« 世界の絵葉書 その37 ”死の谷”から | トップページ | 国際文通週間切手 »

2012年10月 5日 (金)

曼珠沙華と秋桜

 皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

「暑い寒いも彼岸まで」とはよく言ったもので、確かにお彼岸のころから涼しくなりました。
と思ったら、10月に入り再び暑さが・・・(-_-;;アツイ!
体調、崩しておられませんか?

地元紙の一面に、童話『ごんぎつね』の作家として有名な新美南吉の出身地近くの川の堤防が、一面の彼岸花で彩られているのを見ました。
そこで思い出したように、昨年見に行きました津島市の天王川公園へ今年も行って来ました。

Cimg3511
公園の西堤、真っ赤に燃える曼珠沙華

Cimg3509
下から眺めてみました。

Cimg3514 
今年も咲いていました。白い彼岸花。

Cimg3536
こちらはおまけ。昨年偶然見かけた黄色い彼岸花。今年も咲いていないか寄り道したら、ほんのり黄色い彼岸花が咲いていました。これからもっと色濃くなるのかな?

彼岸花、曼珠沙華とも呼びますが、皆様はどちらの呼び方がお好きでしょうか?
私は口に出して話す場合は「彼岸花」と言いますが、文章に残す場合は「曼珠沙華」を使うのが好きです。「曼珠沙華」と書きますと何となく”格調”高く感じられて・・・自己満足です (^_^;;ヘヘッ!

この天王川公園、春は藤の花の名所でもありますが、今の季節はもちろん咲いていません。しかし藤棚の散歩道にはこんな花がたくさん咲いていました。

Cimg3518
ヤブランでしょうか?色や姿が藤の花に似ているような・・・。地面から咲く”藤の花”のようです。

せっかくですから、木曽三川公園へも足を延ばしてみました。コスモスが咲いているのを期待して!

Cimg3519
プロムナードの中央には、たくさんのコスモスが!

Cimg3520
赤、白、ピンク・・・どれも可憐です。

Cimg3522   
この子、花びらの付け根にクルンと巻いた花びらが?!これは一体・・・何?

Cimg3528
園内の花壇には夏の花と秋の花がたくさん咲いていました。

買い物ついでにちょっと大回りして”目の保養”をしてきた、『慕辺未行の休日』でした。

|

« 世界の絵葉書 その37 ”死の谷”から | トップページ | 国際文通週間切手 »

コメント

きれいですね。秋そのものですね。
今年も去年もついに彼岸花は見に行けませんでした。巾着田は一万本の彼岸花が咲いているといわれています。でもとうとう行きませんでした。来年こそは。花は時期がありますから思うようには出かけられません。


agewisdomさんへ

季節やお花は”秋”というのに、この暑さ (-_-;;アツイ!
彼岸花は、我が近所でも群生していないものの、ところどころで見かけます。
私もその年、その月によってなかなか出かけられませんが、時には遠回りしての”買い物”ついでの息抜きドライブ、密かに楽しんでいます。

投稿: agewisdom | 2012年10月 5日 (金) 22時00分

慕辺未行さん  こんばんは
彼岸花綺麗に咲いていますね~
真っ赤な彼岸花が沢山咲いて素晴らしいです。
私は沢山の彼岸花を見た事が有りません。
是非見たいと願ってはいるのですが・・・
白い彼岸花は珍しいですね。
黄色い彼岸花は又違った美しさが有ります。
ヤブランは好きなお花です。
葉も花も清楚で素敵です。
コスモス咲いて秋ですね。
私も近くのコスモスを見に出かけたいと思います。


すみれさんへ

この時期、あちらこちらで少しずつ咲いているのはよく見るのですが、これだけたくさん咲いているところはなかなかなくて・・・。見応えあります。
白や黄色の彼岸花、昨年もブログにupしましたが、今年も出会うことが出来ました (^o^)!
やはりお花は癒されますネ。
ヤブランが咲いている上には『東洋一』と謳われる藤棚があるのですが、まるで地面から可愛らしい藤の花が咲いているようにも見えて、面白かったです。
コスモスはやや早かったかもしれません。機会あれば、もう一度見に行ってみようと思います。

