« 2002 ドイツ・スイスの旅 その41(再掲) | トップページ | 母のこと、PCのこと、そして・・・ »

2014年5月29日 (木)

2002 ドイツ・スイスの旅 その42(再掲)

再び街の中へ。マルクト広場へ行く。気になる服装をした男が2人、歩いている。パッと見た感じでは、衛兵のような気がするのだが・・・?彼らの職業は、何だろう think

308
マルクト広場にて。左端の男たちの後ろ姿、わかりますか?

そろそろ食事を、と思いすぐ近くにあったレストラン restaurant へ行ってみると、座るところがないほど混んでいた。ガイドブックを見てみると、ここはとても有名なレストランであることがわかった。もうしばらく歩き shoe 、別のレストランで食事にする。

トロピカルフルーツのパンケーキとビール beer を注文する。が、ふと小銭 moneybag がほとんどなかったことを思い出し、念のため「クレジットカードで支払うことは、できますか?」と訊ねると、「現金しかダメなのです。でも、すぐ近くに銀行 bank がありますから、そこで両替してくれば大丈夫よ」と、とてもきれいなウェイトレス virgo が答えてくれた。それならば、安心して食事ができる happy01

まず、ビール beer が運ばれてきた。暑い中、ずいぶん歩いた sweat01 ので、喉に心地よい happy02 。そしてパンケーキ。トロピカルフルーツと生クリームがたっぷり!とてもおいしい delicious!昼食というより、おやつかな?日本でだったら、絶対に昼食では食べないナ!けど、パンケーキにビールは合わなかったかなぁ・・・?

食事を終え、ウェイトレスに「銀行 bank へ行ってきますので。荷物はここへ置いておきますから」と話してから、銀行へ向かう。荷物を持って行ったのでは「食い逃げ run 」と思われてしまうかもしれないから coldsweats01

銀行へ行くと、今日は日曜日なので、当然窓口は閉まっている。クレジットカードでの現金引き出し機 atm があるのだが、スイスでも試したように、使い方が分からない wobbly 。スイスでは結局、窓口で両替したもんなぁ!しかし、現金 moneybag を用意しなければ、何ともならないのだ。

まず画面を見て、ここはドイツだからと思ってドイツ語で書かれたところをタッチしたのが、そもそもの間違い。たまたま現金を引き出しに来た人に聞いてみると、それは何語で説明するかの選択であった。アホ丸出しだ sweat01 coldsweats02 。恥ずかしい~ coldsweats01!ドイツ語では分からないので、英語にする。すると、どうやら4桁の暗証番号を押すようだ。次に『グリーンナンバー』とある。「グリーンナンバーって何 sad?」しばらくすると、カードが戻ってきてしまった。何度やっても同じ繰り返し。「どうすればいいんだ shock?」このままでは現金の用意もできず、レストランに代金が支払えない crying

最後になって、とんでもない難問にぶつかってしまった。暗証番号までは間違っていないと思うので、その後にテンキーの右側にある3つのボタンを上から順番に押してみる。1つ目はダメ。2つ目も同じ。もう、どうしようもないのかな?最後のボタンは?「オッ?!画面が変わった happy02!」画面には20ユーロ、30ユーロ・・・、とある。最少金額の20ユーロを選択すると、機械の中でパタパタとお札が動く音が!そして・・・出てきた!20ユーロ!「ヤッター sign01 よかったー sign03 これで食い逃げせずにすむ― happy01!」と、大げさだが、これが本音だ。

ずいぶん時間がかかったが、現金 moneybag を持ってレストラン restaurant へ戻る。ウェイトレス virgo に合図 paper をする。「遅くなってごめんなさい confident 」と一言、謝っておく。ウェイトレスは、ニッコリと笑って「いいですよ wink 」と答えてくれた。こんな一見の客を信じて待っていてくれた。これが他の国だったら、待っていてくれるだろうか?少なくとも、先に現金を用意していなければ、注文もできないのではなかろうか?ふと疑問に思った。

