« ルナリア満開です w(^o^)w! | トップページ | (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~カトマンドゥでの暮らし~ その2 »

2012年4月25日 (水)

(再掲)赤褐色の街にてⅡ ~カトマンドゥでの暮らし~ その1

ストーンハウス・ロッジの小さな部屋の窓に、朝の光 sun が射しこんできた。「もう朝かぁ~、ふぁ~」とあくびをして、ベッドの上に敷いたシュラフの中から飛び出す。今日も、いつもと同じように、この街の1日が始まった。

エレクトリック・コイルヒーター(コイル式電気湯沸かし器)で、ゆで卵を作る間に洗顔し、朝食 restaurant の用意をする。食パン bread を切りジャム(アプリコット、マンゴーなど)を塗る。ゆで卵ができると、コーヒー cafe を作り、皿の上にチーズやバナナ banana を盛ったら、立派な朝食だ。「いただきまーす delicious 」。毎朝の習慣だ。

朝食が終わると、何の目的もなく街へ出る。たいていはラトナパークへ行く。バザールは賑やかだ happy01 。衣料品や日用品、屋台も出て、フルーツやドーナツ、ヌードル、ポテトのカレー煮など smile 、朝食を終えたのに、つい手が出てしまう coldsweats01 。おっちゃんやおばちゃんとの交渉に飽きた頃、園内でゴロンと陽なたぼっこ。いつの間にか小学生ぐらいの子供が、ピーナッツやスィートを売りにくる。1ルピー2ルピーと買ってポリポリ・・・。なくなると、またやってくる。キリがない。そのうち、陽 sun がずいぶん高くなり、昼がきたらしい。

ランジャナ・シネマ(映画館)付近も、よく賑わっている。大衆娯楽の王様は、この国では映画 movie なのだ。インドのものが流行っていて、その界隈にはブロマイド屋もいる。一度見てみたが、言葉がさっぱり・・・ wobbly 。でも、美男美女が主役、コミカルな顔の役者が喜劇を演じ、怖ーい顔は悪役!どこも変わりませんネ!ですから、ストーリーもおのずと解ってくる happy02 。それよりも、見ている人々の反応、あの興奮はすさまじい eye!ヒーローが活躍すると、拍手喝采!悪役が出てくると、大ブーイング、喜劇スターに足踏み鳴らし、大爆笑!恐れ入りました think

映画館の近くのモモ(ネパール風餃子;小龍包)屋で、昼食にした。一口サイズのモモが10個で3ルピー。たれが辛いけど、美味しい delicious 。お腹もふくれる。物足りなきゃ、サモサ(ネパール風コロッケ;カレー味のポテトをパイ生地のようなもので三角に包み、揚げたもの)を食べていた。

*この旅日記は、1984年のものです。

|

« ルナリア満開です w(^o^)w! | トップページ | (再掲)赤褐色の街にてⅡ ~カトマンドゥでの暮らし~ その2 »