« ネパール再会の旅 2 『1泊だけのシンガポールで』(再掲) | トップページ | 「よっこいしょっ!ういちさん」 »

2013年8月 1日 (木)

ネパール再会の旅 3 『カトマンドゥへの機内にて』(再掲)

4月10日(日)晴れ
シンガポール8:00(SQ414)11:55カトマンドゥ(現地時間;シンガポール時間14:10)
*ネパールは、日本との時差3時間15分です。

 午前5時起床。洗髪・洗顔を済ませ、出発用意。6時、ホテルのシャトルバスで空港へ。チェックイン、出国手続き(出国税S15ドル)。待合室を見ると、日本人らしき姿はほとんど見かけない。

8時、やはり定刻に出発。機内サービスは、まずおしぼり。朝食は、オムレツにポテト、マフィン、フルーツなど。スチュワーデスも笑顔を浮かべながら、よく動いている。今までに乗った飛行機(E航空やP航空など)では、考えられないほどだ。ドリンクは昨日に続き、ブラディマリーを飲む。うーん、美味しい。トランプやポストカード、ボールペンもいただいた。しかし、シンガポール航空は、日本発着便を除くほとんどすべてで、機内禁煙となっている。それが辛い。でも仕方がないか。

この便は途中ダッカ(バングラデシュ)に寄航する。乗客がかなり降りた。ふと進行方向右側を見ると『地球の歩き方』を読んでいる一人の女性がいる。間違いなく日本人だろう。隣席は空いている。この先、ヒマラヤが見えるのは右側なのだ。もしここから乗客がなく空いているままだったら、移動しようと思い、彼女に声かけてみた。するとあっさりOKの返事をもらい、しばらく話をしていた。

彼女は初めての海外で、一人で心細かったようだ。ネパールへも当然初めてで、色々話しているうちに意外な事実が判明した。彼女の友達がカトマンドゥに英語の勉強で留学していると言うのだが、同じ話を俺のネパールの友人ゴビンダからの手紙で聞いたことがある。

「ネパールへ英語留学って珍しいけど、僕のネパール人の友人の手紙にも書いてあったよ。名古屋から来ている人と友達になったって。」
「えっ!その人も名古屋ですよ。」
「もしかしたら、同じ人かもしれないね」

彼女の友達と、俺のネパールの友達の友達が同一人物かもしれない、これですっかり話が盛り上がった。彼女の友達は空港まで迎えに来てくれるそうなのだが、もし何かの理由で迎えに行けなかった場合、彼女には『富士ゲストハウス』に行くように伝えてあるそうだ。とはいえ、初めてのネパールで彼女一人、もしそうなったとしたら不安でいっぱいだ。俺は『富士ゲストハウス』が、俺が泊まる予定の『マナスルゲストハウス』と道路を挟んだ反対側にあることを覚えている。彼女が持っている『地球の歩き方』で念のために確認してみると、間違いなかった。だから「もし友達が来ていなかったら、僕と一緒に行けばいいよ」と話すと、彼女も「その時はぜひお願いします」と答えた。

楽しく話していたところだったが、ダッカから彼女の隣席に乗客がやって来て、俺は自分の席へと戻らざるをえなかった。そして飛行機は、カトマンドゥへと向かって行った。

*この旅日記は1994年のものです。

|

« ネパール再会の旅 2 『1泊だけのシンガポールで』(再掲) | トップページ | 「よっこいしょっ!ういちさん」 »

コメント

おおっ、この展開は~(わくわく♪)
次回が楽しみ~むふふ


と~まの夢さんへ

まずはさておき…、おーぃ!と~ま母ちゃん・・・、編集しといたけどライター名が”と~の夢”になってたヨォ(笑)!
「ま」が抜けてる。もしかして”受け”ねらい?(爆)!
 飛行機内でこんな出会いがありましたが、文中にもあるように彼女にはネパールに留学中の男友達がいるのですよ。
てな訳で、これ以上の進展はありませんヨォ (。_。)ショボン!

投稿: と~まの夢 | 2013年8月 1日 (木) 14時24分

こんにちは~♪
シンガポール、素敵なホテルにお泊りだったのですね。
出かけて見たい憧れの旅先です。
3度目のネパールは、
感動の連続かもしれませんね。
機内での出会いからも素敵な物語が始まりそうです。
ネパールのお知り合いの方々には
予期せぬ再会でしょうか?
これからの展開、楽しみにしています。


すみれさんへ

シンガポールのホテル、私にしては本当に珍しく事前に予約しておきました。
翌日の出発が早いのが理由ですが、安宿ばかりでなくたまにはこのようなホテルも良いかも(?)です。
ただ、シンガポール市内を全く観光できなかったのは残念でした。「1日余裕を作れば?!」と今も後悔しています。
3度目のネパール、しかもほんの2年ぶり!
ネパールへ着く前からこれですから、着いた後は・・・?
次回からの記事をお楽しみにお待ちください (^_^)ニコッ!

