« 世界の絵葉書 その36 フォルメンテラから | トップページ | ムクゲかな?芙蓉かな? »

2012年9月11日 (火)

タン・ビエッ!

 皆様、おはこんにちばんは (*゚▽゚)ノ!

先日(9/7)、母を掛かり付け医のところへ連れて行った帰りのことです。

駅のホームで、不意に声かけられました。何やら時刻表を見て尋ねているようです。「エッ?」と、もう一度聞いてみると、ずい分たどたどしい日本語でした。

ホームにある時刻表を見て「これは”・・・”ですか?」と尋ねてきました。
たどたどしい言葉から私は彼が『日本人ではない』と分かり、丁寧に説明しました。そして「もし、○○○行きの列車に乗るならば、四角で囲まれた数字のプラットホームへ行かなければいけませんヨ (^_^) 」と教えました。しかし彼はただ『○○○』の読み方を確認したかっただけのようです。

彼に「どちらの国から来ているのですか?」と尋ねると、「ベトナムです。」とのこと。
見た目は、というか声かけられなければ、てっきり『日本人』だと思うほど彼はまるで日本人のような顔つきでした。
彼は私より一つ先の駅まで行くそうで、同じ列車に乗り乗車後も彼と話をしていました。

彼は日本へ来てまだほんの5ヵ月だそうです。それにしてはずい分上手な日本語だし、列車内の広告に書かれている漢字もずい分読めるようでした。たとえ正しく読めなくても、意味はある程度理解できていました。
留学生のようで、自動車専門学校へ通っているそうです。だから、『○○○』の読み方が気になっていたのかもしれません。彼が通う学校からはそれほど遠くはないですから!

私が下車する駅へ着く直前、彼は「タン・ビエッ」と言いました。
「”タン・ビエッ”はベトナム語で”さようなら”という意味です。ぜひ、覚えてください。」と話しました。
私も彼に笑顔で「タン・ビエッ」と答え、別れました。

ちょっとした偶然の出会い、もしかしたら一期一会のことかもしれませんが、この日のほんのわずかな時間の出来事、お互いに忘れえぬ出来事になったかもしれません。

それではご訪問して下さいました皆様、この辺で「タン・ビエッ!」

587
母の掛かり付け医の医院があるビルの一角にある花壇。(今年2月撮影)

|

« 世界の絵葉書 その36 フォルメンテラから | トップページ | ムクゲかな?芙蓉かな? »

コメント

私もよく積極的に外国の方と話しかけますし、話しかけられます。そんなに愛想のいい方ではないのですが、なぜかよく道をたずねられます。それはきっとボランティアガイドをしていたせいでしょうか。慕辺未行さんもエルマーご夫妻やネパールでのさまざまな出会いから、そういう雰囲気があるのかも知れませんね。
それでは、タン・ビエッ。


agewisdomさんへ

そういえばずいぶん前、新幹線ホームでブラジル人の方が切符を見せながら私に尋ねてきたことがありました。
また、若いころ個人で運送業を営んでいたとき、ある得意先の仕事でしばしば外国の方のところへ行くことも何度かありました。同業者のほとんどが敬遠する中、私は喜んで引き受けていました。
そのような過去の体験が”生かされる”というか身体から雰囲気が出ているのかナァ・・・?!
私自身も初めてベトナムの方と話したので、とても楽しかったです。

投稿: agewisdom | 2012年9月11日 (火) 20時34分

こんばんは。
こういう出会いって、なかなかないなぁと思いますが、
だからこそ大事にしないといけないですよね。

”タン・ビエッ” 覚えました。
こういう簡単な言葉1つでも覚えていて、その国の人に
話すととても親近感を持ってもらえそうに思います。


Junjiroさんへ

日本にもたくさんの外国の方が暮らしていますが、しかし彼らとふれ合う機会はほとんどありません。
そんな中、たまたまこのように声かけられたこと、とてもラッキーに思いました。ベトナムの方と話をすること自体、初めてでしたので、電車に乗ってからも母を空いているシートに座らせておいて、私は彼の許へ行き話しかけました。
彼自身も、それが嬉しかったのかもしれません。駅のホームだけでなく電車に乗ってからも会話したことが、楽しかったのかもしれないです。
おかげで一つだけベトナム語を覚えました。

