« ネパール再会の旅 46 『またしても・・・』(再掲) | トップページ | ネパール再会の旅 48 『帰郷(?!)して』(再掲) »

2013年11月13日 (水)

ネパール再会の旅 47 『カトマンドゥへ戻れた』(再掲)

5月5日(木)晴れ
ソウラハ9:20(ジープ)9:45タディバザール11:00(バス)18:00ごろカトマンドゥ

 7時起床。出発の用意を整え、8時ごろ朝食にする。昨夜のうちにオーダーしておいたコーンフレークにトースト。朝はこれぐらいがちょうどいい。少し休憩し、皆で写真を撮る。ストライキのせいで1泊余分に滞在したのだが、ロッジの方々のご厚意で1泊分の部屋代はサービスで、食事代だけ支払うことになった。彼らは俺がここへ来る前、ポカラでもアクシデントで1泊余分に宿泊していたことを知っていたのだ。だから、気を遣ってくれたようだ。

Img139
ロッジのスタッフとガイドのテジンドラ君。

Img140
ロッジの部屋の前で。

9時20分、ソウラハを出てタディバザールまでジープで向かう。9時45分に到着。カトマンドゥ行きのバスが出るまで、まだ1時間以上ある。近くのチャイ屋で時間をつぶし、11時発のバスに乗り込む。蒸し暑い中、バスはひたすら走る。ムグリンへは12時45分。さらにその先にあるドライブインのようなところで、バスは小休止した。食欲があまりないせいか、コーラやファンタにばかり手がのびる。汗が流れ出てくる。

バスは東へとひた走り、低地からカトマンドゥ盆地へと上って行く。が、カトマンドゥの街の中まで行かずに、バスはストップ。どうやらまだストライキの影響があるらしい。そういえば、2年前にも似たようなことがあった。ダージリンからカトマンドゥへ戻って来る時、街まで入ることができず、同じところ辺りで降りたような・・・。今日も乗客は皆降りて、それぞれの目的地へと向かう。俺もオートリクシャを拾い「タメルまで」と告げ、マナスル・ゲストハウスへと帰って行く。

6時20分、3週間ぶりに帰って来た。シャワー・トイレ付きのシングルを200ルピーで借りる。何しろ、自分の手で洗いたいものも多いし、好きな時にシャワーを浴びたいから。しかし、80ルピーの差はランドリーサービスの方が安くついたかも・・・。

7時ごろ、ヤク・レストランにてトマト・エッグスープにポークチョウミン、レモンコーラで夕食とする。しめて80ルピーだ。ゲストハウスに戻ると、アンジュに声かけられ1時間ほど話をする。「この後のトレッキングのあと、カカニやバクタプールへも行ってみたい」と言うと、「誰と?」と聞くから、「アンジュ、一緒に行こうよ」と誘ってみると「OK!」の返事。本気かな?また、「明後日の土曜日、姉の家へ行くのだけど、一緒に行かない?姉の夫はカナダ人なの」と逆に誘ってくれた。俺ももちろん「OK!」と答えた。No.1のネパールのガールフレンドができたかな?その後、洗濯にシャワー、ククリラムのコーラ割りを飲んで、11時ごろ眠る。

カトマンドゥ、マナスル・ゲストハウスにて

*この旅日記は1994年のものです。

|

« ネパール再会の旅 46 『またしても・・・』(再掲) | トップページ | ネパール再会の旅 48 『帰郷(?!)して』(再掲) »