« (再掲)素顔のバンコク見聞録 その1 | トップページ | (再掲)素顔のバンコク見聞録 その3 »

2012年7月19日 (木)

(再掲)素顔のバンコク見聞録 その2

拠点はプライバシー・ホテル

3月1日の朝を迎える。昨夜 night 遅かったので、のんびりと起きる。俺は現在地の確認のため、地図を持ってホテル hotel の近くを歩いてみた。そして、通りの名前が分かり、現在地を特定 scissors 。皆で相談し think 、ガイドブックに載っている他の安宿へと向かうことにする。

02
朝、ホテルから外を眺める eye 。その後、現在地を確認

4人で歩く shoe こと、約30分、プライバシー・ホテル hotel に到着。2組に分かれツインをシェアすることにし、1人210バーツ。昨夜のホテルに比べ、4割安い happy01 。安宿と言っても、エアコンもあるしバス・トイレ付の部屋だ coldsweats01 。これなら文句はない confident 。皆も納得していた wink

この日は、皆からの提案 confident もあり、一応2度目の海外、バンコクも先回立ち寄っている俺がリーダーとなり、皆と共にバンコクの街を歩いた shoe 。ラマ4世通りを歩き、駅周辺や、チャオプラヤ川あたり、道端のフルーツ屋などにも目を向けたりしていた eye

夕食は、ホテル近くの店へ行く。子豚 pig の丸焼きがある。4人でなら食べられそうなので、食べてみると、何とも美味しい delicious 。上質のハムという感じだ。そして、その後は飲み屋 beer へ。水割りなどで乾杯する。明日からは、プライバシー・ホテル hotel を拠点に、それぞれが自由に楽しむことにする。

街の様子

バンコクの街、一言で言うと、メチャクチャ wobbly!道路はバス bus 、自動車 car 、トラック、バイク、トクトクというオート三輪タクシーが、ところ狭しと騒音けたたましく走っている dash 。バスもタクシーも、クラクションをぶーぶー鳴らし、ぶっ飛ばしている。急ブレーキ踏まれて怒っていたら、キリがない wobbly

42
街を走るトクトク。料金交渉制のタクシーです。

40
大判焼き(王将焼き、今川焼とも言う)屋。まさかバンコクにこんなものがあるとは・・・coldsweats02

歩道もまた、露店や屋台であふれている。フルーツや揚げ物、串焼き、大判焼きの屋台まである delicious 。昼になると、そこら中の店は、昼食の人々でごった返す。タイ料理はたいていのものは辛い。バーミーナム(ラーメンに似ている)とかミーパット(焼き飯)は、我々にもなじめる味で、10~15バーツ。1パーツが約6円程度なので、1食当たり100円ぐらいですむ。これは大変大きな魅力だ happy01

10
美味しそうなフルーツがいっぱい。もう、たまりません happy02 sign03

それにしても、これだけ屋台が氾濫していると、どちらかと言えば間食の方が多くなってしまう。特に串焼き(豚だと思う)は、お気に入り delicious だ。でも、今の日本では、お祭り以外ではなかなか味わえない楽しみだ。

*この旅日記は、1987年の時のものです。

|

« (再掲)素顔のバンコク見聞録 その1 | トップページ | (再掲)素顔のバンコク見聞録 その3 »

コメント

慕辺未行さんへ
こんにちわ
連日の猛暑 お互いにお疲れ様です
タイの首都・バンコクですね
一度シンガポールに行った時飛行機の乗り継ぎで
ほんの少し留まったことがありました
空港内だけでバンコクの空気を吸っただけです
いろんな車がけたたましく行き交う風景はテレビで
お馴染みですが交通整理などはないのでしょうか
それともタイ人はせっかちなのですか
日本人同士4人で行動出来るのは心強いことですね
慕辺未行さんは先輩格ですね
タイの女性は目鼻立ちがはっきりしていて美人ですが
どうでしたか 
1バーツ約6円とか これからはこれを覚えて置きましょう
日本では屋台と言えば縁日やお祭りの時が主ですが
バンコクでは日常に屋台が出ているのですか
屋台の食べ物はちょっと勇気が要りますが美味しい
のでしょうね


古都人さんへ

ひと頃、バンコク市内の交通渋滞の酷さは、有名でしたね。
この旅日記の1987年でさえも、かなりのものでした。
今ではモノレールが出来ているらしく、人々の移動手段も変わりつつあるでしょうし、もし今バンコクへ行ったら、この頃とは全然違う街になっているのでは?と思います。
その時代、格安チケット(パキスタン航空かエジプト航空)でバンコクへ向かう場合、バンコクの宿泊先を決めていない人が必ずいると分かっていました。しかも真夜中到着です。
1人でタクシー任せで行くよりは、人数いたほうが安心ですし何よりもタクシー代が割り勘で安くなります。
そういう理由もあって予め声かけておいたのです。
1バーツ約6円はその時代のことで、今はもっと安くなっていると思います。2~3円ぐらいでは?!
日常的に屋台は出ていました。写真がないので残念ですが、日本で言えば『焼き鳥』のような串焼き(たぶん豚肉)が安くてとても美味しかったです。