いずれにしても、苦労はしたが、嫌な思い出を残さずにすんだ。願わくは、これをスイスで克服していたら、もっと気軽に現金を用意して、もう少し違った旅ができたのでは、と思う。

*この旅日記は2002年のものです。

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その41(再掲) | トップページ | 母のこと、PCのこと、そして・・・ »

コメント

こんにちは。
最後までお伽の国でしたね。中世の面影がそのまま。いまにも騎士やお姫様が現れそうです。
いにしえに思いを馳せながら散策するのは、どんなにすばらしいことでしょう。
ピンチも見事に脱出されて、また一段と旅上手になられたのですね。
たくさんの景色、建物、お料理・・・楽しませていただきました。ありがとうございました。


hare様

さすが”ロマンチック街道”と言われるだけあります。
ヴュルツブルクもローテンブルクも本当にロマンとメルヘンあふれる街でした。
かつてはきっと壮大な繁栄があり、それ故それを巡る戦いがあったのでしょう!
宮殿や要塞が『歴史の証人』ですね。
昼食後のATMの使い方・・・本当にピンチでした (^_^;;アセッ!
もしかしたら、現金を引き出せないどころかヴュルツブルクからの列車に乗り遅れ、帰りの飛行機に乗れなかった・・・という状況が起こったかも?!でしたから!
今回の旅日記、来週で完結です。
その次は2004年の海外旅日記を再掲載します。

投稿: hare | 2014年5月29日 (木) 12時26分

これまで海外に何度も行きましたが
ATMは使ったことがありません。
というより、使えません。
勇気もないです。

いつも多目に両替しておいて
残りは最終日に使うか、米ドルなら
いつか使えると思い、保存しておきます。

昨年秋の米国旅行で残してきた米ドルは
ベトナムで使いました。


matsubara様

一度使い方を覚えると、簡単です。
それに大量の現金を持ち歩くよりは安心で安全です。
あっ!ツアーですとATMへ立ち寄る時間もあまりないのかもしれないですね。
かつてはトラベラーズ・チェックが主流(?)でしたが、今は利用する人も少ないでしょう。
かといってクレジットカードの扱いも、国によってはとても危険ですし・・・。
日本の常識は海外では全く通用しませんよね。

投稿: matsubara | 2014年5月29日 (木) 14時00分

ヴュルツブルクはロマンティック街道の起点ではありませんか。行きたかったところです。
素敵な街ですね。ここで拝見させていただいて大体雰囲気が伝わってきました。
よく両替機が使えましたね。何でも挑戦するその精神は見習いたいです。


tona様

はい、その通りです。
ヴュルツブルクはロマンチック街道の起点の街で、ここからローテンブルクやアウクスブルクなどの街を通りノイシュヴァンシュタイン城があるホーエンシュヴァンガウへと続きます。
帰国便の時間から逆算して、この街を訪れました。
やはり歴史ある素敵な街でした。
両替機、ホント”冷や汗(^_^;;”ものでしたが、無事克服できてよかったです。
この経験がこの次以降の旅にとても役立ちました。

投稿: tona | 2014年5月29日 (木) 22時31分

これはハラハラものですね。食い逃げするわけにはいかないし…。私なんか少し損しても面倒のないホテルなんかで両替しちゃったり。帰って来てから銀行でまあ両替してもらったり、お金がなくなるのが怖くてね。もう外国へ行くことはないでしょうからいいですけれど。
ドイツにも衛兵っていましたっけ?まあお城があればいるのかなあ?恰好いいですね。


agewisdom様

ホント、最後の最後に難問突き付けられました (^_^;;アセッ!
でも何とか現金を引き出すことができて、一安心!
それにしても、このお店のウェイトレス嬢、よくぞ信用して待ってくれたと思います。
他の国だったらとても・・・!それとも私が『日本人』だと分かっていて”信用”してくれたのかな?
でもこのATM克服の経験が、これ以降のヨーロッパの旅に大いに役立ちました。
ドイツって国王がいるわけではないし、彼らは何だったのかな?

