそうで・・・失うことになってしまうかもしれません。
先日から起動にやたら時間がかかるし、ネットにつながらなかったり、何度もフリーズしたり・・・。
今もなにやら♪トゥン・・トゥン♪という変な音がスクロールやクリックする度に鳴るし・・・。

とりあえず『古い旅日記』の再掲載記事は、今の”2002 ドイツ・スイスの旅”の後の”2004 プチホームスティ・・”はすべて予約投稿済みです。
次の”2004 フィンランド・オーロラ紀行”もすべて予約投稿し終えました。
もしこのPCが使用不能になったとしても、9月半ばまで毎週火・水・木曜日はこれらの記事が投稿されます。
そしてコメントも今まで同様、木曜日の記事にて受付設定してあります。

本当に私のPCが壊れてしまったなら・・・しばらくネット生活から離れざるを得ません。
幸いにも壊れなかったり、壊れたとしてもいつか再び復活できた時は、ぜひともよろしくお願いいたします。
と、言いつつまだ半年や1年使えたりするかも・・・?

では、この日の日記が最後にならぬよう祈って・・・m(u_u)mオネガイ!

Cimg5008
写真は先週掲載した王子バラ園の様子です。

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その42(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その43(再掲) »

コメント

 こんにちわ
おかあさまの事少しは解るつもりです
100才まで生きると頑張っていた亡母は結局97才で亡くなりましたが、似たような調子でした
幸い我が家は私一人では無く私の負担が一番大きかったとは言え、精神的な負担は少なくすみました
慕辺未行さんのご苦労は計り知れないと思っています
偶に出かけられて花等の写真を紹介されていますが
好い時間を持たれて好かったと思っています
お身内の手が借りられないものかとも思いますが
其々に事情が有るのでしょうね
誰もが歳を重ねて精神的にも肉体的にも老いて行きます
出来れば迷惑を掛けない様にと願っていますが

 PCの調子が好くないのですね
古い旅日記は毎回興味深く拝見しています
私には未知の国で有ったり場所であったり
地図を見ながらワクワクして拝見していることもあります
何とか使用不能に陥らない様に願います
 戴くコメントも毎回嬉しく拝見していますが
パソコンの事を考えると使用時間を少なくされるのも好いのでは無いかとも思います
そうですね
この日の日記が最後にならない様に念願して・・


古都人様

我が母親は、まだ82才。で、この体たらく!
信じられないほどです。
9年前、ドイツへと旅したころの面影は全くありません。
いっそ「見捨てることができたら・・・」と何度思ったことか分かりません。
しかしそれができるのなら、苦労はしないですよね。
私には兄と姉が2人います。が、誰も面倒見るどころか手助けしようとさえしません。
それぞれの生活事情もありますし、それに現実をごくたまにしか見ていないので、私の精神的な疲労までは理解してもらえません。
PC、何とか今日も使うことができました。
とはいっても、この日何度フリーズしたことか (^_^;;?!
毎日PCの電源を入れる度にドキドキものです!
一昨年、3週間入院したこのPC、そろそろダメになっても不思議はないのですが、いつまで使えるかな?
こう心配しつつ、まだ1年以上使えたりして・・・?!

投稿: 古都人 | 2014年6月 1日 (日) 14時54分

こんばんは。
わたしには介護の経験がないものですから、安易に慰めや励ましの言葉をかけることを、敢て控えさせていただいてきました。(ニコタのブログも拝見しています。)
それでも、近い将来に自分の身にも起こりうることと認識して、慕辺未行さんの経験にきちんと耳を傾けてきたつもりです。
こちらのブログを拝読するにつけ、世界中で「俺の旅」をなさってきた自由さを失っていることが、どれほどお辛いか、わたしの想像をはるかに超えていることでしょう。
PCは消耗品ですから必ずいつか壊れます。わたしなどショートさせてしまって、ある日忽然と姿を消したことがありますよ(*ノv`) 慕辺未行さんのPCが長持ちしますように祈っていますね。
それから、毎日伝言板に残る一言を、わたしもとても楽しんでいますよ。季節の移り変わり、花の咲き始め、とても興味深いです。PCなだめすかしながら、またいらしてくださいね。


