« 2002 ドイツ・スイスの旅 その32(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その34(再掲) »

2014年5月 8日 (木)

2002 ドイツ・スイスの旅 その33(再掲)

駅構内の銀行 bank で、クレジットカードでユーロに両替 moneybag 。その列に並んでいたとき、見覚えのある女性 virgo が一人いた。彼女も俺に気づいて、ニッコリ happy01 微笑んでくれた。「アッ sign02 ビュッフェカー restaurant in bullettrain にいたウェイトレス virgo だ!」彼女は両替を済ませた後、俺の横を通り過ぎる時、笑顔 happy01 で「グッバイ wink !」と、声かけてくれた。

そして外へ出てみると、何やら車 car のクラクションが騒々しい up sign02 wobbly 。「何事だ?事故か?それとも喧嘩か?」と思ったが、どうやら違うようだ。どの車も、大きなドイツ国旗を掲げて、人々にアピールしている。「そうか flair!今日、ワールドカップ(サッカー日韓大会)で、ドイツがまた勝ったんだ scissors!」と、即座に納得した confident 。それにしても、すごい車の数、そして騒音!でも誰も、文句は言わない。この国のサッカー人気がうかがい知れる。

208
2002ワールドカップサッカー日韓大会で、自国ドイツの勝利に沸くシュツットガルト市民!この騒ぎ、熱狂は、ハンパじゃなかった gawk

駅前の横断歩道を渡り、ホテル hotel へと向かう。と言っても、予約してあるわけがない。行き当たりばったりの旅だから!ガイドブックを見て、駅から5分ほどで料金も日本円で yen1万円ぐらいとあったので、直接行って泊まれるかどうか、尋ねてみるつもりなのだ coldsweats01

ホテル名は『Hotel Unger』。駅前の大通りから1本裏の道沿いにある。レセプション(受付)へ行って、「今日、泊まりたいのですが、予約はしていません。バス・トイレ付のシングル・ルームがいいのですが、泊まれますか?」と尋ねると、「O.K」の返事 happy01 。朝食付きで72ユーロ(約8640円)だ。ただし、エアコンはないらしい。「え~っ coldsweats02!今日って暑いですよネ sweat01?」と言っても、笑っているだけ。「まあ、いいか coldsweats01 」と思い、部屋へと案内されると、部屋の中は蒸し暑い sweat01 sweat02!「裸で寝ればいいか think 」と、気を取り直す。

レセプションの前に、時刻表があったので、明日の移動のために列車の時刻を調べてみる。すると、ヴュルツブルク行きの列車 train が、9:05と11:05、2時間おきに出ている。いずれにしても、明日中にはローテンブルクに着きたい bleah 。ヴュルツブルクからはそれほど遠くはないので、問題なさそうだ。

部屋へ戻ると、外は雨 rain が降り出していた。しかも、雷 thunder まで鳴っている。夕立のようだ。今からでも市内観光をする時間は十分と思っていたのに、この天気では・・・ weep!外出をあきらめ、風呂に入る。そう、このホテルの部屋には、バスタブがある。お湯をくべて入浴用のジェルを入れて泡立てる。外国映画の入浴シーンでよく見る光景だ wink 。バスタブを石鹸の泡でいっぱいにする。一度やってみたかった。人によっては、肌に合わない方もいるようだが・・・。やってみると、なかなか優雅な気分 confident!なのだが、やがて泡は消えていってしまう。洗濯も終えて、窓の外を見てみると、雨はやみ陽が射している sun

*この旅日記は2002年のものです。

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その32(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その34(再掲) »

コメント

こんにちは。
毎回お料理がおいしそうですね。ハイジのおじいさんが暖炉の火で溶かしてパンに載せてくれたのがラクレットチーズだそうですね。日本でも輸入食品店で売っていますけれど、日本のチーズに比べてかなり濃厚なのでしょうか?
それからスイスの鉄道ですね。赤い列車と車窓の風景。いいですねぇ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
次はワールドカップの最中のドイツですね。面白そうですね。では、また来週ね。


hare様

スイスへ移動する前、ドイツでエルマー&アンジュラ宅でお世話になり、ほとんどお金を使っていなかったのでスイスではお金に糸目をつけず『本場ならでは!』の料理を頂きました。
”アルプスの少女ハイジ”は見たことがないので知りませんでしたが、そうだったのですか?!
チーズの味・・・もう12年前のことで・・(^_^;;アセッ!
でも完食しましたから、美味しかったですヨォ w(^o^)w!
当時、サッカーのワールドカップ日韓大会の真っ最中でした。この大会のMVPがドイツのGK、オリバー・カーンでした。

