« 2002 ドイツ・スイスの旅 その39(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その40(再掲) »

2014年5月25日 (日)

ちょっと息抜き、王子バラ園へ

皆さま、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

ここ数日、暑いほどの陽気が続いています。いかがお過ごしでしょうか?
このところ『爆発寸前』までストレスがたまっている私ですが、ブログや”ニコッとタウン”での交流で辛うじて気分を変え、何とか自分をコントロールしています。

そんな折、毎年この季節に訪れる春日井市の王子バラ園が「ちょうど見ごろ」との情報を頂きました。我が家から高速を利用すれば30分もかからないので、ちょっと息抜きに行ってきました。

今年も可憐で美しいバラの花がいっぱいです。そして口コミで広まっているのか年々訪れる人も増えています。

では、私のお気に入りのバラの花、ご覧ください。

Cimg4999
濃淡の違うピンクが重なり合って、まるでブーケのように咲いています。

Cimg5020
クリーム色に濃いピンク、清純なイメージです。

Cimg5057
これは昨年も見たピエール・ド・ロンサールでしょうか?

Cimg5055
1本の木に2色のバラが咲いています。

Cimg5059
2本の木に見えますが根元はくっついています。ここには3種類のバラが咲いています。

Cimg5060
上の木に咲いているバラ。清楚ですね。

Cimg5061_2
こちらも同じ木に咲いています。絞りのような模様が綺麗です。

Cimg5062
そしてこれも同じ木に咲いています。

今はどのバラも”一番花”で、これらが終わると”二番花”が咲き始めるそうです。「二番花は6月10日ごろからでは?」と、お世話されている方が仰っていました。
また、秋のバラは香りも良く長く咲くと、そちらもお勧めと教えてくださいました。

この王子バラ園、愛知県春日井市にある『王子製紙春日井工場』の福利厚生の一環として、敷地内に作り始めたそうですが、少しずつ規模が大きくなり今では知る人ぞ知るバラ園になりました。そして嬉しいことに、入園料も駐車場も無料なのです!
このような企業の姿勢に拍手を送りたいと思います。

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その39(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その40(再掲) »

コメント

薔薇はさすがに豪華ですね。
なぜ一つの木に違う花が咲くのかしら?我が家のミニ薔薇さえ赤とピンクが咲きます。しかもピンクはある年突如出現です。
私は花を見に行く暇はないなあ。


agewisdom様

1時間ほどでしたが私にはすっかり”心のオアシス”でした。
バラはやはり豪華ですよね。香りも良いし!
一つの木に違う色の花・・・、接ぎ木したそうです。
最初の木は上で4つに枝分かれしていました。
人間の手に依らなくても植物自身で交配して、このようなことが起こるのかも?と思います。
私もできる限り、花を見に行きたいのですが、母がとうとう粗相するようになり、もうとても連れて出かけたり一人で留守番させられない状況になりました (。_。)!

投稿: agewisdom | 2014年5月25日 (日) 21時50分

こんばんは。
バラ園へ行かれたとのことでしたので、アップを心待ちにしていました。
どのバラもきれいに咲いていますね。お天気も良くて気持ちのいい休日を過ごされたようで良かったです。
バラは色も姿も様々でいて、どれもどれも気品があって愛らしく見て歩くと飽きませんね。
こちらには近くにバラ園がないので、専ら花屋さんのバラを鑑賞しています。駐車場も入店料も無料です( ´艸`)
いつもいつも、一足お先の季節をおすそ分けして頂いてありがとうございました。


hare様

ここに紹介したバラはほんの少しだけで、たくさんのバラの花が咲き誇っていました。
このバラ園、プロ友さんから教えていただいて以来、毎年訪れるようになりました。
色んな品種のバラが咲いています。
例えば”プリンセス・モナコ”や”ハイネス・雅”、”金閣””ブルーシャトー”・・・etc!
それぞれ気品があり美しく、心から笑顔になれます。
hareさんがお住まいの地域にバラ園はないのですか?
でもお花屋さんのバラで楽しんでいるみたいですね (^_^)ニコッ!
次はどの花を見に行けるかな?

