« 母のこと&気休めの仮想楽園世界! | トップページ | タン・ビエッ! »

2012年9月 6日 (木)

世界の絵葉書 その36 フォルメンテラから

 皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/!

1ヶ月ほど前から夕方から深夜の仕事になり、昼間は家事や母の面倒を見たりで、すっかりブログ更新する時間が取れなくなりました。と言うよりも、ブログネタが・・・(^_^;;アセッ!
皆様のブログへの訪問も、休みの日しかできなくなってしまいました m(u_u)mスマヌ!
それでも確実に週2日は休めますので、その際には訪問させていただきます。
ただしまだ、試用期間中の身ですので、場合によっては辞めさせられるかも・・・(-_-)ウーン?

さて、今日は海外からの絵葉書を紹介します。
まずは、ご覧ください。

Img049formentera
フォルメンテラ島(スペイン)の様子です。とてものどかですね。

フォルメンテラ島は、ウィキペディアによりますと、「 スペインバレアレス諸島の島。ピティウセス諸島(Illes Pitiüses、イビサ島とフォルメンテーラ島の総称)の島の一つ。イビサ島の南およそ6kmにある。」だそうです。
地図で調べてみましたら、地中海西部に浮かぶ島々の一つのようです。

この絵葉書の送り主は、やはり我がドイツの友人エルマー&アンジュラ夫妻。
年に数回彼らはこのように、ヨーロッパでも南の暖かいところへバカンスに出掛けています。絵葉書には次のように書かれていました。

”フォルメンテラはとても素敵な島だよ。空港がないからツーリストもそんなに多くいないし、とても良いところだ。海からほんの150mのところにある小さなホテルに滞在したのだけど、食べ物だけはちょっと良くなかったよ。”

と言うような内容が英語で書かれていました。
ちなみに、届いたのは今から16年前1996年9月です。
(*エルマー&アンジュラ夫妻との関係は、カテゴリー『1992 エヴェレスト街道を行く』を少しでもご覧いただけると、よく解かります (^_^))

|

« 母のこと&気休めの仮想楽園世界! | トップページ | タン・ビエッ! »

コメント

地中海の島…となって、ああ、なるほどぉ納得ですhappy01
中世の油絵にありそうな風景にタメイキですwobbly

お仕事頑張ってくださいね
と~まも明日からバイトの試用が始まります。
お互い無理せず本採用になるよう頑張りましょうねgood


と~まの夢さんへ

地中海の島の中でも本当に小さな島のようです。マジョルカ島は大きくて有名ですが、さすがに初めて聞く名前の島でした。
海の青さが印象的ですよね。
一生懸命頑張ってはいますが、持病の頸椎ヘルニアの後遺症の影響がありますので、このまま本採用となるか微妙なところです。

投稿: と~まの夢 | 2012年9月 6日 (木) 23時11分

なんか1世紀も前の風景みたいですね。そう言えばカナダのプリンス・エドワード島に行った時もそう感じました。時間が止まったような風景。ストレスなんてないですね。
お仕事変わって大変ですね。続けられるといいですね。


agewisdomさんへ

地中海の本当に小さな島、船でしか行けないところのようですから、生活スタイルも昔からあまり変わっていないのかもしれませんネ。
ストレス社会とは無縁のようなところ、憧れます。
頸椎ヘルニアの後遺症である右腕のしびれや痛み、全く仕事に影響がないわけではありませんので、ちょっと微妙な雰囲気です。

投稿: agewisdom | 2012年9月 6日 (木) 23時21分

スペインも素敵ですね~!

チベットもドイツも、どこの国もそれぞれに素敵、行ってみたくなりますね!
いつか・・・

試用期間があるのですね。
でも、真面目に頑張っていれば大丈夫でしょう。
無理せず、健康を一番に考えてお仕事なさってくださいね。

以前のブログを少しずつですが楽しく拝読させていただいてます。


mayumiさんへ

スペインと言っても本土から離れた地中海の小さな島、ヨーロッパでもどちらかと言えば寒いドイツの人々にとっては、南ヨーロッパの燦々と輝く太陽は憧れなのかもしれません。
ドイツも素敵なところですヨ。これからの季節はオクトーバーフェストやクリスマスのマルクト(マーケット)が立ったり、賑やかになるそうです。
年齢的にも、どうしても・・・(-_-)ウーン!一生懸命まじめにやっていますが、頸椎ヘルニアの後遺症である右腕・指のしびれが仕事に少なからず影響はあり、その点が微妙な雰囲気です。
過去ブログ、そちらまでお読みくださり、ありがとうございます。先回のバンコクの旅日記同様、再掲載しようかどうか迷っているところです。もしかしたら後日、再掲載するかもしれませんが、その際はまたゆっくり読んでみてください。

