« ネパール再会の旅 80 『エッ?!今日じゃないの?』(再掲) | トップページ | 世界の絵葉書 その47 アフリカ大陸の北と南から »

2014年2月 6日 (木)

ネパール再会の旅 81 『ネパールの超!美少女』(再掲)

5月31日(火)晴れのち曇り一時雨
カトマンドゥ

 10時30分ごろ起床。寝つきが悪く、疲れている。まず、これで最後になるであろう両替のために、銀行へ。$120両替しておく。ロードウェイ・カフェにてコーンフレークとコーヒーで朝食とする。そして、ハンディ・クラフトショップへ昨日見つけたものを買いに行く。ゲストハウスに戻り休憩し、シャワー。

2時ごろ、シンガポール・エアラインのオフィスへ。しかし、言われることはいつも同じで「Waiting(空席待ち)」である。いつ帰国できるのか、さっぱり見当もつかない。

アランさんのバースデーパーティーに参加するため、王宮通りでタクシーを探す。いつもはアンジュと一緒に行っていたのだが、今日は俺の都合で別々だ。アンジュは、俺1人で行くことができるか心配していたが・・・。アランさん達の家は、超高級ホテル『ソルティオベロイ』のすぐ近くなので、そこを行き先に何台かのタクシーと交渉してみたが、60ルピーが限界だった。日本人で、しかも行き先がソルティオベロイだから、ふっかけられたのかもしれない。

プレゼントに買っておいたウィスキーを片手に、アランさんの家に到着。するとアランさんもアンジュの姉のウタンさんも、俺1人で来ることが出来たことを、とても喜んでくれた。昼間からでも、何人かのアランさんの友達がお祝いに駆けつけていた。パタンのホテルで仕事をしている人と、彼の姪のラシミさんとは、親しく話をすることが出来た。しかし、この2人、どこから見ても日本人と変わらない顔つき。そう話すと彼は、「ホテルで日本人客から、よく日本語で話しかけられることがありますよ」と笑いながら話していた。

まだ18才というラシミさんは、今はインド・ダージリンで仕事をしていて、今回たまたま休暇中で帰省していたそうだ。彼にとっては自慢の姪っ子のようだ。アランさんへのバースデーカードも、彼女が選んだらしい。とても可愛い女の子で、もし日本人だったとしたら、日本でもかなりもてるんじゃないだろうか?皆でビールを飲みながら乾杯し、楽しく過ごす。が、ラシミさん達はおじさんの都合で、夕方にはおいとましてしまった。

Img238
見た目、言われなければ『皆、日本人』と思いませんか?彼女が抱いている子は、彼女の子ではありません。この家のウタンさんのお孫さんです。

*この旅日記は1994年のものです。

|

« ネパール再会の旅 80 『エッ?!今日じゃないの?』(再掲) | トップページ | 世界の絵葉書 その47 アフリカ大陸の北と南から »

コメント

確かにかわいい日本の少女と同じですね。私はよくわかりませんが肌の色は褐色の人ともっと白い人とさまざまなのでしょうか。インドもそうですね。ヒマラヤがあるためかもしれませんね。


agewisdom様

この女の子、アイドル並みに可愛いでしょ (*^o^*)?!
日本の女の子と変わらない顔つきです。
彼らはもともと彼の地で暮らす”ネワール族”。インドよりもチベット系に近いです。
日本人よりも肌がやや黒いのは、気候のせいもあるでしょうか・・・。

投稿: agewisdom | 2014年2月 6日 (木) 21時51分

一昨日の日記を見て、ネパールにもマーボトーフが
あることを知りました。行った時気づかなかったです。

昨日の記録を見るとタクシーで値段の交渉まで
ネパール語でされたとは凄いです。

この方本当に美人ですね。プロポーズされたら
よかったのに・・・
そう言えば私も向こうで知り合った人も美人でした。


matsubara様

ネパールにも中華料理店があります。マーボー豆腐はそこで食べました。メニューには『麻婆豆腐』とは書かれてなく英語で”Soybeen with Porkmeet”(?)と書かれていたような・・・?
『郷に入れば郷に従え』ではありませんが、100%日本語脳の中に、ほんのわずかネパール語脳がお邪魔していたのでしょう。多少なりともネパール語で、このような交渉もできるようになっていました。
この女の子、『美人』と言うより『カワイイ』と言ったほうがいいような子でした。
ホント、ビックリするほど可愛かったです (*^o^*)!

投稿: matsubara | 2014年2月 7日 (金) 08時05分

帰国が交通事情でなかなか決まらなかったのですね。
今でもそうなのでしょうか。
兎に角忍耐心だけは養われたのことでしょう。

ネパールって美人だらけですね。
ここからダージリンは近いのですか?


tona様

シンガポール航空のカトマンドゥ便は、週2便だけでした。それゆえ、どうしても予約が取りにくかったです。
ネパールって意外(?)にも美人が多い国です。
特に私が出会い知り合った女性は、美人や可愛い子が多かったような・・・(^_^)ニコッ!
カトマンドゥからダージリンへは丸1日かかります。
1992年に行きました。カトマンドゥを夕方出発の夜行バスに乗り、国境はサイクルリクシャ・・・などでダージリンへは翌日夕方に到着しました。

