« (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~カジノネパールにて~ その2 | トップページ | 動物モチーフの切手です »

2012年5月 3日 (木)

(再掲)赤褐色の街にてⅡ ~カジノネパールにて~ その3

そして次の日、2日も続けて通ってしまったのだが、そのわけは・・・。日浦さんという一人旅の女の子 virgo (19才)がストーンハウス・ロッジ hotel にこの日チェックインした。しかし、あいにくこの日はシングルが空いてなくて、翌日なら空くということで、この日1日だけ彼女はドミトリーに泊まることにしたそうだ。彼女はこの日、インドのデリーから空路 airplane やって来たそうで、それを知った同じドミトリーの金井さんが、「その航空券とパスポートをカジノで見せれば、クーポン free がもらえるから、それで遊べるヨ!」と、彼女をカジノへと誘ったのだ。そしてもちろん、俺にも声をかけてくれたのだ happy01

この日のメンバーは、金井さん、岩田さん、俺の3人は昨日と同じ、新たに日浦さん、そしてカルカッタでお世話になった隣室の上田さんも、一緒に行くことになった(千石さんはこの日はパス、克ちゃんはこの日の朝、ポカラへと旅立っていた)。

カジノでは、他の人たちに比べ、年齢が近いこともあって、日浦さん virgo とはとても親しく話をしていた happy02 。そして皆それぞれ、色々なゲームを楽しむ happy01 。俺は初めはスロットマシンで遊んでいた。すると・・・、この日も昨日同様、大当たり sign03 またしてもBAR shine が並んで、100ルピー dollardollardollar happy01 sign03  初めて来た日浦さんと上田さんは驚き coldsweats02 、昨日も一緒だった金井さんと岩田さんは、「エッ coldsweats02 sign02 ジン君 sign01・・・またかい wobbly sign02 」と、驚きよりもむしろ感心していた confident

調子に乗った俺は coldsweats01 、次に’Pontoon’というブラックジャックに似た賭けに挑戦してみた angryヤルゾ! 。せっかくカジノへ来たのだから、スロットマシンだけで終わっては、つまらないから gawk!その場に座ると、あっさりと100ルピー投げて、10ルピーの賭け札を10枚買う。しかし、このゲームはやってみて気がついたのだが、親とタイ(同じ)の場合、イーブン(引き分け)にはならず、親の’勝ち’になってしまう shock 。負けないようにと、さんざん粘っていたが angryガンバ、残り札が少なくなると「もういいや wobbly!」って気になって、結局100ルピー負けてしまった weep 。昨日の’勝ち’が吹っ飛んだ sad shock

いつもの生活なら、同じものを買うのに1ルピー、いや50パイサ(1/2ルピー) moneybag で争うのに coldsweats01 、100ルピーという、ほぼ3日分の滞在費を、いとも簡単に捨ててしまう bearing 。ここでは、ゲームも確かに面白いけど、それ以上に’人間の心理’のほうが面白かった bleah

*この旅日記は、1984年のものです。

|

« (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~カジノネパールにて~ その2 | トップページ | 動物モチーフの切手です »

コメント

お若いころはかなり大胆だったのですね。
今は全くそういう世界とは無縁と聞いて
いますので・・・

友人も女なのにラスベガスで大儲けした
そうです。同行したご主人は損したとか・・・
肝が大きいから勝ったのよ
と、笑っていました。
20年前のことでした。
今はラスベガスは閑古鳥らしいです。


matsubaraさんへ

今は賭け事はパチンコさえもやらないほどですが、この頃は何事も社会勉強です。
この時一緒だったある方が実は”パチプロ”で、その人の「素人はパチンコなんかやらないほうが良いですよ」の一言が、以来パチンコをはじめすべての賭け事から遠ざかるきっかけとなりました。
変な欲を出すと勝てないのでしょうね。遊びと割り切ってプレイするほうが、勝てるのかもしれないですね。

投稿: matsubara | 2012年5月 3日 (木) 09時56分

あれだけカジノが儲かっているんですもの負ける人のほうが多いのは当然。それがわかっていてもお金を捨ててきてしまうんでしょうね。確かに面白いですもの。ただそれより面白いものがあるからおぼれないで済むということかしら。何回かルーレットとスロットだけはやったことがありますが、損する前にやめています。


agewisdomさんへ

スロットマシンと違いカードを使ったゲームやルーレットなどは、カジノのボーイが関わっていますから、どうしてもやられてしまうでしょうね。
ルーレットなんてどの数字に入れるか、ボーイは自在に入れられるそうですし・・・。
この時の旅ではカジノへは、この2回きり。
’94年にクーポンをいただいて1回だけカジノで遊びました。

投稿: agewisdom | 2012年5月 3日 (木) 15時29分

慕辺未行さんへ
こんにちわ
中々経験出来ない事をされましたね
結局はプラスマイナス0と言うことですね
しかし貴重な思い出が出来たことはプラスです
私も昔ホンコンに職場旅行した時にマカオのカジノで
スロットマシンを体験しました 結果は覚えていませんが
多分負けたと思います 初めて足を踏み入れた時
何か異様な感じを持ったことを覚えています


