« 紅葉ライトアップ | トップページ | ネパール再会の旅 62 『ブプサの夜』(再掲) »

2013年12月17日 (火)

ネパール再会の旅 61 『ブプサでの1日』(再掲)

5月14日(土)晴れ時々曇り
ブプサ

 7時起床。足に疲れを感じる。昨日はずいぶんアップダウンがあったし、長い距離を歩いたからナ。子供たちは朝から勉強(宿題?)だ。朝食は、オートポリジとミルクコーヒー。朝食後、子供たちとバレーボールをやったり、ダイニングルームで休んだり。ヤンジーは、相変わらずロッジのお手伝いをしている。

Img168
マヤとチリとバレーボールで遊びました。

11時にヤンジーの手作りのダルバートを昼食(彼女たちにとっては朝食)に、皆と一緒に頂く。子供たちが食べるときに、俺の分まで用意してくれたのだ。ヤンジーがいつも一生懸命、楽しそうに手伝って作っているせいか、本当に美味しい。皆と一緒にダルバートを食べていると、まるでこの家族の一員になったような気分だ。

ヤンジーは朝から忙しく働きまわって、食後にやっと時間が取れるようになった。「日本語や日本の歌を教えて!」という彼女たちに、簡単なあいさつと『春が来た』『チューリップ』を教えてあげる。ノートにメモをし、一生懸命覚えようとしている。皆で一緒に写真を撮ったり、また彼女たちだけの写真を撮ってあげたり・・・。

Img169
ヤンジーの父プーリーと。私より少しだけ年上です。

Img170
我がネパールの妹(?)、ヤンジーと。

Img171
マヤとヤンジー。

Img172    
子どもたちと一緒に。私が教えた日本語や歌をメモしています。

1時半ごろ、いったんシャワーを浴びることにする。はるばるやって来たのだから、身だしなみはきちんと、清潔にしておきたい。子供たちは、相変わらず外で元気に遊んでいる。ヤンジーも時には遊んだり、幼い弟の面倒を見たり、そうかと思えばロッジの仕事を手伝ったり。2年前に比べ、本当に大人びた感じがする。そんな彼女に、俺はそっと腕時計をプレゼントした。それは、俺がここ2年間毎日使っていたものだ。しかし俺は、新品ではないそれをプレゼントしたかった。

*この旅日記は1994年のものです。

|

« 紅葉ライトアップ | トップページ | ネパール再会の旅 62 『ブプサの夜』(再掲) »