« (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その2 | トップページ | まだまだ見頃!春日井市・王子バラ園 »

2012年5月24日 (木)

(再掲)赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その3

11/28 ポテト1kg4Rs、豆腐1丁3Rs、トマト200g2Rs

夕食・・・サラダ(ポテト、玉ねぎ、キャベツ、トマト、ゆで卵、サラダクリーム)、湯豆腐、味噌汁(豆腐、長ネギ)

11/29 卵2個2.1Rs

11/30 パン2.5RS、卵2個2.4Rs、ラーメン2袋7Rs

12/1  卵3個3.15Rs

夕食・・・サラダ(ポテト、玉ねぎ、キャベツ、ゆで卵、トマト、サラダクリーム)、味噌汁(長ネギ)、ラーメン(玉ねぎ、キャベツ、長ネギ、ゆで卵)、モモ(ネパール風餃子;小龍包、他の自炊者からの差し入れ)

 この日の朝、先日会った日浦さん(通称;アンちゃん) virgo が、俺の朝食 restaurant が終わった頃、不意に訪ねて来てこう言った。

「ジンさん、もし良かったら、一緒に自炊させてもらえませんか confident sign02 」と。たしか2~3日前、

「私も自炊しようかな?ジンさん、今度作る時、一緒に作りましょう wink sign03 」と、彼女は話していた。

彼女は、このストーンハウス・ロッジ hotel へ来て、多くの日本人 fuji 旅行者が自炊しているのを見て興味を持ち、「ぜひ自分もやりたい lovely sign01 」との気持ちが強くなったようだ。しかし、彼女の滞在期間は短い bearing 。俺や彼らのように、自炊の道具を買いそろえるのは、もったいない think 。まして、自炊しているほとんどの人には、パートナー(皆、ひとり旅の日本人女性 virgo )がいた weep

*それぞれのパートナーは、皆ここで知り合った人ばかりです。皆「面白そう!」という好奇心から一緒に自炊させてもらうようになったそうです。

そこで、最も年齢が近く、コイルヒーター1本だけを武器として、1人で頑張って angryガンバ 自炊している俺と「一緒に自炊したい lovely 」と思ってくれたのだろう。俺は喜んで承諾した happy01 。女性が一緒ならば、メニューに幅が出るし、何しろ彼女は可愛かった virgo lovely happy02 sign03

ある夜 night 、俺の部屋でアンちゃんと上田さんの3人で、コーヒー cafe を飲みながら過ごしていると、話の流れでたまたま彼女のビザ用の写真(パスポートの写真と同じ)camera を見せてもらったのだが、これが”中森明菜”にそっくり coldsweats02オォーッ!上田さんに

「誰かに似ていると思いません confident sign02 」と訊ねると、

think・・・、 coldsweats02 flair sign03 中森明菜 sign02 coldsweats02

「でしょう coldsweats01 sign02 」と、彼も同感だった。

彼女 virgo は「エーッ coldsweats02 sign02 そうかなぁ gawk ?」と謙遜していたが、その写真をドミトリーの人たちにも見せに行くと dash 、やはり彼らも同感だった scissors 。彼らにも何も言わずに「誰かに似ていると思いません?」と訊ねると、「明菜だ sign03 中森明菜に似ている coldsweats02 sign03 」と、たちまち大騒ぎ。彼女はその瞬間、このストーンハウス・ロッジの’アイドル virgo ’になった。ヘアスタイルはいつもポニーテールにしているので、「中森明菜に似ている」とは思ったことはなかったのだが、でもやはり可愛い子だ wink

 この日(12/1)は、食材はそこそこあったので、それらを使って彼女 virgo と一緒に自炊した bleah 。夕食 restaurant は相変わらず、皆にも好評だったサラダ coldsweats01 !そして味噌汁(具はネギだけ)、ラーメン noodle (玉ねぎ、キャベツ、ねぎ、卵)。しかし、他の自炊者が「この間(試食したサラダ)のお返し」ということで、モモ(ネパール風餃子;小龍包のようなもの)を差し入れてくれた happy01 。彼は俺が「コイルヒーターでは’肉料理’は食べられないから」ということを知っていたので、買ってきたモモを分けてくれたのだ confident

