« 世界の絵葉書 その35 バーギッシュ・グラートバッハ | トップページ | 母のこと&気休めの仮想楽園世界! »

2012年8月24日 (金)

いにしえのブルートレイン

 皆様、おはこんにちばんは ヽ(´▽`)/

我が家の諸事情があって生活リズムが大幅に変わり、ご訪問される皆々様にはたいそうご心配おかけしています。
しかし私、慕辺未行は今なお身体を動かすように鍛えていますし、かつてはさらにキツイ勤務もこなしていました。何卒ご心配なさらぬよう願います。

 さて・・・、今回は久々に”鉄ちゃん”に戻ります (^_^;;!

国鉄からJRへと民営化され、JR各社の頑張りからか女性の鉄道ファンも増えたようですね。今でこそ”超豪華”な夜行列車が走っているようですが、旧・国鉄時代は愛称以外はほぼ同じだったのですよねぇ。
まぁとりあえず、ご覧ください (^_^;;ヘヘッ!

Img174_2
新大阪~下関間を走っていた寝台特急『安芸』号。しかしわずか数年で姿を消しました。

Img246
上野~金沢間を走っていた寝台急行(確かこの当時は「特急」ではなかったと思います)『北陸』号。

Img247
上野~青森間を走っていた寝台特急『北星』号。

Img250
当時は上野から奥羽本線を経由して青森まで走っていた寝台特急『あけぼの』号。

Img245
こちらは・・・、たぶん・・・夜行寝台急行『?』・・・おそらくは『銀河』かな?! (^_^;;

はてさて、いかがでしたか?
旧・国鉄時代の統一されたデザインだからこそ、夜行列車のことを”ブルートレイン”と呼ぶようになったと思うのですが、今では予約さえ難しい超豪華なブルートレインが走っている傍ら、それら以外ではほとんど走っていないような・・・?!

いずれにしても、とても懐かしい旧・国鉄時代のブルートレインです。

|

« 世界の絵葉書 その35 バーギッシュ・グラートバッハ | トップページ | 母のこと&気休めの仮想楽園世界! »

コメント

毎日暑いですね・・  昼間寝られることもあるのでしょうか
汗をかいたり、冷房で冷えたり、調節大変でしょう~

安芸というと 四国の、を思い出しますが、本州の列車にこの名が付いたのですね・・
最近の鉄ちゃんは デジタル機器を駆使して追いかけ、でしょうが
フィルム写真は 趣ありますね  鉄子ではないけれど惹かれます~


bellaさんへ

真夜中に帰宅して、やるべきこと、用意しておくべきことさえきちんとしておけば、午前中は寝ています。とはいえ、しばしば起こされますが・・・(^_^;;!
それでもたとえ30分1時間でも暇があれば、なるべく寝るようにしています。
安芸・・・『安芸の宮島』と言いますから、四国ではないような・・・?!どこかと勘違いされただけなのでしょうね (^_^)!
デジカメも良いですが、フィルムからのアナログ写真もなかなか味わいがあるでしょ?!
あえてモノクロフィルムを使って撮影した写真もあります。

投稿: bella | 2012年8月24日 (金) 18時51分

身体を鍛えられていても、時差はお辛いでしょう
ムリは禁物ですよぉwink

みんな青い車両だったから「ブルートレイン」なんですね~っ
元同僚の鉄ちゃんは新幹線なんてつまらない、邪道だ~ってよく言っていましたbullettrain
あくまで彼の個人的意見かな
でもほんとの(?)鉄ちゃんにとっては、こういう電車がたまらないんでしょうねtrain


きゃぶさんへ

仕事がある日は確かに半ば昼夜逆転していますが、その分昼間少しでも寝るようにしていますので、慣れるまでの問題かと思います。
というか、かつてもこのような勤務に近い仕事、したことがありますので、まぁ大丈夫です。
JRになってからは各社それぞれ個性的な列車を走らせていますが、国鉄の頃は愛称が違うだけで列車そのものはほぼ同じ。今の新幹線に比べれば、こちらのほうがつまらないかも・・・?!
でも何となく、ノスタルジックですよネェ!
私が鉄ちゃんだった頃の新幹線は、それこそ初代0系新幹線しか走っていなかったかもしれません。ですので新幹線には見向きもしなかったです (^_^;;!