投稿: Junjiro | 2012年9月11日 (火) 22時45分

優しく親切に応じてくださったので、彼もさぞかし良い思い出になったでしょうねっnotes
一方の自分を振り返ると、外国の方を見ただけで逃げ出したくなってしまう小心者ですdespair
語学の重要性は海外旅行のたびに痛感するのですが・・・放置sweat01
ただ私もなぜか声をかけられることが多い(もちろん日本人)ので、なるべく頑張ってわかりやすく丁寧に伝えようとは心がけています
実は道を尋ねられても、かなりな方向音痴なんですケドsmile
ではではタン・ビエッ


きゃぶさんへ

彼のすぐそばにいたということで私に尋ねただけでしょうが、彼自身がベトナムの方だったので、つい私も”好奇心”で彼と会話したいと思ったのです。
>外国の方を見ただけで逃げ出したくなってしまう小心者です
それは、いけませんヨォ (>_<)!言葉が出来るできないに関わらずお互い人間同士、自分たちが海外へ行ったときに助けられることもありますし、ジェスチャーだけでも理解できることもあると思いますヨ (^_^)!
でも、
>私もなぜか声をかけられることが多い
これは、きゃぶさんの第一印象がその人にとってとても良いからでしょう!それに”声かけやすい”和やかな雰囲気がきゃぶさんにあるのでは?!それって、かなりの『人徳』ですヨ (^o^)ワォッ!

投稿: きゃぶ | 2012年9月11日 (火) 23時29分

慕辺未行さんの優しさに触れ
ほんわかした気分になりましたhappy02
このまま、ダン・ビエッして寝よっとgood


と~まの夢さんへ

優しさではなく、好奇心からなのですよ。そして彼が私にとって初めて接するベトナムの方だったから!
つい好奇心が湧いたのです (^_^;;ヘヘッ!
ほんの十数分の出来事でしたが、とても楽しかったです。

投稿: と~まの夢 | 2012年9月11日 (火) 23時47分

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 私も道を歩いている時に京都に観光に来られている
方などから場所などを聞かれることが時々あります
その時は出来るだけ丁寧にご説明する様にしています
がしかし外国の方からは未だ経験はありません
もしあったら外国の方との交流がある慕辺未行さんの様には
対応は出来ないと思いますね
私は日本人からは聞き易い雰囲気があるものの外国人には
そんな雰囲気が欠けているのかも知れません
京都には多くの外国の観光客が多いので今後はそんな機会が
あるかと思いますので その時には出来るだけ親切に対応する
様に心掛けたいものです


古都人さんへ

若いころ、海外で何かと助けられた経験が、逆の立場になって知らないうちに身についたのかもしれません。
個人で運送の仕事をしていた時、ある得意先から「慕辺未行さん、海外へ行ったことがあるから、外人さんのところへ荷物取りに行くのって、平気ですよね?」というようなことを聞かれたことがあります。他の人は「外人」と聞いただけで不安のようで、外国人の方のところへ荷物を取りに行くのは、いつも私でした。
言葉が出来るできないとか関係なく、色んな国の人とコミュニケーションとることって、とても面白いです。特に初めての国の人ですと、興味津々になります。
せっかく観光都市・京都にお住まいですから、外国人の方もたくさん見かけると思います。もし、ガイドブックや地図を見ながら困り顔でうろうろしている外国人の方がいましたら、古都人さんの方から積極的に声かけてみてはいかがでしょうか?!

投稿: 古都人 | 2012年9月12日 (水) 06時25分

私はベトナム人の友人がいます。
日本人と結婚していて日本語はうまいです。
私達が主催した
日本語弁論大会では二位でした。
言葉も少し教えて貰いましたので
紹介します。

ありがとうは、カモン。
こんにちはは、おはようも兼ねていて
シンチャオです。
これはブログにも書いています。


matsubaraさんへ

ハイ、覚えています。フェンさんという方でしたっけ?
彼に「私の知り合いの方で、ベトナム人の方と交流がある方がいますヨ」と話しましたら、とても嬉しそうでした。
かつてバンコクから帰国する際、空港までの列車の中でタイ人の女性から日本語で声かけられたことがあります。とても楽しく嬉しくて、そのときの恩返しが今回できたような気がします。
ベトナム語で「おはよう・こんにちは」は「シンチャオ」、「ありがとう」は「カモン」ですね。「タン・ビエッ」とともに覚えなければ!

