« トレッキングの終わり(再掲) | トップページ | ポカラへ到着して(再掲) »

2013年6月16日 (日)

美しき地球 その3

 皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

6月、本来ならば『梅雨』でちょっと憂鬱な季節ですが、今年はどうも『空梅雨』のようですね。しかし湿度は高く気温も『夏日』どころか『真夏日』や『猛暑日』の日も (-_-;;アツイ!
不快指数は上昇する一方です (≧m≦)!

今回は少し間が開きましたが、エルマー&アンジュラ夫妻からのメールに添付されていた写真から、素晴らしい世界の”絶景”を紹介いたします。

13
Piva Canyon , Bosnia and Herzegovina

14
Lake Mellisani on the island of Kephalonia Greece .
How many people can you get in a row boat? (just a thought)

15
Manarola , Italy ..

今回も『水』のある風景ばかりですね。
どの光景も素晴らしいこと、この上ないですね。
最後の写真、岩の上に建っている建物のカラフルなこと!これは私自身も言葉を失います。『キレイ!』『美しい!』だけでは、言い尽くせないです。
「この目で見てみたい」と思うのは、私だけではないでしょう!

この『美しき地球』、もう少し続きます。また、お楽しみに (^_^)!

|

« トレッキングの終わり(再掲) | トップページ | ポカラへ到着して(再掲) »

コメント

ほんと、最後のカラフルな断崖の町、ありえない!
町の色は 勝手ではなく、必ず村や町の議会の承認があるもの
あのカラフルさを 良しとした センスと歴史に乾杯!

( チクショウメンを食べたBellaより   ^&^ )


bellaさんへ

ですよネェ!
断崖絶壁の上に造られた街もスゴイ!そしてこのカラフルさ!さらに海に映る色!
まるで『絵本』のような世界ですよね。

>町の色は 勝手ではなく、必ず村や町の議会の承認があるもの

エッ?bellaさん、もしかしたらこの街、ご存知なのですか?

PS・・・竹昇麺が日本人の味覚と違うと書いてありましたので、つい音読みで「チクショウ」などと連想してしまいました(笑)

投稿: bella | 2013年6月16日 (日) 22時10分

こんな風に世界中を旅して歩けたらどんなにいいでしょう。でも娘のお義姉さん夫婦もあちこちされていますね。最も彼らはそれがお仕事でもあるわけですが、ドイツ人の考え方でもあるのでしょうか。


agewisdomさんへ

これらの写真、彼らが実際に訪れたところではなく、ネット上で見つけた写真のようです。
しかしドイツ人があちこち旅することが好きなことは事実のようです。
この地球上で最も海外旅行をする国民は『ドイツ』だそうです。ドイツ人に言わせれば「どこへ行ってもドイツ人がいる」そうですよ。
『ゲルマン民族の大移動』の時代から、そのDNAを受け継いでいるのかもしれないですね。

投稿: agewisdom | 2013年6月16日 (日) 22時15分

お早うございます
今回も不思議な光景ばかりですね
どの写真も何故 どうして?と思わざるを得ない
部分がありました
本当に不思議の連続でした
特にカラフルな建物が並ぶ崖の上には
なお一層その想いを強めました
今回も珍しい写真を有難うございました


古都人さんへ

こうして見ますと地球って本当に美しいと思います。
陸地よりも海のほうがずっと広く『水の惑星』とも言われる地球、海であれ川であれ綺麗な水があるからこそ、このような光景も生まれるのでしょうね。
崖の上のカラフルな街、絵本や童話の世界に出てきそうな、とてもメルヘンを感じさせられます。
この街には、どんな人々が暮らしているのでしょうね。

投稿: 古都人 | 2013年6月17日 (月) 06時30分

ボスニアヘルツェゴビナとかギリシャとかイタリアの
珍しい写真をたくさん見せて頂きありがとうございます。
ギリシャとイタリアは行きましたがこんな珍しい景色は
見たことがありません。
ボスニアヘルツェゴビナは一生行けないところです。


matsubaraさんへ

ボスニアヘルツェゴビナと聞きますと、かつての激しい内戦を思い浮かべますが、このような美しい場所もあるのですね。
私はギリシャもイタリアもまだ訪れたことがありませんが、イタリアのこのカラフルな街はとても興味惹かれます。
海からの眺めも素晴らしいですが、街の中も見てみたいです。

投稿: matsubara | 2013年6月17日 (月) 21時28分

こんばんは
まさに美しき地球ですね。
想像の世界でなく、現実の美しさなのですね。
神秘的な美しさに惹き込まれてしまいそうです。
水面に映える色合いも素晴らしいです。
最後のお写真、美的に計算されて
建てられたよな素敵さです。
出来る事なら、この目で是非とも見て見たい光景です。


すみれさんへ

地球にはまだまだこんなに美しいところがたくさんあるのでしょう。
かつての内戦のイメージが強いボスニアにも、こんなに綺麗なところがあり、ホッとさせられます。
最後のあのカラフルな街、すみれさんが何度も訪れたイタリアのようですから、もし次回イタリアを訪れることがありましたら、ぜひ訪れてみてください。
海からの光景も素敵ですが、街の中の様子もぜひ見てみたいものですよね。

投稿: すみれ | 2013年6月17日 (月) 21時52分

帰宅後のシャワーが欠かせない季節になりましたwave
そのうち起床後も・・・と思うと、ブルーな気分です
そんな中、こんな美しい絵葉書、ありがとうございますshine
まるでおとぎの国に迷い込んだ気分ですね~
ふらりと旅に出かけたくなっちゃいますshoe


きゃぶさんへ

気温もさることながらやはり湿度が・・・(-_-;;アツイ!
お風呂よりシャワーでさっぱりしたい季節ですね。
そんな折これらの写真、少しは涼しさを届けられたでしょうか?
地球にはまだこんなに不思議な光景や、メルヘンに満ち溢れたところがあるものですね。
最後の写真の街、いつか訪れてみたくなりました。

投稿: きゃぶ | 2013年6月17日 (月) 22時02分

慕辺未行さん今晩は
美しい地球今回も素敵ですね
上の写真何と神秘的な所でしょう・・海でしょうか
山間の水面に差し込む光と水面の美しい色
何か不思議の国へ迷い込んだ様な気分で見ています
そして一番下の写真・・岩の上の建物、吃驚しました
ビルの色が一個づつ違って
あの岩の上にもの凄い数、まるで絵本のお伽の国から
抜け出したような不思議な場面ですね・・・
もし私があそこに行けたら楽しく成るのか、それとも
落ち着かなくなるのか・・・一人想像して笑ってしまいました
もちろん行けるはずも無いのですが世界には
こんな不思議な所が有るのですね
有難うございます・・楽しませて頂きました


咲子さんへ

最初の写真、ボスニア・ヘルツェゴビナにあるピバキャニオンという渓谷のようです。
言われてみれば、黒い雲の合間から太陽の光が一部射し込んでいるようですね。
その光が川面に山の緑を映し出し、神秘的な表情になったのでしょうね。
最後の写真、あれには私も目を丸くして驚き、見入ってしまいました。
これほどまで鮮やかですと、もう『一つの芸術』ですね。
私もぜひ訪れてみたいところです。でも確かにおっしゃるように、楽しくなるのか落ち着かなくなるのか?どちらでしょうね。
世界には色んなところがあり、色んな街があるということ、私もあらためて知りました。

投稿: 咲子 | 2013年6月22日 (土) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレッキングの終わり(再掲) | トップページ | ポカラへ到着して(再掲) »