投稿: きゃぶ | 2012年8月24日 (金) 21時23分

銀河って60年前は単なる夜行列車で、それから寝台車になったのかしら。私が芦屋に転勤した父母の家に行って叔母の家の東京にかえるころは普通の夜行の急行で、30年前にポートピアに行った時は寝台車だったような気がします。当てにはなりませんが。


agewisdomさんへ

えーっ?!そうだったのですか?
つまり寝台はなく、座席の列車だったということですよね?!
私が鉄ちゃんだった30数年前は全車両だったかどうかは分かりませんが、すでに寝台列車でした。
ポートピアの頃は間違いなく寝台列車だったと思いますヨ。
私が大学生の頃で、すでに鉄ちゃんを卒業していましたから!

投稿: agewisdom | 2012年8月25日 (土) 08時37分

慕辺未行さんへ
こんにちわ
「ブルートレイン」実は初めにこの言葉を耳にした時は何のことやら正直判りませんでした
暫くして国鉄の青い車体の列車 そして夜行列車だと知りました
新幹線が未だ無い時代の東京出張は夜行と決められていました
記憶にあるのは京都駅から夜行列車で東京に出張した時のことですが何に乗って行ったかは知りません 昭和30年代でしたら何でしょうか?
東京転勤の時もまだ新幹線がなかったのでやはり夜行でした
転勤が終わって京都に帰る時は「こだま」と言う特急電車でした
ブルートレインには乗った記憶は少ないですね
しかし「ブルートレイン」言葉の響きは素敵です


古都人さんへ

鉄道に興味・関心がないと、初めはどんな列車のことか分からないかもしれませんネ。また、ブルートレイン=夜行寝台列車というのは、日本だけでしょうから、なおさらだと思います。
新幹線がまだ無かった時代、朝京都を出ていたのでは東京へ着くのは午後になるでしょうから、やはり夜行列車で行くのがベストだったのでしょうね。
上記、agewisdom様も書いておられますが、『銀河』に乗られていたのかもしれませんネ!
『こだま』、映画”ALWAYS 3丁目の夕日”にも出てきていました。東京から神戸まで6~7時間ほど(もっとかな?)かけて走っていた特急ですよね。
この鉄道シリーズの初めにも紹介したことがあります。
ブルートレイン・・・、確かに旅心をそそられそうなロマン溢れるネーミングですよね。

投稿: 古都人 | 2012年8月25日 (土) 10時23分

こんにちは^^
こちらでは初めまして。

ブルートレイン、懐かしいです~♪
長崎~東京間を走っていた寝台特急さくらはご存知でしょうか。
昔よく利用していました。でも当時はカメラや鉄道に興味がなくて写真は一枚も…。お写真拝見しなかったら思い出すことはなかったかも知れない記憶のあれこれがポロポロと…confident

秘蔵のお写真ありがとうございました^^


はづ希さんへ

ようこそ、いらっしゃいまして、ありがとうございます (^_^)!
IPは退会されたようですが、ブログで交流できると嬉しく思います。
寝台特急『さくら』、懐かしいです。30年ほど前、九州を旅した帰りに長崎から名古屋まで乗ったことがあります。
このカテゴリー『望郷列車写真館』でも紹介したことがあります。
これらの懐かしい鉄道写真を見て、色々なことを思い出されたようで、私もとても嬉しく思います。
不定期更新ですが、よろしければまた遊びに来てください。
今後ともぜひ、よろしくお願いいたします。