古都人さんへ

当時、ネパールにカジノがあること自体、驚きました。
とても楽しかったことを今でも覚えています。
しかしよく『入店拒否』されなかったものと思うほど我々の身なりはひどいものでした (^_^;;
髪も髭も伸ばしっぱなしで、見た目はヒッピーそのもの!ラスベガスやマカオのカジノへは、まずは入れません(笑)
ですから雰囲気も全然違うでしょう。カジノと言っても畏まった格好をする必要もなく、とても気軽に行くことができました。

投稿: 古都人 | 2012年5月 3日 (木) 15時58分

ビギナーズラック、で 慕辺未行さん味を占めて、、
次はどうなるかしら~っと つい老婆心で心配しました~

でもこの程度は 旅を楽しまないと、出かけて来た甲斐が
ありませんよね・・
でもこうした旅で、日本人が自然と仲良くなって 楽しく過ごすのが
とても 気持ちいいですよ
いつもながら 楽しく読ませていただきました


bellaさんへ

ビギナーズラックが続いて、次のカードゲームで勝った分が吹っ飛びました(笑)
でも決して大損したわけでもないですし、楽しい体験&思い出になりました。
この機会がなければカジノなんて一生行くことはなかったでしょう。誘ってくれた人たちに感謝です。
泊まっていたロッジの宿泊客がほとんど日本人ばかりでしたので、必然的にこのようなコミュニティーが出来ました。

投稿: bella | 2012年5月 3日 (木) 17時36分

慕辺未行さん  こんばんは
旅の楽しみもいろいろですね。
カジノ、きっと魅力あり楽しい所でしょうね。
連日の大当たりは強運が有り、
賭け事お強いのでしょうね。
出かけたら見ているだけでは面白くありませんね。
大きな損失も無く、素敵な思い出が
お出来に成ったのではと思います。


すみれさんへ

ネパールにカジノがあること自体、驚きでした。
ビギナーズラックで連日スロットで大当たり!で、欲を出してカードゲームに挑戦した途端、やられました (^_^;;
しかし勝ち負けの差はほとんどありませんでしたし、日本でできない体験で、すごく楽しい思い出になりました。
賭け事は、実はこの旅以降パチンコさえもやらなくなったのです。一緒に行った方の一人が実は”パチプロ”で、その人の話を聞いて以来、パチンコをはじめすべての賭け事はやらなくなりました。

投稿: すみれ | 2012年5月 3日 (木) 21時38分

ふふふ、最後は落ちがあったんですね。
このまま勝ち続けると思ってましたが・・・
でも、その方が良かったかもしれません。
大儲けしてたら、人生変わっていたかも、、、
それは少しオーバーかな。
ゲームも面白いけど、人間心理の方が面白いとは
慕辺末行さんは余裕ですか、冷静な方とお察しします。


のこのこさんへ

スロットマシンだけで終わっていれば、勝ちのままだったのでしょうが、そう甘くはないですね。
ここでは物価が低過ぎて、人生が変わるほどの大儲けはとても無理です。
スロットマシンで100ルピーと言っても、当時のレートで1000円ぐらですから。もっともネパールの人々にとって、当時の100ルピーは、大金に違いはありません。
余裕とかではないのですが、ふだんの日々のお金の使い方とカジノでのお金の使い方にギャップがあり過ぎて・・・(^_^;;
我ながら、面白い発見でした。

投稿: のこのこ | 2012年5月 6日 (日) 16時37分

ここで勝ちまくってしまっていたら、今頃・・・sweat02
勝ったときの気持ちが忘れられずにのめりこんでしまう方、多いみたいですもん~
プラスマイナス0が、一番ですよね~良かった良かったshine
お金を払って遊ばせてもらう程度に考えられれば、大丈夫なんでしょうけど
儲けるぞぉってなてしまうと、なかなか・・・
周りにもパチンコや競馬につぎ込んでいる方、結構いるんですよねぇwobbly


きゃぶさんへ

スロットマシンだけなら、勝ちのまま終わっていましたが、せっかくなので他のゲームをやってみたら・・・この結果でした (^_^;;ヘヘッ!
プラマイ0という感じで、日本では体験できないことができ、ちょっとリッチな雰囲気を味わうことができたのですから、貴重な社会勉強にもなりました。
何事も”無欲”のうちが良いですね。”欲”を出すから負けるのだナァ!と思ったものです。
一緒に行った人の一人が実は”パチプロ”さんで、その人のパチンコの話を聞いて以来、逆にパチンコはやらなくなりました。
彼曰く「素人はパチンコなんかやるもんじゃない」が結論でした。

投稿: きゃぶ | 2012年5月 6日 (日) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~カジノネパールにて~ その2 | トップページ | 動物モチーフの切手です »