« 雨の記憶 | トップページ | おしろい花、今年も咲きました »

2012年6月23日 (土)

ルナリア、もうひとつの楽しみ方

 皆様、おはこんにちばんは (◎´∀`)ノ

梅雨ですね。しかし今日は貴重な晴れの日。とはいえ、何だか出かける気力もなく・・・。
家事の合間にゴロゴロ、ぐーたら・・・(^_^;;

ルナリアの花、覚えておいででしょうか?昨年秋、開花期でもないのに再び咲き始め、ずっと頑張って咲き続けた花・・・、そしてこの春、2年目のルナリアが一斉に咲きました。

Cimg3151
満開に咲いたルナリア(4/21撮影)

すべての花が咲き終えると、ルナリアは小判状の扁平な果実をならせます。
(上の写真右下の方に少しだけ生っています)
成熟した果実の外皮を剥ぐと、中に絹状光沢のある隔膜があり、これが大変美しく、乾燥させたものが装飾によく使われるそうです。

そこで私も、満開からおよそ2ヵ月、莢にはたくさんの果実が生り、すっかり乾燥しましたので、刈り取って一つ一つ外皮を丁寧に剥ぎ、種を取っていきました。
そして、できたのがこちらです。

Cimg33870623
こんな感じに活けてみました (*^-^)

Cimg3389 
たくさんあったので、マイルーム用に!ちょっと雑な活け方ですね (^_^;;

光が当たると、キラキラ銀色に輝いて見えます。なるほど、これは確かにキレイです。
乾燥していますから、ドライフラワーと同じで、水やりの必要もなく、これ以上は何の世話も必要有りません。
ただ、見て楽しむだけで良いのです (^_^)!

春に満開の花を咲かせ楽しませてくれたルナリア、これからは乾燥果を楽しみます。

|

« 雨の記憶 | トップページ | おしろい花、今年も咲きました »

コメント

お花が咲いた後までも楽しませてくれるなんて、とっても親孝行japanesetea
こんな実が生るんですねぇ
乾燥させたものを拝見すると、そう言われてみると見たことがある気もします
光を反射してキラキラshine・・・キレイですね~
薄くて繊細そうなので、細かく気を遣う作業は大変だったんじゃないですか?
しかもこんなにたくさん~手先が器用じゃないとできませんねpaper


きゃぶさんへ

花が終わった後、莢が伸び実をつけます。
実と言っても、食べることはできませんが、中に直径6~7mmぐらいの種がいくつかあります。
昨年は乾燥しきっていないまま作ろうとして、失敗しました。
今年は、乾燥してから刈り取ったので、外皮が剥ぎやすかったです。
膜の天辺に突起があります。それを軽く左右に動かすと外皮が勝手に剥がれてくれるので、楽でした (^_^)!
手先は決して器用ではなく、むしろ不器用なほうです。
実を付けだしてから2ヶ月も経っていたからこそ、乾燥が進み剥がしやすくなっていたのですヨ (^o^)!

投稿: きゃぶ | 2012年6月23日 (土) 22時26分

面白い!
こんなのができるなんて知りませんでした。
写真だけで見ると
無機質なオブジェのようにも見えるし
あるいは虫の卵の抜け殻のようにも…
不思議な実ですねえ。


zooeyさんへ

このルナリア、matsubara様から頂いたもので、このようなものが出来ることも教えていただいたのです。
乾燥していないうちは、まだ剥がしにくいので、充分に乾燥させてから取り組んだら、わりと簡単に出来ました。
マイルームにもありますが、蛍光灯の灯りが当たっているところは綺麗な光沢を放っています。
言われてみればオブジェのようでもあり、抜け殻のようにも見えますね(笑)!

投稿: zooey | 2012年6月23日 (土) 23時37分

慕辺未行さんへ
お早うございます
ルナリアって楽しい植物ですね
美しく花を咲かせ その後に不思議な
実を面白く楽しませてくれるのですね
育て甲斐のある植物に感心しております


古都人さんへ

花は花期が終わると来年まで見る楽しみは持ち越しなのですが、ルナリアはこのような楽しみ方もあって、面白いです。
人によっては、育てた花を押し花にしたり、ドライフラワーにして長く楽しまれる方もいらっしゃるでしょう。
枯れてしまったらそれで終わり、ではなくまた違う楽しみ方で植物と接することが出来るのが理想です。

投稿: 古都人 | 2012年6月24日 (日) 06時30分

おはようございます
まさにインテリアですね、素敵です♪
お花のあとにこのような楽しみ方があるなんて知りませんでした。
私も挑戦してみたいです。
あっ、その前にお花をいっぱい育てないといけませんね。
素敵なものを見せて頂きました、ありがとうございます!


のこのこさんへ

手許の植物図鑑には、このようにして楽しむために栽培される、とあります。
私はお花も両方すっかり楽しみました。
他の花では、これはできないと思いますが、花の楽しみ方は色々ありますし、押し花やドライフラワーにして長く楽しむのも良いのでは、と思います。
我が家には今、そろそろ終わりかけのベゴニアと、夕方に花開くおしろい花があるだけです。
ちょっと寂しいガーデニングです。

投稿: のこのこ | 2012年6月24日 (日) 09時03分

これドライフラワーなどに使われていますね。きれい。とても可愛いですね。素敵なインテリアになっているじゃありませんか。


agewisdomさんへ

ドライフラワーに使われているのですか?なるほど、↑のほうのコメントにも「見たことがある」とありますし、わりとポピュラーなのかもしれませんネ。
この春、花がたくさん咲きましたから、その後の莢そして果実もたくさん。お蔭でこんなに作ることが出来ました。
でもまだ少し、プランターに残っているのです。それもこのようにして飾らねば!