投稿: はづ希 | 2012年8月25日 (土) 14時10分

とうとうブルートレインは一度も乗らずに
この年になってしまいましたが、
ブルーに白いラインが入っていて
なかなかすてきな車両でしたね。
夜行寝台車は、はじめてトルコで
乗りました。


matsubaraさんへ

一度も寝台列車を利用されたことがないのですか?
お若い頃はわりと旅をされていたようでしたので、意外に感じました。
今では予約を取ることが難しいような”超豪華”寝台特急が走っているようです。
海外の夜行寝台列車も楽しいと思います。私はインドとフィンランドで利用したことがあります。フィンランドで乗った寝台列車の設備は、とても素晴らしかったです。

投稿: matsubara | 2012年8月25日 (土) 14時45分

ブルートレイン、ほんと数が減りましたね。
今年の春に「日本海」が定期運用をはずれてからは、
豪華寝台特急を除くと「あけぼの」と、あえていうなら「はまなす」
くらいしか残ってないですね。
今回紹介された列車では、「北陸」と「あけぼの」しか乗ったことが
ないです。しかもあけぼのに乗った時には車両もルートも
違ってます。
寝台列車の旅、好きなんですけどねぇ。やっぱり時代には合わないんでしょうね。


Junjiroさんへ

今は新幹線が青森から鹿児島まで、上信越や山形・秋田へも走っていますし、飛行機も格安航空会社が登場したりして、夜行列車を走らせても、利用客は少ないのかもしれないですね。
夜行列車の旅って、とても旅愁あふれて好きだったのですが、確かに時代に合わないのかもしれませんね。
『はまなす』・・・、名前からすると北海道で走っている寝台列車でしょうか?
『あけぼの』は私も一度だけ利用した記憶があります。青森から奥羽本線経由で上野までだったかと思います。
しかしかつての寝台列車も、姿は消したものの新幹線の愛称で甦ってくれたことは、元・鉄ちゃんとしては嬉しい限りです。

投稿: Junjiro | 2012年8月25日 (土) 23時08分

鉄道や列車のことは今までよく知らなかったのですが、
慕辺未行さんのブログでいろいろと拝見するうち、
その雰囲気や鉄道の魅力が伝わってくるようで、
興味深く記事を読ませていただいています。
特に夜行列車には、独特の風情(?)があって、
旅情をそそられますね~happy01
そのほとんどが、もう乗ることができないというのが
とても残念です。


hananoさんへ

どの写真も今から30年以上前に撮ったものばかりですが、これらの列車こそ『旅』の演出は素晴らしかったと思います。
新幹線や飛行機では味わうことができないスローな旅、流れる景色を楽しみながら駅弁を食べ・・・、夜行列車では眠る前にちょっと一杯・・・、それぞれの楽しみ方がありました。
今ではこのような風情を残す列車もほとんどなく、時代の流れを感じます。

投稿: hanano | 2012年8月26日 (日) 13時01分

慕辺未行さん  こんにちは
「ブルートレイン」良く分からずに耳にしていました。
旧・国鉄時代の統一されたデザインの夜行列車を呼ぶのですね。
素敵なブルーですね。
そして「ブルートレイン」の名称も素敵です。
列車はどれも乗車した事も思い出も有りません。
短時間で目的地に行ける時代に成りましたが
のんびり寝台車での旅行も素敵で
出かけて見たい気がします。


すみれさんへ

そうなのです。かつての青い車両の夜行寝台列車をブルートレインと呼んでいました。
私が高校生だった、つまり”鉄ちゃん”だった頃は憧れの列車でした。
今では北斗星やカシオペア(だったかな?)のような豪華な夜行列車しか走っていないのでは?と思うほど、ブルートレインは姿を消し、やがてこの言葉も忘れ去られていくのかもしれません。
飛行機や新幹線で短時間で目的地に到着するのが、現代にマッチしているのでしょうし、目的地でのんびり過ごすこともできる半面、鉄道の旅の趣は感じられなくなったのでは、と思います。

投稿: すみれ | 2012年8月29日 (水) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の絵葉書 その35 バーギッシュ・グラートバッハ | トップページ | 母のこと&気休めの仮想楽園世界! »