« ネパール再会の旅 27 「ありがとう!ジェンテン』(再掲) | トップページ | ネパール再会の旅 28 『マルファへ』(再掲) »

2013年9月29日 (日)

日本の名画や古典芸能の切手

 皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ

猛暑の日々がウソだったように、今年は涼しくなるのが早いですね。
いかがお過ごしでしょうか?
朝晩の気温差、ついうっかり風邪をひいたり体調崩したりされていませんでしょうか?

 今回は久しぶりに切手の紹介です。
秋…『芸術の秋』にちなんで、日本画家の作品や古典芸能がデザインされた切手を紹介します。

602
日本が誇る素晴らしい芸術家たちの作品が、切手になっています。
上・左から、黒田清輝・竹久夢二・岸田劉生・富岡鉄斎の作品。
下・左から、棟方志功・伊東深水・横山大観・高村光雲の作品。

603 
古典芸能シリーズです。3枚1組で発行されましたが演目はそれぞれ違います。
上・左から、『娘道成寺』・『助六』・『勧進帳』。
2段目・左から、『還城楽』・『胡蝶』・『太平楽』。
3段目・左から、『野崎村』・『熊谷陣屋』・『阿波の鳴戸』。
再下段・左から、『田村』・『葵上』・『羽衣』です。

604
昔話シリーズの切手です。それぞれ3枚1組です。
上から、『花さかじじい』・『つる女房』・『一寸法師』です。

605
  上から、『かぐや姫』・『こぶとりじいさん』・『浦島太郎』・『ねずみの浄土』です。

芸術にてんで疎い私が、多少なりとも日本を代表する画家の名前ぐらい知っているのは、やはり切手のおかげなのかもしれません。
あらゆるジャンルの切手から多くのことを学び、今はそれが『雑学』として私に残っています。
ホント切手って、奥深いものですネェ!

*おまけ
先日届いた郵便物に張られていた切手が↓です。

Cimg4484
なんと『ドラえもん』の切手です。小さな子どもたちだったら、大喜びでしょうね。

|

« ネパール再会の旅 27 「ありがとう!ジェンテン』(再掲) | トップページ | ネパール再会の旅 28 『マルファへ』(再掲) »

コメント

私もよく「アルプスの少女」のシリーズや「キティーちゃん」シリーズの切手を買って貼って出しています。それも孫の学習雑誌の問題の答えを出す時などにわざわざ。だって同じなら面白い方がいいもの。
古典芸能も、歌舞伎、雅楽、文楽、能楽とみんなそろえたところが面白いですね。


agewisdomさんへ

そうですよねぇ~!どうせ同じ額面の切手なら、通常の切手より記念切手のほうが好いですよねぇ!
でも、その返事に貼られているのはどんな切手でしょうか?
私もインターネット以前のアナログ時代、海外の友達へ出す手紙には、できる限り記念切手を使いました。
古典芸能、私はどれがどれだか分からないのですが、これとて私には一つの雑学です (^_^;;ヘヘッ!

投稿: agewisdom | 2013年9月29日 (日) 22時00分

とても懐かしいです。
これらの切手は全部持っています。
今は、ついていけないほど多く発行
されていますので、中断していますが
この頃は買うのも楽しみでした。
知っている画家のデザインが多くて
使うのがもったいなくてそのままです。

でも今は発行数が多すぎて保存は
やめて使用しています。
よく手紙を書きますので・・・


matsubaraさんへ

発行されたのがどれも1970年代ですから、きっとすべてお持ちだろうと思っていました。
絵画の切手は他にも何枚かあるのですが、あえて誰もが知っているような画家の作品の切手を選んで掲載しました。
郵政民営化されてからは、その地方独特の切手やキャラクターの切手、果ては自分自身の切手まで作ることができるそうですね。
さすがにコレクションしきれないですよね。
私も同じ切手が2枚以上あるものは、使ってしまいました。
PC導入前、海外の友達へ手紙を書くときは、なるべく記念切手を!と思っていましたので!

