« 帰国(再掲) | トップページ | ネパール再会の旅 1 『出発』(再掲) »

2013年7月28日 (日)

世界の絵葉書 その42 IBIZAより

 皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ

今年もギラギラ太陽、灼熱の夏がやってきました。
おかわりありませんか?
熱中症は無意識のうちに症状が進行しますので、常に水分と塩分補給を怠りなくしてください。炎天下での長時間の行動もできることなら避けてくださいね。

 さて、久々に『世界の絵葉書』を紹介します。
今回は、IBIZA からです。「・・・って、どこ?」と思いますよね?
スペイン領の地中海に浮かぶ島だそうです。

送り主はもちろん、ドイツ人の親友のエルマー&アンジュラ夫妻です。
一枚の絵葉書に6枚の写真で、島の魅力を紹介しています。
ではどうぞ、ご覧ください。

Img057ibiza
IBIZA島の様子です。
’99年に届いた絵葉書です。その年の初夏、彼らはこの島で3週間のバカンスを楽しんだそうです。

 再掲載していました1992年のネパール旅日記も終わり、次回からは’94年の『ネパール再会の旅』を再掲載します。
この旅日記は、以前にもお読みいただいたことがあるプロ友さんもずい分いらっしゃるでしょうが、なにとぞご容赦くださいませ。
とりあえず9月半ばまでは毎週”火・水・木”曜日12:00に予約投稿済みです。
ただ、いつこのPCがクラッシュするか分かりません。
頂いたコメントには、なるべくその日のうちに返事をするようにしていますが、もし何日も返事がなければ、その際は私のPCがクラッシュしたと思い、いつの日か復活できるまで気長にお待ちくださいね。
コメレスできる間は、PCも頑張っています。

|

« 帰国(再掲) | トップページ | ネパール再会の旅 1 『出発』(再掲) »

コメント

ほんっとに毎日、暑い日が続いていますね~sweat01
ただ7月の初めにすっごく暑かったのと違い、朝晩は過ごしやすい気がします
でも・・・暑いのには間違いない~
地中海で3週間のバカンスなんて、夢のようですね~shine
今月中旬、職場の子がハネムーンで地中海クルーズに行ってきました
10日間くらいでしたが、とっても良かった~っそうですheart02
こちらの絵葉書を見ても、この蒸し暑い日本とは別世界のとこなんでしょうね


きゃぶさんへ

ひと頃の強烈な暑さに比べれば、まだマシなほうですよね。
しかしこれからが”夏本番”でしょう。とりあえず明日は、雨のようで気温も抑えられるようで、ホッとしています。
地中海に浮かぶリゾートの島、そう聞いただけで憧れますよネェ!
日本では3週間もの休暇は取れそうもありませんが、ドイツは年間で1ヵ月もの有給休暇がとれるらしいのです。
だからこそ、このような優雅なバカンスが可能なのです。
ハネムーンで地中海クルーズ・・・、夢のようなひと時だったでしょうね。
きっと何もかもが日本とは違う世界なのでしょう。

投稿: きゃぶ | 2013年7月28日 (日) 21時27分

こんばんは
IBIZA、??です。地中海に浮かぶ島
素晴らしい所ですね。
とっても綺麗なこの島で、3週間のバカンスは
夢のまた夢です。
エルマー&アンジュラ夫妻が凄く羨ましいです。
ご夫妻のご旅行は魅力溢れるもので
素敵なお話は尽きる事は無いでしょうね。

「ネパール再会の旅」楽しみです。
ネパールに魅せられたようですね。


すみれさんへ

パソコンがご機嫌良くなって好かったです。
やっぱりパソコンがないと、今の時代何かと不便だし不都合ですよネェ!
IBIZA、私もこの絵葉書を受け取るまでは「???」でした。今でも、ですが(笑)
ほんの数日の有給休暇さえ取りづらい日本、ドイツがうらやましいです。
ドイツは気候的に結構寒い国で、だからこそしばしば暖かいところへバカンスに出かけるようです。
ヨーロッパで暮らす彼らには知っていて当然のところかもしれませんが、我々日本人にはほとんど馴染みのないところ。こういうところからの絵葉書、本当に嬉しいです。
’94年の『ネパール再会の旅』、どうぞ楽しみにしてください (^_^)ニコッ!

投稿: すみれ | 2013年7月28日 (日) 23時47分

お早うございます
未だ7月だと言うのに猛暑日の連続 お互いに気を付けて
日々過ごしたいものです
バカンスはその国の方達にとては生活に必要な行為と言えますね
地中海はいろんな島があるのでしょうね
私が知らない島も多いことでしょうね
私にとっては夢の世界ですが・・・
「ネパール再会の旅」94年版 楽しみにしています


古都人さんへ

今日はこちら一日中雨で、猛暑も一休み!といった感じです。
それでもまだこれからが本格的に暑くなる季節、お互いに十分気をつけましょう。
ドイツって緯度的には、日本よりずいぶん北にあり、冬はかなり寒くなります。
彼らが暮らしている街は日本で言えば北海道よりもはるか北に位置します。
それだけにこのようなバカンスを求めるのでしょう。
彼らから届く絵葉書で、地中海や大西洋に浮かぶ島々のリゾート地、ずいぶん知ることができました。
これらのリゾート地の一つだけでも、いつか訪れてみたいものです。

