« 2002 ドイツ・スイスの旅 その2(再掲) | トップページ | 梅の花 »

2014年2月27日 (木)

2002 ドイツ・スイスの旅 その3(再掲)

いよいよ彼らの街、バーギッシュ・グラートバッハに。ケルンから来る鉄道の終着駅があり、そこから街が広がる。ドイツ特有の可愛らしい建物が立ち並ぶ。彼らの自宅は、街の中心部からやや外れに行った、牧草地の目の前にあった。

丘陵地にあるせいか、彼らの家の造りは、玄関が2階で1階は半地下構造になっており、寝室などは3階にある3階建ての家だ。1階が客室と言うかゲストルームになっており、そこへ案内され、この日から3日間ここで過ごす。

キッチン、トイレ、シャワー、テレビもステレオもと、何もかも整えられたいい部屋だ。時期によっては1人用の賃貸ルームとして貸し出しもしているそうだ。窓からは庭が見える。

荷物を広げお土産を渡す。浴衣と帯、扇子だ。さっそく彼らに着てもらう。なかなか似合っている。とてもうれしそうだ。女性用の帯の締め方に多少苦労した。事前に母から教わっておいたのだが…。そして、藤娘の人形。ガラスケースを組み立てる。汗をかきながら組み立てている俺に、彼らは扇子であおいでくれる。藤娘とは何かを書いたものを、あらかじめ英語で作っておいたので、組み立てている間に読んでもらった。

組み立て終わると、人形をケースに入れて、2階のリビングへと持って上がる。そこで浴衣姿の彼らの写真を撮り、さっそくビールで乾杯。

010
浴衣を着たアンジュラとエルマーと藤娘人形

「プロースト(ドイツ語で”乾杯”)」と言うと、「日本語では何て言うんだい?」と尋ねるので、「カンパイ」と教える。それからは飲むたびに「カンパイ!」と言いながら、グラスを重ね合った。

*この旅日記は2002年のものです。

|

« 2002 ドイツ・スイスの旅 その2(再掲) | トップページ | 梅の花 »

コメント

ドイツ、いいなぁ
と~まも¥は、ドイツもスイスも行ったことねいの
行きたにゃhappy02


と~まの夢様

ヨーロッパって、フランスやイタリアのほうが旅先としては人気が高いような気もしますが、スイスはもちろんドイツだってなかなか素敵な国でしたヨォ!
続きもどうぞ、お楽しみにぃ!

投稿: と~まの夢 | 2014年2月27日 (木) 14時29分

こんばんわ
始まりましたね 何時もの様に地図を片手に
読ませて戴きましたがドイツの地名の長いこと
ボンとかケルンとか短いのもありますが
凄く長いのもありますね
何か歴史があるのでしょうね
お二人は当時でお幾つなんでしょう?
日本らしいお土産 喜ばれた様ですね
これからの展開が楽しみです


古都人様

ケルンは地図上にも載っているでしょうが、彼らの街バーギッシュ・グラートバッハはたぶん載っていないのでは?
ケルンから東へ20Kmほどの距離です。
ドイツの地名、たしかに長い名前の地名がありますね。
日本人旅行者にも人気のローテンブルクは、正式名称は「ローテンブルク・オプ・デア・タウバー」ですし、かの有名な「ノイシュヴァンシュタイン城」も長い名前です。
ドイツ語の特徴かもしれないです。
2人は当時、40代前半です。私は・・・40才ジャストでした。
藤娘人形はもちろん、浴衣はアンジュラがとても気に入ってくれました。

投稿: 古都人 | 2014年2月27日 (木) 17時36分

ドイツには2008年に行きましたのでとても懐かしいです。
一昨年も行きました。
でも単なる観光で、慕辺未行さんのようにお友達の家に
行った訳ではありませんので、とても羨ましいです。
浴衣のこと喜ばれてよかったです。


matsubara様

近年に2度も訪れているとは、こちらこそ羨ましいです。
彼らの自宅に泊めていただいた後は、私も単なる観光しかしていません。
それでもその国の人々の生活に触れることができたのは、個人旅行ならでは!かもしれませんね。
浴衣は特にアンジュラは喜んでいました。

投稿: matsubara | 2014年2月27日 (木) 19時03分

こんばんは。毎日楽しく拝見しています。
なつかしいお友達との再会、「エヴェレスト街道」が記憶に新しいので、わたしも嬉しくなりました。
車中から古城が見えたあたりわくわくしましたよ。
浴衣のおみやげ、よろこばれたでしょうね。藤娘は持っていかれるの大変でしたでしょ?すばらしいおみやげですね。
ビールでカンパイ!つづきを楽しみにしています。また来週ね


hare様

この旅日記をすでにいくつか予約投稿していたので、『エヴェレスト街道を行く』をお奨めしていたのです。
彼らとの関係、お互いに再会できた喜び、とても良く分かるでしょ (^_^)ニコッ!
アンジュラは浴衣をとても気に入ってくれました。
やはり日本独特の着物ですし、女性はどの国でもファッションに興味あるでしょうから!
藤娘、人形は新聞か何かでくるみ、ケースはバラバラにして新聞と段ボールで割れたり折れたりしないように持って行きました。
続きも楽しみにしてくださいネ (^o^)/!

