« (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その7 | トップページ | (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~サキャさんの招待~ »

2012年6月 6日 (水)

(再掲)赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その8

12/14 バナナ12本3.5Rs、パン2.35Rs、

昼食・・・粉吹きいもとキャベツ(塩で味付け)、ゆで卵、味噌汁(キャベツ)、バナナ

 これでほぼ、だいたいの食材は使い切った good 。残っているのは、チーズとバナナ、コーヒーぐらいだ。翌15日、16日の朝食は自炊した。しかし18日の朝、カトマンドゥを離れなければならない weep 。俺は食器類を売り払った。例えば、ラーメン用の器は20Rsが5Rs、ポリタンクと味噌汁用の器、皿が全部で20Rsだったのを7Rsで売ることができた happy01 。そして残っていた調味料(塩、味の素など)は、他の日本人旅行者に分け与えた confident

自炊して思ったことは、はじめは節約するつもりだったけど、お金 dollar のことより、”より楽しく happy01 、よりおいしく delicious ”作るかが重点的だった。メニューは確かに’タンパク質’が多かったけど、お腹いっぱい食べられたし、作る楽しみもあった wink 。時間もつぶれるし・・・。

金井さんが’カジノ’へ誘いに来た時に、初めて皆に自炊した料理を試食してもらったのだが、その時たくさんの賛辞を頂いた confident

「いやー、君がここまでやるとは思わなかった!」と金井さん。

「尊敬しますヨ!電気コイルヒーター1本で、これだけ作れるなんて!」と日浦さん。

「カルカッタで会った時(盗難直後)を考えると、スッゴイネー、これは!よくここまで”立ち直った”ヨ!」と上田さん。

安全性と健康を考えても、自炊のほうがいい。できれば、他の自炊者の人たちのように、ケロシンを使っていたら、”肉料理”も作れたのだが・・・ bearing 。また、自炊するということは、当然’買い出し’にも行かねばならない。それによって、バザールや野菜市場へも必然的に足が向く shoe 。そこでは当然のごとく、ネパールの一般庶民の人々が働いている。知らず知らずのうちに、ネパールの人々とコミュニケーションしていた happy02

カトマンドゥを離れる前の日、ケロシンを使って自炊している人から、「(調味料を)分けてくれたお礼に、今’もつ’を煮込んでいるから一緒に食べよう」と誘われ、’もつ’をご馳走になった happy01 。ニンニクと唐辛子を入れ、味噌で煮込んだそうだ。本当においしい’もつ’だった delicious

あらためて思ったこと、それは「食生活は、楽しくおいしく満足できるものでなければならない」、ということだった confident

*この旅日記は、1984年の時のものです。

|

« (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その7 | トップページ | (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~サキャさんの招待~ »