投稿: 古都人 | 2013年7月29日 (月) 06時30分

IBIZAって言うと手作りバッグの会社を
思い出します。
この会社はここの地名を貰ったのですね。
個性的な名前かと思っていたのに・・・

次の記事も楽しみにしています。
パソコン長持ちしますように・・・


matsubaraさんへ

IBIZAという手作りのバッグの会社…、知りませんでした (^_^;;アセッ!
ファッションはもちろんブランドにもあまり関心がないもので・・・(^_^;;ヘヘッ!
次回からの『’94 ネパール再会の旅』は、最初からではありませんが、以前 matsubara様にお読みいただいたものです。
しかし前回掲載から3年ほど経っていますので、”本棚にある本をもう一度読み返す”ような感覚でお読みいただけたら、幸いです。

投稿: matsubara | 2013年7月29日 (月) 06時59分

イビサ島ですね。テレビでやっていました。
何でもフェニキア人が活躍して遺跡があり、世界遺産の島として音楽も盛んで、ビーチの美しさも抜群だとか。
絵葉書からもうかがい知れます。
ドイツ人の親友がおられるなんて素晴らしいですね。
ドイツ語でですか。それとも英語で話されるのですか?

2年を経ての再びのネパール再会の旅も、私は初めてですので楽しみにしています。


tonaさんへ

ヘェーッ (゚o゚)ホェッ?!この島、そのような島だったのですね。”フェニキア人”って遠い昔、世界史か何かの授業で聞いた覚えが・・・すっかり忘れていました (^_^;;アセッ!
ドイツ人の親友Elmar&Angela夫妻とは、今回書き終えた’92年のネパールでエヴェレストトレッキング中に出会い、すっかり意気投合しおよそ2週間行動を共にした仲間です。
出会った当初や初めてドイツを訪れた時は英語でしたが、教育TVでドイツ語を学び、今ではドイツ語でメールをいただいたり書いたりしています。
初めての海外旅行以来、ネパールが大好きになった私。
再会の旅は、初っ端から「エッ?」と驚くことが続きます。
どうぞ、楽しみにしてください (^_^)ニコッ!

投稿: tona | 2013年7月29日 (月) 08時23分

ネパール再訪、掲載できますように~
PC生きてろぉ~
と~まからPCちゃんへ呪い?いやや、祈りを届けといたので
きっと大丈夫ぅ( ̄ー ̄)ニヤリッ


と~まの夢さんへ

次回からの旅日記、とりあえず全88話あるうち24話までは予約投稿済みです。
パソコンが死んでも予約投稿分は掲載されますので、楽しみにしていてください (^_^)ニコッ!
ここ1週間から10日ほど、以前より使い勝手が悪いものの、何とか使えます。
下手なことさえしなければ何とか大丈夫かと・・・(^_^;;ヘヘッ!

投稿: と~まの夢 | 2013年7月29日 (月) 10時38分

IBIZA聞いたこともない島ですが、こんなところでのんびりできたら命の洗濯ができそうですね。でも、私だったら三日でゴミゴミした街へのいざないに負けるかも知れません。
飛行機に長時間乗るのも苦痛になってきました。でも旅への思いがわいてきますね。


agewisdomさんへ

私もこの絵葉書を受け取るまで、全く知らない島でした。
受け取ってから10数年・・・、すっかり忘れていました。
でも、このような島でのんびり過ごすのもよいでしょうネ!
けど、のんびりし過ぎて「物足りない・・・」と感じるかも?!
長時間飛行機に乗るのも苦痛ですが、その先の楽しみを考えて我慢して乗っています (^_^;;ヘヘッ!

投稿: agewisdom | 2013年7月29日 (月) 22時58分

IBIZA、世界遺産の島として、私も知ってました。
でも私の周りで、ここに行ったことがあるとは聞いたことありません。
ヨーロッパはなんといっても近いし、
休みがたっぷり取れて、本当に羨ましいです。
大型バケーションを取っても
日々は質素な生活をしている人が多いようですが
人生の楽しみ方が違いますよね…


zooeyさんへ

わ・私はこの島が『世界遺産』であることすら知りませんでした (^_^;;ハズイ!
日本人にとっては馴染みが薄くても、ヨーロッパの人々には有名なところなのでしょう。
それに、日本と違い有休も多いようですから!
そうですね、確かにElmar&Angela夫妻も普段は質素な暮らしをしているように見えました。
けど、年に1ヵ月取れる休暇で彼らは思い切りバカンスを楽しんでいるようです。

投稿: zooey | 2013年7月29日 (月) 23時59分

こんばんは。
日曜日は福井もよく晴れていました。
なのに昨日、今日と結構な大雨でした。

さて絵葉書の写真、リゾート地って感じのする海や建物。

地名を聞いても、どこかわからなかったのですが、
地中海の島なのですね。
そのように言われると、この風景の場所に
さんさんと太陽の光が降り注ぐ場面がイメージできました。


Junjiroさんへ

こちら名古屋はそれほどでもありませんでしたが、地方によってはものすごい大雨だったそうですね。
しかしまた、猛暑の日々がやってきそうです (-_-)ヤダ!
私もこの絵葉書を受け取るまでは、いや、インターネットを始めるまでどこなのか知りませんでした。
送ってくれたElmar & Angelaが暮らすドイツは、冬は半端ないほど寒いそうです。ドイツ・ブンデスリーガで活躍する日本人選手もそのように言っていました。
だからこそ、燦々と輝く太陽のもとでのバカンスを楽しむのでしょう。

投稿: Junjiro | 2013年7月30日 (火) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰国(再掲) | トップページ | ネパール再会の旅 1 『出発』(再掲) »