« ネパール再会の旅 87 『日本へ』(再掲) | トップページ | 『雛のつるし飾り』を見ました »

2014年2月21日 (金)

ネパール再会の旅 88 『帰国』 (最終回)(再掲)

6月3日(金)晴れ
シンガポール1:50(SQ982)9:00名古屋 *時差1時間

 午前1時、搭乗ゲート105にて搭乗になるのを待つ。客を見ると、ほとんどが当然のごとく、日本人であった。このシーズンのウィークデーに、なぜこんなに旅行者がいるわけ?まさか、俺のようなプー太郎ばかりではあるまいし・・・。

1時50分、いよいよ今回の旅の最終便が離陸する。名古屋まで6時間10分。機内では、たくさんの思い出をくれたネパールの友達、そして海外に住む旅仲間、日本の旅仲間たちに手紙を書いていた。シンガポール航空は、スチュワーデスに頼めば、絵葉書やボールペンのサービスが受けられる。更に、それらの手紙もサービスで出しておいてくれる。
*今はCA(キャビン・アテンダント)と呼ぶのでしょうが、その時はまだスチュワーデスという呼び方が一般的でした。

書き終えた後、ややうたた寝をし気がつくと、もう日本である。九州上空のようだ。開聞岳(鹿児島)が見える。そして紀伊半島から伊勢湾が・・・。とうとう帰って来たんだ。

9時10分、名古屋空港着。空港からタクシーで自宅へと向かう。旅は終わった。

*この旅日記は1994年のものです。

|

« ネパール再会の旅 87 『日本へ』(再掲) | トップページ | 『雛のつるし飾り』を見ました »

コメント

こんにちわ
ネパール再会の旅 54日間の長旅 お疲れ様でした
しっかりと国際交流が出来ましたね
最後の日の感動のシーンも素敵でした
丁度20年前のことになりますね
私も現役最後の仕事で多分その頃シンガポールに
2度会社清算処理に行っていたことを思い出しました
帰国されてやはりほっとされたことでしょう
慕辺未行さんの文章の上手さも楽しませて戴きました
有難うございました


古都人様

当時、バブル経済崩壊後の立て直しが進まないころでした。それでまたしても、呑気にこんな長旅・・・(^_^;;ヘヘッ!
こんな人生、良いのか悪いのか・・・(-_-)ウーン...?です。
文章、上手ですか?自分では分からないのですが、書いていた時はこのような形で公開するとは想像さえもせず、自分自身の思い出のために書き綴ったものです。
次回は「2002 ドイツ・スイスの旅」を再掲載します。
そちらもぜひ楽しんでください (^_^)ニコッ!

投稿: 古都人 | 2014年2月21日 (金) 16時52分

私もネパールでマリーゴールドのレイをかけてもらったことを
思い出しました。もう10年も経ちすっかり忘れていました。
ウマさんからレイを貰いよかったですね。
私たちの場合は、全員順番にかけてもらいました。

楽しい思い出がたくさんある実りある旅でしたね。


matsubara様

シェルパ族などチベット系の人々は『カタ』と呼ばれる白い布を首にかけてくれますが、カトマンドゥではマリーゴールドのレイが一般的のようですね。
この時頂いたお花とレイは、帰国後枯れるまでマイルームに飾っていました。
本当に嬉しい、最後に最高のプレゼントでした。
あれからもう20年・・・。
今も色褪せることのない思い出として、記憶に残っています。

