« 皆の気遣い(再掲) | トップページ | かつて歩いた道、再び・・・(再掲) »

2013年5月18日 (土)

舞妓さんと芸妓さんの『をどり』を見てきました

 皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ

5月も半ば過ぎ、すっかり初夏の雰囲気になりました。
これだけ暖かくなると、どこかへ出掛けたい気分なのですが、今の私はそれもままなりません。

 先日、新聞チラシにJR名古屋高島屋で『大京都展』が開催され、特設ステージでは舞妓さんと芸妓さんの『をどり』が披露されるとありました。
ちょうど今週金曜日、母を医者へ連れて行かねばならなかったので、こちらもついでに楽しんできました。

この日は祇園から舞妓さん、芸妓さん、地方さんの3名が来店されました。

Cimg4194
祇園の舞妓・豆六さん。まだあどけなさが残りますね。

Cimg4195
祇園の芸妓・小扇(こせん)さん。落ち着いた大人の雰囲気が漂っています。

Cimg4197
地方さんの三味線に合わせ、2人が『花笠』を踊ります。

Cimg4203
後ろ姿も艶やかです。

Cimg4207
芸妓さんお一人での踊り『宇治茶』です。

Cimg4211
進行役の方からインタビューです。はんなりとした京言葉が良いですね。芸妓さん年齢を尋ねられ答えると、会場からはちょっと驚いたようなどよめきが。「そんなに若いの?!」と私も感じました。まだ20代前半です。

Cimg4212
舞妓さんもインタビューに答えます。「休みの日には”普通の女の子”に戻ります」と答え、会場からは和やかな笑いが!こちらはもちろん、まだ10代です。

Cimg4219
最後はお二人で『祇園小唄』を踊ります。

Cimg4222
踊りの中に物語が見えてきます。

およそ30分ほどのステージでしたが、京都のお座敷の雰囲気を味わうことができました。次は京都の花街で舞妓さんや芸妓さんとお会いしてみたいです。
母を医者へ連れて行くついででしたが、これも自分に対する”ご褒美”だと思っています。

*『大京都展』開催中(5/15~5/21)は毎日舞妓さんと芸妓さんの『をどり』が披露されるそうです。また、日によって舞妓さん、芸妓さんが変わります。
京の五つの花街(宮川町、先斗町、祇園、上七軒、祇園東)から毎日入れ替わりに来店されるようです。

|

« 皆の気遣い(再掲) | トップページ | かつて歩いた道、再び・・・(再掲) »

コメント

めったにお目にかかれない舞を鑑賞されてきましたね。よかったですね。
お座敷に呼んだらすごいお値段でしょう。なんせ一見さんはお座敷に行くことさえできないでしょう。
すごいことですね。


agewisdomさんへ

新聞に挟まれていたチラシを見て、ちょうど母を医者へ連れて行かねばならない日と重なっていたこともあり、いつもより1時間早く家を出て、この踊りを見てから医者へと連れて行きました。
もし京都でこれを楽しもうとしたら・・・、一体いくらかかることやら・・・?その前に、一見さんでは見ることさえできないのですね?!
そう考えたら、とても貴重な機会だったと、あらためて思いました。

投稿: agewisdom | 2013年5月18日 (土) 23時52分

お早うごさいます
そうですか 「大京都展」が催されているのですね
良い目の保養をされましたね
内容の濃い30分間でしたね
不思議な偶然を感じています
実は今日 歩きの会で5花街を歩くのです
14Kmのコースです 午後は雨の様ですが
楽しんで来たいと思っております


古都人さんへ

催事場では京都ならではの和菓子や料理などのお店がたくさんあったようですが、時間の都合でこの『をどり』だけ楽しんできました。
本物の舞妓さんと芸妓さん、初めて目の当たりにし、ちょっと感動!
会場が狭かったのが難点でしたが、何とか見ることができました。
古都人さんは今日、すべての花街を散策されたのですね。
14kmものコース、お疲れさまでした。舞妓さんや芸妓さんとの出会いはありましたでしょうか?

