« ネパール再会の旅 74 『5000ルピー?』(再掲) | トップページ | 国宝&重要文化財シリーズ切手 »

2014年1月23日 (木)

ネパール再会の旅 75 『二日酔いの日のこと』(再掲)

5月25日(水)晴れ
カトマンドゥ

昨夜はククリラムの飲み過ぎ(中ビン1本)で、胃の中がおかしく、今朝はなかなか起き上がれなかった。ルームキーパーが部屋の掃除のために、ドアをノックしても応答する元気もないほど。部屋の中から返事がなければ、ルームキーパーは合鍵を使って部屋の中へ入り掃除をしていく。のだが、合鍵を使ってもドアは開かない。内側からカギがかけられていれば、部屋の中にいることは、彼女らは分かっている。

他の部屋の掃除を済ませて、最後にもう一度俺の部屋へ来たのだろうか、再びドアをノックする。しかし、二日酔いであまりにも気分がすぐれなかった俺は、そのままベッド上に横たわっているしかなかった。すると、ルームキーパーはウマと相談したのだろうか、ノックと一緒にウマの声で「ハロー、○○!いるんでしょ?」とドアの向こうから呼んでいる。こうなると、ドアを開けざるを得ない。無理やり体を起こし、内鍵を開け、そしてすぐにまたベッドへ。

ウマとガンガが入って来て、「どうしたの?」と心配そうに聞いてくる。「ストマック・トラブル・・・」と力なく答える。「薬は飲んだの?」「飲んだけど、効かない・・・もう少し寝かせて」と言うと、彼女たちは「分かったわ、でも鍵はかけないでネ」と言って、部屋を後にした。

スタッフの心配をよそに、2時過ぎまで体を休めていた。1階の雑貨屋で冷えたファンタを1本飲んだきり、何も食べられない状態だ。再び部屋の中で休む。4時ごろ、ウマとガンガが俺の様子を見に来た。

「何か食べた?」
「いや、何も食べてない・・・」
「何か食べないと、薬も効かないわよ」
「あぁ、分かってるけど、食べに行けるほどじゃないんだ」

するとしばらくして、チャイとジャムトーストを持ってきてくれた。「これを食べて、それから薬を飲んで休んだら、きっと良くなるわよ」と言って、置いて行ってくれた。俺は彼女らの好意に感謝し、それらを何とか口に入れた。そして薬を飲んでもうしばらく横になる。

Img201
私を気遣って世話してくれたウマ(左)とガンガ(中)です。2人とも、キレイですよネェ (^_^)!

まだ体は気だるいが、5時45分ごろ重い体を無理にでも引きずり、トコトコと外出。オム・マンダラ・レストランで、牛丼とおひたしを注文する。どんな牛丼が出てくることやら・・・。日本の牛丼は、玉子でとじてはいないのだが、この店のものは、まるで親子丼のようで、ただお肉はやはりバフ(水牛)かな?けっこう大盛りなので、全部も食べきれずギブアップ。トロトロとゲストハウスへ戻り、Tシャツなどを洗濯し、シャワーを浴び、今日は酒はほどほどにして眠ろう。

カトマンドゥ、マナスル・ゲストハウスにて

*この旅日記は1994年のものです。

|

« ネパール再会の旅 74 『5000ルピー?』(再掲) | トップページ | 国宝&重要文化財シリーズ切手 »

コメント

ついに二日酔いですねcoldsweats01
やっぱり慕辺未行さんにも限界が・・・休肝日は大切です
ウマさんとガンガさん、お二人ともエキゾチックな雰囲気がとても素敵ですね
こんなキレイな方々に心配かけちゃダメですよ~
でも、心配してもらえて、幸せモノですねっwink


きゃぶ様

夜な夜な旅日記をまとめているときに、書きながらつい飲み過ぎ・・・なんて日もありました。
しかしアルコール度数が高いのに、あれだけ飲んだらこうなるわなぁ、と今さら思います。
2人の気の利いたサービスのおかげで、何とか薬も効果が出て回復しましたが、恥ずかしい醜態をさらしてしまいました (^_^;;

投稿: きゃぶ | 2014年1月23日 (木) 21時28分

二日酔いできるほどリラックスしていたってわけかしら。美人に囲まれてまるでハーレムの王様ですね。


agewisdom様

カトマンドゥ滞在中に旅の記録を書きとめていたのですが、飲みながら数日分書きまとめると、知らないうちにお酒の量が増えていた日もありました。
恥ずかしい醜態でしたが、彼女らの機転で軽く食事もとることができ回復しました。