投稿: hare | 2014年5月25日 (日) 22時08分

お早うございます
何かとお忙しい中 良い時間が取れて良かったですね
短時間でもこの様な時間が大切です
美しいバラの花に見入っています
バラは素敵ですね 見飽きませんね
只今 バラの季節ですね
企業も凄く努力されているのですね


古都人様

行って帰って来るまでほんの2時間ほどで済みますから (^_^)ニコッ!
現地での滞在は1時間ほどでしたが、それでも十分に堪能でき良い気分転換ができました。
やっぱりきれいな花は、見ているだけで心慰めてくれます。
一瞬でも日常を忘れて笑顔になることができます。
在原業平は桜の花の歌を詠みましたが、桜に限らずすべての花に業平の歌の心境になる日々です。

投稿: 古都人 | 2014年5月26日 (月) 06時20分

私も先日浜名湖花博でたくさんのバラを見て来ました。
香りが強くて癒されました。もうすでに10年前に行かれて
いたのですね。

王子製紙のバラ園も行きたいのですが、夫の腰が重くて
だめです。浜名湖はバス旅行ですから行けたのです。


matsubara様

浜名湖花博、楽しかったことと思います。
私も以前開催されたときに行きましたから!
アルバムを見てみたら、あの時は”ブルームーン”という品種のバラが展示されていました。
今では似たような色合いのバラがたくさんありますが、当時はとても珍しかったのでしょう。
王子製紙のバラ園、春日井駅から徒歩で1~20分ほどだそうです。JR主催のハイキングコースにも含まれることがあるそうです。
ぜひ機会あれば訪れてみてください。

投稿: matsubara | 2014年5月26日 (月) 08時33分

王子製紙がこんなバラ園を開放しているのですね。
慕辺未行さまが目にとめられたバラは色合いも淡く優しい感じです。
名前もいろいろあって楽しいです。
ご自身が倒れないためにも息抜きを上手にしてストレス発散ですね。根もつめないようにしてください。


tona様

ここはブログを始めてから、地元のプロ友さんに教えていただいた穴場スポットでした。
実際に訪れてみると、有料の公園やテーマパークほどではないにしろ、数百種類にも及ぶ品種のバラの花が所狭しと咲いています。
本当に綺麗で、これが本来は一企業の『福利厚生施設』なのですから、頭が下がります。
従業員や地元住民の方々への恩返しで始めたそうですが、今では私のように遠方から訪れる人もいるほどです。

母とのことについては、ケアマネージャーさんからも言われました。ケアマネさんは母よりも私のストレスを心配してくださっています。
私もそれなりにストレス発散や癒しの場を見つけては、自分をコントロールしています。

投稿: tona | 2014年5月26日 (月) 19時18分

春バラの季節、各地のフラワーパークでバラのイベントが催されていますね。
明日、28日には島田市のバラ公園を見に行きますよ。
ようやく遠征ができるようになりました。


Saas-Feeの風様

この地方では他に『なばなの里』や『可児・花フェスタ記念公園』『西尾市憩いの農園』などのバラ園があります。
島田市のバラ園は知りませんでした。
お身体もずいぶん良くなられたようですね。
奥様の具合はいかがでしょうか?

投稿: Saas-Feeの風 | 2014年5月27日 (火) 13時11分

こんばんは
慕辺未行さんの日常のストレス
バラの微笑に癒され、気分転換に
成ったのではないでしょうか?
管理が行き届いた綺麗なバラが沢山咲いて
入園料、駐車場も無料とは嬉しいですね。
初めのバラ、濃淡の色合いとフリフリ花弁がとっても素敵です。
1本の木に2色のバラは、どのようにお育てなのでしょうね。
3種類のバラも不思議に思い拝見しています。
絞りのバラは実際に見た事が有りません。
バラは香りも素敵で豪華ですね。
素敵なバラを愉しませて頂きました。


すみれ様

今年はチューリップを見に行くことができず、桜の花も買い物ついでに駆け足で・・・。
しかしわずかな時間でも、こうしてキレイなお花と出会えるのは、少しでも癒しになります。
1本の木に2色のバラ、剪定作業されていた方の話では”接ぎ木”したようです。
3色咲いているバラの木も、やはりその様です。
しかしほとんどの来園者は、1本の木に2色3色のバラが咲いていることに気づかないそうです。
まだまだ他にもたくさんのバラが咲いています。
とても紹介しきれないので、今回はこのような不思議な咲き方をしているバラに注目してみました。

投稿: すみれ | 2014年5月27日 (火) 22時44分

王子バラ園、25日にいらっしゃったのですね!
この日、近くまで行っていたので立ち寄ればお会いできたかも
しれませんね。
残念。

訪れた日によって、違うバラが咲いていて本当に素敵なバラ園
ですよね~。
八重咲きのバラが見事ですね。
気分転換になりましたでしょうか?


みーこ様

いえ実は、この前日に行きました (^_^;;ヘヘッ!
ここ1~2年で一気に来園者が増えたと思いませんか?
以前に比べれば、本当に凄いにぎわいでした。
もともとは従業員の福利厚生と地元の方のためにと造ったバラ園、今では地元どころかあちこちから訪れ・・・!
種類も豊富で”お気に入り”を見つけるのも楽しみの一つです。
目の保養にもなり、すっかり気分転換できました。

投稿: みーこ | 2014年5月29日 (木) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その39(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その40(再掲) »