投稿: hare | 2014年5月 8日 (木) 15時11分

こんにちわ
ラクレット とはチーズの名前ですか
茹でたジャガイモが1プレートに4個程?
4プレートとは良く食べられましたね
お腹が一杯 そうでしょうね
レストランでのタバコのこと 勇気ある行動ですが
女性達は禁煙席には座れなかったのでしょうか
ちょっと疑問を感じました
相変わらず地図と拡大鏡を睨みながら・・・
ヴェルツブルグまでは判りましたが
ローデンブルグは?
ドイツの地名にも特徴がありますね
クとかグとか末尾に付いていますがドイツ語の特徴ですね
バスタブでの泡立 成程ですね
泡はそんなに長持ちしない様ですね
サッカーワールドカップ日韓大会でドイツが勝った時に
偶然居合わされたとは思い出の1つになりましたね
日本では車のクラクションを鳴らす光景はないですよね
外国の人達の喜びの表現ですね


古都人様

ラクレットはチーズの種類の名称の一つです。
ここではスイスの料理の名前です。
白ワインを飲み、そしてそのラクレットチーズがかかったジャガイモ・・・さすがにお腹いっぱいになりました (^_^;;ヘヘッ!
ウェイトレスに「もう1プレート?」と聞かれた時、当然断ったのにまた運ばれた時は・・・もう必死で食べましたヨ(笑)!
隣の家族ですが、彼らが入店した時、禁煙席はまだ日本人団体ツアーの貸切で、全く座れなかったのです。なので喫煙席に来たのかも・・・?と思い、一服する前に念のために訊ねたのです。
ドイツ語は末尾に”g”がよく付きます。末尾の”g”は「グ」ではなく「ク」と発音します。もっとも、この旅のころは知りませんでしたが・・・(^_^;;アセッ!
ちょうどワールドカップ日韓大会の真っ最中でしたが、あの盛り上がりは凄かったです。日本であれをやったら・・・警察沙汰になりそう・・・?!

投稿: 古都人 | 2014年5月 8日 (木) 16時46分

なんかあっという間にスイス旅行も終わてしまった感じです。
お食事もおいしく召し上がれたようで良かったです。
心に残るスイスの山々、今でも思い出されるでしょう。
私も読ませていただいて懐かしくいろいろな事を思い出しています。
人々との交流がとても微笑ましくていいご旅行ですね。


tona様

スイスでは4泊したのみでした。しかし、アルプスのハイキングと食事、大いに堪能できました。
4泊とはいえツェルマットへの移動日もありましたから、実質2日の滞在ですよね。
tona様にとりましても、訪れたことがある懐かしい風景・・・、楽しんでいただけたのでしたら、とても嬉しく思います。
たとえ一期一会のほんの一瞬の出会いでも、そこで出会った人々との小さな交流、とても楽しい思い出として残っています。

投稿: tona | 2014年5月 8日 (木) 19時00分

チューリッヒに行かれたのですね。
次男が数年前に赴任していました。
会いに行こうと計画を立て、旅行は実現したのですが、
その年急遽日本で夏季休暇のお許しが出て
すれ違いになってスイスでは会えなかったです。

あわあわのお風呂、今日本で体験しています。
友人が泡の入浴剤をくれたのです。


matsubara様

チューリッヒへは「行った」というより「通過した」だけなのですよ (^_^;;アセッ!
駅に着いてすぐに時刻表を見て、シュツットガルト行きの特急に乗りましたから!
御子息様とスイスで・・・が思わぬすれ違い。残念でしたね。
もし向こうで会うことができていれば、あちこち案内してもらえたことでしょう!

投稿: matsubara | 2014年5月 8日 (木) 19時35分

最後までお湯が出たらラッキーですよ。結構お高いホテルでは、お湯が底をついたりします。日本じゃありえないって思うけど、まあしょうがない。だから怖くてバブルバスにできませんでした。ワールドカップなどの盛り上がりは日本の比じゃないですね。


agewisdom様

エッ?!そうなのですか?
それ以前に旅したインドやネパール、タイはともかく・・・ドイツやスイス、その後訪れたフィンランドでもその様なことはなかったような・・・?!
でも、このコメントを読んで一つ教訓!「水もお湯もただではない。いつも出てくるとは限らない」ですよね。
日本だって、大きな地震が起これば、数日間水道水が出なくなることがありますから!
サッカー人気の違いでしょうね。ドイツの盛り上がりは日本の比ではありませんでした。

投稿: agewisdom | 2014年5月 8日 (木) 20時59分

海外では何かというと国旗を立てますね。
祝日だったり、お祭りだったり、このようにスポーツで勝ったときなど。
そして自分の国は素晴らしい!と褒め称え合う。
それに比べて日本では
そんなシーンはどんどん減っていくようで寂しい限りです。


zooey様

日本以外の他国では「自分の国は素晴らしい」ということをアピールするのは、とても誇らしいと思っているでしょう。
日本も同じ!でも、『奥ゆかしい』性質なのか、このように公共の場で喜びをストレートに出すことは、あまりないですよね。
仮にこのような喜びを爆発させたとしたら・・・、必ずや警察が出動!ですからね。
でも、これこそが『世界一安全な治安国家』と言われる一つの所以なのかも?!