彼は、「久しぶりにモモが食べたくなって、買って来たけど、他にも作ってるし、2人で10個(1人前)は多いから、もし良かったら2個ずつだけど、どうぞ confident !」と言って、プレゼントしてくれたのだ happy01

俺もアンちゃんも、「ウワァ~ happy02 sign01 、ありがとうございます happy01 sign03 」と、お礼を言った confident 。彼は、「本当に、この間のサラダがおいしかったし、2人で一緒に自炊するって聞いたから、そのお祝いに wink sign01 」と言って、恐縮していた。

初めての2人での自炊料理も、なかなかおいしかった delicious 。ただひとつ、味噌汁だけは’だし’がないから、その分”今一つ despair ”だった。

そして翌日は、一緒に買いだしに行く約束をし wink 、午後3時過ぎ、彼女とロッジで待ち合わせ、一緒にタルカリバザール(野菜市場)へと買い出しに出かけた heart

*この旅日記は、1984年の時のものです。

|

« (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その2 | トップページ | まだまだ見頃!春日井市・王子バラ園 »

コメント

楽しそうな自炊生活でしたね。
その中森明菜さんのそっくりさんの
写真も見たいものです。もう公開しても
時効になるかと思いますので・・・


matsubaraさんへ

自炊生活の記事、もうしばらく続きます。買い出しの記録なども含め、詳細に記録してありましたので。
彼女の写真、実は全くないのです。カメラはカルカッタで盗難に遭った際、失くしていますし、帰国する人からおもちゃのようなカメラを譲っていただきましたが、これとて性能悪く撮った写真の半分以上はダメでした。
記事の中にもありますように、ピザ用の写真を見せていただいただけなのです。

投稿: matsubara | 2012年5月24日 (木) 08時10分

おはようございます。
自炊生活、楽しそうですね~
コイルヒーターだけで沢山のお料理を
お考えになるのは素晴らしく、
お料理がお好きなのかもと思っています。
中森明菜さんそっくりな女性との自炊は
特別楽しくて、素敵な思い出になっている事でしょうね。
カトマンドゥに豆腐もお味噌も売られているのですね。
日本の物と同じなのでしょうか?


すみれさんへ

元来、お湯を沸かすためのものなので、それほどバラエティーに富んだ料理は作れませんでした。
それでも節約になりますし、時間も潰れました。当時インドはインディラ・ガンジー首相暗殺事件の騒乱が続いていて、ネパールに滞在するしかありませんでしたので、いかに時間をつぶすか・・・?!
それが自炊やこのような詳細な旅日記を書き綴ることでした。
彼女と一緒に自炊した日々は短かったですが、やはりとても楽しかったです。
豆腐はやや硬めだったような気がします。お味噌はたしか、郊外にある日本食レストランで少し分けていただいたと記憶しています。

投稿: すみれ | 2012年5月24日 (木) 09時24分

コイルヒーター懐かしいですね。1ドル360円の時のコイルヒーターと重たい変圧器どこに行ったかなあ。ラーメンやお茶に大活躍でしたっけ。
若者同士楽しそうですね。


agewisdomさんへ

前回この記事を載せた時のコメントに、agewisdomさんもこのコイルヒーター使ったことがあると書いてあったような記憶があります。
1ドル=360円・・・、今のおよそ4倍ですネェ!
この旅の当時で1ドル=250円弱でした。
昔を思えば、海外旅行がしやすくなったのもうなづけますね。