投稿: tona | 2014年2月 7日 (金) 13時20分

こんにちは
そうですね 私は今はタレントの早見優さんに似ているなあと
思いました
今回の旅日記の中でも何人かの美人が登場していましたね
ネパールでは芸能人みたいな世界はあるのですか
彼の地の美人達の仕事と言えばどんなのがあるのでしょうか
別件ですが「和風総本家」を見ました
そうですね 意外な場面での使い方でしたね
ご紹介有難うございました


古都人様

彼女、可愛いでしょ (^_^)ニコッ!
早見優さんに似てるかなぁ・・・(・_・?
ハイ!ネパールって意外にも美人が多くてビックリです。
日本で言う『芸能界』かどうか分かりませんが、以前紹介したような映画スターはいるようです。
ミスコンテストも行われているようで、以前放送されたNHKの『アジア語楽紀行・ネパール語』では、当時高校生だった女の子が案内役として出演していました。
彼女もとてもきれいな女性でした。
『和風総本家』での場面、意外な使われ方でしたが、「このように使われることもあるのだなぁ!」と、今後のブログ掲載写真にも注意を払おうかと感じた次第です。

投稿: 古都人 | 2014年2月 7日 (金) 15時09分

確かに可愛い方ですね~っ
他の方とはまた違って・・・うん、日本の昔の正統派アイドルって感じです
あっちにもこっちにも美人揃いで、目移りしちゃいますねheart02


きゃぶ様

ネッ!可愛いでしょう~!
ゲストハウスのスタッフのウマは”美人タイプ”ですが、この子はきゃぶさんが仰るように”昔(’80年代)の正統派アイドル”みたいですよね。
なぜか私が行くところに「美人がいる」ような感じでした。
あの頃は「誰か日本へ連れて帰ろうか?それともネパールへ移り住もうか?」と考えたものです。

投稿: きゃぶ | 2014年2月 7日 (金) 21時49分

こんばんは
お一人でも気軽にお出かけ出来るのは
やはり語学力の強さですね。
ネパールは美人が多いのでしょうか?
お写真の女の子、本当に清純で美人ですね~
日本人と似ていますね。
抱かれている小さな子供も可愛くて
きっと美人に成りそうです。
このお写真の慕辺未行さんは日本人離れしている様な?


すみれ様

ここを訪れるのは3回目でしたし、頭の中もほんの少し”ネパール語脳”があったからかもしれません。
私が知り合ったネパール人女性、美人が多かったです (^_^)ニコッ!
この2人、『日本人』のようにも見えるでしょ?
女の子は、まるで日本のアイドルのような顔立ち w(^o^)w!
私自身もビックリしたほどです。
眼鏡をかけた典型的な”日本人顔”の私(?)ですが、ネパールの人たちと一緒にいても違和感がない!(笑)
すっかり慣れ親しんでいます (^_^;;ヘヘッ!

投稿: すみれ | 2014年2月 7日 (金) 22時56分

そちらも 雪が降っていますか?
こちらもほぼ真っ白です。明日出かける予定ですが 出られるでしょうか
可愛い女の子、是非アップが見たかったです! でも美しさはわかります

和風総本家という番組が 上で出てましたが、あれいいですね、、


bella様

こちらも今日は昼ごろまで雪が降り、この冬初の積雪となりました。朝は一面真っ白でしたが、今は車や人の往来でずいぶん溶けてきています。
彼女、間近で見た時は「日本のアイドルにも引けを取らない」と思うほど可愛かったです。アップの写真は残念ながらなくて・・・。
和風総本家、私はほとんど見たことはありませんが、この時はブロ友の方の写真が番組内で使われるとのことで、見てみました。

投稿: bella | 2014年2月 8日 (土) 14時15分

慕辺未行さん・・今日は
シンガポールの空席待ち凄い時間掛かりそうで吃驚
日本だと何も無い時、空席待ちをすると殆ど
その便に乗れたと思いますが・・・
タクシー代も頑張って交渉、話せるっていいな・・
でも足元見てお金、有りそうに思われたんですね・・
行き先が超高級ホテルだし・・何処の国も同じ事ありますね
アランさん心配して下さっていた様ですね・・一人ですものね
そしてアランさんの姪っ子さん美人ですね、やっぱり
可愛いかな・・本当・・日本人みたいですね


咲子様

シンガポール航空のカトマンドゥ路線は、週2便しかなくて予約がなかなか取れませんでした。
でも諦めず、粘り強くいくしかありません。
アランさんの家に行くのに一番分かりやすい行き先が、その超高級ホテルでしたから、足元見られたのでしょう。
それは仕方がないとしても、無事にたどり着くことができました。
彼女、可愛いでしょ?!
やや色黒ですが日本のアイドル並みの可愛らしさでした。
ネパール女性の美しさ、かなりハイレベルです (^_^)!

投稿: 咲子 | 2014年2月 9日 (日) 15時40分

明日から6日連続下手な写真のオンパレードです。
読み逃げでよろしくね~


青龍○段様

ラジャー!
どんな写真か楽しみに&読み逃げさせていただきまする (笑)!

投稿: 青龍〇段 | 2014年2月 9日 (日) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 80 『エッ?!今日じゃないの?』(再掲) | トップページ | 世界の絵葉書 その47 アフリカ大陸の北と南から »