投稿: agewisdom | 2014年5月29日 (木) 23時58分

外国のATMは結構戸惑いますよね。
私も脂汗流したこと何度もあります。
あまり往来で現金やカードを持っているのも危ないし・・・
やり方が悪かったのか、機械が壊れていたのか
どうにも使えないままだったこともありますよ。
無事お金が出てきてよかったですね!


zooey様

エッ?!zooeyさんもですか?
英語が堪能なzooeyさんなら、簡単に使えたでしょうに!
その後の海外で経験しましたが、機械によっては使えるカードと使えないカードがありました。
機械には”VISA”も”Master”も”JCB”も使えるようになっていても、使えないことがしばしば!
理由は分かりませんが、とりあえず複数のカード会社のカードを持っていれば、どれかは使える!と学びました(笑)!

投稿: zooey | 2014年5月30日 (金) 00時19分

慕辺未行さんへ
お早うございます
断片的なコメントになってご免なさい
乗られたであろう列車の外観が今近畿で走っている
特急のものとそっくりです
デザインが日本より進んでいるのかなと感じました
塔が多いですね 日本で言えば五重塔見たいな感じですね
高さや尖がり方は全く違いますが・・・
要塞 やはり昔の戦いの名残でしょうか
しかし要塞の中に塔を持つ宮殿見たいな建物があるのですね
古い言い方ですがこの辺りは旧西ドイツ地域ですね
外国でATMを使うと言うのはやはり旅慣れた慕辺未行さん
ならではのことですね 流石と思いました
 

古都人様

ドイツ鉄道(DB)の特急の車両でしょうか?
ドイツは無骨なイメージもありますが、街の様子をご覧いただいても分かりますように、意外とおしゃれです。
デザインもきっと昔からセンスがあったのでしょう。
教会や大聖堂、宮殿だけでなく大学などにも塔があるのは驚きました。
やはりこれもデザインなのでしょう。
小高い丘の上に立つ要塞、中には宮殿もあり、要塞からは別のお城が見えます。
近世までは戦いの歴史だったでしょうから、このような要塞も残っているのでしょう。
いくら治安が良いドイツとはいえ、大金を持ち歩くのはちょっと嫌でしたので、必要に応じてクレジットカードを使い銀行の窓口で引き出していました。
ATMはスイスで使おうとしたのですが、その時も使い方が分からず、結局窓口へ。
この日は休日でしたのでATMで引き出す以外、ありませんでした。

投稿: 古都人 | 2014年5月30日 (金) 06時12分

慕辺未行さん今日は
ヴェルツブルグの駅前、日曜日で静かですね
此方は日曜日でも観光客の事は思わないのかな・・・
私もあの美しいお城ベルサュゥ宮殿これと、かち合い
見れませんでした・・・(´・ω・`)ショボーン
ドイツは本当に吃驚するほどビールの
種類有りますね・・誰かさん
全部飲んでみたい・・解ります。宮殿も入らない三年後に
残しておくいいな・・私は永久に来る事はない・・(*^-^)
そして教会、古城めぐり思い出します・・要塞からの眺めも
絶景ですね・・・そしてマルクト広場の背景の建物、お洒落
でいいな・・何かな・・そしてお食事、パンケーキとビール
何ぼ美味しくとも之は合わないかも・・(笑)
ドイツで銀行のATM使えるなんてなんて又これも凄いo(*^▽^*)o
食い逃げに成らなくて良かったね・・でも私なら
お金を準備してから食事を注文する様な気もしますが・・
此れやっぱり・・どっちが良いかな・・?
アッ忘れていたトラム可愛らしいね・・そしてベンツバス
貫録やね・・楽しい旅の日々見せて頂いて
有難うございます(゚▽゚*)
お城の名前、間違っていたら御免なさい今でも残念です