投稿: matsubara | 2012年9月12日 (水) 08時12分

いいお話をありがとうございます♡

私は(自覚していないのですが)けっこう無愛想な顔して歩いてるみたいで、ものを尋ねられるときは正面からより背後から声をかけられることが多いです(困ったひとだ…^^;)

タン・ビエッ^^


はづ希さんへ

『いい話』でしたか (^_^)!そう思って下さると、とても嬉しいです。
ベトナムの方と話をすることは初めてで、つい興味もわいて列車の中でもずっと会話していました。
パッと見では本当に日本人のような顔立ちですから、彼にとってもこのような機会はほとんどなかったのかもしれません。
>無愛想な顔して歩いてるみたいで・・・
はづ希さんの分身(アバター)は、とても愛嬌ありますけどォ (^_^;;!

投稿: はづ希 | 2012年9月12日 (水) 11時57分

よいことをなさいましたね。
たまに、外国人の東京案内をすることがあります。
駅で切符の買い方などを説明していると
他の外国人からも訊かれたりします。
日本人は中々英語が通じないので
誰に聞いてよいか分からず、困っていたみたいで。
自分が海外で親切にして頂いた分、
せめてお返しをしたいですものね。


zooeyさんへ

”よいこと”なのかなぁ?私自身は相手の言葉から外国の方と分かり、ましてベトナムの方とは初めて言葉を交わしましたので、つい好奇心が湧いただけのことだったのですヨ (^_^;;!
zooeyさんの方がよほどすごいじゃないですか?切符の買い方を英語で説明なんて、私にはとても無理です。
しかし自分が海外で親切にされた分は、日本で他の海外の方にお返しに親切にしてあげたいものですね。

投稿: zooey | 2012年9月13日 (木) 17時47分

慕辺未行さん  こんばんは
ベトナムへ旅行した事は有ります。
市場や街で買い物も楽しみましたので、きっと簡単な
言葉は教えてもらったのかもしれませんが
ベトナム語は全く覚えていません。
タン・ビエッ!覚えておきたいと思います。
神戸も外国の方が多い街ですが、
そう触れ合いは有りません。
慕辺未行さんへのお声かけは、やはり優しいお人柄が 
感じられたからでしょうね。
素敵な思い出に成りましたね。 


すみれさんへ

すみれさんもベトナムへ行かれたことがおありだったのですか (゚o゚)オォーッ!リンクしている他のお友達にも、ベトナムへ行かれたことがある方、いらっしゃいます。
最近はすっかり人気の観光国になりましたね。
普通に町を歩いていて、海外の方に声かけられることはほとんどありませんが、駅ですと、切符に書かれた漢字が読めないなどの理由で、しばしば声かけられることがあります。
声かけられたのは、私が時刻表の前にいただけのことかもしれませんヨ(笑)!

投稿: すみれ | 2012年9月13日 (木) 19時33分

外国の人には なんとか役に立ちたいという思いが
慕辺未行さんの体に 自然にしみついているでしょう

外人さんとは チャンスがあればいつでも話してみたいです
でも 日本語の上手な西洋人だと少々がっかりする  ^&^
でも ベトナムの人なら 私も きっとちゃんとお相手しますよ

慕辺未行さん いつも私の方コメントありがとうございます~
心から感謝しています~~!


bellaさんへ

体に染みついているかどうか・・・(^_^;;アセッ!
しかし、初めて海外へ行った時をはじめ、エヴェレスト街道トレッキングの時などは、本当に多くの外国の方々に親切にされ助けられました。
それだけにやはり「少しでも役にたてれば」という思いはあります。
>日本語の上手な西洋人だと少々がっかりする
それはbellaさんが語学に堪能ですから!私なんぞは「スゴイ!」と感じてしまいますヨ (^_^)!
いえいえこちらこそ、こんな拙いブログにお付き合いくださり、ありがとうございます。こちらこそ感謝しています。

