« 国立公園&祭りシリーズの切手 | トップページ | 雪道を行く(再掲) »

2013年5月 6日 (月)

美しき地球 その2

皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ

今年のGW、いかがお過ごしになられたでしょうか?
日頃お忙しい方も、年中GWの方(?)もそれぞれに楽しまれたことと思います。
でも中には「GW?!どこへ行っても混んでるし、高速道路は渋滞するし・・・」と、どこへも出掛けられなかった方もいるのでは・・・?
かく言う私が、その一人です (^_^;;(笑)!

 前回『美しき地球 その1』が、皆様にはとても好評でとても嬉しく思います。
で、早や”第2弾”です。どうぞ、ご覧ください。

10
The Melisanni Cave , Greece . This beautiful cave, which was discovered in 1951 and is surrounded by forests, features in Greek mythology as the cave of the nymphs.

11
Thermal baths inside a cave - Miskolc Tapolca , Hungary

12
New Town Hall in Hanover , Germany .

今回も3枚の写真、紹介しました。
水って本来は透明なのですが、絵の具や色鉛筆の『水色』って透明ではないですよね。
水色が何故薄い青色なのか理解できるような気がしました。

|

« 国立公園&祭りシリーズの切手 | トップページ | 雪道を行く(再掲) »

コメント

スイスとドイツとハンガリーの絵葉書ですね。
どの国にも行きましたが、こんな素晴らしい
ところは知りませんでした。
これもエルマーさんからのものですか。

連休はお寺に行っただけですが、息子が
来てくれたり、読書をしていました。その本は
明後日upします。とても厚いのでまだ途中
なのです。


matsubaraさんへ

上からギリシャ、ハンガリー、ドイツの写真です。
これらもすべて今年初めにエルマー&アンジュラ夫妻から届いたメールに添付されていた写真の一部です。
1枚目の写真は、空の色が水面に映り、太陽の光が洞窟の岩に反射しているのでしょうか、洞窟までもが極彩色に輝いて見えます。
ハンガリーは温泉の国としても有名のようですね。
最後はドイツのハノーファー。波も立たず静かな水面、まさに『水鏡』です。

投稿: matsubara | 2013年5月 7日 (火) 07時49分

お早うございます
3点の共通テーマは水ですね
それぞれに性質の異なる水の登場で
面白く拝見しました
そうですね 透明感と言いながら色があります
水は太陽の光によっていろいろと変化もする
液体ですね
今回も3枚の絵ハガキの選び方 素晴らしいです


古都人さんへ

特に『水』ということを意識して選んだわけではなく、エルマー達からのメールに添付されていた順番に紹介しただけでして・・・(^_^;;アセッ!
空の色、そして太陽の光。水がきれいですとこんなにも美しい光景が生まれるものなのですね。
2枚目は洞窟の温泉のようですが、神秘的な色をしていますよね。
そして最後は見事な水鏡。妖精たちが出てきそうな雰囲気です。

投稿: 古都人 | 2013年5月 7日 (火) 09時05分

慕辺未行さん今日は
美しい写真が三枚、水の色を思わず
見つめて見ました・・・確かに薄い・・青色
上二枚は水面の部分が高い岩に囲まれ洞窟でしょうか
暗く上から太陽が水面から深く差し込み反射で
青が出たのでしょうか・・・解らない
もっと不思議なのは三枚目夜の湖面に
お城が映っているのでしょうか・・波一つなく
凄く正確に映っている・・ライトアップの効果でしょうか
不思議です・・


咲子さんへ

本来透明であるはずの水、空の色と太陽の光でこれほど美しく見えるものなのですね。さらに太陽光が洞窟の岩に反射しているのか、洞窟全体が美しく彩られています。
2枚目はハンガリーの温泉のようですが、こちらもとても神秘的なブルーですよね。このような洞窟の温泉、日本人としては憧れます。
最後の写真、説明では『ニュータウンホール』とありますが、造りそのものはドイツでよく見るお城や宮殿とよく似ています。
全く風がなくわずかな波さえ立たなかったのでしょうね。建物だけでなく森の木々も映り、『水鏡』そのものです。

投稿: 咲子 | 2013年5月 7日 (火) 10時32分

水がテーマなんですね
どれも美しく澄んでいるからこそ、なせる業なんでしょうね
とってもキレイで幻想的・・・見とれてしまいますconfident


きゃぶさんへ

『水』をテーマにして選んだわけではないのですが・・・(^_^;;アセッ!
しかしどの写真も仰る通りに、水が澄んでいるからこその光景だと思います。
自然が見せる絶景、ライトアップされたことによって見られる絶景、本当に地球って美しい星なのですね。

