« 国際文通週間切手 | トップページ | 春日井市・王子バラ園の秋 »

2012年10月22日 (月)

母の”お試し”デーサービス

 皆様、おはこんにちばんは (*^-^)!

すっかり涼しく、朝晩は肌寒ささえ感じるほどになりました。
夕方(18時)出勤し、深夜(2時過ぎ)帰宅していますので、日に日に涼しく(寒く?)なっていくのが文字通り『肌』で感じます。出勤前にネットの天気予報で帰宅する時間帯の気温を見て、風邪をひかないよう上着を選んで着ていくようにしています。

それはさておき・・・、先々週、母を掛かり付けの医院へ連れて行ったときのこと。毎日のように「頭が痛い。めまいがする」と母が言うこと、そして一日中寝てばかりで無気力になっていることを受付時に先生に伝えていただくよう話しました。
すると母の診察時に先生から呼ばれ、「週に2~3回、デーサービスに行かせなさい。すぐに手配しなさい」と言われました。
母の認知症の進行は、主治医の先生でさえも驚くほどで「とにかく早急に!」しなければいけないとのことでした。

しかしいきなり、デーサービスセンターへ通えるわけではありません。まず介護保険証を持参し区役所(支所)の福祉課へ行きました。すると、介護保険で”要介護”又は”要支援”の認定を受けないと介護保険が適用されないそうです。
認定の申請をし、後日認定調査員が自宅へ来て調査を行うそうです。しかし今、たくさんの人が認定申請されているようで、認定が下りるまで1~2ヵ月かかるとのこと。

そこで支所のすぐ近くにある『いきいき支援センター』へ「今のうちに相談しておくとよい」と伺い、そちらを訪ね母の状態について説明し、相談しました。
ケアマネージャーさんは、認定が下りてから紹介してくれるそうですが、それまでの間は支援センターの相談員の方にお世話になることになりました。

翌日、支援センターの方から電話があり「一度、デーサービスを”お試し”で体験されますか?」とのことで、次の週の私が休みの日にお願いしました。なるべく自宅から近いところを希望したのですが、デーサービスセンター側にも、その日一日にお世話できる人数は限られています。
こちらの希望日に受け入れてくださったのは、我が家から6~7km離れたところにあるデーサービスセンターでした。車で15~20分ほどのところです。
連絡を戴き、当日必要なもの(お風呂用のタオルとバスタオル、着替え、上履きなど)を教えていただきました。利用料金は今回は”お試し”なので、昼食代も含めすべて「無料です」とのことでした。いやはや、ありがたいことです。

しかし、正直言って不安でした。と言うのは、我が家からはずい分離れているので知っている人はいないだろうし、それゆえ馴染めずに「知らん人ばっかりでつまらんかった」と言いやしないか?と。一度そう思うと、「”デーサービス”・・・、面白くないから行きたくない」と言い出しかねないし・・・(-_-)ウーン...?!

”お試し”デーサービス当日、デーサービスセンターの方が迎えに来られ「初めてのことなので、よろしくお願いいたします」と言って母を送り出しました。
さてと・・・、私は毎日寝てばかりいる母の部屋の掃除、そして布団を干したかった(そのために、あえてこの日を選んだ)のですがあいにくの天気・・・。で、布団乾燥機を使って母の布団を少しでも乾かしました。他にも色々・・・「ここぞ!」とばかりに、やっておきたいことがたくさん・・・(^_^;;アセッ!

やっとそれらを済ませ、買い物に出掛け、母が帰って来る頃には夕食の用意・・・。
そして”お試し”デーサービスから母が帰って来ました。母は送ってくれたデーサービスセンターの方に「楽しかったです。ありがとうございました。」と、にこやかに挨拶していました。

デーサービスから帰って来た母に私は「どうだった?楽しかった?」と聞くと母は、「うん、楽しかった!みんな親切で優しかった。××屋のおっちゃんもおったワ!”なんだぁ!○○さんもここへ来たのかぁ!”って言われてびっくりしたワ!」と話しました。
えっ・・・「××屋のおっちゃん・・・」って、私も知っている酒屋のおっちゃんだ (^o^)オォーッ!

さらに母に「どんなことやった?」と聞くと、「’体操’やったり、’お絵描き(塗り絵らしい)’したり、’間違い探し’やった。」と答えました。”間違い探し”をしている時も、デーサービスに来ている人たちと話をしながら楽しんでいたそうです。
お風呂や昼食についても聞いてみました。お風呂は一人ずつ順番に入るようで、食事のおかずは煮物と漬物だったとか・・・。しかし、母が言うことですから、忘れているかもしれませんし決してそれだけではないかも・・・?

