« 日本の名画や古典芸能の切手 | トップページ | ネパール再会の旅 29 『ニール&トゥルシー』(再掲) »

2013年10月 1日 (火)

ネパール再会の旅 28 『マルファへ』(再掲)

7時5分に出発し、カンニをくぐり、とうとう村を出る。段丘を越えると、カグベニは視界から消えてしまう。その丘の上で俺はふとカグベニを振り返り、心の中で何度もつぶやいた。「ダンニャバード(ありがとう)、ペリ・ベトゥラ」と。

段丘を下ると、エクレバッティへ7時45分に到着した。少しだけ休憩し、ジョモソムへカリガンダキ川の川原を歩いて行く。何頭ものラバを連れたカッチャー(隊商)とすれ違ったり、馬が駆け抜けていったり、同じトレッカーと「ナマステ」と挨拶しながら行くが、頭の中は、カグベニでの素敵な日々が駆け巡っている。

Img458
エクレバッティ~ジョモソム間で(92年に撮った写真です)

ジョモソムには9時25分に到着。かつて泊まったエヴェレストロッジでティータイムとする。今はもう宿屋としては営業しておらず、ティーショップとして開けているだけという。この地方最大の村であるにも拘らず、客は少ないのだ。このコース上、最も人気の高い村がカグベニとマルファだ、と言われているだけに、その両村の中間に位置するジョモソムは、帰路の飛行機利用者以外、ほとんど通過されてしまうのだ。

9時50分にスタートし、マルファを目指す。両側をダウラギリやニルギリといった7~8000m級の山々に囲まれ、その谷間を流れるカリガンダキでは、風が非常に強く帽子が飛ばされかねない。こんなところでは、バンダナを頭に巻いて帽子代わりにして歩く。

Img462
ジョモソムからニルギリ(92年に撮った写真です)

Img466
ジョモソム~マルファ間で(92年に撮った写真です)

ジョモソムを出て1時間強、予想以上のペースでマルファの村の入り口までやって来た。この村にもカンニがある。カンニをくぐって村の中へ入る。ニール・ゲストハウスが見えてきた。11時15分だ。

Img061_2
このカンニをくぐると、マルファの村です。

*この旅日記は1994年のものです。

|

« 日本の名画や古典芸能の切手 | トップページ | ネパール再会の旅 29 『ニール&トゥルシー』(再掲) »