« 春日井市・王子バラ園の秋 | トップページ | 世界の絵葉書 その38 中世のプラハ »

2012年10月31日 (水)

こちらから「願い下げ」 o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

 皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ

春に前職を辞め(事実上は”解雇”)やっと見つけた仕事、試用期間が終わり結果は『不採用』でした。
「残念!」・・・、いいえ、とんでもありません。むしろ「これで良かった」と、かえって「ホッ!」としています。
そりゃぁ確かに私は、頸椎ヘルニアを患った影響で右半身とくに右腕や手・指に痛みや痺れがあります。しかし、日常生活はもちろん仕事上でもそれほど影響はありませんでした。

『不採用』の理由、あえて私は聞きませんでした。
あまりに自己中な社長、店長から言わせれば「気違い」、その店長も以前、自分の不始末が原因のことで、私に対して大きな誤解をし、誤解だったと分かった後もそのとき吐いた暴言に何の謝罪もなく・・・。
これでは責任者として『失格』でしょう。いや、一人の大人として『人間性』を疑わざるを得ませんでした。

2人に共通して言えることは、『人を信用する』のではなく『疑ってかかる』ところから従業員を見ていること。そして何かあれば、確認もせず決めつけてかかり、またもめ事に。
企業や会社は『人』が財産だと思うのですが、トップの2人がこれでは今までに何人も人が入れ替わり、常に人手不足になっているのも頷けます。
面接や入社するときは、そこまで分かりませんでしたが、いざ仕事を初めて一ヶ月後には2人の人間性が見えてきましたし、私自身も『やる気』を削がれるような言葉を何度か言われました。
最近の2人の態度や言動から『本採用』はないと分かっていましたし、むしろこちらから「願い下げ」したかったです。このような人たちと一緒では、楽しく仕事ができないし気持ちも腐るだけです。

母の世話をしながら、私自身も頸椎椎間板ヘルニアの後遺症があり、そんな中でやっと見つけた仕事でしたが、背に腹は代えられません。私より少しだけ年下の2人に散々なことを言われ、これ以上自分の気持ちを押し殺すのも精神衛生上辛いですし、たとえ3ヵ月でも働かせてくれたことだけは家計の上でも少しは助かりました。

次の仕事、探さなければ・・・。この年齢で様々な条件・・・見つかるまでまた何ヵ月とかかるのかナァ・・・?

Cimg3587
コスモス畑にも、秋風が!私の心の中にも秋風が!でも晴れ晴れとしています。

*今日(11/2)、いつものスーパーへ買い物へ行く途中、『黄色い彼岸花(リコリス)』が綺麗に咲いていました。携帯で撮って来ました。

Photo
昨年もこの場所に咲いていました。先月通った時は、白に近い色のリコリスがここに咲いていました。

|

« 春日井市・王子バラ園の秋 | トップページ | 世界の絵葉書 その38 中世のプラハ »

コメント

angry大変ですね。でもご自分で納得がいけばいいのではないでしょうか。私は31年間同じ仕事をして6つの職場に異動していましたが向きあうのはいつも中学生でしたから、色々言える立場にありません。
でも、今は教師のうつ病も増えているとか。怒りは相手にぶつけて、前へ進みましょう。


agewisdomさんへ

経済的なことや今後の就活を考えると、こちらも頭が痛い問題なのですが、このような職場でズルズルと働き続けるよりは、早めに見切りをつけるべきでしょうし、本採用にならずに本当に良かったと思います。
しかしこれによって社長自らも勤務ローテーションに入って現場仕事をしないと、ローテーションが回りません。
しばらくは母の介護認定について、支援センターと相談したりしながら、ぼちぼち次の仕事を探します。
*今日、昨年見た『黄色の彼岸花』が咲いていました。記事の中に紹介しました。

