« 2002 ドイツ・スイスの旅 その35(再掲) | トップページ | 今年も舞妓さんと芸妓さんの舞を見てきました。 »

2014年5月15日 (木)

2002 ドイツ・スイスの旅 その36(再掲)

さて、11:43発のローカル列車 train に乗る。この列車にも1等車がある。さすがにこちらも、ガラガラだ sign03 。検察に来た車掌にシュタイナッハでの乗り継ぎ時間を尋ねる ear 。すると、すぐに接続しているらしい scissors 。シュタイナッハまでは、わずか40分ほど。シュタイナッハへ着く直前に、車掌は「次の駅で乗り換えですよ wink 」と、わざわざ教えに来てくれた。何とも嬉しい気配りだ happy01

12:25に到着し、ローテンブルク行き train は12:36発である。2両編成だが、とてもきれいな列車だ。乗車口付近は、自転車 bicycle が置けるスペースになっている。この日、土曜日のせいか大勢の人々が自転車ごと列車に乗り込み、サイクリングを楽しむようだ happy02 。ローテンブルクまでは、ほんの15分。それでも列車内には1等車もあるし、トイレもついている sign02 。俺のユーレイルパスは1等車用だが、2等車の座席に座った。15分ほどのローカル列車で、1等車も2等車もないから bleah

271
シュタイナッハ駅にて、ローテンブルク行きの列車 good

12:51、ローテンブルクへ到着。ここだけは、どうしても訪れてみたかった街 heart なので、無事に来られたことが嬉しい happy01!まだ時間は早いが、この日はのんびりとこの街を散策したいので、ホテル hotel 探しとする。が、駅のインフォメーションは閉まっている(土曜日なので、ドイツでは日曜日と共に休日) coldsweats02 。ガイドブックを見ると、地図上に駅の場所が示されていない shock 。ここは、城壁に囲まれた古い街が、観光のメインなので、そちらしか載っていないのだ。これでは、駅からどう行けばいいのかさえ、わからない weep

しかし、都合よく駅前に小さなホテルがある happy02 。飛び込みで行ってみる。部屋はとれるらしい empty 。料金は37ユーロ(4440円)と、とても安い lovely!シャワー・トイレ、朝食付きでこの料金なら文句はない。迷わずここに決める happy01

部屋へ案内されると、部屋そのものは狭い。そりゃ、この料金だし、一人なんだから、別にかまわない。

269
ローテンブルク駅前のホテル hotel ここを拠点にして、街を歩きます wink

*この旅日記は2002年のものです。

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その35(再掲) | トップページ | 今年も舞妓さんと芸妓さんの舞を見てきました。 »

コメント

こんにちは。
ワールドカップで盛り上がるドイツですね。勝った日でよかったですね。
ドイツはやはりフランクフルトですか。おいしそうですね。ビールも本場のドイツビールですね。やはりあまり冷やさないのですね。
宮殿、庭園、噴水。歴史のある街なのですね。素敵です。
どうしても訪れたかったローテンブルク。どんなところなのでしょう。来週が楽しみです。


hare様

この日韓大会の時のドイツのゴールキーパー、オリバー・カーンはその後しばらくはCMにも起用されたり、とても有名でしたよね?!覚えてます?
とにかくドイツは強かったです。
それはさておき・・・、『ドイツ=フランクフルト』というのはちょっと邪道かもしれませんが、それでもやはり美味しかったです。
口の中で肉汁とチーズがあふれた時の味・・・もう忘れられません!
ビールも最高!ドイツビールと飲み比べると日本のスーパード○○は、苦いだけの炭酸水でした。
来週の記事は3回ともローテンブルクです。写真も盛りだくさん!
楽しみにしていてくださいね (^_^)ニコッ!

投稿: hare | 2014年5月15日 (木) 15時52分

電車の乗り換えが私だったら大変そうですが、さすが難なくローテンブルクに到着しましたね。
お食事もとてもドイツらしいし、美味しくお食事されています。
ヒマラヤの旅行とはまた全然違った文化を堪能された旅になりましたね。
この間行ったばかりのローテンブルクですので、どのような感想を持たれるか楽しみです。


tona様

高校生のころから時刻表を見ては1人で旅していましたから (^_^;;ヘヘッ!
もちろん国も言葉も文字も違いますが、まぁ何とかなるものです。
食事はとにかく”美味しいものばかり”でした w(^o^)w!
ヒマラヤでの旅とは何もかも違いました。
比較はできませんが、食事も文化もそれぞれの国のものを堪能しました。
ローテンブルク、ロマンチック街道の旅の中ではノイシュヴァンシュタイン城と並ぶ人気の名所!
この時の旅では、ノイシュヴァンシュタイン城へは訪れていませんが、ローテンブルクは外せませんでした!
次週は3日連続でローテンブルクの旅日記です。どうぞ、お楽しみに!

