« 2002 ドイツ・スイスの旅 その27(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その28(再掲) »

2014年4月27日 (日)

SLと船シリーズ&琉球切手

皆さま、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

いよいよGWですが、今年は飛び石と後半に4連休と、カレンダー通りの方も多いのでは?
中には昨日から5月6日まで11連休という方もいるかも?

今回、久々に紹介する切手はGWにちなみ、SLシリーズと船シリーズ、そして沖縄が日本に返還される前に発行された『琉球郵便』の切手を少し紹介します。

Cimg3474
1列目、『D51』『C57』『D52』
2列目、『C51』『9600』『C58』
3列目、『7100』『150』『C11』『8620』

Cimg3475
1列目、『遣唐使船』『遣明船』『昌平丸』
2列目、『御朱印船』『天地丸』『千石船』
3列目、『大成丸』『浅間丸』『コンテナ船』
4列目、『天洋丸』『畿内丸』『タンカー』

Cimg3491
1列目、『母の日(1964)』『オリンピック東京大会沖縄聖火リレー記念(1964)』『金武発電所竣工記念(1965)』『愛鳥週間記念リュウキュウツバメ(1966)』
2列目、『国際観光年記念(1967)』『ハワイ移住70年記念(1969)』『海中展望塔完成記念(1970)』
3列目、『国政参加記念(1970)』『那覇市制施工50周年記念(1971)』『沖縄返還協定批准記念(1972)』
4列目は1968~70年発行の年賀切手。
5列目、『セマルハコガメ』『タイマイ』『リュウキュウヤマガメ』
6列目、『沖縄戦跡政府立公園』『沖縄海岸政府立公園』『与勝海上政府立公園』

琉球郵便の切手はもう数枚持っています。
沖縄が日本へ返還されて40年以上経ちました。これらの切手はもはや貴重なものになりつつあるのかもしれません。大切にしていきたいと思います。

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その27(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その28(再掲) »

コメント

暦通りにお休みですか?
そして体を休められるのでしょうか?

SLと船のシリーズ、もちろん初めて拝見です。
格好いいですね。
帆船は横浜で最近見たのですが残念ながら帆を張っていませんでした。いつか実際に見てみたいです。
沖縄のもずいぶんたくさん集められたのですね。


tona様

物理的なGWより精神的なGWが欲しいと感じるここ数年です (^_^;;!まぁそれはともかく・・・
私が切手をコレクションしていたころに発行された切手ですが、どれも格好いいデザインの切手ですよね。
郵政民営化されてから各地で様々な切手が発行される中、今回紹介したSL切手は今もなおかなり人気があるそうです。
沖縄の切手、私がコレクションを始めたころはまだ返還前でしたから。

投稿: tona | 2014年4月27日 (日) 21時40分

沖縄の切手がありますね。 先日旅行した沖縄では 相変わらず
米軍基地がフェンスに囲まれて 広い土地を占めていました。
沖縄は 貧しさと 米軍と日本政府からの援助による恵みとが
並列していましたよ!


bella様

沖縄が返還されてもう40年以上経つのですよねぇ!
しかし今だ”基地”の問題や駐留米軍人の犯罪など・・・いろんな問題を抱えているのですよね。
私自身はまだ一度も沖縄へ行ったことがありませんが、行けば少しは現地の人々の思いを感じられるでしょうか?
でもそれは、旅の仕方にもよりますね。

投稿: bella | 2014年4月27日 (日) 21時59分

沖縄返還の日、外で朝会があっていを聞き、それだけでお休みになったかしら。もう勤めて12年くらいになっていましたね。
煙を吐きながら走る蒸気機関車、こうして見ると恰好いいんですよね。鼻の穴まで真っ黒になりながら旅したのにね。


agewisdom様

もうずいぶん昔の話になってしまいましたね。
当時の私はまだよく分からなかったと思います。
しかしこうしてあらためて見てみますと、沖縄がかつてアメリカに奪われた事実、そして今も問題とされる基地のこと・・沖縄の人々だけでなく日本人全体が考えなければならない問題なのですよね。

投稿: agewisdom | 2014年4月27日 (日) 22時15分

お早うございます
そうですね SLと言い 船と言い 絵になる素材ですね
特にSLはダイナミックです
コンテナ船も切手になるとは時代を感じます
琉球の切手も色々あるのですね
どれも貴重ですね
どれ位の切手の数をお持ちなんですか
何時も珍しさを思いつつ拝見しています


古都人様

SLはやっぱり、カッコイイ!ですよね。
そして船も・・・遣唐使船や御朱印船など、学生時代の日本史の授業を彷彿とさせます。
琉球切手、今では「そんな時代もあったんだなぁ!」と思うばかり、です。
何枚ほどあるかは分かりませんが、少なくとも’80年代前半までしかコレクションしていませんでした。
その半分以上は、切手収集が趣味の親戚のお姉さん(鳩子)から頂いたものばかり!
海外の切手もたくさん頂きました。
日本の切手の紹介はあと1回かな?
その後は、海外の切手を紹介したいと思います。

投稿: 古都人 | 2014年4月28日 (月) 06時14分

SLと船シリーズは全部持っています。
でも沖縄のものはありません。
どうやって手に入れられたのかしら?
国内では販売されなかったと思いますが・・・
カラフルで美しい切手ばかりですね。
地味なSLと船に比べますと~
どうぞ大切にして下さい。


matsubara様

SLや船シリーズの切手はもとより、’70年代半ばごろから’80年代前半までに発行された切手は、すべて親戚のお姉さんが送ってくださいました。
それ以前に発行された切手・・・ここに紹介した琉球切手もですが、当時近所にあった切手商で買い求めたものです。
いわれてみれば琉球切手は当時、日本国内では発行されなかったでしょうね。
郵便局ではなく切手商だったからこそ、手に入れることができたのでしょう!
それにしても年賀切手のデザインが、いかにも『沖縄らしい』デザインですよね。

投稿: matsubara | 2014年4月28日 (月) 15時56分

こんばんは
貴重な切手を沢山お持ちなのですね。
SLと船の切手、素敵ですね~
どちらも絵に成りますね。
20円の頃の発売なのですね。
沖縄が日本へ返還されて40年以上なのですね。
沖縄へ旅行した事もなく、40年の年月をあまりにも
身近に感じずにいたようです。
初めて拝見した素晴らしい切手の数々を
愉しませて頂きました。


すみれ様

私が切手をコレクションしていたのが’70~80年代の前半まで。
ですからもうすでに30年以上昔の切手ばかりです。
しかし実際の価値は・・・額面通りのようです・・(。_。)...
切手って雑学の宝庫だけでなく、その時代の物価も表していますよね。
今では葉書52円、封書82円ですからね。
沖縄の切手、円ではなくドル・・いやセントでしょうか、もう遠くに忘れ去られた時代を思い起こさせます。
しかし現地では今でもその時代の『負の遺産』が問題となっていますね。

投稿: すみれ | 2014年4月28日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その27(再掲) | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その28(再掲) »