投稿: matsubara | 2013年9月30日 (月) 20時06分

こんばんは
日本画家の切手は記憶に有るのも有ります。
竹久夢二、大好きです。
古典芸能は初めて見る切手です。
昔話もあまり見た事は無く、ただ「キティーちゃん」の切手は
郵便局の窓口で見て買い求めたく成りました。
私も同じ利用するなら記念切手をと思います。
切手収集から学ぶ事も多いのでしょうね。
見てるだけでも凄く楽しめそうです。
手紙を出す機会が少なくなり、従って切手を買うことが
少なくなりましたが、今度郵便局へ出かけたら
買ってみたいと思います。


すみれさんへ

切手から有名な画家の名前や代表作を知ることもありました。
今回紹介の切手だけでなく、『趣味週間』シリーズの切手も、日本画家の作品が良く描かれていました。
私自身が切手をコレクションしていたのが1970年代ですから、これらの切手も発行年はすべてその年代です。
某鑑定番組でしばしば著名な画家の作品を見ますが、やはりどの画家の名前も最初は切手から知ったのでは?と思うほど、多くのことを学んだ気がします。
私も今では手紙を書く機会は全くありません。
右手全指先が痺れていますから、ものを書くことが儘ならないのです。それがとても残念です。

投稿: すみれ | 2013年9月30日 (月) 20時08分

お早うごさいます
そうですね 秋の気温の特長は朝晩の気温差が大きいと
言われていますね
京都でも朝は20℃以下なのが昼間は30℃前後です
30℃と言うのも困ったものですが何時まで続くのか
この高温か?です 風邪は引いていませんが要注意ですね
さて切手の種類の豊富なことに驚きです
色んな企画の切手が出ているのですね
見覚えがあるのは少なく初めて見るものばかりでした
まさに小さな美術展ですね
実は先日久し振りに50円切手を買ったのですが
最近のものでと言うとディズニーのデザインでしたが
四角形でなく楕円や菱形などえっ!これが切手と言うものばかりでした 自分の切手に対する認識不足に反省しきりでした
シートからの剥がし方も判らず局員さんに聞く始末でした


古都人さんへ

朝晩の気温差が激しいので、この時期の衣類には悩みますよね。
昼間は半袖で十分でも、帰りが遅くなるのであれば長袖も必要ですし・・・。
体調管理も難しいです。
私がコレクションしていたのは1970年代が主ですから、これらの切手も大体その頃のものです。
そうですね、まさに美術展さらに芸術鑑賞ですね。
日本の切手も菱形などが出てきたのですね。
海外の切手で三角形や菱形の切手ならたしか持っているはずです。機会あれば紹介します。
まだ海外の切手は紹介していないですね。そろそろそちらも紹介しなければ!

投稿: 古都人 | 2013年10月 1日 (火) 06時14分

よく こんなにいい切手を集めましたね もともと日本の切手は
価値が高いと言われますが 日本人の美へのこだわりはすごいと
思います   それにありとあらゆるジャンルに及んでいますね
ボヘミアンさんも 切手から 一層勉強してくださいね
(今以上 賢くなられても 困りますが!!)  (旅行中にて  scissors


bellaさんへ

へっ?! 
>(旅行中にて…)
今回はどちらへお出かけですか?また海外ですか?
いいなぁ・・・(・_・)イイナァ!
これらの切手、芸術的価値がありそうですね。
コレクションしたころはまだ小学生でしたから、これらの名画も芸能も切手で初めて知ったのですが、海外の人々には日本文化を少しでも垣間見る機会の一つかもしれません。
そう考えると、我が国”日本”を知る意味でも貴重な切手なのかもしれませんね。
とにかく切手から私が得た知識は、かなりあると思います。
切手、バンザーイ!です (^_^)!

投稿: bella | 2013年10月 3日 (木) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 27 「ありがとう!ジェンテン』(再掲) | トップページ | ネパール再会の旅 28 『マルファへ』(再掲) »