hare様

お気遣い、ありがとうございます。
高齢化社会の中で私以上にお年を召した方の”老々介護”が問題になっています。
私のプロ友さんで100歳近い母親を介護していた70代の方もいます。
その方に比べれば、まだまだ「甘い」と言われるでしょう!
しかしやはり私にとって”出かけられない”のは、本当に苦痛です。
高校生のころアルバイトをしながら京都を旅したり、学生時代・社会人になってからも常に旅していました。
そう、母がボケる前までは!
しかしこれも、これまでの人生”好き勝手”やってきた報いでしょう。兄や姉たちに比べればどれほど自由気ままに過ごしてきたことか?!
今は近所に咲いている花や、ブログとニコタでの交流が私にとって一番の気分転換です。
このPC、今日も何度かフリーズし、その度に「ついに終わりか・・・?」と思ったりしましたが、再起動や強制終了などで何とか再び動いてくれています。
とにかく動く限りは、楽しみたいと思います (^_^)ニコッ!

投稿: hare | 2014年6月 1日 (日) 19時26分

母も家にいるときは同じでした。デイサービスも行きたがらなかったんですが、ヘルパーさんのお勧めで予約したんですが突如食べなくなって入院それからリハビリ病棟、老健センター特養、、入院、呼吸器センター、病院そして再びリハビリ病棟2年間に移動しました。もう家では見られる状態ではありませんが99歳5カ月、100までいきそう。生きることも大変です。私はもう少し自分が自分でいられるうちに人生を終えたいです。
私のデスクトップはもう寿命なんですが、色々な事情から買えない娘にラップトップを拉致されています。一人っ子で我がままに育った娘ですが今ものすごく大変な思いをしていますので、まあいいかと使わせています。中古で安いのが出ているという話もありますので考え中です。なんとか使えるといいですね。


agewisdom様

やはり皆同じでしょうか?見るほうも見られるほうも?!
私の母もデイサービスに通い始めたころは、行きたがらない日もありました。
しかし、仲良くなった友達ができたのか、楽しそうに出かけるようになったのですが、ここへきてまた休みたがるようになりました。
理由は言わずもがな・・・でしょう。
まさかデイサービスで粗相しては・・・?!しかも2回も!
それでも無理にでも行かせています。
私のこのPC、もうそろそろ6年半。2年前に3週間ほど修理に出していました。
そろそろ寿命が来ても不思議ではありません。
毎日電源を入れる度に「大丈夫かな?」と心配しています。
何とか今日も無事でした。
少しでも長持ちしてくれることを願うばかりです。

投稿: agewisdom | 2014年6月 1日 (日) 22時22分

本当によく頑張っておられます。 わずかな時間でも自由に
なれたら 貴重なホッとする時間になりますね。
フィンランド紀行も出されているのですか~  9月までとは驚きです!
毎週、毎週 苦しみながら出している私と 雲泥の差です!
日頃の行いの良さの違いでしょう happy01
PCは 私は3台、並行して使っています(それぞれ役目があって!)
新しいのと併用するご予定はないですか・・
とにかく 今のPCが長持ちしますように!!


bella様

これも4人姉兄弟の末っ子として好き勝手にわがままに生きてきた報いでしょう!
今の精神的苦労を言っても誰も理解できません。
身近でこの母の面倒を毎日見なければ到底理解できるはずもありませんから!
そんな日々の中、身近に咲いている花や短時間で往復できるところへ花を見に行った時は、私には最高の”癒し”のひと時です。
このPCも「いつ壊れるか?」と戦々恐々としながらも、今日もなんとか動いてくれました。
と言っても決して『正常』とは言えず、何度も再起動や強制終了などしましたが・・・。
とりあえず、2004年の『オーロラ紀行』までは再掲載の予約投稿が無事に完了!
2005年の母とのドイツ旅行は、予約投稿途中でPCが壊れそうなので・・・状況を見ながら判断します。