投稿: すみれ | 2012年10月 5日 (金) 22時52分

白いとうもろこしの正しい名前を教えて頂きありがとうございます。
これから記事に書き加えます。八百屋さんも知りませんでした。

新美南吉記念館近くの彼岸花は私も数年前に撮影しました。
あれだけ凄い所は他では見たことがありません。

あれは、ヤブランでよろしいと思います。

私も曼珠沙華と彼岸花は使い分けています。
短歌の場合は字数に合わせたりしますですが
同じなので雰囲気に合わせます。


matsubaraさんへ

いやいや、違いますって。ピーターコーンは黄色いトウモロコシの中に、何粒か白(クリーム色に近いかな)いものが混ざっているものです。
白いトウモロコシの名は・・・私も「???」です (^_^;;アセッ!
新聞でも取り上げられていましたが、半田市の矢勝川沿いのようで、スゴイ規模で咲いているようですね。
私も一度見に行ってみたいです。今シーズンはもう無理かな?
曼珠沙華も彼岸花も同じ花ですが、その時その時で知らないうちに使い分けています。

投稿: matsubara | 2012年10月 6日 (土) 08時20分

紅白の曼珠沙華、キレイですねshine
近所でも見かけますが、こんなにたくさん咲いていませんし、こんなにゴージャスな大きさでもありません
木曽三川公園はいつ行っても季節のお花がいっぱいで、楽しいですねnotes
もうコスモスの季節ですね~こんなに暑いのに
咲き乱れるコスモス・・・秋を感じに出かけたくなりましたhappy01


きゃぶさんへ

我が近所でもよく見かけますが、これだけたくさんの規模で咲いているところは、なかなかありません。
紅白並んで咲いているのを見ると、嬉しくなります。「今年も会えたねぇ」と、つい声かけたくなりました。
平日でお客さんもまばら・・・と思ったら遠足の子供達がいたり、平日休み(?)のアマチュアカメラマンがいたり・・・。
コスモス畑はまだこれからが見頃を迎えそうです。
南ゾーンのお花たちは、まだまだ夏の花も咲いていたり、色んな花が咲いていましたよ。

投稿: きゃぶ | 2012年10月 6日 (土) 08時44分

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 夏から秋への気温の変化は
劇的に変わりますね
ですから体調を崩す方が多い様です
私はお陰様で今のところ大丈夫ですが
油断は禁物です
秋を彩る花 2つですね 
私もヒガンバナと曼殊沙華とは何となく区別は
感じていますが余り明確ではありません
その時の雰囲気でしょうか
コスモスの花の不思議な現象ですね
何なんでしょうか 小さい花びらが後から出て来た
と言った感じですね


古都人さんへ

今の季節、暖かい(暑い?)日と涼しい日の差が極端で、外出時の服装に悩みます。
そしてずいぶん陽が短くなりました。ついこの間まで、明るいうちに出勤していたのに、今日はすでに太陽が沈んでいました。
どちらの花も今の季節を代表するお花ですよね。古都人さんのブログにも紹介されていましたよね。
彼岸花の別名が”曼殊沙華”で、同じ花だそうです。白い彼岸花は『シロバナマンジュシャゲ』という名前がついていました。(今、手許の図鑑を開いて確認しました (^_^;;アセッ!)
紹介したコスモスの花の現象、本当に何なのか不思議です。おちょぼ口のように見えて、とても面白いと感じ撮ったものです。

投稿: 古都人 | 2012年10月 6日 (土) 08時50分

彼岸花、子どもの頃はなんとなくまがまがしいイメージで好きではありませんでしたが
大人になると魅かれますね。
巾着田の一万本の彼岸花、見てみたいと思っているのですが
首都圏のこういった名所は、何万人もが押し掛けて物凄く混むのです。
そこに至る道も電車も何もかも。
その点、地方はいいですよね…


zooeyさんへ

私が花に興味を持ったのは、父の死後、母と2人暮らしになってからです。それ以前は、誰でも知っているような花しか知らなくて、彼岸花がどんな花か知ったのもここ数年のことです (^_^;;ハズイ!
子供のころから知っていたなんて(← これって普通?)、尊敬です。
>巾着田の一万本の彼岸花
agewisdom様のコメントにもこの名が出てきました。どうやらとても有名なところのようですね。
一万本もの彼岸花、とても圧巻でしょうね。
首都圏の人口はこの地方の数倍、いや十数倍でしょうから、たとえ平日でも混むでしょうね。ましてや休日となると・・・(-_-)ウーン...想像がつきません!