投稿: すみれ | 2013年8月 1日 (木) 17時57分

ストーリーの展開を少しずつ思い出しながら…。でも細部は覚えていません。どの旅のお話だったかまじりあってます。


agewisdomさんへ

以前に掲載したのは3年前ですから!
半ば忘れていても仕方がありませんヨォ!
まぁ、かつて読んだ本を再び読むようなつもりでお付き合いくださいませ m(u_u)mオネガイ!
ネパールへ着いてからの写真を見ると、いくらか思い出すかも・・・です。

投稿: agewisdom | 2013年8月 1日 (木) 21時49分

お早うございます
私も現役時代 仕事で2回シンガポールへ
行きましたが蒸し暑かったです
関係会社の終戦処理でしたので
内容は寂しいものでした
早々に良いお出会いがありましたね
これからの展開に興味津々です


古都人さんへ

赤道に近い国ですから、暑いですよね。
しかしアジアの中ではシンガポールは、日本同様に発展した国ですよね。
お仕事で2回行かれたそうですが『関係会社の終戦処理』、というのが妙に気になります。
たまたまヒマラヤが見える側に日本人女性がいたので声かけましたが、「まさか?」の話に驚いたものです。

投稿: 古都人 | 2013年8月 2日 (金) 06時26分

前月の記事の感想です。
シンガポール空港には行ったことがないのですが、
どこと比較しても名古屋空港はお粗末でしたね。
中部国際空港ができるまではひどかったですね。
神戸の友人も昔、「名古屋があんなひどいとは
思わなかったわ」と軽蔑していました。
今の姿を見せてやりたいです。

お友達がすぐできてよかったです。
旅の醍醐味が味わえたようですね。


matsubaraさんへ

かつての名古屋空港が国際空港だったのが不思議なほど、あまりにお粗末な空港でしたよね。
国内線だけなら納得もできるのですが、あれでは国際路線が普及しなくて当たり前(?)です (^_^;;
飛行機内で声かけた方が、もしかしたら”友達の友達”かもで、大いに盛り上がりました。
彼女からすれば、友達に会うまでは私が唯一頼れる人間ですから、これも旅のほんの1コマの思い出です。

投稿: matsubara | 2013年8月 2日 (金) 10時04分

ネパール再会の旅が始まりましたね~!
さっそく機内で素敵な出会いが???

今度の旅はどうなるのかな。
楽しみにしています。


みーこさんへ

以前掲載したときは、アクセスしてお読みくださる人も少なく、今回また掲載することにしました。
今から20年ほど昔の旅日記ですが、どうぞよろしくお付き合いください。
自分の座席がヒマラヤが見える側と反対でしたので、思い切って声かけたのですが、意外な事実が判明しお互いビックリ!でした。

投稿: みーこ | 2013年8月 2日 (金) 14時41分

初めての海外一人旅で不安なときに、一人旅のベテランに声をかけてもらったら・・・うれしかったでしょうね
フリーじゃなかったのは残念でした~wink
でもそれは別にしても、道連れができるのは良いもんですよねっ
シンガポール航空は評判が良いですよね
CAさんの制服もとっても素敵だな~と思いますnotes


きゃぶさんへ

私の初めての海外旅行もひとり旅でしたから、今思えば当時の彼女の不安は納得できます。
私はただヒマラヤが見える側に座席を移動できたら、と思い声かけたのですが、意外な共通点が見つかり驚きました。
彼女の場合、男性の友達がネパールにいるとのことでしたから、その後の展開は何も期待していませんでしたが、それでも彼らと合流するまでは頼られていました。
シンガポール航空、かつては人気No.1の航空会社でしたよね。以前は格安航空会社ばかり利用していましたので、このサービスの良さには感激でした。

投稿: きゃぶ | 2013年8月 2日 (金) 20時59分

ひょんなことから、こんなことがあるのですね。
驚きました。袖すり合っている方が知人の知人ということが巷でもありそうです。もの凄い運命が展開したりして。ですから人生面白いですね。
シンガポール航空はとても有名です。
今ではかく空港会社が競ってサービス向上したように思います。
さあ、このあとどんな展開があるのか楽しみです。


tonaさんへ

機内で話している時点では、本当に私の友人の知り合いか定かではありませんでしたが、ネパールへ英語留学って珍しいでしょうから、同じ人物である可能性はかなり高いと思っていました。
といっても、その友達は男性ですから、私と彼女との進展の可能性は全くのゼロです。
今ではいろんな航空会社がサービスを競っているようですが、このころのシンガポール航空と言えば『世界一』という評判が高かったです。
そして全く評判通りだったと実感しました。

投稿: tona | 2013年8月 3日 (土) 06時32分

慕辺未行さん今日は
機内で日本人女性と、いい出会いが出来て
良かったですね・・外国の旅こんな事
めったにない様な気がします・・ヽ(´▽`)/
そして隣の席にも座われて・・お話も弾み最高でしたね
それに機内食もおご馳走で飲み物もラッキー
隣席の方が来られましたがヒマラヤ充分に
見えましたか・・・未だ有りますゲストハウスもお近く
いいね・・旅もいいね・・こんなラッキーな事が重なると
夢のような気分に・・ウゥ・・ン羨ましい
そして今後が楽しみですね・・o(*^▽^*)o


咲子さんへ

たまたま通過地点のダッカ(バングラデシュ)で、一列前の右のほうのシートに彼女は座っていました。ヒマラヤが見えるのはそちら側でしたので、思い切って声かけてみたのです。
意外なことが判明しましたが、留学している友達というのは男性でしたから、彼女との進展はもともと期待していませんでしたよ。
友達が迎えに来られなかった場合に、私が泊まるゲストハウスの近くに泊まるということで、実際はどこに泊まったことやら・・・?
それでも機内やカトマンドゥへ着いた直後までは、楽しい旅の一コマでした。

投稿: 咲子 | 2013年8月 4日 (日) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール再会の旅 2 『1泊だけのシンガポールで』(再掲) | トップページ | 「よっこいしょっ!ういちさん」 »