投稿: 古都人 | 2012年7月19日 (木) 14時50分

タイへは10年前くらいに行きましたので
このころより少し後ということですね。
でも殆どこんな感じでした。
アユタヤ王朝の跡が目的でした。
団体でしたので屋台は味わえなかった
のが残念です。


matsubaraさんへ

この旅日記は、25年前の旅ですから、かなり前です (^_^;;!
でもあまり変わっていないかもしれないですね。アジアの街特有のエネルギー、これは今もきっと変わらないと思います。
タイはバンコクしか滞在したことがないのが残念です。アユタヤやリゾート地として有名なプーケットへも行ってみたかったです。

投稿: matsubara | 2012年7月19日 (木) 19時28分

アジア圏世界街歩き…な感じですね~lovely
それにしても、
慕辺未行さんの知見の広いことぉヽ(*^^*)ノ


と~まの夢さんへ

そんな大げさなものではないですヨォ (^_^;;アセッ!
私が訪れたアジアの街なんて、他にカルカッタとカトマンドゥぐらいなものです。
それでも初めての時より、全然余裕がありました。

投稿: と~まの夢 | 2012年7月19日 (木) 19時29分

2年前にタイへ観光に行きました。
もちろんツアーでバンコク市内のホテルに宿泊。
お決まりの観光地を周ってきました。
屋台へ行きたかったのですがガイドさんに危ないからと
言われ行きませんでした。
見るからに「日本人観光客」ですからね。

自由に旅ができるって凄いことです!
私も・・・、でもきっと無理ですね。

「行記を読んで「行ってみたいな~」
で終わってます(^_^;)


mayumiさんへ

初コメント、ありがとうございます アリ(゚o゚)(。_。)ガト!
2年前、つい最近ですね。この旅日記は25年前なのです (^_^;;アセアセ!
街の様子はずいぶん違うのでは?と思います。
今バンコクの街は、モノレールが走っていると聞きました。
屋台は街の至る所にありました。メインストリートのラマ4世通り沿いにもずいぶん出ていました。
でも「何が危ないのかナァ?」と思うほど、何の問題もありませんでしたヨ (^_^)!
ツアーの場合、『もしも』のことを考えて、ある程度制限するのかもしれないですね。『何か』あったらツアー会社の責任にされてしまいますから。

投稿: mayumi | 2012年7月19日 (木) 21時01分

モンマルトルの住人、ボヘミアンさん、今回はタイに出没ですね
例によって、何か起きるゾ、と 今から心配ですが・・
日本人は 旅先で知り合って行動しても 根本的に安心感がありますね
タイのあのむ~っとするような蒸し暑さ、若いときは何とも思わなかったでしょう
タイ料理といえば 私はパプタイ(場所によってはパッドタイ?)がお気に入りです!


bellaさんへ

ボヘミアンはモンマルトルにいても、慕辺未行はいないですヨォ(笑)
昔投稿したブログ記事を再び掲載しています。ネタがないのがバレバレですね。
>日本人は 旅先で知り合って行動しても 根本的に安心感がありますね
なるほど!だからかなぁ・・・、ヨーロッパへ一人で旅した時、日本人女性旅行者(ツアー客ではありません)に不意に声かけられること、よくありました。
バンコクのあの暑さ、ザックを背負っていてはさすがに汗をかきました。
パプタイ・・・(・_・?ハテ?すいません、食べたことがないと思います。どんな料理かなぁ・・・?

投稿: bella | 2012年7月20日 (金) 12時11分

バンコクの旅のお話、スタートですねnote
1987年と言えば四半世紀前ですが、写真の印象は、
私が訪れた2005年と極端には違わない感じもしますeye
ソウルや上海と比べると、街の変化のスピードが、
少なくとも見た目ではゆっくりなのかな・・・?
タイでは古式マッサージは受けられましたか?
私はもう、今すぐにでもマッサージを受けにタイへ
行きたくてしょうがありません(笑)
お話の続き、楽しみにしていま~すhappy01


hananoさんへ

バンコクの旅日記、スタートです。が、5話で終わりですので、来週にはもう完結します(すでに投稿予約済み)。
バンコクへは’92年にも立ち寄っているのですが、それ以来訪れていません。
新たな国際空港ができ、街にはモノレールが走り、この頃とはずいぶん違うとは思うのですが、それでも変わらないところもあるのでしょうね。
バンコクはシンガポールと並び、昔から東南アジアの大都市でしたし、韓国や中国のように急速に経済成長したわけではないでしょうから、それほど大きく変わっていないのかもしれないですね。
タイではマッサージは受けたことがないのです。
hananoさんがそれほど仰るのなら、よほど気持ち良いのでしょうね。ネパールでは何度かマッサージ受けたことがあります。