投稿: bella | 2012年9月14日 (金) 14時43分

御母上様の介護奮闘記、感心しながら読んでいます。
「感心」などと安逸な言葉でいうのは気が引けますが、
私も義母と同居していたので介護の経験と気持ちが
わかります。
大変とわかってもらいたいけど、ほめられるのはイヤ・・・、
そんな気持ちでした。
その義母もなくなり、今は94歳の母が介護センターに入所
しているので、毎週洗濯物を取りに行っています。
あのしっかりものの母が・・・と思うのがいちばん辛いです。
往復の所要時間4,5時間です。

「タン・ビエッ」は初めて聞きました。
これ一つ知っていても心がつながる言葉ですね。
今福岡市はアジアマンスリーです。
アジア文化賞は、世界中から選ばれます。
フォーラムでそれぞれの講演があり、なかなか意義深い
ですよ。


ちゃぐままさんへ

私の場合、”介護”というほどのレベルではなく、認知症が進んで何をやらかすか分からない母に代わって家事全般をしているだけのことです。
トイレも食事も入浴も介助なしでできますので。
しかし母一人でそれらが出来なくなった時、本当の介護が必要になるでしょう。
夕方から仕事に出掛け深夜に帰宅し、炊事・洗濯もこなすのは思った以上に大変です。その上ゴミ出しやら色々ありますので!
少しずつ慣れていくしかないのでしょうね。
私にとって初めて会話したベトナムの方、そして初めて知ったベトナム語です。
日本にもたくさんの外国の人々が暮らしています。たとえ一つだけでも言葉を知っていると、それがきっかけで話が弾むこともきっとあることでしょう。それもまた楽しみです。

投稿: ちゃぐまま | 2012年9月15日 (土) 16時26分

つかの間の出会いとはいえ、どこか心が
あったかくなるような、素敵な話ですねshine
きっと、慕辺未行さんには、国や人種を問わず、安心して
話しかけやすいような、オープンな雰囲気があったのでしょうね。
私はパリにいた頃、フランス人によく道を聞かれたり、
地元のスーパーで、見ず知らずのおばちゃんに
「この鴨、美味しいかしら?」なんて話しかけられたりしました。
一目で東洋人とわかる、外国人の私になぜそんなことを聞く?!
・・・と不思議でしたが、人種を問わず、なんとなく声をかけやすい
空気のようなものがあるんでしょうか?
〝タン・ビエッ!〟 覚えましたよ~happy01


hananoさんへ

彼との出会いは、列車を待っている時間を含めても、ほんの15分ほどしかなかったでしょうが、それでもとても楽しいものでした。
『人畜無害』で「人が良さそう」に見えるのかナァ・・・(-_-)ウーン...
それよりも hananoさんのパリでの体験も”スゴイ”というか、「なんで(私に)訊くの?」と思われたような体験ですね。
でもそれはきっと、当時のhananoさんが旅行者ではなく『現地で暮らしている日本人』という雰囲気が、周りのパリの人々に感じられていたのではないでしょうか?!
たとえ一つだけでも、その国の言葉を覚えていると、決して損はないですよネ!それだけでも充分に親しくなれるきっかけになりますから!

投稿: hanano | 2012年9月15日 (土) 17時37分

すてきな出会いですね。
私の行動範囲ではまず外国人の方と話す機会などないのですが、困っている方がいらっしゃったら親切にしてあげたいなと思います。

お母様のお世話をしながらお仕事もあり大変だと思いますが、体調を崩されませんように。


みーこさんへ

ベトナムの方と会話したのは初めてでしたので、興味もあり列車内でも話しかけてみました。
今はわりとどの地域にも外国の方の姿を見ることが増えましたから、話をする機会があるかもしれませんね。
その際はぜひ親切にしてあげてください。
母の世話をしながら、家事もすべてしているのですが、身体を休められるときは少しでも休ませるようにしています。でないと、私の身体も悲鳴を上げてしまいますから (^_^;;ヘヘッ!

投稿: みーこ | 2012年9月16日 (日) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の絵葉書 その36 フォルメンテラから | トップページ | ムクゲかな?芙蓉かな? »