投稿: tona | 2014年5月15日 (木) 21時00分

こんばんは
列車の乗り換えを拝見していると
私だと大変だと億劫に成りますが、難なく
目的地まで到着のようで、さすがですね。
旧宮殿、素敵ですね~
宮殿の中は?興味深いです。
海外旅行で良く出かける市場は愉しいですが、
デパートも愉しそうですね。
2両編成バス、イタリアで乗車したことが有ります。
珍しくて愉しかった事を思い出しています。
ローテンブルグ、素敵な街なのでしょうね。
ご紹介楽しみにしています。


すみれ様

高校時代、そして学生時代はバックザックに時刻表をしのばせて北海道や九州などをあちこち旅しましたから!
ところ変われど・・・文字も言葉も変わりますが・・・、まぁ何とかなるものです。というか、何とかするしかない!のです (^_^;;ヘヘッ!
市場やデパートは、その国の文化がとてもよく分かりますし、その国の流行りのものも分かってとても楽しいです。
シュツットガルトでは街を歩いただけで、中の見学はしていないのですが、宮殿や劇場の中どんなふうか興味ありますよね。
ドイツやロマンチック街道を含むツアーの中では、必ずや訪れるローテンブルク。本当に素敵な街でした。
ぜひ楽しみにご覧ください。

投稿: すみれ | 2014年5月15日 (木) 23時02分

ここはとまったのは街中でしたが、ここですよ途中でお湯が水になって風邪ひきそうだったの。足つきのおしゃれなバスタブの中で立ち往生でした。綺麗な町なのに、寒いバスタブと拷問の道具ばかり記憶に残ってます。


agewisdom様

マルクト広場近くにたしか中規模クラスのホテルがありました。ツアーの人たちもそこに泊まっているようでした。
しかしドイツでもそのようなことがあるとは?!大変でしたね。
拷問の道具は、中世犯罪博物館ですね。
この時は入りたくてもすでに閉館で、見られませんでした。
2005年に母を連れて行ったときに訪れました。

投稿: agewisdom | 2014年5月15日 (木) 23時15分

お早うございます
今回も地図と拡大鏡を使いながら拝見しましたが
全く地図は役に立ちませんでした
アイガーも載っていないのです 有名な山なのに・・・
何時も感心しながら拝見していますが良く一人で
間違いもなく予定のところを旅されますね
凄いです
何でも見てやろう精神ですね
これぞドイツの光景と判断する知識は持っていないのですが
素敵な景観に見入っております
建物の色彩も落ち着いた感じですね
列車はディーゼルカーですか 架線が見えませんので・・・


古都人様

あれれっ?地図に載っていませんでしたか?
アイガーはスイス・アルプスの山、今はドイツ南部です。シュツットガルトは大きな街ですから、きっと地図に載っていると思います。
高校から大学時代、幾度となく国内を時刻表を見ながら一人旅しましたから!その応用です (^_^)ニコッ!
地震大国の日本では、耐震構造ではない古い建物は次々建て替えられますが、ヨーロッパでは今もなお大切に保存されたり使われたりしています。
列車は・・・ワワッ・・細かいところによく気が付きましたね。
私は言われて今、初めて気が付きました (^_^;;ヘヘッ!

投稿: 古都人 | 2014年5月16日 (金) 06時06分

前日記の階段脇の荷物用ベルトコンベアーは便利ですね。
海外で、日本でもこれがあったら、と思うようなものに
たまに出会うことがあります。
これなどはまさにそうですね。
私が今までに出会ったそういったもののうちのベスト1は
イギリスの「犬のウンチ箱」でした。
ドイツにもあるのではないかしら?


zooey様

あのベルトコンベアーは本当に助かりました。
自分自身は階段でも良いのですが、荷物があまりに大きかったり重い時は階段はしんどいですからね。
しかし今の日本を考えると、荷物だけのためのものよりお年寄りに優しいエスカレーターやエレベーターのほうが良いかもしれません。
「犬のウンチ箱」、ドイツにもあるのかな?私は見なかったです。気がつかなかったのかもしれませんが・・・。