投稿: agewisdom | 2012年5月24日 (木) 09時44分

久しぶりに ジンさんの女っ気のあるお話に ワクワク!
美人さんと自炊して これからどうなるのかしら・・
なんかオチがありそうで 心配ですが・・・
それにしてもサラダをそんなに皆さんに分けて残りがあるかと
気をもみました・・
現在の生活でも 自炊のご経験が活かされているのでしょう
ドイツのツークシュピツェはご存じでしょう~ 
あのあたりに そのうち出かけます


bellaさんへ

未だ独身の私ですから、女性の話題はほとんど出てこないですよネェ (^_^;;!
インドでのクーデターの騒乱が続く中、カトマンドゥに滞在するしかなかったからこそ始めた自炊でした。
彼女とは彼女がカトマンドゥへ着いたその日、すぐに知り合ったこともあり親しくなり、一緒に自炊するまでになりました。でも・・・ほんの数回だけでした。
先週掲載しました『ヒマラヤからの朝日 その1』をご覧いただくと良く解かります。
サラダが主食でしたから、たくさんあったのですヨ (^_^)!だからこそ皆さんに一口ずつ味見していただくことができました。

エッ?!ツークシュピツェへ行かれるのですか (・_・)イイナァ!
もちろん知っていますヨ!バイエリッシュ・アルプスに聳えるドイツ最高峰の山ですね。と言っても3000m弱ですが・・・。オーストリアとの国境に立つ山で山頂で国境越えの体験もできるようです。
俳優・関口知宏さんの『ドイツ鉄道紀行』で、この麓が紹介されていました。とても素敵なところでした。
お土産話、楽しみにしていますネェ w(^o^)w!

投稿: bella | 2012年5月24日 (木) 13時06分

「自炊しながらカジノ」なんて、なんだかスゴいギャンブラーみたいですねっcoldsweats01
道具も材料も思うようにならない中、きちんと自炊しようという志、さすが几帳面でいらっしゃいます~shine
そんなガンバっていらっしゃる姿を見たら、そりゃあ一緒にやりた~いなんて思っちゃいますよぉheart02
ん~ニクいですね~っ
どんな方とでも出会いは素敵ですが、女の子&若い&可愛いなんてなったら、とびっきりの出会いだったでしょうねnotes


きゃぶさんへ

カジノは結局2回しか行かなかったのですが、ムチャクチャ楽しかったですヨォ (^o^)!
旅の最初のカルカッタで盗難にあったので、「節約のために!」と思って始めた自炊、そのくせカジノへ・・・(^_^;;ヘヘッ!
しかしこれも、初めての海外旅行ならではの体験です (^_^)!
お湯を沸かすためだけのコイルヒーターでも、ゆで卵や粉ふきいも、ラーメンぐらいは作れると思っていました。それらをもう少し豪華にしようと作ったのが、サラダだったのですヨォ w(^o^)w!
で、彼女とは掲載済みの記事にもある通り、2日続けてカジノへ出かけた時に知り合い親しくなり、そして最後は一緒に『ヒマラヤからの朝日』を見に行ったのです (^_^;; ヘヘッ!
”一期一会”で、それっきりですが、だからこそより印象的な思い出なのだと思います。
荷物丸ごと盗難に遭ったり、何かと大変だった思い出が多いこの旅の中で彼女との出会いは、本当に楽しいものでした。

投稿: きゃぶ | 2012年5月24日 (木) 23時32分

そんなに可愛い彼女と出逢って
舞台、タイミングも揃っていながら
もうちょっとロマンティックな話には発展しなかったのですか?
その後も二度とお逢いしていないのですか?
もっとも、違う話があったとしても
ここには書きたくないのかもしれませんが…(^^;


zooeyさんへ

先週掲載しました『ヒマラヤからの朝日』、彼女と2人で行きましたヨ (^_^)!他の宿泊客には目もくれず(?)、私と2人だけで”デート”してきました(^_^;;ヘヘッ!
けど、それ以上の話はなかったです (。_。)
この時の旅で知り合った人、帰国後お会いした人はインド・カルカッタで「帰国後に返してくれればいいから」とインド・ルピーで約2万円ほど貸してくれた名古屋の男性だけかナァ!
その後、何もなかったからこそ、より楽しい思い出として残っているのかもしれません。