そして母は「もし”デーサービス”に通うなら、今日行ったとこ、みんな親切だったしすごい良かった!」と言いました。
もう1~2ヵ所、”お試し”体験させていただけると良いのですが、それはまだ分かりません。「万が一」の時のために、なるべく近いところでお世話になりたいのですが、最終的には母の希望通りのところへ通わせてあげようと思います。

母にとって久しぶりの『お出かけ&非日常』の一日、私にとってはいつも以上に忙しい休日が終わりました。

|

« 国際文通週間切手 | トップページ | 春日井市・王子バラ園の秋 »

コメント

そうでしょう。
私も前からおすすめしてましたのに~
いやがると決め込んでおられましたので
気になっていました。杞憂でしたね。
よかったです。

我が家も母がディサービスに週一度
行って楽しんでいます。
我が家から300mくらいのところです。
介護度1なので週一回しか行けません。
こちらは有料です。


matsubaraさんへ

我が母親、『年寄り扱い』されることをとにかく嫌がっていました。ドイツへ行く時もセントレアの搭乗口で「お年寄りの方が見えますので」と優先的にチェックインさせてくれたのですが、その時も「年寄り扱いされた」と言っていたほどです。
それ故、デーサービスへ行くことも嫌がると思っていたのですが、さすがに掛かり付けの主治医から言われると素直に従うしかないようです。
介護度のレベルによって通える回数が決まるのでしょうか?支援センターの方には、母は『要介護1』か『要支援2』になるのでは、と言われました。
いずれにしましても、デーサービス1日無料体験で「楽しかった」と思ってくれたことが何よりも安心しました。

投稿: matsubara | 2012年10月22日 (月) 07時53分

慕辺未行さんへ
お早うございます
胸がつまる思いで拝見しました
亡母もデイサービスに週3回お世話になり最初はやはり心配していましたが
施設の方も親切で仲間の人達とも慣れて
送迎車に乗せて貰って嬉しそうに出て行きました
歌を歌ったり簡単なゲームをしたり食事におやつに入浴
家族ではとてもそこまでの世話は・・・
何よりも叱られないのが好かったのかと思います

遠くても施設の送迎車を利用されて
お母さんが気に入られた所へお願いされるのが好いのではと思います

お忙しい慕辺未行さんです 介護認定を一刻も早く
受けられてご自身も精神的にも肉体的にも少しは解放されることを
願います
 

古都人さんへ

以前は『年寄り扱い』されるのを嫌っていた母ですが、さすがに主治医から言われれば、従うよりなかったと思います。
とりあえずは”お試し”ということで1日体験ですが、デーサービスがどんな施設でどんなことをするのか、そして楽しんで帰って来たことに「ホッ!」としました。
1日中自宅にいては、私との会話もたかが知れていますし、それどころか私に怒られてばかりです。
いろんな方から痴呆症の人に対して「怒ってはいけない」と聞かされているのですが、短気な性格のせいかつい怒ってしまいます。
それを思えば、母もデーサービスに行っているほうが私に「怒られずにすむ」し、楽しいし、刺激にもなって良いことづくめかもしれません。
私自身は決して楽にはならないでしょうが、母が少しでも以前のような元気を取り戻してくれたら、と思います。

投稿: 古都人 | 2012年10月22日 (月) 08時01分

こんにちは。
案ずるより生むが易し…よかったですね。

これからの介護、お母様のためにも慕辺未行さんのためにも、
いい方向に向かっているようでほっとしました。
しかし…今まで介護認定は受けられているものと思い込んで
お話ししていました^^;
疑問に思うこともありましたが、やっと納得…です^^


はづ希さんへ

ホント、その通りでした。
調べてみたら、車で5分もかからないエリアに3軒ものデーサービスセンターがあり、母と親しい近所の人もそのうちの1軒に通われているので、「できれば近所で」と思っていたのです。
今週、認定調査員の方が来ます。どのような結果になるか分かりませんが、認定後、週に2回通わせることができれば、と思っています。
そして以前のようにガーデニングや花を見に行ったりの外出を、楽しみにしてくれることを願っているところです。

投稿: はづ希 | 2012年10月22日 (月) 16時02分

お母さま、気に入ってくださってよかったですねconfident
やっぱり最初が肝心!ですもん
お家の中で誰とも触れあわずにいるよりも、外に出て少しでも楽しみを見つけていただけると良いですね~notes
慕辺未行さんもご自分の時間が持てるようになるし・・・
お二人の関係も良くなるんじゃないでしょうかwink


きゃぶさんへ

母にとっては主治医の先生に言われたから、半ば『義務的』に行かされるように思っていたかもしれません。
事実、その前日夜、夕食後に突然「頭が痛い」と言い出しましたし、当日も不安そうな顔で出て行きました。
しかし、帰宅した時の母の表情はここしばらく見ていなかった笑顔で、本当に楽しかったのだと思いました。
何しろかつて週に数回行っていたカラオケ喫茶がなくなってから、楽しみがなくなり一気にボケてしまった母ですから、認定が下りて週に2回ほどデーサービスに通えれば!と思います。