投稿: agewisdom | 2012年6月24日 (日) 21時50分

慕辺未行さん  こんばんは
ルナリア、2年目のお花が沢山咲いたのですね。
上手にお育てに成りましたね。
お花をそのままドライフラワーにした事は
有りますが、このように手を加えた事は有りません。
ルナリアに果実が出来るのも知りませんでした。
とっても綺麗ですね。
長く楽しめて、素晴らしいです。


すみれさんへ

あれだけ花が咲きましたから、莢も果実もたくさんできました。ルナリアはもちろん花も楽しむことができますが、果実の中にある隔膜をこのように乾燥させて、装飾として使う目的のほうが多いそうです。
果実と言っても食べられるものではありませんが、生ってから2ヵ月、乾燥が進み、このように飾ることが出来ました。
枯れることがないものですから、ずっと長く楽しむことができそうです。

投稿: すみれ | 2012年6月24日 (日) 22時32分

こんばんはnote
このドライになったルナリアの果実、見たことがあります!
・・・が、それが何の植物なのかわからなかったのですが、
慕辺未行さんのおかげで、謎がとけました。
なるほど、そんなふうに手を加えて作ったものだったのですね。
こんなきれいなインテリアになって、部屋に飾ると、
きっと、日々気持ちを和ませてくれそうですねshine


hananoさんへ

hananoさんも見たことがおありだったのですね。ドライフラワーに使われていることがあるそうで、他の方からも「見たことがある」とコメントいただきました。
手許の図鑑にも、花よりも『この果実を乾燥させ隔膜を装飾用に利用するために栽培されることが多い』とありました。
私の部屋にも置いていますが、蛍光灯の灯りの下で銀白色に輝いています。しかも鈴なり状態!
もし今度、どこかでこれを見かけたら、我が家で秋から冬を越しても頑張って咲いていたルナリアの花も、思い出してくださいね。

投稿: hanano | 2012年6月25日 (月) 00時27分

まあ、分家の方に追い越されてしまいました。
こんなに出来ません。
近年不作ですので古いものを飾っています。
だんだん色も黄ばんできます。
銀色の時が一番きれいです。
ようやくこれから新しいものが収穫出来そうです。


matsubaraさんへ

matsubaraさんから頂きましたルナリア、ついにここまで来ましたヨ (^_^)!きっと頂いた苗が優秀な苗だったのでしょう。
年越しで頑張ったルナリアに応えるかのように、2年目のルナリアがたくさん咲きましたから、莢もたくさん!果実は鈴なり状態でした。
自分でも想像以上の成果に、とても嬉しく楽しみながら作りました。
実はこれでまだ全部ではないのです。あと少しだけプランターに莢が残っています。もちろんそこにもたくさんの果実がすでに乾燥していて、いつでも作れます。
私の部屋にも飾ってあります。新品の硬貨のような輝きです。まるでお金が生っているようにも見えます。

投稿: matsubara | 2012年6月25日 (月) 08時25分

こんばんは~ すごい!自家製ですか~
この花、ドライフラワー屋さんで売っていたり、フラワーアレンジで
造形が面白いので よく使いますが 普通買ってくるのですよ
何年持つかわかりませんが、 大切に保存、というより飾って下さいね
これを機に、”乾きもの”に凝ったりして!? ススキとか 松ぼっくりとか
乾きもので アレンジメントをすると1年ぐらい持って 生花より楽ですよ~ ^&^


bellaさんへ

ハイ、もちろん私が育て作りました。
このように出来ることは、ルナリアの苗を分けてくださったブログ仲間の方からお聞きしていましたし、手許の植物図鑑にも載っていました。
花屋さんはしばしば行きますが、今まで気づいたことはありません。買うといくらぐらいのものなのでしょう?
昨年秋、近所の公園のボランティアの方に『タカノハススキ』と『フウセントウワタ』を戴き、飾っていました。
華やかさはありませんでしたが、どこか落ち着いた雰囲気で、とても気に入っていました。

投稿: bella | 2012年6月29日 (金) 20時12分

こんばんは!

おしゃれな楽しみ方をなさってますねえ。
とことん楽しんでみようという心意気が、素敵です。

風鈴の下にでも、ぶら下がっていたら、
きっと涼しげになりますね。

ルナリアの変化形、楽しみにしております。


雷蔵さんへ

コメント、ありがとうございます。
ルナリアの花、花よりもその後になる果実をこのようなドライフラワーにして楽しむことが、多いそうです。
↑の皆様のコメントの中にもありますように、見たことがあるという方もいらっしゃいます。
苗を分けてくださった方からも、このような楽しみ方を聞いていましたし、キレイで手間いらずで、見ていると和みます。

投稿: 雷蔵 | 2012年7月18日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の記憶 | トップページ | おしろい花、今年も咲きました »