« ひまわり&コスモス | トップページ | ネパール再会の旅 17 『ネパールで客引き?』(再掲) »

2013年9月 3日 (火)

ネパール再会の旅 16 『どうする?トレッキング出発日』(再掲)

4月15日(金)雨のち晴れ
ポカラ

 午前9時起床。のーんぴり過ごせる国だ。明け方の雨のせいか、今朝は涼しい。雲が多くて、マチャプチャレが見えないのが、残念だ。ゲストハウスで、セットメニューの朝食(トースト、ミルクコーヒー、ゆで卵)をとり、レセプションで、ミラさんやアグニさんと話をする。スタッフの一人が、明後日のジョモソムまでの飛行機の切符の手配に、飛行場まで出かけてくれることになった。

ところが、電話で「17日から20日までは、既に予約で満席」と知らせてきた。ネパール暦の新年の影響らしい。それじゃ「行きに歩いて、帰りに飛行機にするか」と思った矢先、再び電話が。「明日なら予約が取れるが、どうする?」。うーん、困った。トレッキング・パーミットのスタート日は、明後日からなのだ。これを聞いたアグニさんは、日本語で「問題ない。大丈夫です。日付まで細かく見ません。もし、ばれたら、賄賂を少し出せばいいです。」とのアドバイス。まさか『賄賂』と言う言葉を知っているとは!思わず笑ってしまったが、明日の飛行機の予約をしてもらうことにした。

昼すぎまで3人で話をしていたが、ミラさんが「もし私が日本へ行けるビザをあなたが取ってくれるなら、このゲストハウスをあなたに譲るわ。そして私は日本でたくさん稼いで、別の場所にもっと大きなホテルを造るわ」と話していた。冗談だとは思うが、決して100%冗談でもなさそうだ。もし本気でそう思っているとしたら、すごくおいしい話なのだが、いかんせん、そう簡単にビザを取ることはできない。まして一個人の力では、どうにもならない。外国人労働者の不法滞在が社会問題となっている今の日本では、ビザ取得は非常に厳しくなっているのだ。

*この旅日記は1994年のものです。

|

« ひまわり&コスモス | トップページ | ネパール再会の旅 17 『ネパールで客引き?』(再掲) »