投稿: きゃぶ | 2013年5月 7日 (火) 21時14分

二番目の写真は知っています。
ハンガリーに行った際に読んだ本に出ていました。
ミシュコルツの洞窟温泉ですね。
実際にはぬるくて臭くて日本の温泉のようにゆったりできるものではないらしいのですが
素晴らしい光景ですよね!


zooeyさんへ

ハンガリーは日本同様に温泉大国だそうですね。
で、この洞窟温泉、ぬるくて臭いも・・・?!
日本も『硫黄泉』ですと匂いがかなり・・・!
それはさておき、いずれにしても素晴らしい光景ですよね。
一度は訪れてみたいです。

投稿: zooey | 2013年5月 8日 (水) 22時02分

慕辺未行さん  こんばんは
美しく、素晴らしいですね。
水は不思議で神秘な魔法の力が有るようです。
同じ水でもその素晴らしさは異なり
どれもが魅せられ、実際に
観れたら大感動なのではと思います。
本当に美しき地球ですね。
一枚目は水の中も素晴らしい光景でしょうね。


すみれさんへ

本当にどれも素晴らしい絶景ですよね。
考えて見れば、地球の70%は海なのですよね。
地球が『水の星』であり人間は水がなければ生きられない動物。すべての命の源とも言うべき水、それを汚してはいけませんよね。
これらの写真、本当にキレイに澄みきった水だからこそ見られる光景だと思います。
この美しい光景、いつまでも残したいものです。

投稿: すみれ | 2013年5月 8日 (水) 22時35分

第1段に続いて今度は「水」ですね。
たしかに水って本来は無色の物質ですけれど、
差し込む光によっていろんな色になったり、
水面に建物や景色が映り込んだり、
あるいは波などでもまた違った雰囲気になりますし、
ほんといろんな表情をもっているものだなと改めて
思いました。
きれいな写真を見せていただきありがとうございます。


Junjiroさんへ

決して『水』をテーマにしたつもりではありませんが、結果的にそうなってしまいました (^_^;;アセッ!
この3枚の写真で、そのように感じて頂き、とても嬉しく思います。
綺麗に澄みきった水だからこそ、このような美しい光景を生み出し、色んな表情を見せてくれるのですね。
水は地球にとってなくてはならないもの、生きとし生けるものすべてに必要不可欠なもの。
いつまでも大切にしたいですね。

投稿: Junjiro | 2013年5月 9日 (木) 00時12分

ご無沙汰しましておりました。
風邪をひいて、治りかかったところで連休、
どこへも行かず、いえ、3日に天王川公園に出かけたのですが
駐車場に入る車の長蛇の列に諦めて帰りましたけど・・・
連休が終わるとまた風邪、今度は別の症状・・・
ブログも休んでばかり、訪問もできず・・・
そんな最近でありました。
ところで、上から三枚目の写真、テレビだったかな、どこかで見たように思います。
ギリシャのメッサーニ洞窟、行きたいですね。
以前、ギリシャ旅行を計画していましたが
ちょうどアテネ五輪の年で、その準備であちこちが工事中だったり
見学できなかったりなんてことで、スイスに切り替えたところ
スイスに魅せられたという経緯があります。


Saas-Feeの風さんへ

体調が良かったり、今一つだったり、精力的に動いている分、疲れも溜まってきているのでしょうか?!
まぁぼちぼち、マイペースで進めてください。
3枚目の写真は、ドイツ・ハノーファーのようですが、本当に水鏡の如く綺麗に映っていますよネ!
最初の写真の洞窟も、一度は目にしてみたいものです。
本当にキレイですよね。
色んな経緯があって旅行先を変更し、その場所に魅せられる・・・、よく解かります。
私も初めての海外の旅で、インドでクーデターが起こったからこそネパールに留まるを得ず、ネパールの魅力にはまったものです (^_^;;ヘヘッ!

投稿: Saas-Feeの風 | 2013年5月10日 (金) 16時34分

うわ~っと感心しながら拝見させていただきました
多分どれも 時間や天候の条件が合った時に捉えられる
現象なのでしょうね
簡単に出会えない貴重な場所のままとっておいて欲しいです

ゴールデンウイークが終わったら出かけたいと思っていましたが
結局毎日平凡な生活が続いています!  ^&^


bellaさんへ

どの写真も偶然捉えたのではなく、何日も通い詰め何時間も粘って何枚も撮影したうちの傑作なのでしょうね。
もしかしたら、本当に『偶々』撮れたのかもしれませんが・・・(-_-)ウーン?
どの場所も「行こうと思えば行ける」ところでしょうが、仰る通りで条件がそろわないと、同じ場所でも同じ光景が見られるとは限らないでしょう。
bellaさん、秘かに次の予定を企てているのでは?(^_^)

投稿: bella | 2013年5月11日 (土) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立公園&祭りシリーズの切手 | トップページ | 雪道を行く(再掲) »