投稿: hanano | 2012年7月20日 (金) 19時38分

ベトナムでもそうですが朝から屋台で外食。家庭ではめったに料理作らないのかしらって思ってしまいます。
タイは行ったことがないのですが、昨今ときどき暴動がおきたりするでしょう。ほほえみの国の人々も、ほほ笑んでばかりいられませんね。夫はいいところだったよって言っていますし、従兄弟は海外駐留でずっとバンコクにいたのですからその時訪ねておけばよかったなあと思います。


agewisdomさんへ

タイの一般家庭、どうなんでしょうね。東南アジアの国々はいわゆる”屋台村”のようなところがたくさんあるようで、外食するほうが多いようなイメージです。
’92年にも暴動が起こりましたし、数年前もありましたね。
優しさの裏には激しさを併せ持っているのかもしれないですね。
タイはバンコクしか訪れたことがないのですが、なかなかエキサイティングな街でした。
そうそう、果物が抜群に美味しかったです。

投稿: agewisdom | 2012年7月20日 (金) 22時32分

タイは数年前に行きました。
ものの本によると
バンコクのアパートには、基本的にキッチンはついてないのだそうです。
みんな朝から屋台ですませちゃうのですね。
タイ古式マッサージはいいですよ!
私はバンコク滞在中、毎日通いました。
一流ホテルのマッサージは日本よりは安いとはいえ、いいお値段でしたが
街なかのマッサージ店は、その十分の一のお値段でした。


zooeyさんへ

返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。m(u_u)m!
キッチンがない・・・(゚o゚)ナニッ?
確かに、TVの旅番組で東南アジアのほうを見たときに、そのように感じました。
朝から屋台に安くて美味しいものが並んでいたら、皆そちらで食事するのでしょうね。日本の主婦にとっては、とても羨ましい習慣ではないでしょうか?!
タイ古式マッサージ、本当に良さそうですね。ネパールでは何回ともなくマッサージして頂きました。

投稿: zooey | 2012年7月21日 (土) 00時54分

慕辺未行さん  こんにちは
バンコクへの旅ですね。
以前出かけたことが有り楽しみに拝見させて頂きます。
一人旅もお連れが出来ると
何かと心強く、便利な事も多いでしょうね。
果物は豊富で美味しいですね。
市場で沢山買い求めホテルで頂いた思い出が有ります。
食事も美味しくて、周りの方がビックリされるぐらい
頂いたものです。


すみれさんへ

返事が遅れて、申し訳ありませんでした。
以前の経験でバンコクに真夜中に到着することは分かっていたので、予め声かけていたのです。
お蔭で何人か連れができ、タクシー代やホテル代をシェア出来ました。
果物は本当に美味しいですよネ!今でこそ日本でも食べられるものがありますが、当時は日本では食べられない果物もありました。
そうそう、デパートの地下には、お寿司も売っていましたヨ!

投稿: すみれ | 2012年7月21日 (土) 16時56分

皆様へ
現在PC故障、入院中です。
直るまで1週間から3週間かかるそうです。
今週、投稿予約済みの記事のみ掲載されます。
それ以降は、直るまでお休みさせていただきます。
携帯からは作業が大変です。(;^_^A
PC直り次第、コメレスさせていただきます。

投稿: 慕辺未行 | 2012年7月22日 (日) 15時01分

パソコンの具合が悪かったとの事
ホッとしました。
お母さまの具合が・・・?と少し心配していました。

  お返事は結構です。


okabe mutumiさんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、これにて失礼させていただきますネ! 

投稿: okabe mutumi | 2012年7月23日 (月) 17時41分

慕辺未行さんへ
こんばんわ
パソコン 緊急入院ですか
何かあったのかとは想像していましたが
やはりその様な事態が起こっていたのですね
暫くパソコンから離れた生活も良いではありませんか
どうぞごゆっくりとなさってくださいませ
お返事の儀はご無用に・・・


古都人さんへ

ハイ、ありがとうございます。
では、これにて失礼させていただきます。

投稿: 古都人 | 2012年7月23日 (月) 18時54分

今日ももううんざりする暑さで・・・どうぞご自愛くださいませsweat01
パソコンさまも、そんな名古屋の夏がイヤになっちゃったのかもしれませんsun
不思議なもので、そんなに依存していないつもりでも、使えなくなってしまうととっても不便ですよねぇ
早くご機嫌が治ると良いですねっwink
バンコクは道が全然渡れなくって、とっても困った覚えがあります
でも途切れることがない車の波が、活気を感じさせる街ですよね~
小心者の私にはとても屋台だなんて手を出せなかったので、パワフルな慕辺未行さんの旅日記が楽しみですnotes


きゃぶさんへ

5年近く使うと「そろそろ・・・」と思っていましたが、やはり来ました。
確かにここ数年使っていたものが突然なくなると、不便極まりないものでした。とくに夜は・・・ヒマ!(笑)
バンコクで道を横断できなければ、インドへ行ったらなおさらなのです(笑)!
でも、あのエネルギッシュな雰囲気、今の日本には全くないものですよネェ!
屋台の料理、いやいや、あれこそ”タイの味”ですヨ!あれを食べなければ・・・!?

投稿: きゃぶ | 2012年7月24日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (再掲)素顔のバンコク見聞録 その1 | トップページ | (再掲)素顔のバンコク見聞録 その3 »