投稿: bella | 2014年6月 1日 (日) 22時33分

お母様のこと、いつも案じていました。というより慕辺未行さまの心痛のことなのですが。
認知症のこと、身内にはいませんでしたが、いろいろな人のことを今までたくさん聞いて、家族の悲劇に同情したりしました。自分に経験がないので、自分だったら先に倒れちゃうなと友人の奮闘にもただただお気の毒にと思うばかりでした。
本当にお一人で大変ですね。
それにパソコンのこともひやひや状態ですね。
どちらも何もお助けできないのが悲しいです。
いろいろな人の力を借りられればと願います。
お話を伺うにつけても、この問題はもう私自身のことになりました。自分がそうなったらと思うと恐ろしくて。自分はわからないですが家族がね。予防できるならどんなことをしてもそうならならないようにしたいです。でも頭の中が病で壊れちゃったらだめなのですね。
慕辺未行さま、頑張ってくださいね。


tona様

すぐ近くに姉がいるのですが、年に数回しか顔を出しません。
母が今、デーサービスに通っていることを知りながら、ほとんど気にかけることなく私に任せっぱなしで、私自身もう姉には何の期待も相談もする気もなくなりました。
先月”母の日”にカーネーションを持ってきた折にも言ったのですが、あまりに簡単に返事するので「今の母の現状も私のストレスも、全然解っていない」と思わざるを得ませんでした。
これまでにも幾度か「もう家を出よう、母を見捨てよう」としたことか?!
このままでは私自身も『路頭に迷う』羽目になりますから!
そう思いながら、思い切れない私です。

投稿: tona | 2014年6月 2日 (月) 06時32分

前から心配していたことがいよいよ現実化の恐れありということですか。
お母様の事は、施設に入れてあなたのストレスがたまらないようにすべきですね。
負担金はお兄さんお姉さんに要求するのです。
そういうケースは、一般によく見聞きします。遠慮しないで・・・

パソコンはノートは早く壊れると聞いています。デスクトップを使う
友人は10年以上大丈夫みたいです。
そういう私もノートパソコンですが・・・


matsubara様

世間の平均的な82才って、どんなふうなのでしょうね?!
人それぞれ生活環境によって違うでしょうが、10年前でしたら想像できない姿です。
施設に入所できればベストなのですが、”要介護1”では入所できません。
もっともっとご年配でこれ以上の介護が必要なお年寄りが、施設に入所するのに『予約待ち』しているのが現状です。
ケアマネージャーさんも、母のこと以上に私のストレスを心配しています。

私のこのPC、2年前に修理に出したこともありますから、そろそろダメになっても何ら不思議はありません。
何とか使える間は、気分転換ができそうです。

投稿: matsubara | 2014年6月 2日 (月) 09時12分

こんにちは。いろいろ大変ですね。
どうして末っ子の慕辺未行さんがお家に残って
お母さまの面倒をみることになったのか、
経緯は存じませんが・・・

きっとお母さま、まだ傍目にはお元気そうに見えて、
お兄様お姉さま方も、弟が同居しているので…と、
安心して任せていらっしゃるのでしょうね。

でも、まず、現状打開は必須ですよね・・・・
いっそ、慕辺未行さんご自身が、お兄さまたちに思いきり心配をかける不良弟になってみては・・・
もっと、振り向いて窮状を理解してもらわなくては・・・って気がします。

PCは去年の夏も悲鳴をあげていましたね。
ネットは、どんなに心で繋がっていても、アクセス手段が絶たれれば泡沫(うたかた)の…儚い世界です。
これまでにも幾度となく、辛いお別れを経験しました。
慕辺未行さんはどうかそうなりませんように・・・・


はづ希様

私の姉・兄は、私が高校生のころにみんな結婚し独立してしまったのです。
私もその後、二十歳のころに北海道へと夢を追いかけて出て行ったのですが、父が難病に罹り唯一独身の私は呼び戻され、以来親の面倒を見ることになりました。
母の現状はある程度は知っていても、実際に一緒にいないから理解されません (>_<)!
先月の『母の日』に訪れた姉に一言言ったら「じゃぁ私が面倒みよか?」と間髪入れずに答えられ・・・
「こんなに簡単に答えられるほどのことではないのに・・・!」と、むしろ「頼めない」と感じました。

昨年の夏も「もうダメかも?」というころがありましたね。
しかし、何とか1年持ちました。
今回も使う度に一度はフリーズするし、変な音はするし・・・。
それでももう少し頑張ってくれるかなぁ・・・?!