投稿: zooey | 2014年5月 9日 (金) 23時53分

こんばんは
列車の旅、車窓の景色も素晴らしく
車内も快適で、楽しそうですね。
お食事の様子は毎回楽しみに拝見しています。
ラクレット、4プレート頑張ってお食べに成りましたね。
きっと美味しかったのだと思います。
ホテルのシャワー(お風呂)がバスタブ付だと
嬉しくなります。
でもバスタブは慣れなくて、日本のお風呂が恋しくなります。
サッカーワールドカップの賑わいは、
日本では想像できないような街の賑わいなのでしょうね。


すみれ様

スイスからドイツへ!列車での移動・・・初めのうちは景色を眺めていたと思うのですが、やがて睡魔が・・(^_^;;
ラクレット「1人前ぐらい楽勝!」と思っていたのですが、それが・・・さらにおまけの1プレート?!
美味しかったけど、さすがにしんどかったです(笑)!
バスタブは、あれば嬉しいですがやはりちょっと浅いですよねぇ・・・(-_-)ウーン...
サッカー人気はお国柄もあるでしょう。日本では野球のほうがまだまだ人気が高いですから!
しかしドイツでは”一番人気”のスポーツです。
ゆえに、ワールドカップでの快進撃に、この熱狂!です。

投稿: すみれ | 2014年5月10日 (土) 20時34分

慕辺未行さん今晩は
テレビの天気予報を見ていると時々初夏と言う言葉が
そろそろ出て来ましたね・・花はいいけど暑いのは
嫌だな・・・ホテルのレストランのお食事美味しそう・・タバコの
マナー良かったね・・あの煙が病気の方は辛いかもね
国際マナー・・は覚えて置かないとね・・(*^-^)
ツェルマットの列車、赤くていいな・・緑の景色に赤い列車
私大好きです・・そしてブリークヘさらにシュツットガルトへ
その時の列車本当、新幹線みたいね
しかしこの町のサッカー凄い人気やね・・私には
このムードちょっと理解できません・・次は
ローテンプルグ楽しみにしていますo(*^▽^*)o


咲子様

春や初夏、と聞くと『爽やか』な季節ですが、その後は・・・(-_-)ウーン...!
寒いのは重ね着したりで防げますが暑いのは・・・ねぇ?!
どう・・・しましょ?(^_^;;ヘヘッ!
チーズフォンデュにミートフォンデュ、そしてラクレット!
これも美味しかったですヨォ w(^o^)w!
でもちょっと・・・どころか、かなり・・・量が多かった (^_^;;アセッ
煙草のマナーは、その直前に禁煙席が日本人ツアーでいっぱいでしたので、仕方なく喫煙席で食事をされた方がいたのです。
同じ日本人としてここは・・・気を利かせなければ日本の印象が悪くなりますからね。
列車、可愛いでしょ?!他のお友達もそうおっしゃっています。
ドイツではサッカーが一番人気のスポーツです。ですから、この盛り上がり!日本で地元のプロ野球チームが優勝するのと同じぐらいの騒ぎです。

投稿: 咲子 | 2014年5月10日 (土) 21時09分

ワールドカップの最中に ヨーロッパにいらしたことは 幸運でしたね。
命がけで熱狂する様は 見て見ないと想像以上ですから、、
ヴュルツブルクとローテンブルクは 全然タイプが異なりますね
旅行記楽しみです!


bella様

ハイ!2002年の日韓大会の真っ最中でした。
それゆえ利用した大韓航空もサポーターが・・・(^_^;;!
この時期になったのは、当時の勤務先の上司との話し合いで決めたのです。
で帰国後、この様子を上司らに教えると・・・皆納得の表情でした。(帰国した時点でドイツチームはまだ勝ち残っていました)
次はいよいよあのローテンブルクへ向かいます。
以前もお読みいただいていると思いますが、久々に楽しみにご覧ください。

投稿: bella | 2014年5月10日 (土) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その32(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その34(再掲) »