« 買い物三昧の1日(再掲) | トップページ | アサン広場の祭り(再掲) »

2013年6月29日 (土)

アジサイ寺で出会った『和名の紫陽花の花』

 皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ

先日のアジサイ寺の続きです。
今日は『和名』の紫陽花の花、紹介いたします。

Cimg4354
舞妓(ヤマアジサイ)。清楚で可憐!『和』の雰囲気もあり、まさに”舞妓”さん!

Cimg4364 
花火(ガクアジサイ)。たしかに、広がった花火のよう!

Cimg4366
白富士(ヤマアジサイ)。”祝!富士山!世界遺産登録!!”。こちらも祝福でしょうか?!

Cimg4368
コマチ。もしかして”小町”?『世界三大美女』の一人”小野小町”から名づけられたのでしょうか?その名の通り、”別嬪”さんです。

Cimg4370
紅(くれない)。ちらほらですが、色の濃淡がきれいでした。

Cimg4372
舞孔雀(マイクジャク)。暑さにやられ、やや枯れ始めていますが、それがまた好い味を出しているように見えます。

Cimg4392
舞姫。可愛らしい”おちょぼ口”がたくさん。これから満開になり華麗な舞を披露するのでしょう。

Cimg4378   
雨に唄えば。これは『和名』というより懐かしい映画のタイトルですね。
ジーン・ケリーがどしゃ降りの雨の中、陽気にタップダンスを踊りながら歌う姿、この紫陽花から思い浮かべてみてください。

*『ヤマアジサイ』など種類が表示されていた花は、それも合わせて紹介いたしました。

紫陽花の花もこんなに種類が豊富で、それぞれ個性的な名前がつけられていることに驚きました。
どの花もいずれ負けず劣らず、素敵ですね。

|

« 買い物三昧の1日(再掲) | トップページ | アサン広場の祭り(再掲) »

コメント

雨に唄えば・・・
の映画を思い出しました。
それにしてもこんなに多くの品種が
あるとは知らなかったです。我が家は
ほんの2-3種類です。


matsubaraさんへ

ジーン・ケリーが雨の中、差していた傘を途中で放り捨て♪I'm singin' in the rain,just singin' in the rain~♪と歌う名シーン、映画はもちろんこの歌もスタンダードナンバーとして、今に歌い継がれていますよね。
今はどんなお花も品種改良が進むのか、本当にたくさんの種類の紫陽花が咲いていました。
matsubara様宅からでもそんなに遠くはないでしょうから、ぜひ一度訪れてみてください。

投稿: matsubara | 2013年6月30日 (日) 08時04分

お早うございます
今日は偶然の一致でしたね
和名の紫陽花 花と名前 ほぼ理解出来ました
特に花火は線香花火のパチパチと弾ける形に
ピッタリです
ぱっと見て直ぐに判る名前が嬉しいです
雨に唄えば 題名は良く知っているのですが
残念ながら映画は見ていません
何かでシーンの一部は見たことがありますが・・・
ミュージカル映画としては名画なのでしょうね


古都人さんへ

私も先ほど古都人様のブログへ訪問させていただきました。
幸せそうなカップルを見て、この年までずっと独身の我が身が恨めしくなりましたヨ (^_^;;ヘヘッ(笑)!
どの紫陽花も、名前を見ると「納得!」という感じでした。
『雨に唄えば』は私も映画は見ていないのです。
YouTube でこのシーンを見ているだけです。
しかし、歌そのものはジャズのスタンダードナンバーとして有名ですよね。

投稿: 古都人 | 2013年6月30日 (日) 09時33分

和名の紫陽花たち、どれも粋や風情を感じられて
本当にステキですねshine
そこに添えられた慕辺未行さんのコメントも
味わい深くて、それぞれの花の魅力が伝わってきます。
「舞妓」さんはめずらしい形で、初めて見ましたeye
「舞姫」もとても可愛らしいですねheart04


hananoさんへ

紫陽花にもこれほど種類があるとは、本当に驚きました。
和名ということもあるでしょうが、本当にその名のとおりの風情を感じさせられました。
私の添え書きは大したことはないのですが、そのように感じて頂けてとても嬉しく思います。
私も「舞妓」さんや「舞姫」には心奪われました (*^o^*)!

投稿: hanano | 2013年6月30日 (日) 15時55分

慕辺未行さん今日は
紫陽花の舞妓さん白くて清楚な花姿は
本当に美しいく・・京都の舞妓さんを思いだしています
紫陽花花火や白富士みんなイメージにピッタリ
そしてコマチは綺麗な色ですね・・ピンクムラサキとでも
言うのでしょうか・・華やかさもあって私も好きに成りました
それから紅、山紫陽花ですね・・素敵な色の濃淡
大好きです。我が家の山紫陽花も最初はこんな感じでしたが
庭に植えたからブルーに変色
チョッピリ残念ですが土が酸性が強いのだと諦めています
我が家の紫陽花もそろそろ剪定の時期
咲いて美しい時はウキウキそして咲終わり頃は
花も私の心もしょぼん。。。です笑


咲子さんへ

「舞妓」さん、本当に清楚な雰囲気の紫陽花ですよね。
先月、母を医者へ連れて行くときに、デパートのイベントで本物の舞妓さんを拝見しましたので、より一層そう感じました。
どの紫陽花も決して名前負けしてなく、その名前通りのイメージで、本当に感激しました。
順路に沿って一通り見て、もう一度見てしまうほど素晴らしかったです。
山紫陽花、ガクアジサイ、そして今回は紹介していませんがカシワバアジサイもどれも素敵でした。
明日から7月、紫陽花ももうそろそろ終わりでしょうね。
でもまた違う花が咲子さんのお庭を彩るのではないでしょうか?!楽しみにしています (^_^)!