投稿: agewisdom | 2012年10月31日 (水) 23時11分

願い下げとは思っていても、やっぱり不採用は心にダメージを受けられているのではないかと、ちょっと心配ですぅweep
と~まなんて自分から辞めたけど、後味が悪くって
いつまでも引きずってましたもの…
仕事を探しつつ、何かで癒して下さいね
変な上司の下、3か月も頑張ったんですもん


と~まの夢さんへ

自分なりに真面目にやって来ましたし、それまで人手不足で手がつけられなかったところを、かなり整理したのも私なのですが、『見るべき人』はいなかったようです。
確かに『不採用』、つまりは試用期間で『クビ』。聞こえは悪いし、自分の仕事が評価されなかったことに対してショックはありますが、↑にも書きましたように『見るべき人』がいなかったのですからどうしようもないです。
母の介護認定の申請、調査が終わり、認定が下りたら支援センターやケアマネージャーさんとデイサービスなどのプランを立てたりしなければならないでしょう。
それらのことをしながら、また新たな仕事探します。
*昨年も見た『黄色い彼岸花』、今日咲いていました。携帯で撮って記事に紹介しました。

投稿: と~まの夢 | 2012年10月31日 (水) 23時23分

世の中にはひどい会社があるものですね。
それで成り立つから不思議です。

よく耐えられたと思います。
夫の教え子も気に入らない会社を辞めて
インターネットで職捜しをしているようです。
今はネットの時代ですから・・・


matsubaraさんへ

ちょっと変わった品物を扱う店で、この付近にはほとんどないので、そこそこお客さんは入って来るのです。
それ故、慢心しているのでしょう。商品の陳列など、自分が気に入らなければ、誰がやったのか徹底的に調べ、「明日から来なくてもいい」と言ったことさえあったそうです。
これで早番・遅番のローテーション(私は遅番だけで働かせてもらっていました)に社長自らも入って現場に出ないと、人手がいないのは明らか(私が入社した当初もそうでした)。
これからも同じことを繰り返し続けるのでしょう。
*今日、昨年偶然見つけました『黄色い彼岸花』、いつものスーパーへ行く途中に咲いていました。記事の中に紹介しました。

投稿: matsubara | 2012年11月 1日 (木) 08時53分

慕辺未行さんへ
こんにちわ
3か月間も良く辛抱して頑張られましたね
お疲れ様でした 暫く心の休養を取られてから
次の仕事を探されてはと思います
どれ位の規模の会社か判りませんが
そんな遣り方では人は定着しないでしょうね


古都人さんへ

会社というより”個人経営”の小さな店(有限会社)です。
社長、店長のほか私含めて社員2人とアルバイトが一人いるだけでした。
私が入社した前日、そして8月末にも一人辞めさせられました。
どうもここでは、社員は社長や店長の言いなり、ロボットか人形に徹するしか続けられないのかもしれません。
以前にも『ひどい上司』がいた職場がありましたが、ここはその上を行っています。
自らの感情で社員を異動させたり、辞めさせたりする上司、たまにいます。『会社』ではなく『人』を見極めなければいけませんね。
*今日、いつものスーパーへ行く途中、昨年も見た『黄色い彼岸花』が咲いていました。携帯で撮って記事の中に紹介しました。

投稿: 古都人 | 2012年11月 1日 (木) 11時24分

青龍○段さんから、忙しくてパソコン開けないからよろしくって。携帯のメールが着ていました。でもオフ会はやって飲むんですって。マメですね。でも風さんも参加されるって。良かった。


agewisdomさんへ

ハイ、了解です。
今の私の立場では、かえって羨ましいぐらいです。
私も忙しくてパソコン開けないないほど、仕事に没頭したいです。
風さん、ご子息のショックからもう立ち直られたでしょうか?
私もここ数カ月はバタバタしていましたが、少しは(かなり?)時間が取れますので、またメールしてみます。

投稿: agewisdom | 2012年11月 2日 (金) 20時05分

慕辺未行さん  こんばんは
試用期間、よく耐えて頑張られましたね。
よくそれで会社が運営できるのですね。
社員の入れ替わりが激しいのは
自分たちに非が有るとは考えない方達なのでしょうね。
お母様のお世話がり、お仕事探しも
大変かと思いますが、
きっと慕辺未行さんを待っている会社に
出会えると信じて頑張ってくださいね。
優しい色のコスモスですね。
黄色の彼岸花もとっても綺麗です。