咲子様

ドイツでは業種によっては土・日曜日も営業している店もありますが、基本的には休みのようです。法律で決められているそうです。
ビールの種類、本当に多くてビックリです。
どれもきっと美味しいだろうなぁ~ (・_・)ノミタイ!
レジデンツは、あえて入らなかったのではなく、他も見て回りたかったのですよ。3年後に訪れることができたのも、たまたまです。
その甲斐あって要塞へと歩くことができました。
フルーツのパンケーキにビール・・・(^_^;;!
でもまぁここはビールの本場・ドイツ!ということで・・(笑)
ATMは、正直言って”冷や汗”でした (^_^;;(^_^;;(^_^;;
結果的にお金が出てきたから良かったものの、出てこなかったら・・・?!
しかしこの経験が、次以降のヨーロッパへの旅で存分に生かされました。
トラムとベンツバス、どちらも乗ってみたかったです。
乗らなかったのが悔やまれるぅ (>_<)!

投稿: 咲子 | 2014年5月30日 (金) 11時42分

慕辺未行さん  こんばんは
素敵な街ですね~
ローテンブルグの小さな駅が素敵です。
大きな駅より、思い出深く残りそうです。
大きな宮殿ですね。庭園も素敵でのんびり散策してみたいです。
建物、要塞などなど全てが興味深く
観光客が多いのも頷けます。
ビールの種類の多さに吃驚です。お酒類は駄目ですが
それでも違いが気に成ります。
きっとどれでも美味しいのでしょうね。
海外旅行でのATMの使用は毎回でしたが
私は出来なくて、いつも娘任せの利用でした。便利ですね。


すみれ様

ロマンチック街道沿いの街として世界中で有名な観光地のローテンブルクですが、駅はローカル線の小さな終着駅でした。
ヴュルツブルクのレジデンツ、ユネスコ世界文化遺産に指定されています。
この時は中を見学せず、庭園のお花を見て回りました。
季節がら、バラの花も咲いていましたよ。
まさかこの3年後に、母を連れて再びこの宮殿を訪れることになろうとは、この時は全く思ってもいなかったです。
あんなにたくさんの種類のビール・・・中には美味しくないものもあるでしょう!
しかしドイツのビールって、本当に美味しいです。日本のビールと飲み比べしたことがあります。
それまで「おいしい!」と思って飲んでいた日本のビールが、飲み比べてみて「エッ?!こんなにまずかったのか?!」と思ったほどでした。
海外のATM、この時初めて使いましたが、冷や汗ものでした (^_^;;!
しかしこの経験が、その後のヨーロッパの旅で生かされました (^_^)ニコッ!

投稿: すみれ | 2014年5月31日 (土) 22時48分

先に食べてしまう、というのが すっかり旅慣れた慕辺未行
さんの余裕ですね。 私だったらお金を用意しなければ のどを
通りません!  荷物を置いて行くのも ハラハラしましたが、
やはりヨーロッパ、盗まれなかったですね ・・
駐車場とか 高速道路とか 銀行とか 外国で発券機を使う
のは 冷や汗ものです。 よく頑張られましたね!


bella様

いやはや・・・(^_^;;ヘヘッ!
決して”余裕”なんかではなく、注文してから気づいたものでして・・・(笑)
だからATMでは「超!ア・セ・リ!」でしたヨ (^_^;;(^_^;;アセアセッ!
荷物は、デーバッグだけでしたし最悪盗られても自分が「食い逃げ」されたと思われるよりはマシと思って・・・。
ドイツはヨーロッパの中でも1・2を争うほど治安が良いと聞きますから、さすがでした。
それでも現金を引き出せた時は大いに『安堵』したものでした。

投稿: bella | 2014年6月 1日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その41(再掲) | トップページ | 母のこと、PCのこと、そして・・・ »