投稿: mayumi | 2012年9月 7日 (金) 13時16分

スペインの小島なんですね、 いかにも空気がキリリとしている感じ!
しかも16年前ですか  当時はネットがなかったので、絵ハガキなどが
大車輪でした  デジタルにない良さがアナログにはありますね
それにしてもエルマーとアンジェラさんは 会ったことないのに、すっかり私の友達です! ^&^
慕辺未行さん、いろいろ大変でしょうが お体お大事にね


bellaさんへ

地中海に浮かぶスペインの島、と言えばサッカーでも有名なマジョルカ(マヨルカ)島が有名ですが、この島は本当に小さな島のようです。
彼らと出会ってから20年経ちますが、ネット以前はこのような絵葉書が年に何通か届いていました。今はすっかり届かなくなりましたが・・・。その代わりたまに、メールに写真がクリップしてあります。
そうですねぇ、bellaさんともずいぶん長いお付き合いになりました。過去ブログにも再三再四登場するエルマー&アンジュラ夫妻ですから、すっかりお馴染みになってしまいましたね (^_^)!
華奢なようで結構体力あるのですヨ。むしろ精神面のほうが疲れます。

投稿: bella | 2012年9月 7日 (金) 13時53分

慕辺未行さんへ
こんにちわ
お勤め大変な様ですが お体に気を付けて
お励みくださいませ
そうですか 世界の絵葉書シリーズも36回目とは
長く続いていますね
これも慕辺未行さんの国際的なお付き合いの広さを
物語っていますね
絵葉書ですから当然でしょうがすっきりとした風景ですね
見える海は地中海とか 日本の瀬戸内なんかとは全く
違った感じですね
空気が澄んでいる所為でしょうね


古都人さんへ

仕事は、とにかく一生懸命やっています。やっと見つけた、自分の条件に見合ったところですから。ただ、私の持病(頸椎ヘルニアの後遺症である、右腕・指のしびれ)が多少は影響していますので、それをどう見られるか?が問題です。
今のデジタル時代より、アナログ時代のほうがずっと長かったですから、これだけの絵葉書が残っているのです。
日本人の友達からも届いていますが、30才を過ぎた頃からは、エルマー&アンジュラ夫妻からの絵葉書がほとんどです。
地中海、海がキレイですよね。景色も長閑な印象が伝わって来ます。ヨーロッパ本土からも離れているでしょうから、空気もとても綺麗でしょうね。

投稿: 古都人 | 2012年9月 7日 (金) 15時42分

スペインには行きましたがここは知りませんでした。
有名観光地を回っただけですから、こういう秘境の
ようなところは、行きません。
エルマーさんたちは楽しそうなところを調べて行かれる
のですね。
行く先々から葉書が届いてよろしいですね。
我が家にも来ますが日本人だけです。

お仕事がんばって下さい。


matsubaraさんへ

ツアーですと、スペイン本土の観光地は訪れても、地中海の島までは行かないでしょうし、本当に小さな島のようです。
ケルン空港内にたくさんの旅行代理店があるのですが、どの店も南ヨーロッパのリゾート地を多く扱っていたような気がします。それこそ日本人にはほとんど知られていないようなところばかり。もちろん、マジョルカ島のように有名な島もありますが。
アナログ時代、彼らから届いた絵葉書は20通以上あるのでは?と思います。今後もいろいろ紹介したいと思います。
仕事、もちろん頑張っています。が、右腕・指のしびれによる仕事への影響、覚悟しておかなければならないかもしれません (>_<)!