投稿: 古都人 | 2013年5月19日 (日) 06時29分

京都に何度も行きましたが縁のない世界でした。
みやこ踊りも見たことがありません。

芸者さんはテレビで見る程度ですね。
本物を見られてよかったですね。

岐阜では見られません。


matsubaraさんへ

私も何度か京都へは出掛けていますが、さすがにお座敷遊びができるほどの余裕はありません。
本当に縁のない世界でしたが、デパートの催し物の特別イベントで拝見することができ、とてもラッキーです。
高島屋に限らず他のデパートでもしばしば似たようなイベントがあると思います。
名古屋まで近いですし、機会あればぜひ一度ご覧ください。
このイベントも火曜日まで開催されています。11時、2時、4時からです。

投稿: matsubara | 2013年5月19日 (日) 07時20分

お忙しい日々の中で、少し日常を離れた京情緒を味わわれて、
きっといい気分転換になられたことでしょうねconfident
私も何度かお座敷などで芸舞妓さんの踊りを見たことがありますが、
やはり、鍛錬された本物の芸は見事なものですねshine
祇園には、そこで生まれ育った男友達がいますが、
時代とともに、祇園も昔とはずいぶん変わってきたようです。
景気的にも厳しくなって、いわゆる「一見さんお断り」ばかりでは
通せなくなってきているようで、そんなお茶屋さんも、
もう、「一力」などの一部かもしれません。
祇園の花街文化保存のための「おおきに財団 友の会」という
組織もあって、そこの会員になれば、「一見さん」扱いでなくなる
とか、いろいろ新しい取り組みもあるようですよhappy01


hananoさんへ

ここ最近母のことでストレスがたまり、いつもイライラしていますので、ちょっと気分転換になりました。
hananoさん、何度もお座敷で芸舞妓さんの踊り、ご覧になったことがあるのですか (゚o゚)スゲェ!
踊りも素敵なのですが、舞妓さんの初々しさと芸妓さんの大人の色気が好対照で、そちらにも興味を覚えました。
京都へは何度も訪れていますが、花街と呼ばれるエリアはまだ一度も足を運んだことがありません。
ぜひ一度のんびり、京都の花街を歩いてみたいです。
『一見さんお断り』というお店、京都では多くありそうに思います。しかし、バブル経済がはじけて20年余り。今だあの頃の景気には戻らず、『一見さんお断り』なんて言っていられないのでしょうね。
とは言っても私は『お座敷遊び』ができるほどの者でもなく、このような機会がなければ見ることができません (。_。)!

投稿: hanano | 2013年5月19日 (日) 14時36分

名古屋駅の高島屋はいつも混んでいてうんざりしますが
こんな催しを開いてくれるとは楽しいですね。
でもこの前、テレビの県民ショウで
名古屋人にとっては老舗の松坂屋の方がネームバリューが高い、
おつかい物なら松坂屋の紙袋じゃないとと言っていて
笑ってしまいました。


zooeyさんへ

名古屋駅と直結していますから、どうしても込みますよね。
高島屋に限らず名古屋の”4M”デパートでも同様のイベントは開催することがあると思います。
>老舗の松坂屋の方がネームバリューが高い・・・
これ、本当です。名古屋・栄にあるデパートでは丸栄よりも三越よりも、やはり松坂屋!だそうです。やはり古くからの老舗ですからね。
とくにお年寄りの方はそう思われるようです。

投稿: zooey | 2013年5月19日 (日) 14時42分

こんばんは。
へぇ~、こんなイベントをしていたのですね。
舞妓さんや芸妓さんがおられる席になんて
いくことありませんので、いつもテレビの中の
世界です。
あの言葉づかい、いいですよね。


Junjiroさんへ

ご実家が京都のJunjiroさんですが、まだずいぶんお若いですから、舞妓さんや芸妓さんのいる席へ行く機会はなかったのかもしれませんネ。
デパートのイベントでしたが、ついでがありましたので運良く拝見することができました。
言葉づかい、いかにも”京都”らしさを感じました。

投稿: Junjiro | 2013年5月19日 (日) 20時21分

こんばんは
素敵な京都をお愉しみに成れましたね。
京都へ出かけても舞妓さんに出会うことは
殆ど有りません。
出会っただけでも感動だと思いますが、
舞やお話もお聞きに成れ、素敵なひと時を
お過ごしに成れた事と思います。
お二人とも艶やかでお美しいですね。
厳しい修行を経てのお二方の言葉や仕草に
皆さん魅せられ、京都への憧れが増したのではと思います。
京都、こちらからはわりと近いのに出かける機会が有りません。