投稿: hare | 2014年2月27日 (木) 19時30分

アレレ、着物左前じゃないかしら?初めて気づきました。まあいいか~そんなことは、なかなかいい雰囲気だものね。藤娘も飾られて日本展ですね。


agewisdom様

エッ・・・?
慌てて見に行きましたけど、大丈夫です。
着ている本人からすれば、右前になっていますヨ (^_^)ニコッ!
10年ぶりの再会、しかも泊めていただけるとなれば、これぐらいはお土産を持って行かねば・・・。
けど、このような考えって日本人だからかも・・・です。

投稿: agewisdom | 2014年2月27日 (木) 20時31分

こんばんは
ドイツ・スイスの旅の始まりですね。
凄く楽しみです。
憧れていても、これからも出かける事が無い旅先です。
アンジュラとエルマーご夫妻も10年ぶりの
再会を楽しみにお待ちだったでしょうね。
浴衣のお土産は素敵ですね。
扇子も日本人形も素敵な日本を感じて戴けそうです。


すみれ様

あらら?もう出かけることがない旅先ですか?
イタリアへお出かけのついでに、ちょっと足を延ばしてみてはいかがでしょうか?(^_^)ニコッ
彼らからは『いつでも遊びに来てくれ』と何度も誘われていました。
ですから彼らもとても楽しみにしていました。
2泊お世話になりますし、久しぶりの再会・・・『日本らしいお土産を』と考え、浴衣に扇子、藤娘人形を持って行きました。

投稿: すみれ | 2014年2月27日 (木) 22時47分

10年前のドイツですか。
今とあまり変わらないのでしょうね。
日本からのお土産、とても考えられていますね。
さぞかし喜ばれたことでしょう。
ご夫妻はまだ日本には見えてないのですか?
アウトバーンは気持ちよいですね。
スピードがあって心配でしたが、そんな心配は必要ないほど快適でした。


tona様

12年前ですが、「あれからもう12年?!」と思うほど、月日の流れは速いです。
でもこのころと今、あまり変わっていないでしょうね。
政治的には2005年、シュレーダー首相に代わりドイツ初の女性首相メルケル首相が誕生しました。
ネパール・エヴェレスト街道で苦楽を共にした仲間、10年ぶりの再会、そして泊めていただけるとあってお土産は私なりに考えました。
2人は日本へは来たことがありません。
招きたくても我が家ではとても泊められませんし・・・(。_。)
本音は「ぜひ招きたい」のですがね。
アウトバーン、日本の高速道路よりはるかに快適ですよね。エルマーなんて時には210km/hで走っていましたヨ!

投稿: tona | 2014年2月28日 (金) 13時53分

慕辺未行さん今日は
始まりましたね・・ヨーロッパの旅、私も約20年ほど前の
写真嬉しく成って出して来ました・・笑
名古屋からソウルそしてフランクフルトいいな・・此の時の
ワクワク感、私も同じかもしれませんo(*^▽^*)o
エルマーさんアンジュラさん遠いとこからお迎えに来て頂き
有り難かったですね・・そしてお土産、日本らしい素敵な品々
きっと喜ばれた事でしょう・・
お泊りのお部屋、設備満点で嬉しかったですね
乾杯の言葉もお互いに心が解り日本語に
合わせて下さって・・嬉しいですね(*^-^)
旅慣れた皆様方こそ出来る心づかいかも知れませんね


咲子様

咲子さんは20年ほど前、ヨーロッパを旅行されたことがあるのですね。
懐かしく思い出されたでしょうか?
ドイツのアウトバーン、日本の高速道路よりもはるかに速いスピードで走ることができます。
だからこそあの距離でも迎えに来ることもできるのでしょう。
日本でしたら、例えば我が家(名古屋)から関空まで迎えに行くようなものです。
お土産、浴衣だけでなく飾りものもと思って『藤娘』を持って行きました。
とても喜んでいただけましたヨ!
食事の際、ビールを飲むたびに「カンパイ!」と言って飲んでいました。

投稿: 咲子 | 2014年3月 1日 (土) 14時57分

海外で知り合った方とこうして長い間お付き合いができるって
本当にすてきですね。
おみやげに浴衣と藤娘とはさすが慕辺未行さん。
さぞかし喜ばれたことでしょう。
ケースは機内に持ち込まれたのでしょうか?
無事にお渡しできてよかったですね。

私もドイツは2回、スイスは1回、別々に訪れていますが、
ヨーロッパの中でもドイツは一番のお気に入りの国なんです。旅行記の続きが楽しみです。


みーこ様

ネパールでおよそ2週間、エヴェレスト街道トレッキングを共にした仲でした。
帰国後も手紙や絵葉書が何通も届き、今では家族ぐるみの付き合いになりました。
お土産はやはり”日本的”なものと考えて持参しました。
ガラスケースは分解し新聞紙やプチプチにくるんで、スーツケースの中で衣類の間に詰めて持って行きました。
みーこさん、ドイツへ2回も訪れていたのですか?
しかも一番のお気に入り?!私としても嬉しいです。
みーこさんのドイツやスイスの旅日記、読んでみたいです。

投稿: みーこ | 2014年3月 3日 (月) 13時31分

エルマーは想像よりお年でしたが 、外人さんは 実年齢はお若いかも。
ドイツと聞いて、さすがにネパールより、状況が理解し易いですよ。
アインプロースト、アインプローストの歌ご存知でしょう!
もう耳から離れません! 今回の記事も きっと楽しい毎日の話題が
引き続くことでしょう


bella様

エルマーもアンジュラも当時43才だったと思います。
もっと若く見えましたか?(^_^)ニコッ!
そりゃ bellaさんですもん!ドイツはもちろんヨーロッパのあちこちをドライブ旅されていますもんね。
アインプローストの歌、この歌詞の部分だけは聞き覚えが・・・(゚o゚)アッ!
以前、数年間見ていたNHK『ドイツ語会話』で聴いたのかも・・・?
bellaさんも訪れたことがあるモーゼルのツェルへもドライブしますヨォ!

投稿: bella | 2014年3月 3日 (月) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002 ドイツ・スイスの旅 その2(再掲) | トップページ | 梅の花 »