« ゴビンダ君宅へ(再掲) | トップページ | カリブの怪人?いえ快人です。2人のジャマイカン。(再掲) »

2012年12月 1日 (土)

レベル『要介護1』

 皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ

最高気温が10℃に届くかどうか・・・の予報に「エッ?」と思っていたら、もう『師走』なのですね。寒くなるはずです (^_^;;アセッ!

10月初め、母の掛かり付けの主治医から「週に2~3回デイサービスに通わせなさい。すぐに手配しなさい」と言われ、慌てて「どういう手続きを取ればいいのか?」と姉に訊き、区役所(支所)の福祉課を訪ね『介護保険』の認定申請をしました。
そしてすぐ近くにある「『いきいき支援センター』で予め、相談すると良い」と伺い、2回ほどデイサービスを『お試し体験』させていただくことが出来ました。

そして、かなり時間(1ヶ月半)がかかりましたが、やっと認定が下りました。
結果は・・・

          『要介護1』

でした。

支援センターの方に話をした際、「おそらく『要支援2』か『要介護1』になるのでは?」と聞いていましたので、この結果は半ば予想通りでした。
認定通知書が届き、その結果を支援センターの方に連絡しました。すると「”認知症”に詳しいケアマネージャーさんを紹介します」とのことで、翌日、そのケアマネージャーさんが来宅して下さることになりました。

 ところで、『要支援』とか『要介護』と言われても「???」の方もいらっしゃるでしょう。
ウィキペディアから引用し説明しておきます。


要支援状態
については、介護保険法第7条第2項で次のように定義されている。

  • この法律において「要支援状態」とは、身体上若しくは精神上の障害があるために入浴、排せつ、食事等の日常生活における基本的な動作の全部若しくは一部について厚生労働省令で定める期間にわたり継続して常時介護を要する状態の軽減若しくは悪化の防止に特に資する支援を要すると見込まれ、又は身体上若しくは精神上の障害があるために厚生労働省令で定める期間にわたり継続して日常生活を営むのに支障があると見込まれる状態であって、支援の必要の程度に応じて厚生労働省令で定める区分(以下「要支援状態区分」という。)のいずれかに該当するものをいう。

要支援状態には、要支援1と要支援2の2つの要支援状態区分が設けられている。

要介護状態については、介護保険法第7条第1項で次のように定義されている。

  • この法律において「要介護状態」とは、身体上又は精神上の障害があるために、入浴、排せつ、食事等の日常生活における基本的な動作の全部又は一部について、厚生労働省令で定める期間にわたり継続して、常時介護を要すると見込まれる状態であって、その介護の必要の程度に応じて厚生労働省令で定める区分(以下「要介護状態区分」という。)のいずれかに該当するもの(要支援状態に該当するものを除く。)をいう。

要介護状態には、要介護1から要介護5まで5つの要介護状態区分が設けられている。

・・・(・_・?ハテ、私自身が読んでもよく分かりません(笑)!どこがどう違うのか・・・(『若しくは』と『又は』と使い分けられているけど)?
っていうか、『厚生労働省令で定める期間』というのを、もっと具体的に表現できないのか?と思います。これでは素人には全く分かりませんよネェ!「何日、何ヵ月、何年・・・?」皆目見当がつきません (>_<)!
いずれにしても、もはや『支援』状態ではなく『介護』が必要な段階にまで、母の『認知症』が進んでしまっていることだけは間違いないようです。
*認定調査の日、調査員の方の質問(年齢、その日の日付)の答えにとんでもない答え(年齢は違うし、その日の日付は『月』も『日』も全然違っていました)をしていた母でした。

 で、早速『支援センター』から紹介されたベテランのケア・マネージャーの方が来て下さいました。
以前は介護関係の会社に勤めていたそうですが、今は個人でされているようです。それゆえ、組織所属ですと勤務時間制限があるのですが、その方の場合「連絡下されば、いつでも対応できます」というのが、メリット!

母は認定前に2ヶ所、『お試しデイサービス』体験させていただいたのですが、ケアマネさん曰く「食事(昼食)が安くて美味しい、もっとお勧めのところがあるので」と、さらに『お試し』させていただけることになりました。

認定前に2ヶ所『お試し』体験させていただいたのは、『デイサービス』がどういうところかを知る上で、母にとっては良い体験だったと思います。
しかし、その2件のどちらかを・・・と言われると、こちらも「もう少し、他のところも体験、もしくは見学だけでも・・・」と思いたくなります。現状の母の症状を少しでも改善できるようなところ・・・などなど。
それだけに今回のケアマネさんの助言はありがたいです。

明後日、月曜日(12/3)行くことになりましたので、帰ってきたらすぐに感想を聞かねば!でないと、忘れてしまいますからねぇ(笑)!
パンフレットを見ても、とても魅力のあるデイサービスセンターでしたので、きっと気に入るのでは?そして「デイサービスに行くのが楽しみだ」と思ってくれれば、一安心です。