すみれさんへ

京都まで行かずして、地元・名古屋で京都の雰囲気を味わうことができました。
京都へ出掛けたとしても、このような舞を見られるどころか、舞妓さんたちに会えることさえ殆どないでしょうから、貴重な時間を持つことができました。
舞妓さんは可愛らしく、芸妓さんは本当に美しかったです。芸妓さんはインタビューの中で「芸妓になると一人前に扱ってくれる・・・、責任も重いどす」と答えていました。やはり厳しい修業を積まれてきているのですね。
名古屋からでも京都はそんなに遠くはありません。新幹線ならば1時間もかからないのですから。それでも現状の私は、とても行くことができません。

投稿: すみれ | 2013年5月20日 (月) 20時55分

高島屋でこういう催しをやっていることを知りませんでした。

京都に行っても、お座敷で舞妓さんや芸妓さんの踊りを見る機会なんてまずないですもんね。
テレビで見るのがせいぜいです。

機会があったら私も生で見てみたいものです。


みーこさんへ

新聞のチラシに入っていたのをたまたま目にし、それでこのイベントを知りました。
たしかに京都へ行っても、簡単に見られるものではないですし、本物の舞妓さんや芸妓さんにお会いする機会さえ難しいですから!
母の通院日と重なって、運よく見ることができました。
きっとまたこのようなイベント、開催されると思います。その時はぜひ、見に行ってみてください。

投稿: みーこ | 2013年5月21日 (火) 10時28分

慕辺未行さん今日は
名古屋の高島屋で舞妓さんと芸妓さんの舞い姿を
見れて良かったですね・・そしてお二人が
インタビューでお話されて京都祇園の花街で日常
会話されている様子が少しは解りますものね・・
なかなか厳しい修行が有り大変な様です
私は京都の人ですし町では何回も
この姿を見ていますし、たまには声も聞こえます
しかしお座敷でお食事して舞を見るなんて
到底できません・・普段は普通の女の子に
戻ります・・が可愛いですね
慕辺未行さん素敵な期会に出会いが有って
良かったですね・・・


咲子さんへ

京都まで行かずとも、このような素敵な踊りを見ることができ、本当にラッキーでした。
インタビューで舞妓さんと芸妓さん、それぞれの立場や責任感、そして休みの日の過ごし方なども聞くことができ、とても有意義でした。
咲子さん、京都ご出身の方だったのですね。知りませんでした。ずっと高松の方だと思い込んでいました (^_^;;
やはり京都の方でも、このような舞を見る機会はなかなかないのですね。
デパートの催事場での特設ステージで、立ち見でしたが、それでも貴重な時間だったと言えそうです。
舞妓さんだって休みの日はごく普通の女の子、厳しい修行と常に気を張っているからこそ、休みはそうありたいのでしょうね。

投稿: 咲子 | 2013年5月21日 (火) 15時01分

舞妓さんと芸妓さん
京都には旅行で訪れても、全然お会いする機会はありません
舞妓体験をしている旅行者を観て、わぁと思うくらいが関の山・・・sweat01
本物に会って、しかも舞を観せてもらえるなんて、とっても貴重な体験です
京都展ではこんな催しもやっているんだ~いつも親孝行をがんばっていらっしゃる、慕辺未行さんへの素敵なご褒美ですねっshine


きゃぶさんへ

京都へは最近でこそほとんど訪れていませんが、かつてはよく訪れました。が、花街はもちろん舞妓さんや芸妓さんにお会いする機会なんて全くありませんでした。
たまたま新聞チラシが目にとまり、母の通院日に上手く重なり、見に行くことができました。
通院日でなければ、行っていなかっただろうと思います。
母の通院ついでですし、観覧無料のイベントですから、”超安上がり”なご褒美です (^_^;;
本物の舞妓さんと芸妓さん、本当に素敵でした。本当に貴重な体験でした。又機会があれば、見に行きたいです。

投稿: きゃぶ | 2013年5月21日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皆の気遣い(再掲) | トップページ | かつて歩いた道、再び・・・(再掲) »