すみれさんへ

私より1ヶ月早く入社した人がいるのですが、彼も今ごろ『戦々恐々』としているかもしれません。何しろ、突然言い渡されましたから!
しかもさらに意外なことは、先ほど店長から電話があり、今回の私の突然の『クビ』は店長さえも知らされていなかったそうです。私が辞めさせられた翌日、出社し新しいローテーション表を見て私が『辞めさせられた』と知ったそうです。
要は社長の独断だけで決められたようなのです。店長自身も社長を『気違い』と言うだけあって、滅茶苦茶です。
当分は母が介護認定されることを前提に、支援センターの方と相談したり、そちらを片付けたいと思います。
黄色の彼岸花、今年も咲いていました。つい嬉しくて、携帯でパシャッ!

投稿: すみれ | 2012年11月 2日 (金) 22時09分

世の中色々な人がいますからねえ…
常識が通用しないような人の下で働くのは
それこそ大変でしょうから
よかったですよ!
今は不景気で大変でしょうが
少し休養して、気分転換なさってください。


zooeyさんへ

ホントその通りで『ワンマン経営者』の我が儘には困ったものです。
実は昨夜、店長から電話があり私が『本採用』されず『クビ』になること、全く知らなかったそうで(意外!)次の日出勤して新たなローテ表を見て私が『辞めさせられた』と知ったそうです。
店長は、辞めさせられる際の私と社長との会話を気にしていました。そして「そのうち誰もいなくなる」と心配していました。
最後は「色々ありましたけど、お疲れさまでした。お元気で、次の仕事頑張ってください」と言ってくれました。
この言葉というか、わざわざ電話してくれたことで、少しは救われる思いでした。正直言って、実質上『クビ』は、堪えましたから!
今は心身ともに疲れていますので、まずは母の介護認定が下りてから先のことを考えようと思います。

投稿: zooey | 2012年11月 3日 (土) 23時33分

ざっと拝見しましたが、いやいや、いろいろ大変ですね~
一言では語れないとは思います。
まずは、風邪など召さられないようにお気を付け下さいね。

ぼくは9月から平常勤務になったのは良いのですが、毎日「ボロ雑巾曜日」という日々を過ごしています(笑)

11/7は大阪でSFの風さんやいつものおじさんたちと久人に会いますので、近況は伝えておきます。ちなみに今晩、SFの風さんは東京根津は「すみれ」で呑んでいることでしょう~


青龍○段さんへ

前の仕事の時は、母の通院の付き添いで会社に迷惑かけてしまったので、自分でも仕方がないと思っていたのですが、今回の職場はまず社長がとんでもない人間でした。
店長が『気違い』と言うだけあります。その店長から先日電話があり、私が辞めさせられたことに関して「社長から一言も聞かされていなかった」らしく、最後は労いの言葉を一言。少しは報われた気がしました。
私も『ポロ雑巾』のようになるまで、仕事がしたいですよ。
当面は母の介護認定のことや3週間後の検査など、仕事を見つけられたとしても、思うように出勤できないでしょうから、これらのことが片付いたら探そうと思います。

投稿: 青龍〇段 | 2012年11月 4日 (日) 17時18分

こんばんは!