投稿: zooey | 2012年10月 6日 (土) 10時55分

こんにちは!
んん、新美南吉。
子供の頃大好きだった本「ごんぎつね」と「手袋を買いに」
実は大人になって知り、懐かしく思い自分用に購入し持っているんですよ。
ブログの趣旨とは関係ないですが^_^;

私の近所でも曼珠沙華が沢山咲いてます。
コスモスはこれからですね。
まだまだ暑い日がありますが
草花はすっかり秋の装いですね。


mayumiさんへ

『ごんぎつね』、けっこう有名な絵本ですよネェ!読んだ記憶はないのですが、あらすじは知っています。ちょっと可愛そうなストーリーですよね?!
その『ごんぎつね』の里は今、多くの人が彼岸花を見に訪れているそうです。
徐々に秋の花が咲きだして、北アルプスではすでに紅葉が見頃だそうで、日中は暑い日がありますが季節は確実に秋が深まっていくようです。

投稿: mayumi | 2012年10月 6日 (土) 13時47分

買い物ついでのちょっとした寄り道・・・
こんな時間が、きっと気持ちをリフレッシュさせて
くれるのでしょうねconfident
どの花の写真からも、秋の清々しい空気が
伝わってくるようです。
私も、言葉で話す時は「彼岸花」・・・かな?
「曼珠沙華」は、字面がとても美しいですねshine


hananoさんへ

以前は母を連れて買い物に行っていたのですが、最近は「頭が痛い」などと言うので、いつも一人で行っています。
さすがにこのところ、ストレスを感じていましたし、イライラしていましたから、良い気分転換になりました。
それに”ブログネタ”にもなりますし・・・(笑)
口に出して話す時はあまり「曼珠沙華」とは言わないですよね。「彼岸花」というのが普通ですよね。
hananoさんのご意見同様、私も「曼珠沙華」という呼び方、字面だけでなく言葉の韻も美しい!と思います。

投稿: hanano | 2012年10月 6日 (土) 16時50分

慕辺未行さんは大丈夫ですか?
と~まは確かに体調崩してますぅbleah
今日早寝しなくっちゃ~

曼珠沙華と書くと何となく仏教の世界を感じ
彼岸花と書くと庶民的な感じがしますよね
去年も同じ感想だったようにも思いますが、こうした群生は滅多にお目にかかれないですよね。白いのも…
みせて下さって アリガトォ

ああっ、と~まは秋の花ではコスモス、春の花では桜草が何となく好きですheart04やはし、コスモスキュートですね~


と~まの夢さんへ

ハイ、大丈夫だぁ~!(← 志村けんさん風に!)
先週は少し風邪ひきかけましたが、その教訓を生かし今はその日その時の天候や気温に合わせ、半袖・長袖・重ね着と使い分けています。
>曼珠沙華と書くと何となく仏教の世界・・・
私も同感です。仏教だけでなくヒンズー教にも相通じるような・・・。
「マンジュ」という名の女性が、ネパール・カトマンドゥのゲストハウスで働いていましたし、「シャゲ」は「釈迦」のような・・・?!
白いのは『シロバナマンジュシャゲ』という名があるそうです。でも黄色いのは・・・?昨年調べたような気が・・・?!
この季節の花と言えば、やっぱり”コスモス”ですよネェ!
サクラソウがお好きですか?以前訪れた岐阜県・ひるがの高原にある『牧歌の里』に咲いていたような・・・?!

投稿: と~まの夢 | 2012年10月 6日 (土) 21時02分

おはようございます
ごんぎつねの里、先週のお出掛けに考えていましたが
少し遠いのでね・・・津島にも彼岸花の名所があるのですね。
この連休が見ごろでしょうか??
しかし見事に赤く染まっていますねw(゚o゚)w
その中にあって、白やほんのり黄色の彼岸花は特別高貴な感じです。たくさんのお花に出逢えた素敵な休日でしたね。

招き猫 みーこ様のブログにお邪魔させていただきました。


かちがわまなこさんへ

半田市内でも、名鉄の駅からはちょっと離れているかナァ・・・?でも昨年、名鉄に乗ってお出かけされた方がいらっしゃいました。
この天王川公園、藤の花と天王祭りはとても有名ですが、彼岸花の名所でもあるとは、昨年初めて知りました。
もう終わりかけの花もあれば、これから咲く花もありましたし、もう少し楽しめそうです。
彼岸花と言えば赤い色が一般的ですが、白や黄色の彼岸花を見た時はビックリしたと同時に感動しました。
招き猫祭りで、みーこさんと知らず知らずすれ違っていたかもしれないですね。