投稿: agewisdom | 2014年1月23日 (木) 21時43分

お早うございます
アルコール度はどれ位なのでしょう
二日酔い しんどいですよね
私も沢山の経験がありますが・・・
最近は全くありません 飲めなくなりましたね
歳ですね
魅力的な方達ですね 心配してくれて嬉しかったことでしょう
カトマンドゥの滞在が長い様に思いますが・・・


古都人様

ラム酒でウイスキー並みに40度ぐらいはあったように思います。氷はないので、飲む前にいつも冷えたコーラを買ってきてそれで割って飲んでいました。
旅日記をまとめているうちに時間がかかって飲み過ぎてしまったと思います。
起き上がるのもしんどいほどでしたから、かなり酷かったです。
それにしても、とんだ醜態をさらし彼女たちに対して恥ずかしいやら申し訳ないやらです。
何やかやとカトマンドゥ滞在が長くなりました。もうそろそろ・・・です。

投稿: 古都人 | 2014年1月24日 (金) 06時10分

ネパールの女性たち、美しいですね。どの人も女優さんのようです。それに親切ですね。
二日酔いって経験したことがないですが、それは辛いそうです。
異国の地でさぞ心細かったでしょう。


tona様

きれいな女性、多かったです。見た目だけでなく内面もキレイでしたヨ (*^o^*)!
この日の二日酔い、私の経験上でもかなり酷かったのですが、彼女たちのおかげで軽く食事をとることもできましたし、何とか回復しました。
彼女たちと親しくしておいて良かったです。醜態をさらしましたが助かりました。

投稿: tona | 2014年1月24日 (金) 08時40分

この三日間の日記を読んでまだ
結婚されない理由が分かりました。
ウマさんのような美人にネパール語を
教えて貰い、日本語を教えてあげて
親しく交流されたからですね。
日本にはウマさん以上の美人が
いないせいと分かりました。


matsubara様

そういうことにしておきましょう (^_^;;ヘヘッ!
小さなゲストハウスのフロントですから、大した仕事もなく(?)暇つぶしの相手をさせられていたのです。
私も良い暇つぶしになりました。
ウマ、かなりの美人でしたからねぇ。
日本の中にいたとしても、かなりの美人で通りそうです。

投稿: matsubara | 2014年1月24日 (金) 10時56分

慕辺未行さん今晩は
お酒の飲み過ぎ・・・大変
気分が悪い時は動けないし・・それでも
呼ばれると仕方なく身を起こしますが苦しいですね
でも美しいウマさんとガンガさんに心配してもらい
ハッピーでしたね
私はお酒が飲めない方で深酒の苦しみは本当は
知りません・・・でも文章を読んで
大変だったんだ・・・と推察しています
でも皆さん優しいですね・・良かった・・ほどほどに・・・ね


咲子様

『飲兵衛』ならではの報いです (^_^;;アセッ!
カトマンドゥではトレッキング中のメモ書きを旅日記としてノートにまとめていました。
この日はずいぶん時間かけて書いていたのでしょう。その分お酒も多く口にし、結果・・・(。_。)ゴメン!ということに(笑)!
しかし彼女らの機転と言いますか好意が、本当に嬉しかったです。
ジャムトーストと一杯のチャイ、この差し入れのおかげで薬も効きましたし、何よりも部屋で食事ができたこと、助かりました。
恥ずかし過ぎる醜態をさらしましたが、彼女たちの優しさを実感した瞬間でもありました。

投稿: 咲子 | 2014年1月25日 (土) 20時26分

中古の靴が売れる、ということに驚きましたが、 日本の方が
ものを大切にしない悪い習慣なのかもしれませんね
それに お金を一時的にせよ、貸してほしいと外国人が頼まれる
くらい、現地に溶け込んでいたわけですよね ・・凄いことです

いつも美人さんや 可愛い子が登場して ”外野ながら” ハラハラ
気になって仕方ありません  ^&^  


bella様

’92年に訪れた時は日本から履き慣れたトレッキングシューズを持参しましたが、現地でも良質のトレッキングシューズが売られているしレンタルできると知っていたのです。
しかも、新品を買って使用後、中古品として売ることができるのだと!
日本でも中古品や売れ残り商品を安く買い取って激安価格で売る店がありますが、不要になったものを、まだ使えるのにそのまま放置したり捨てたりするよりは、遥かに良いですよね。
エヘッ・・・(^_^;;!美人さん、可愛い女の子・・たくさん出てくるでしょ?!

投稿: bella | 2014年1月25日 (土) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 74 『5000ルピー?』(再掲) | トップページ | 国宝&重要文化財シリーズ切手 »