« 2002 ドイツ・スイスの旅 その36(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その37(再掲) »

2014年5月18日 (日)

今年も舞妓さんと芸妓さんの舞を見てきました。

皆さま、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

5月も半ばを過ぎ、すっかり初夏の装いとなりました。
こんな初夏の陽気とは裏腹に、私は出かけることさえままならない現状です。
そんな折、月に一回母を医者へと連れて行く日、今年もJR高島屋で『大京都展』が開催されていて、舞妓さんと芸妓さんの舞を見てきました。
昨年も見たのですが、今年も見ることができました。

この『大京都展』開催中は、京都の五つの花街から日替わりで舞妓さんと芸妓さんがいらっしゃって舞を披露してくれます。
私が訪れた日は、上七軒から舞妓の勝奈さんと芸妓の尚そめさんでした。

とても可愛い舞妓さん、そして大人の雰囲気の芸妓さん、ご覧ください。

Cimg4933
まず舞妓さんが一人で舞を披露されます。

Cimg4935
かんざしが綺麗ですね。

Cimg4943
続いて芸妓さんも舞を披露されます。

Cimg4946
司会者からのインタビューに答えられます。
舞妓・勝奈さんはまだ17才、舞妓さんになって2年目だそうです。
芸妓・尚そめさんは25才、しかしこの落ち着きぶり、さすがです。

Cimg4958_2
最後は2人で舞われます。

Cimg4963
後ろ姿も素敵ですね。

Cimg4967
まだあどけなさが残っています。

Cimg4968
お酒を勧められて、一杯飲んでいるところでしょうか?!

こうして舞の披露が終わり、お二人退席されました。
わずか20分ほどでしたが、しばし京都のお座敷気分を味わうことができました。

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その36(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その37(再掲) »

コメント

こんばんわ
京都でも中々芸・舞妓さんの踊りを見る機会は有りません
舞妓さんは愛らしく芸妓さんは上品で貫録も有りますね
20分間の舞の披露を見られて好かったですね
舞姿は勿論ですがインタビューの写真も好いです
親孝行な慕辺未行さんへのプレゼントですね
多分尚そめさんは置屋の「尚子」さんから出ておられる芸妓さんだと思います
上七軒で時々お目にかかる方のようです
 明日19日から3日間に留守します
ブログは更新しますがコメントは閉じさせて戴きます


古都人様

今回のこのイベント、たまたま新聞広告を見て知って、昨年同様母を医者へと連れて行く週に重なっていたのがラッキーでした。
京都にお住まいの古都人様は、何度も舞妓さん達とお会いしたり見かけたりしていると思いますが、舞を見られる機会はなかなかないのですね。
それを伺って今回の機会がいかに貴重だったか、あらためて本当にありがたく思いました。
しばしば上七軒を歩かれる古都人様、このお二人の姿もお目にかかったことがあるのでしょうか?
芸妓の尚そめさん、インタビューで答えられていたのですが、実は出身は愛知県豊橋市だそうです。
見に来られていた人たちも、この答えに思わず驚きの声をあげていました。

明日から3日間、お出かけとのこと。
お気をつけて、行ってらっしゃーい (^o^)/!
でも・・・どこへ行くのかな?楽しみです (^_^)!

投稿: 古都人 | 2014年5月18日 (日) 22時00分

舞妓さんの芸なんて生でみたことはありません。さすがにお綺麗ですねえ。
浅草の振袖さんなら演芸場で見たことがあるし、赤坂の芸者さんなら50年も前に議員さんが連れて行ってくれた料亭で見ました。踊りも歌もさすがでした。


agewisdom様

月一(厳密には4週に一回)で母を名古屋駅前のタワーズビル内の医者へ連れて行くのですが、併設する高島屋で今年もこのイベントが開催されていました。
しかもちょうど母を医者へ連れて行く週に!
京都まで行かずとも、更に高いお座敷料金を使うこともなく、このような舞を見ることができるのは本当に得した気分です。
伊勢にある『戦国時代村』の芝居小屋で”花魁道中”を見たことがありますが、あれもとても素敵でした。

投稿: agewisdom | 2014年5月18日 (日) 22時22分

何て美しい舞妓さんと芸妓さんでしょう。テレビなどで時々見る方よりずっと素敵です。
所作も素晴らしいのですね。雰囲気が味わえてよかったです。
私は祇園で踊りを見たのが高校の修学旅行でした。あれから久しく見ていませんので、機会があったら見たいものです。


tona様

昨年の今ごろも、ここで同じイベントを見てそして今年も見ることができました。
それぞれの花街から”選りすぐり”の舞妓さんと芸妓さんなのかもしれませんね。
本当に可愛らしく美しいお二人でした。
『お座敷遊び』なんて一生縁がなさそうですし、このような舞が見られるのもこの機会ならでは!でしょう。
来年も見られるかな・・・?

投稿: tona | 2014年5月19日 (月) 08時33分

関西に長くいたのに都おどりを
見たことがありません。
名古屋のものも見ていません。
こちらで拝見して満足しています。
きっと京都までは行けないですから・・・
通(つう)の人は通われているようですね。


matsubara様

地元の方ほど『灯台もと暗し』で、地元のお祭りを見に行かないものなのかもしれませんね。
私も『名古屋をどり』も『なごや祭り』の英傑行列も見たことがありません (>_<)!から。
このイベント、昨年もちょうど同じ時期に開催されていました。今回もたまたま新聞広告で知ったのです。
母を医者へと連れて行くついでに見てきました。
来年も見られるといいなぁ~!

投稿: matsubara | 2014年5月19日 (月) 09時13分

こんにちは。

舞妓さんも芸妓さんもおきれいですね~

テレビで舞妓さんの修行の様子を見たことがありますが
これほどの方ではありませんでした。
芸妓さんの25歳にしてこの格調と貫録・・・ため息です。
化粧を落とせば普通の女の子なのでしょうね。

久しぶりに非日常な目の保養をさせていただきました(*^^*)


はづ希様

昨年たまたま新聞広告で知って見に行ったこのイベント、今年も母の通院日と重なり、見ることができました。
インタビューの際、「舞妓さんになられたきっかけは?」と尋ねられ、舞妓さんは「テレビで舞妓さんの修業を見て・・・」と答えていました。
そして中学卒業後、この世界に入ったそうです。
芸妓さん、ホント25才に見えないほどの貫録ですよね。
素顔はきっと『普通の25才の女性』なのだろうと、私も思います。
しかしさすが!お二人とも”プロ”ですね。
言葉もしぐさも京都の舞妓さんと芸妓さんそのものでした。

投稿: はづ希 | 2014年5月19日 (月) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その36(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その37(再掲) »