投稿: matsubara | 2014年2月21日 (金) 20時20分

私は以前にも書きましたが、一生懸命日本語を覚えてくれる努力を買いたいと思います。だって多くの旅行客たちはそのたびにその国の言葉なんか覚えられませんもの。助かります。
せっかく日本に来て片言の日本語で話しかけてくれる人にはできるだけ優しい日本語で、英語なら英語で、知らない言葉ならわからないとボディー・ランゲージで示すことにしています。
誰もが滞在型の旅をできるわけではないのですから仕方がありませんね。
もちろんこんな豊かな時間を持てた方は例外ですから。


agewisdom様

agewisdomさんが思うこと、海外の人々も同じだと思います。
ネパールに限らずドイツでも、私の片言のネパール語やドイツ語に対し、私が話すスピードと同じぐらいゆっくりと聞き取り易く話してくれました。
また私自身も、日本語が話せない若しくは片言の外国人の方から話しかけられた時は、ボディーランゲージを含めながら答えたりします。
働き盛りの年齢で、このような旅・・・普通はできないですよね。このような豊かな時間を持てたこと、とても幸運ですが、今後のことを考えれば必ずやその『しっぺ返し』が来るものです。
自業自得ですが、真面目に堅実に生きてきた人とは、『天と地』ほどの暮らしを余儀なくされる運命の私です (。_。)。

投稿: agewisdom | 2014年2月21日 (金) 20時44分

慕辺未行さん今日は
いよいよ帰国長い旅でしたね・・・
ネパールからシンガポール・・そして名古屋
この当時の気分になってお帰りなさい・・・笑
しかしネパールにはただの旅人では終わらない
沢山の思い出、色々な人達との繋がり一杯有りましたね
どんな思いで機内で手紙を書かれたのか・・
20年前の慕辺未行さんの心中をチョッピリ知りたくなりました(*^-^)
そして会話が出来た事で皆さんとの繋がりが
より一層、深まりましたね・・・現地の皆様
今も慕辺未行さんの事、覚えていて欲しいですね・・


咲子様

およそ2ヵ月ほどの旅だったでしょうか、とにかくたくさんの思い出ができました。
2年前の’92年に訪れた際に知り合った方たちとの再会、そして新たな出会い、すべてが20年経った今でもついこの間のことのように思い出すことができます。
やはり片言でもネパール語を少し話せたことが一番大きかったと思います。
おかげで『よそ者』扱いされることなく、仲間として接してくれました。
皆ともたくさん写真を撮りましたので、彼らも時には写真を見て私のことを思い出しているかもしれません。
そう考えると、また行きたくなってしまいます。とても無理ですが…。

投稿: 咲子 | 2014年2月23日 (日) 11時45分

優しいネパールの方々の送別スタイルには涙が出てしまいます。御ブログでネパールの方々のことがよくわかりました。
長い旅いろいろなことがあって、ツアーとは全然異なった旅、これぞ旅の神髄と憧れます。
ご本を読んでいるような名文、楽しませていただきました。
ありがとうございました。


tona様

ネパールを出る日の朝、いつもならまだ出勤してこない時間にもかかわらず、ウマとアンジュは私との別れのために早く来てくれました。
それだけでもとても嬉しいのに、お別れのレイまで頂いて、感激しました。
ネパールの人々、総じて穏やかで人懐こい人が多いです。
『旅の神髄』と言えるかどうかは私には何とも言えないのですが、楽しんでいただいてとても嬉しく思います。
本のような名文でした?お褒めいただき、恐縮です (^_^;;
次からはヨーロッパの旅日記の再掲載です。
そちらもぜひ楽しみに、よろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2014年2月23日 (日) 17時09分

長く 楽しく 有意義な旅でしたね。お仕事より旅を選んだ訳ですから
人生そのものの旅でしたね。 中身が薄いはずもありません!
次回からのドイツなどの旅も楽しみにしていますー


bella様

バブル経済が崩壊した直後に訪れたのが’92年。
そして帰国し定職に就いたものの、不景気であることには変わりなく・・・わずか2年後、再び日本脱出!の旅でした。
次回からの旅日記、すでにかなりコピペして予約投稿してあります。
前回掲載したのが5年前。その途中でbellaさんとお知り合いになり、コメントいただくようになりました。
そうです。bellaさんと知り合ってもうそろそろ5年になります。

投稿: bella | 2014年2月24日 (月) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 87 『日本へ』(再掲) | トップページ | 『雛のつるし飾り』を見ました »