投稿: 咲子 | 2013年6月30日 (日) 16時35分

どれも清楚で風情のある花ですね
ほんとにこんなにたくさんの種類があるなんて、びっくりです
ようやく最近、雨が多くなってきましたので、紫陽花もきっとよろこんでますねっ


きゃぶさんへ

きゃぶさんも以前、このアジサイ寺へ訪れたことがありますよね。
前は名前が書かれたプレートはありませんでしたが、このようにそれぞれの名前が紹介されていました。
もしネームプレートがなければ「似て非なる」紫陽花の花も「同じ」紫陽花の花と思っていたかもしれません。
空梅雨のような今年、この日の後しばらく雨が続きましたから、紫陽花もより一層美しくなっているかもしれません。

投稿: きゃぶ | 2013年6月30日 (日) 20時57分

それぞれに可愛いですね。和風も清楚でいいなあ。
「紫陽花の一夜の雨に艶やかに」どこかでみた句です。雨の似合う花ですね。
たった一枝の鉢植えを夫が誕生日にくれたものが今は大きな木になりました。この鉢を持って昼休みに届けに来た夫を見て、たまたま宇都宮に訪ねて見えていたお姑さんがびっくりなさいました。あちらの御夫婦そんなことされたことがないそうな。でも、昨日娘はパパから薔薇の花束もらってました。


agewisdomさんへ

どれも可愛くて、名前に違わずその姿を表現しているように思います。
シトシトとそぼ降る雨がとても似合う花ですが、この日は曇り空でした。
お誕生日にご主人さまから鉢植えのプレゼント、素敵ですネ!それが成長し今は大きな木に・・・!
ご夫婦お二人の愛と歴史そのものかもしれませんネ!
お嬢さまのご主人も素敵なプレゼントを用意していたようで、本当に素敵なご家族だと改めて思いました。

投稿: agewisdom | 2013年6月30日 (日) 22時23分

慕辺未行さん   こんばんは
和名の紫陽花、綺麗な紫陽花ばかりですね。
素敵に名付けられているなぁ~と思いながら拝見させて頂きました。
「舞妓」初々しく可憐に咲いていますね。
「花火」夜空に広がった花火のようですね。こんなに大きく
広がったガクアジサイは初めて見ました。
「コマチ」は凄く可愛くて見入ってしまいました。
紫陽花のお花とは違うような感じもします。
「雨に唄えば」が名前なのでしょうか?
名付けられた方の思いも映画のシーンと
重なっていたのでしょうね。
名前を見て紫陽花を見ると、又違った思いが重なります。


すみれさんへ

日本が原産のガクアジサイ、それが進化したものが紫陽花。それだけに和名が良く似合いますよね。
どの名前も、その紫陽花のイメージにピッタリ!という印象でした。
「舞妓」も「こまち」も「舞姫」もいずれ劣らぬ別嬪さんぞろいでしょ?
「雨に唄えば」が名前です。
紫陽花が単に梅雨時の花で雨が似合うからなのか、それとも映画への思いがあったのか、はたまたその両方か?
私は名前を見た瞬間、映画を思い浮かべました。
すべて同じ『紫陽花』として見るより、一つ一つ名前がある『紫陽花』として見ると、確かに違う見方ができます。

投稿: すみれ | 2013年7月 1日 (月) 22時47分

紫陽花もこんなにたくさんの種類があるのですね!
どれも素敵でまた、名前がぴったりあっています。

「舞妓」さんや「花火」、「雨に唄えば」?
へぇ~~って感じ。
名前をつけた方のセンスにも感心しました。

アジサイ寺、ぜひ訪れてみたいです。


みーこさんへ

バラの花ほどではありませんが、それでもこんなに種類があるとは驚きました。
やはり紫陽花はこのような『和名』が似合いますよね。
「雨に唄えば」は、私も少し「ヘェーッ!」と感心しました。
雨が似合う花だから、スタンダードナンバーのタイトルをつけられたのか、いずれにしてもセンスが良いですよね。
今年はもう終わりかもしれませんが、来年ぜひ訪れてみてください。
稲沢市大塚南の性海寺です。駐車場、入園料とも無料です。

投稿: みーこ | 2013年7月 2日 (火) 16時15分

一口にアジサイと言っても、たくさん種類があるのですね。
植物はまったくダメで、こうして写真付きで紹介いただいても
見分けがつかないようなもののあります…。
花や木の名前がわかると、旅行へ行ったり、ちょっと散歩し
ているときに植物を見かけても、もっと楽しめるだろうなと
思いますが、なかなか覚えられないです。というよりも
違いがわからない(汗)


Junjiroさんへ

うんうん、わかりますヨォ!
私が花に興味を持ったのはまだ最近ですし、覚えれば覚えるほど混乱もしてきます。
今の季節なら例えば芙蓉とムクゲ、ハイビスカスの花はとてもよく似ていて、もうわけがわからなくなったりします (^_^;;
それでも、出かけた先で見かけた花の名前が分かると、つい嬉しくなります。
それにしてもアジサイの花の種類が、こんなにたくさんあるとは驚きでした。ここに紹介したのはほんの少しですので、まだまだ沢山のアジサイがあることでしょう。

投稿: Junjiro | 2013年7月17日 (水) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買い物三昧の1日(再掲) | トップページ | アサン広場の祭り(再掲) »