投稿: きゃぶ | 2012年10月22日 (月) 19時54分

よかったですね。私の母もなかなか行くって言わなかったけれど。入院から施設に移って手が行き届くのでかえって安定して暮らしています。介護の方は専門家ですから、上手に対応してくださるし、どなたかのお言葉通り「案ずるよりは産むがやすし」です。認知症の進行も止められると思います。上手に利用なさるといいですよ。


agewisdomさんへ

はい、とりあえずは”お試し”の1日体験でしたが、デーサービス、「楽しかった」と思ってくれただけでも大収穫です。
普段は部屋で、すっかり”煎餅蒲団”になった布団に寝てばかりいる母ですから、認定が下りて週に1~2回でもデーサービスに通うことができれば、少しは以前のような活発な母に戻るのでは?と期待しています。
でないと、ご近所ドライブどころかスーパーへ買い物に連れて行くことさえ、ままなりませんから!

投稿: agewisdom | 2012年10月22日 (月) 20時29分

人生にお楽しみはとっても大切ですね~
お母様にひとつ新たなお楽しみが増えてよかったです
その間に、お家で慕辺未行さんの大活躍が目にうかぶようです。どぞ、貴男も何かお楽しみを増やして、楽しくしていらして下さいね~happy01


と~まの夢さんへ

ホント、そうですヨ!
母は以前近所のカラオケ喫茶に毎週火曜日+α、通っていました。そのカラオケ喫茶がなくなってから一気にボケが進行しました。
それだけに、デーサービスに新たな楽しみを見つけてくれたことは、”大収穫”です。
いやはや、休みの日がかえって休みではないほど”やらねばならないこと”だらけで、本当に疲れました(笑)!

投稿: と~まの夢 | 2012年10月22日 (月) 20時57分

こんばんは!
お疲れ様でした。

良いデーサービスが見つかるといいですね。
一人で全てを抱え込むのではなく
社会福祉サービスを上手に利用することで
これから先も自宅で、ゆとりのある介護を
続けていけるのでしょうね。

慕辺未行さんも自分の自由になる時間が必要ですよね。
無理せず、そしてお母様を大切になさってくださいね(^_-)-☆


mayumiさんへ

いやはやホント、疲れましたヨ(笑)!肉体的にも精神的にも!今週は早朝に母を起こして朝食を食べてもらい、昼は「もしお腹すいたら、冷蔵庫に○○があるから」と言って”仮眠”ではなく6~7時間続けて寝かせてもらうようにしました。
とにかく母がデーサービスを嫌がるどころか、気にいって楽しんできてくれたことが、私には安心できました。
まだ80才でこれほどボケては?!と思いながら、認定後にデーサービスに通って、少しでも以前の母の姿を取り戻してくれたら・・・、と思います。

投稿: mayumi | 2012年10月22日 (月) 21時42分

よかったですね。
ずっとひきこもり状態では
健康な人でもどうかなってしまうでしょう。
ましてや認知症は
残念ながら今の医学では、進むのを食い止めるのは難しいようですから…
お母さまのためにも慕辺未行さんのためにも
よかった、よかった!


zooeyさんへ

はい、かつて週に数回通っていたカラオケ喫茶が閉店してからは外出の機会が減り、それこそ『ひきこもり』状態になっていました。
ほんの数年前、ドイツへの旅に連れて行ったときとは全くと言っていいほどボケが進み、何事にも無気力になってしまいました。
今日の夕方、認定調査員の方が訪れる予定です。とにかく『デーサービス』が介護保険で受けられることだけを最低限、願っています。

投稿: zooey | 2012年10月23日 (火) 17時56分

慕辺未行さん  こんばんは
お母様への愛情、お気遣いが素晴らしく
良くお世話されていると感心しています。
デイーサービス、楽しまれたようで
良かったですね。
家の中だけでなく、外出する事だけでも
気分転換になり良い結果につながるかと思います。
介護認定はまだだったのですね。
デイーサービスにお出かけの間に、家事だけでなく
慕辺未行さんの自由な時間が少しでも
お出来に成れたらいいですね。


すみれさんへ

愛情とか気遣いなんて・・・(^_^;;アセッ!最近では怒ってばかり、母もそれがかなりストレスになっていると思います。
それだけに初めてのデイサービス、私の目の届かないところで、のびのびと楽しめたのかもしれないです。
何しろここ最近は、医者へ行く以外ほとんど外出していなかったように思います。だからとても新鮮で刺激的な一日だったことでしょう。
介護認定が下りて週に1~2回行くとして、今の仕事をしている上では、母を送り出す時間がかえって中途半端で、悩みの種になりそうです (-_-)ウーン...

投稿: すみれ | 2012年10月25日 (木) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国際文通週間切手 | トップページ | 春日井市・王子バラ園の秋 »