« 世界の絵葉書 その48 TENERIFEからⅡ | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その11(再掲) »

2014年3月18日 (火)

2002 ドイツ・スイスの旅 その10(再掲)

部屋でしばらく休憩し、お待ちかねの夕食だ。エルマーのご両親もやって来て、今日は賑やかなディナーになりそうだ。もちろん、彼のご両親にもあいさつする。ドイツ語のアンチョコを見ながら・・・、

「Hallo ! Ich bin Jin(Dsching) aus Japan ! (こんにちは!私は日本から来たジンです!)」

「Wie geht's Ihnen ? (ご機嫌いかがですか?)」

「Ich freue mich , Sie kennen zu lernen ! (お会いできて、とても光栄です!) 」 happy01

あいさつ程度の会話しかできないが、それでもエルマーのご両親は笑顔で歓迎してくれた。そして、エルマーはこんな俺を・・・、

「ジン、君のドイツ語はなかなか上手だ。ドイツ語はアクセントは気にしなくていい」と、話してくれた。 happy02

ほど良く焼けた肉から美味しく頂くことにする。その前に、もちろんビールで「乾杯!」と、日本語でグラスを合わせる。エルマーのご両親は、「カンパイ・・・???」と、言っていたが、彼が「カンパイはプロースト (ドイツ語) だよ」と説明すると、「オォー!」と納得したように「カンパイ!」 beer と笑顔でグラスを合わせた。

そして、ラム、ポーク、フランクフルト・・・、どれもこれもやはり美味しい。特に、フランクフルトソーセージは、日本のものとは明らかに異なる。濃厚でジューシー。味の決め手はいったい何だろう?ハーブかな?良質の肉?熟練された技?いや、そんなことはどうでもいい。とにかくウマイ!

サラダもいただく。サラダはアンジュラの手作りだ。おいしい!肉と野菜、バランス良く摂っているんだなぁ!そう、あのピンク色の「魚です」といっていたもの、実は、何と以外にも ” 塩辛 ” だった。日本のものとは多少違うが・・・。何の魚かはわからなかったが、ちょっと変わった味で、ドイツの人々が食べる物のイメージからはほど遠いような気がした。

何杯目かのビールの時に、ドイツ語で

「皆の幸せを祈って、乾杯!」と言うと、大受けだ。さらに、

「ドイツと日本の友好を願って!」と続ける。

そして俺は日本から持ってきた焼酎で、ムスタンコーヒー cafe を作り、皆に味わっていただくことにする。エルマーは、焼酎を見せたとたんに

「オォ!ジン、ムスタンコーヒーを作ってくれるのかい?」と嬉しそう。そして一口飲んだ途端に、

「オォ!たしかにムスタンコーヒーだ!」と叫んでいる。

アンジュラやご両親にも

「ウン、なかなかおいしいわヨ!」と好評だ。

あのエヴェレスト・トレッキング以来、エルマーとこうして再びムスタンコーヒーを飲める日が本当に来るなんて、感無量だ。そのために来たようなものだから!

明日の予定だが、アンジュラは ”ライン河下り” を考えていたようだが、エルマーのお父さんから、「一緒にモーゼルの方へドライブ rvcar に行こう」と誘っていただいた。そちらの方も景色が良く、素敵なところであるらしい。どのあたりなのか全く知らないのだが、初対面の俺を、このように誘っていただけるので、連れて行っていただくことにする。

食後は、昨日プレゼントした浴衣をアンジュラが持って来て、もう一度、帯の締め方を教える。それを見ていたエルマーのお母さんは、「バタフライ(蝶々)のように結べばいいのネ!」と、一度見ただけで覚えてくれたようだ。さすが、女性はこういったものの覚えは早い。そして一緒に写真を撮ったりして楽しむ。

明日の起床時間は7:30と約束して、皆それぞれ部屋へと戻る。シャワーに洗濯をして眠ることにする。

バーギッシュ・グラートバッハ エルマー・アンジュラの自宅にて

*この旅日記は2002年のものです。

|

« 世界の絵葉書 その48 TENERIFEからⅡ | トップページ | 2002 ドイツ・スイスの旅 その11(再掲) »