*rai*さんも先日、こちらのブログへと遊びに来てくれました。『つつじの花・・』にコメントしてくれました (^_^)ニコッ!

投稿: はづ希 | 2014年6月 3日 (火) 13時06分

慕辺未行さん   こんばんは
本当に良く介護されておいでですね。
高齢の母と重ね合せて拝見しています。
一人暮らしの母は、殆ど毎日デーサービスに出かけ
時には宿泊のお世話にも成っていましたが
転んで腰の手術を受けました。
それから一人暮らしは無理に成り、現在は老人養護施設に
お世話に成っています。
私しか居ず、遠くにおり電話の度に
何か不都合でもとビクビクしています。
旅行に出かけたくと計画がたて難く諦めています。
慕辺未行さんの大変さは、少しは理解出来るかと思います。
PC、ご心配ですね。
旅日記、毎回楽しみに拝見しています。
ご自宅で居ながらの愉しみ、安らぎのひと時が
長く続きますように願っています。


すみれ様

今の母の状態では、とても一人で長時間留守番させることはできません。
あれほどボケて粗相するのに、まだ「自分はできる」と思うのか、何かとやろうとします。
そしていつも間違ったことをして私を慌てさせたり、手間ばかり増えます。
いっそ、介護施設に入ることができるなら・・・と思います。
が現状の『要介護1』レベルではそれもできず・・!
今では、母の顔を見るだけでイライラするほどです。
PC、ついに壊れました。
が、幸いにも・・・!
明日のブログで詳しい経緯を紹介します。

投稿: すみれ | 2014年6月 4日 (水) 23時15分

慕辺未行さん今日は
遅くなって済みません・・・お母様の病気の事で
慕辺未行さん大変ですね。それでも読んでいるとお母様に
良くして差し上げておられると思います
私の両親はもう他界してずいぶん経ちますが私も一人っ子
で大変でした・・父は更に高齢で何も出来ず私一人で
何もかも之も大変です。慕辺未行さんのイライラ少しですが
解ります・・誰かお身内に相談できる方がおられれば
少しでも心が軽くなるのですが何でも一人でするのは
心も体も重く疲れますね
以前お母様とお花を見に行ってられた事私も覚えています
良い事をして置かれましたね・・今のお母様には解らない
かも知れませんが慕辺未行さんの胸の中では
之からも温かい思い出に生ると思います
出来る事なら少しでも優しい気持ちで接して上げて下さいね
生きてる限り誰もが行く道です
私からのお願いです
PCの事は復活を読みました・・・
良かったですね私も嬉しいです


咲子様

大変というより、毎日『腹が立つ』ことばかりです。
できることならいっそ見捨ててしまいたいほどです。
こうなるきっかけを作ったのも母なのですから。
書くとあまりに長くなりますから・・・とにかくある時以来、私と母との関係は完全に崩れました。
私自身「親子の縁を切っても全然かまわない」と思うほどです。
今、母の面倒を見ているのは仕方なくでもあり、自分のためでもあります。
自分が食べたり着替えをするために料理を作ったり洗濯をするのです。
決して母のためにだなんて思っていません。
お言葉ですが、今の私には母に対してやさしい気持ちになれることはとてもありません。
家事すべてをしていても、ただの一言も感謝されたことはありません!
自分の都合の時だけ媚を売るように声かけるのです。

ごめんなさい・・・ちょっと書きすぎたかも・・・!
でもこれが今の私の現実であり本音なのです。

投稿: 咲子 | 2014年6月 9日 (月) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その42(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その43(再掲) »