投稿: zooey | 2012年5月25日 (金) 01時01分

こんばんは~☆
いいですね~旅先での若い人の集い、楽しさが伝わってきます。
サラダクリームって?マヨネーズのような?
すみません、いい年をして、教えてください。
中森明菜ちゃん、よく聴いてましたよ、懐かしいですね。
明菜ちゃん似の女の子との出会い、よい思い出でしたね♪


のこのこさんへ

夜は何の娯楽もない時間でしたから、それぞれ気の合う人同士で集まって他愛もない会話をしながら過ごしていました。それでもとても楽しかったです。
サラダクリームは、どちらかと言えばドレッシングに近かったような・・・?ヨーロッパのどこかの国のものでした。
カトマンドゥには世界中のヒマラヤ登山隊がやって来ますので、余った食料品(特に缶詰類)を現地で売っていく登山隊もあるのだと思います。
このサラダクリームもそんな1品だったのでしょう。
日本人がほとんどのゲストハウスで、彼女と親しくなれたのは、ラッキーでした。およそ3カ月近い旅でしたが、一番楽しい頃でした。

投稿: のこのこ | 2012年5月25日 (金) 20時17分

コイルヒーターは今でも売っていますかね~
わがプリムスのバーナー、自動点火が壊れてしまいました。


青龍○段さんへ

ネパールになら、まだ売っているかもしれないですヨ!
私の山行き道具、もう何年も押し入れの奥で眠っています・・・(^_^;;
もう、使えなくなってるだろうなぁ・・・(-_-)ウーン...

投稿: 青龍〇段 | 2012年5月26日 (土) 12時17分

慕辺未行さんへ
こんにちわ
漸くパソコンが直りましたのでコメントをさせて
頂きます
3回分続けて読ませて頂きました
自炊中々大変ですね 生きて行くためには
必要な事なんでしょうが・・・
しかし中森明菜そっくりの彼女との共同作業で
あればさぞ楽しかったことだろうと思いました
その後の彼女との付き合いはどの様になったのか
大変関心がありますが・・・


古都人さんへ

パソコン修理終わったのですね。わりと早かったですね。
私のパソコンを修理に出したとき、1週間以上かかったような・・・?
外食できますが、節約と暇つぶし(?)を兼ねて自炊していました。市場へ買い出しに行きますと、その国でどんな野菜が採れるのか、などなど人々の生活も感じられて楽しかったです。
彼女はまだ学生でしたので、その後しばらくして帰国しました。帰国後は特に付き合いとかはなかったです。
年賀状だけは出したような気がします。

コメント修正しましたので、↓の訂正コメントは削除いたしました。

投稿: 古都人 | 2012年5月26日 (土) 14時53分

慕辺未行さん、こんにちは~note
この一週間とても忙しくて、自分のブログへ頂いていた
コメントに、返事をする時間さえありませんでしたが、
こうしてこちらへまたお邪魔すると、再び慕辺未行さんの
旅に同行しているようで、なんだかワクワクしますねhappy01
可愛い彼女と一緒の自炊、そしてバザールへ買い出しに・・・
素敵な旅の出会いですね~heart04


hananoさんへ

相変わらずお忙しそうですね。ぼちぼち訪問して下されば良いですよ。
インド国内の騒乱が収まるまではネパールに滞在するしかなかったので、節約と暇つぶしに自炊していました。
それでも時間が余り過ぎましたので、このような詳細な記録も残せたのです (^_^;;ヘヘッ!
およそ3ヵ月ほどの旅でしたが、彼女と一緒に自炊していたころが一番楽しかったです。
バザールへの買い出しは、ただの観光と違って人々の生活の匂いが感じられて楽しいものでした。

投稿: hanano | 2012年5月26日 (土) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~自炊生活~ その2 | トップページ | まだまだ見頃!春日井市・王子バラ園 »