投稿: matsubara | 2012年9月 7日 (金) 16時32分

スペインのフォルメンテラ島、
とてものどかできれいなところのようですねshine
エルマー&アンジュラ夫妻は本当にさまざまな
場所でバカンスを過ごされているようで、
うらやましい限りです。
お仕事のペースが変わって大変でしょうけれど、
ブログも無理せず、ボチボチいってくださいねnote


hananoさんへ

私の手許にあるハンディタイプの世界地図帳の”地中海西部”のページを見ても、この島は載っていないほど小さな島のようです。
それだけに訪れる人も少なく、長閑なのでしょうね。
彼らの話によりますと、ドイツでは有給休暇が年間1ヵ月ほど取れるそうで、まとめて取っても数回に分けて取っても良いみたいです。
それ故、あちこちバカンスに出掛けることが可能なのでしょうね。
生活スタイル・ペースががらりと変わりましたが、無理のない範囲でぼちぼち更新しようと思います。

投稿: hanano | 2012年9月 8日 (土) 15時46分

ヨーロッパと聞くだけで、絵葉書に写る風車1つとってみても
画になるなぁと思ってしまいます。
年数回バカンスに…。僕もしょっちゅう旅していますけど、
いつも土日の弾丸旅行で、"バカンス"とは程遠い旅ですsweat02
ゆっくりとした旅もしてみたいですね。
といいつつ、つい欲張って色々なところを廻ろうとするので
結局は強行軍なスケジュールになってしまいます。


Junjiroさんへ

Junjiroさんが訪れている日本の島々も、とても素敵な風景たくさんありましたヨ (^_^)!
憧れとか羨望など先入観を持って見てしまうと、そのように感じるかもしれないですね。他の皆様もその点は同じかも・・・?!
何しろ年間で1ヵ月ほどの有給休暇が取れる国(彼らの話によります)ですから、寒い季節に南の暖かい島へ行きたくなるのでしょう。
たとえ”弾丸”旅行でも、きちんと計画を練って出掛けられていますから、それはそれで素晴らしいと思います。

投稿: Junjiro | 2012年9月 8日 (土) 21時41分

慕辺未行さん  こんばんは
フォルメンテラとお聞きしても、何処なのか
全く見当つきませんでした。
スペイン、地中海に浮かぶ島なのですね。
お葉書を見てもその素晴らしさは分かります。
空と海のブルーは素晴らしいですね。
エルマー&アンジュラご夫妻、年に数回のご旅行とは
素晴らしいですね。羨ましいです。
ご夫妻の旅行記もきっと楽しいでしょうね。


すみれさんへ

フォルメンテラ、皆様同じだと思います。何しろ、本当に小さな島のようで、知らなくて当たり前、むしろ知っているほうが珍しいでしょう。
空や海の青さ、本当に素晴らしいですよね。ここはきっと自然を汚すような環境が何一つないのでしょうね。
ヨーロッパの中でもやや北に位置するドイツ、冬は本当に寒く日照時間も短いようです。だからこそ、このようなバカンスに出掛けたくなるのでしょう。
でも彼ら、旅行記はたぶん書いていないと思います (^_^;;

投稿: すみれ | 2012年9月 8日 (土) 21時54分

う~む、お母様は随分深刻な様子ですね~
介護はしたことがないのですが、話だけでも十分大変さがわかります。
うちの上司は日々云っています、「怒るのはだめ、どうすればよいかを考える」
なかなか厳しい状況ではあると思いますけど、くれぐれもお気を付け下さい。

ちなみに私は今月から平常勤務に戻りました。


青龍○段さんへ

お久しぶりですネェ (^_^)/
いやホント、掛かり付け医も驚くほど痴呆症が進んだようで、私自身もあまりに速いボケの進み方に考えが追いつかないほどです。
>怒るのはだめ、どうすればよいかを考える
私が短気なせいもあるのですが、怒ってばかりいます。何しろ言うことを聞かないし、余計なことばかりするし・・・(-_-)ウーン...
私自身の態度も反省しなければいけないかもしれないです。
平常勤務に戻られたようで、良かったですね。
私は昨年末から春先にかけて色々あり、母の状況も考えた上、夕方から深夜の仕事を選ばざるを得なくなりました。

投稿: 青龍〇段 | 2012年9月11日 (火) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母のこと&気休めの仮想楽園世界! | トップページ | タン・ビエッ! »