投稿: zooey | 2014年5月16日 (金) 10時13分

慕辺未行さん今日は
シュツットガルトの宮殿素敵ですね・・
私はやっぱり旧宮殿の方が何故か見ていても心が
安らぎます・・そしてベンツバス高級感漂って素敵ですね
色も良いな。。。列車の色も赤くて気分がウキウキ
何で私
色にこだわるのかな・・・
しかし車窓の景色とこの色
合いますよね・・・(笑)
いよいよローテンプルグ楽しみ私も写真出して見ています
ハイデルベルグとどう違うのかな・・・写真を見ると
両方ともよく似ている町並みです・・・慕辺未行さん
よかったら教えて下さい・・・さっぱり解らないまま皆さんに
付いて歩いていました・・・日本人ツアーです(笑)


咲子様

ドイツからスイス、そして再びドイツへ。シュッットガルトの街、今思えば「いかにもドイツらしい街並み」と感じます。
宮殿や劇場、ベンツバス・・・ホントまるっきり”ドイツそのもの”!
スイスも赤い列車が多かったのですが、ドイツのこのローテンブルクへの列車も赤!先頭席はパノラマ席?!
ハイデルベルクへは訪れたことはありませんので、何とも言えないのです m(u_u)mスマヌ!
しかしこのローテンブルク、おもちゃ箱をひっくり返したような可愛らしい街でした。
どこを見ても『絵』になる光景ばかりでした。
どうぞ来週の記事をお楽しみに (^o^)/!

投稿: 咲子 | 2014年5月16日 (金) 18時07分

ローテンブルグの記事は、2007.8.28に
書いています。
ここでは、マルクト広場とか、からくり時計を
覚えています。時計が音を鳴らしからくりが
動きだすのを大勢の人と待っていました。
団体旅行でもここでは楽しめました。でも
個人旅行ならもっとワクワクするでしょうね。


matsubara様

先ほどmatsubara様のローテンブルクの記事、拝見しました。その前はハイデルベルクを訪れていたのですね。
私はハイデルベルクは訪れたことがなく興味津々でした。
ローテンブルクのからくり時計、たくさんの旅行者があの広場に集まっていました。
そして皆からくり時計を見上げていました。
来週、3回にわたってローテンブルクの街、紹介します。
どうぞお楽しみにしてください (^_^)ニコッ!

投稿: matsubara | 2014年5月17日 (土) 19時37分

ドイツの朝食は ホント最高ですね! 車中でのアンケート、タバコ吸いの車掌、ベルトコンベアなど 面白いお話でした。^_^
これまでの旅を思うと、電車が一等というのは 凄いことですね^_^
ローテンブルク、楽しみです。 ネパールと違って どんな風にお楽しみに
なるでしょう!


bella様

ホント、ドイツの朝食は私にとっては「願ったりかなったり」のものばかりでした。
パンとコーヒーはもちろん、ハムやチーズにヨーグルト・・・フルーツも盛りだくさん!私にとっては最高であり理想の朝食です (*^o^*)!
この旅ではユーレイルパスを使っていましたので、年齢がら1等しか買うことができず・・・今までとは違う”贅沢”な旅ができました。
日本でも人気の高いローテンブルク、素敵な街でした。
もちろんbellaさんも訪れたことがおありですよね?

投稿: bella | 2014年5月17日 (土) 22時18分

ちょうどワールドカップで盛り上がっているときの訪問だったのですね。
ドイツ、強かった(今もかな?)ですもんね。

私もドイツは大好きで何回か訪れていますが、マクドナルドにビールが
あるなんて知りませんでした。
びっくりです。


みーこ様

そうです、今から12年前の日韓大会の時です。
あの大会ではドイツのGK、オリバー・カーンの活躍が光りました。
みーこさんも何度かドイツへは訪れているのですね。
でもさすがに、「マクドナルドにビール」はご存じなかったですか?!
ちなみにドイツでは16才になればビールは飲めます。親が一緒であれば14才から飲むことができます。
だからマクドナルドにもビールがあるのでしょうね。
日本では考えられませんし、絶対に許可が下りないですよね。

投稿: みーこ | 2014年5月18日 (日) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その35(再掲) | トップページ | 今年も舞妓さんと芸妓さんの舞を見てきました。 »