Cimg3660
団地内の、真っ赤に色づいた『ドウダンツツジ』。あまりにも鮮やかでしたので、つい camera

*ココログ広場をご利用のブログ友達の皆様へ。
何故かとつぜん、『つぶやき』が送れなくなってしまいました。『返信』をクリックしても、自身の『つぶやき』も投稿できません。送りたい相手のユーザーページの『つぶやきを送る』をクリックしてもダメでした。
トラブルの原因が分かりませんので、しばらくは『つぶやき』の返事ができないかもしれません。あしからず、ご了承ください。

|

« ゴビンダ君宅へ(再掲) | トップページ | カリブの怪人?いえ快人です。2人のジャマイカン。(再掲) »

コメント

母は昨年は要介護2でした。それが食べなくなってそれから一気に要介護4に更新されました。なんとしても行かなかったデイケアなのに今は施設に入って、結構楽しそうに暮らしています。不思議なものです。
いい場所が見つかって認知症を改善できるといいですね。


agewisdomさんへ

ケアマネージャーさん曰く「”要介護1”では、ご家族の方、とても大変だと思います・・・」と仰っていました。
”支援状態”と”介護状態”ではずいぶん違うようです。
agewisdomさんの御母上様、ご自宅にいらっしゃるときでさえ『要介護2』だったのですね。ご苦労でした m(u_u)m 。
私の母も以前でしたら『デイサービス』なんて絶対に行かなかったと思います。かつて自治会の『老人会』さえなかなか行こうとしなかったですから!
しかし、数十年お世話になっている先生(主治医)から言われたら、「大人しく従うしかない」と思っているのか、素直に『お試しデイサービス』に行っています。
今回紹介されたところはスタッフの人数も設備も、さらに食事も充実しているところのようですから、”期待大”なのです。

投稿: agewisdom | 2012年12月 1日 (土) 23時11分

慕辺未行さんへ
お早うございます
やはり要介護だったのですね
法律の言葉は良く判りません
ケアマネさんと良く相談され可能な限り
公的サポートを受けられると良いと思いますよ
少しでも慕辺未行さんの負担が軽減されることを
望みます 親孝行にも限界があります
以上は私の母を介護した経験からの言葉です


古都人さんへ

私自身、認定調査の日の母の様子を見て「もしかしたら要支援2では?」という予想でしたが、結果は『要介護1』でした。
ベテランのケアマネさんで、ベッドではなく布団で寝ている母の起き上がる様子を見て、介助具を手配して下さったり、この付近で最も良いと思われるデイサービスを紹介して下さるなど、頼りになる方のようです。
すぐには私の負担は軽減されないでしょうが、少しでも楽しみが増え刺激となり、症状が少しでも改善されれば、その時には私も少しは安心し負担も減ると思います。
ケアマネさんとは、私の次の仕事が決まりましたら、それに応じて又ケアプランを変更するなど、相談しています。

投稿: 古都人 | 2012年12月 2日 (日) 06時28分

要介護に進んでいたんですね…
色々ご苦労がおありだと思いますが、
古都人さんのお言葉に賛成です。
どうぞ、無理なさらず、頼めることは頼んでくださいね


と~まの夢さんへ

ほんの数年前までは、こんな兆候、微塵も無かったのですが、毎週欠かさず行っていたカラオケ喫茶が閉店して以降、ボケが始まりいつしか外出しなくなり、一気に進行してしまいました。
ケアマネさんから最善のプランを提案して頂きました。例えば、私の仕事が決まったらそれに応じてデイサービスに週3回、行かない日は食事の世話にヘルパーさんを手配するなど、私が昼間の仕事でも安心できるようなプランも介護保険内でできるそうで、少しは私も安心できそうです。

投稿: と~まの夢 | 2012年12月 2日 (日) 12時10分

母は要支援1なのですが、ここには該当しません。
もっと軽いです。町の判断に従っています。
おかげで楽しんで近くのデイケアに行っています。
仲良しの人も難聴で話ができにくいのですが・・・
93にもなれば当然ですね。
周囲は、皆さんどこかに支障をきたしておられます。


matsubaraさんへ

93才で『要支援1』というのも、逆の意味でスゴイと思います。私の母より一回り以上ご年配ですから、とてもお元気でいらっしゃるのですね。
やはり生活環境やその人の趣味などによって、個人差が出てくるのでしょうね。
私の母は以前は昼間、推理小説を読んだり、夜は週に1~3回はカラオケ喫茶へ行って3~4時間ほど遊んでいました。しかしそのカラオケ喫茶が閉店し、以来ボケが始まりました。
耳はまだ聞こえるのですが、それでも部屋にいると玄関チャイムが聞こえなかったりすることがしばしばあります。