私も色々ありまして昨年の秋に退職しました。
決して意心地の良いところではなかったし、続けていく
自信もありませんでしたが・・・

ショックで半年ブラブラ&ココログしてました。
悔しさは残ってますが、今は辞めて良かったと思ってます。

自分のことばかりですみません^^;

色々思いや、これからの考えがあるでしょう。
お母様の介護と仕事の両立
この3か月忙しくしてましたし
気の済むまで、ゆっくりして良いのではないでしょうか。

後悔のない再就職先
ゆっくり、そしてじっくり探ししてくださいね(^_-)-☆


mayumiさんへ

世の中にはいろんな会社がありたくさんの人が働いています。このような職場があっても不思議ではありません。
どんなに大きな会社でも、そこで働く人々に魅力がなければ、結果的に『つまらない職場』と感じるでしょうし、結局は『人』なのですよね。
今回の職場、店長とも当初は何かとありましたが徐々に和解していきました。そしてその店長から辞めた後電話があり、今回の件について「社長からは何も聞いていなかった」と聞きました。
さらに「このままではそのうちに誰もいなくなる」と心配していました。そうなれば・・・、お店を閉めることになるのだろうと思います。
ですから、辞めさせられて良かったと思います。いずれなくなる店でしょうから!
母の介護認定が下りると、またしばらくそちらのことで私が動かねばなりませんので、それらが片付いたら次の仕事を探そうかと思います。

投稿: mayumi | 2012年11月 4日 (日) 18時15分

やはり世の中にはいろんな会社、いろんな人がいるのですね。
幸いにして私の職場にはそのような人がいないのですが、
他の方のブログを読ませてもらっていると、職場の人だったり
取引先の人だったりが無茶苦茶な人もいるようで。

社会生活って、やっぱり人と人の付き合いが大切だと思うの
ですけどねぇ。そんな振る舞いをしている人はいつか自分に
返ってくると思います。
(きっとそれもだれか他の人のせいって思うんでしょうけど…)


Junjiroさんへ

会社、というほどの規模でもありませんでしたが、少人数しかいない職場だからこそ、人間関係がより大切だと思います。
私が20代のころ勤めていた会社で、私は『若気の至り』といいましょうか、上司だろうと目上の人であろうと『言いたいことは言う』『自分が正しいと思ったことははっきり言う』質の人間で、上司ともよく衝突しました。しかし仕事は人一倍責任感を持ってやっていましたので、仕事上での評価や信頼はずいぶん大きかったです。
『人の上に立つ』立場であれば、決して個人の感情を挟んで部下を見てはいけないと思うのですよね。感情が入ると平等に見れなくなりますから。
このようなことを考えると、今回の職場は最低でした。社長本人はきっと「自分はまとも」と思っているのでしょう。
社員が定着しない原因が『社長自身にある』と気付かない限り、いつまでも同じことを繰り返すことと思います。

投稿: Junjiro | 2012年11月 4日 (日) 21時12分

よっぽどのワンマン社長さんだったんですねbearing
自分で会社が持ってるんだ!という独裁者的発想は、社員にとってはただ迷惑なだけ・・・
有能な独裁者で尊敬できるところがあるなら、まだガマンもできるんでしょうケド~
さぞお辛かったでしょう
考えようによっては、早く縁が切れて良かったですねっpunch
長い人生、また頑張ってくださいませませ
慕辺未行さんなら、絶対~upupup
(偉そうに・・・すみませんsweat01


きゃぶさんへ

以前は他の市にも1店舗持っていたそうですが、、そちらは閉店し今はこの1店舗のみの経営だそうです。
どのような理由で1店舗閉店したのかは知りませんが、今となっては何となく解かる気がします。
この分ではこの店も・・・?
店長とは当初は何かとあったのですが、近頃はずい分打ち解け信頼も増してきていました。その店長さえも私の突然の『クビ』、何も聞かされてなくその後一度電話がかかって来ました。「このままでは誰(社員)もいなくなる」と嘆いていました。
店長も承知の上のことと思っていましたので、電話がありそして最後にそ「お疲れさまでした」と言われ、やっと少しは報われた思いでした。
もうしばらくしたら、母の介護認定が下り、そうなるとケアマネージャーさんやデイサービスのことで、何かと私の出番もあります。それらが片付いて落ち着いたら、次のところを探そうと思います。

投稿: きゃぶ | 2012年11月 5日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春日井市・王子バラ園の秋 | トップページ | 世界の絵葉書 その38 中世のプラハ »