投稿: かちがわまなこ | 2012年10月 7日 (日) 07時44分

こんばんは。
斜面が真っ赤な花に埋め尽くされている様子には
圧倒されそうです。福井もだいぶんコスモスなどの
秋の花が咲いています。いつまでも暑かったりしていても
確実に季節は進んでいるんですよね。
そろそろ秋を探しに出かけてこようかなと思いました。


Junjiroさんへ

ここは堤防のようになっていますので、下からも上からも眺めることができます。一面真っ赤に染まった斜面、どちらから見ても素晴らしいです。
コスモスの見頃は、もう少し先のようですが、それでも確実に季節は移り変わって行っているようです。
花を見るだけでなく、他にも秋を感じさせるもの、たくさんありますよね。それらを求めての旅もまた楽しいのでは?と思います。

投稿: Junjiro | 2012年10月 7日 (日) 21時53分

こんばんは^^

しばし素敵な異空間に癒しを得られたのですね。
よかったですね♪お母さまも、お連れできれば頭痛も和らぐかもしれませんのにね。。

彼岸花と曼珠沙華…
句に詠むときは字面からもっぱら曼珠沙華派!?ですが、そういえば普段の会話では彼岸花としか言わないですねぇ…^^

今年はまだ見ていません。
なんて言っていると終わっちゃうかな。。^^ゞ
コスモスも好きなお花です♡


はづ希さんへ

ハイ、ちょっとした息抜き&気休めになりました。
その季節の花を愛でるのって、やっぱりいいですよね。心が落ち着き、本当に癒されます。
家を出る前に母にも声かけたのですが、相変わらずの答えで・・・(-_-)ウーン...困ったものです。
はづ希さん、俳句を詠まれるのですか?
リンクしているブログ仲間の方の中にも、俳句や短歌詠まれる方々がいらっしゃいます。私は・・・そのような才能はなくて (^_^;;ハズイ!
普段の会話では「曼珠沙華」と言うことはほとんどないですよね。私もそうです。
コスモスは、標高が高いところでは終わっているでしょうが、平地ではまだまだこれからでしょう。
ぜひどこかへお出かけになって、ブログに紹介して下さい (^o^)/!

投稿: はづ希 | 2012年10月10日 (水) 01時00分

彼岸花、本当にきれいに咲いていますね。
白い彼岸花もあまり見かけないのに、黄色の彼岸花とは珍しい。
私は初めてです。

コスモスのくるんもかわいいなぁ。
お花もじっくり見るといろいろ発見があって楽しいですね。


みーこさんへ

津島の天王川公園と言えば、藤の花と夏の天王祭が有名ですが、意外にも彼岸花の名所でもあったのです。って昨年知ったのですが・・・。
白い彼岸花はときどき見かけますが、黄色はなかなか・・・。
昨年はもっとはっきりとした黄色だったのですよ。
今日もう一度、その場所を通ったのですが、やはり昨年のような明らかな黄色の彼岸花は咲いていませんでした。
コスモスのあのクルンは何でしょうね。おちょぼ口のように見えて面白いです。

投稿: みーこ | 2012年10月11日 (木) 14時28分

巾着田のように有名な所は 観光バスが押し寄せて 人も多い
ので、 慕辺未行さんのこんな場所があったら いいなあ~
自分だけの曼珠沙華!!
少し毒があるというのも 物語風で よいではないですか~
夜は冷えますから お体お大事に!


bellaさんへ

巾着田というところ、関東ではかなり有名なところなのですね。他の方のコメントでも見ました。
この公園、春の藤の花と夏の天王祭のときはとても賑わいますが、この時期はとても静かです。こんなにたくさん咲いているのに!
近所にも5~10本ずつ咲いているところがあります。
そう、曼珠沙華には毒があるそうですね。
ハイ、出勤する時は深夜帰宅ですので、長袖を一枚必ず着ていくようにしています。
bellaさんも風邪などひかぬよう、お気をつけて!

投稿: bella | 2012年10月11日 (木) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の絵葉書 その37 ”死の谷”から | トップページ | 国際文通週間切手 »