投稿: matsubara | 2012年12月 2日 (日) 12時52分

ほんとにもう12月なんて・・・早いですねxmas
今年は何だかんだ言いつつ、やっぱり暖かいのでしょうか

とっても頼りになりそうなケア・マネージャーさんで、一安心ですねshine
デイサービス共々、プロの方に任せて、じゃんじゃん頼ってくださいませ
お母さまが気持ちよく過ごせる場所が見つかると良いですね~
慕辺未行さんの心と身体の負担が少しでも減りますようにconfident


きゃぶさんへ

ホントもう12月、秋と呼べる季節がアッという間に過ぎてしまったような気がします。
今日は曇り空で最高気温も10℃を切ったようですが、明日は今日よりは暖かくなるようです。
ベテランのケアマネさんで、介護プランの説明もとても分かりやすく話してくださいました。
明日はこの地域でケアマネさん一押しのデイサービスに行きます。そこが本当に気に入り、デイサービスに行くのが楽しみだと感じてもらえれば良いのですが・・・。何しろ今はデイサービスにいくことを医者に通うことと同様『義務』のように思っている節がありますから!
私自身の負担軽減もですが、それ以上に安心して仕事に行けるようになることが、今一番の望みです。

投稿: きゃぶ | 2012年12月 2日 (日) 13時19分

こんにちは^^
公的サービスを受けられるようになって、これからは慕辺未行さんのご負担もかなり軽減されることと。。これからの方向付けもその都度専門の方々のアドバイスを受けられますからお1人で抱え込むこともなくなりますね。良かったよかった…です~confident

デイサービスで楽しい刺激を受けて症状が改善されれば、更新で要支援に落とされる場合もあるようですが、それはそれで、お母さまがお元気になった証拠と受け止めれば喜ばしいことですね^^

四季桜の満開情報ありがとうございました。
実はその前日に多少見ごろを過ぎていても…と思いながら29日1泊の宿泊予約を入れていたのでした。寒さもそれほどではなく花酔いするほど四季桜cherryblossomを満喫してきました。でもこれも慕辺未行さんの記事を拝見しなかったら、ずるずると果たせないままに終わったかもしれません^^多謝。。


はづ希さんへ

申請から認定が下りるまで一月半、これでやっと介護保険を利用することが本格的に可能になりました。
ベテランのケアマネさんを紹介して頂き、そしてスタッフも設備も充実しているというこの地域ではケアマネさん一押しのデイサービスを紹介して下さいました。
そして今はプー太郎の私ですが、仕事が決まった際には又それに応じたプラン(例えば、デイサービスを週2回から3回にするなど)を考えてくださっていますので、少しは私の仕事の選択の幅が広がります。
明日のデイサービスセンターにはカラオケもあるそうですから、母には久しぶりのカラオケ。ストレス発散にもなるでしょうし、何よりもこれが楽しみになってくれるのでは?と期待しています。
その結果、症状が改善され『要介護』から『要支援』になったとしても仰る通りで、私の不安や負担もずいぶん軽減されることに繋がります。
四季桜、はるばる見に行かれたのですね。
小原の四季桜を知っていただけでもビックリしましたが、私のブログが後押しするような形で訪れたことにも、驚きと共にとても嬉しい限りです。
1泊2日でのご旅行、四季桜と共にブログに up されるのでしょうか?楽しみにしています (^_^)ニコニコッ!

投稿: はづ希 | 2012年12月 2日 (日) 14時47分

慕辺未行さん  こんばんは
要支援と要介護、説明を読んでも良く理解できません。
ベテランのケアマネージャの方と御相談が
出来るのは心強いですね。
お母様の希望に叶ったディサービスが
見つかり、楽しみにお出かけ出来たら良いですね。
そして慕辺未行さんのお時間も
お出来に成りますように願っています。 


すみれさんへ

簡単に言えば、症状の進行の度合いなのでしょうが、確かに分かりにくい区分ですよね。
しかし『要支援』と『要介護』ではずいぶん違うようです。
デイサービス、今はまだ『お試し』させていただいてるのですが、どうも母はデイサービスに行くことを『義務』のように感じてしまっているみたいです。
昨日、ケアマネさん一押しのところへ行ったのですが、帰って来て感想を聞くと、様子が全く違いました。しかし認知症の母が言うこと、鵜呑みにすることもできずデイサービスの方から今日電話がありましたので、尋ねてみましたらやはり母の言ったことはすべて違っていました。
母がデイサービスへ行くのが楽しみになるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。

投稿: すみれ | 2012年12月 4日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴビンダ君宅へ(再掲) | トップページ | カリブの怪人?いえ快人です。2人のジャマイカン。(再掲) »